「てるみな」を読んで

2013/04/23

 あのV林田卿(てるみなおじさん)が鉄道コラムを寄稿しているというkashmir先生のてるみなを読みました。
 粘土ゲーム「バルバロッサ」においてパンタグラフ(電車の屋根についてるアレ)を作成して皆の顰蹙をかったV林田卿が寄稿しているというので、表紙だけ見て「ははーん猫耳少女が無闇にマニアックな鉄道の列車に乗って旅情をかもし出す漫画だな?」などと安易な予想をして読んでいましたが、そんな浅はかさを吹っ飛ばすほどの衝撃を受けたので紹介したいです。

 第一話のタイトルは「特急 高尾山 行き」
 主人公の少女ミナに突然猫耳が生えてしまい、お払いのため天狗の住む山・高尾山に赴く……という流れから話は始まります。
 おっ、高尾山はちょうど少し前に行って登って来たなーなどと思って頁をめくっていると「……あれっ?」と首をひねること数回。なんかこれ、俺が知ってる高尾山じゃないような……。
 完全なフィクションかというとそうでもなく、どこまでが本当でどこまでが虚構なのか判別のつかないV林田氏の鉄道コラムもあいまって、朴訥とした雰囲気ながらも幽玄きわまりない世界が繰り広げられます。
 この漫画のすごいところは背景にしれっと死や腐敗を彷彿とさせるグロいものや、妖艶で退廃的なEROいものが描かれているところです。ミナはそれらの異形がひしめく空間をこともなげに歩き、ほんわかと旅をするのですが……そのアンバランスさ加減がまた、読み手の酩酊を誘います。あれ……気がつけば、なんかおかしな世界に迷い込んでしまってないか俺……的な。
 ちなみに本の帯には「今日もゆるりと乗り鉄中(ハートマーク)」などと書かれていますが、これは突っ込んでいい部分だと、最後まで読んでから思いました。いや、ゆるりと乗り鉄してないかというと、けっしてそうでもないわけですが……。

 ひたすら素直で可愛い猫耳少女が、やたらポップで諧謔味あふれる死と退廃に満ち、どこまでも悪夢めいた不思議な街を、ゆるっと鉄道で巡る……こう書くと支離滅裂ですが、混沌とした様々な要素がこれ以上なく自然に調和している世界は、読んでいるだけですごく楽しいです。
 それでいて俺のように特別に猫耳や鉄道が好きじゃなくても楽しめる、とても懐の深い漫画と言えましょう。
 kashmir先生が昔から同人誌やブログで描かれているダークでデス的なアレが好きな人も、そうでない人にも幅広くおすすめできる作品。
 ありがとうkashmir先生……ありがとうV林田(てるみなおじさん)氏……!

吉田戦車さんの「逃避めし」

2011/07/24

 twitterでひっそり吉田戦車さんをフォローしている。
 知り合いでもないのに「さん」付けなど馴れ馴れしいことこの上ないが、情報化もきわまった感のあるこのご時世、なにかの拍子にご本人がここを読むことがあるかもしれない。
 その際、うっかり呼び捨てで表記していていたらお気を悪くされるであろう……そんな配慮が「いやいや自意識過剰だろ」という思いを上回った結果としての「さん」付けである。


 で、氏の最近のツイートにより「逃避めし」なる書籍が発売されているらしいことを知り、さっそく本屋に走る。
 いったいどんな内容の本なのか想像もつかないが、「逃避」という後ろ暗い言葉と「めし」というぞんざいで男臭い言葉のハーモニーが、なんとも言えぬ情緒を醸し出している。

 さんざん探したあげく、紀伊國屋書店の普段まったく訪れることのない「料理」カテゴリの棚にあるのを見つけて購入。
 読了。
 おもしろい。



 一人暮らし時代から連綿とつづく、氏の「自分料理」の記録をつづるエッセイ。
 思っていた以上に本格的な料理から、お手軽料理、キワモノ料理まで、いい意味で節操なくバラエディに富んでいる。さりげなく吉田戦車さんの普段の生活風景やら素朴な思い出が織り交ぜられており、気がつけば氏のことを深く知り、うっかり好きになってしまう狡猾な構成である。

 料理の作り方が詳しく書いているものもあるが、たいていは材料だけ記され曖昧な調理過程しか書かれていないために「よし、この本にある料理を実際につくってみよう」的な本物の実用書としては使いづらいが、むしろそのいい加減さが心地良く、繰り返しになるけれどおもしろい。

 吉田戦車さんには「いい加減なおもしろさ」というものを教えてもらった。
 初めて読んだ氏の作品は「伝染るんです。」だったと思うが、同じ時期にファミ通で連載されていた「はまり道」というゲーム四コマ漫画が大好きで、今もときおり単行本を読み返す。この本にはイラスト入りエッセイ「ニューボンボン」も収録されており、こちらもとてつもなく好きだ。愛読書と言ってもよい。

 当時もうっすら思ったが、今読んでみてあらためて思うのは「なんといういい加減さなのだ」ということ。
 漫画に登場するマリオやルイージはえらく小汚い親父として暑苦しく描かれている上に、ほとんどの場面でなぜか半裸である。(きっと彼らの衣装を描くのが面倒だったのだろう……と勝手に思っている)
 そのほか、あからさまなうろおぼえや聞きかじり、あまつさえゲームタイトルからの連想だけで描いたような話が多数あり、なんというか、もう本当にいい加減である。

 誰にも負けないほどゲームに詳しいわけではない。
 一生かけて愛するほどゲームが好きなわけでもない。
 個人的な名作「やらずにすむゲームはないか」をはじめ、漫画の節々からそんな作者の姿勢がしみじみと伝わってくる。
 ちなみにこのセリフは、同じように三十路を超えた(いい加減な、それなりの)ゲーム好きであれば誰しも深く心に響くと思う。少年の時分は、この心境がまったく理解できなかったものだけれど。

 もしかしたらすべて計算づくで描いているのかもしれないが、吉田戦車さんの作品群から俺は一方的に「おもしろいものというものは、いい加減でテキトーでもオーケーなのだ」ということを学んだ。
 それを知るということはたぶん大事なことだ。
 一般的に重要じゃないこと、誰も顧みない隙間のような部分、生ぬるい場所、力の抜けたところ。そういうものの中に、実はわりと大事なものがあったりする。
 つらいこと、つまらないこと、腹立たしいこと、やりきれないことであっても、ちょっとした工夫でおもしろくなってしまうのだ。
 そういうことを勝手に教えてもらった、ような気がする。

 などといろいろ書いてみたものの、俺は吉田戦車さんの作品を全部読んでいるわけでもなく「逃避めし」にしても発売後に知ったほどのいい加減なファンぶりだが、たぶんそれでもいいのだ。

疲労

2007/07/18

 仕事を終えて駅のホームに降りて、改札に続く階段まであまりに遠かったので、残影拳のコマンドを入力してはじっこまでシャーって勢いよく進めたらいいのになあー、などとぼんやり思った深夜零時。
 あーでも、人に当たっちゃったら怒られるなあーという理由であきらめました。

 要約すると今日の出来事はそれぐらいなんですが、ゲームはおろかアニメや漫画を最近まともに摂取できてないので無駄にあせっている今日この頃です。
 HDDレコーダーは気が付けば一切視聴できぬままに満杯になり、何かを録画しようとするとビープ音を発するようになりました。
 漫画にいたっては、今最も楽しみにしているのが出るのかどうか怪しいCOMICジャンク最新号というのだから救いようがありません。

 COMICジャンクは「山谷」の次に石川たくみ「恋愛小説彼女」が好きでした。あの泥臭いジャンク陣の中で一つだけ絵柄の浮いているやつです。
 最終回、童貞を捨てたいがために、さくらの肉体を強引に求める売れっ子小説家先生(童貞)

「女だってヤリたい時があるってよ!」

 かの有名なCOMICジャンク発の格言どおり、やすやすと女体にINできるかと思われましたが、頑として拒絶するさくらちゃん。
拒絶

「今の先生はさくらを見てない……そんなのイヤ……」
 そういって部屋を出て行ってしまいます。
 猛烈に後悔する童貞先生。僕は……バカだ!
バイバイ




 泣ける……。
 切なくて泣ける話ですよ……。
 その次のコマでさくらちゃんが全裸で戻ってこなければ。
裸(LA)


 いや、でも冗談抜きでこの漫画はがんばったと思います。

 えー、あと宣伝がてらで申し訳ないですが「イノウエが咎狗プレイ日記を書いた理由」
 たしかに俺の父親は、昔ファミコンとセガSG-1000を間違って買ってきましたけども。

近況

2007/07/02

 どうやらCOMICジャンク最新号でナニ金を除いたほとんどの漫画が唐突に最終回になっているらしいと聞いて、俺はとうていそれを信じることなどできはしませんでした。

 なんというかアレですよ。そんなの地動説ですよ。
 バカじゃねえの? 地球が動いてるわけないじゃん! 太陽が地球の周りを回ってるに決まってるじゃん! 現状キープが身上のCOMICジャンクが滅びるわけないじゃん!
 だって前号だって巻頭でこれ見よがしにルー大柴のインタビューとかしてたんだぜ?

 そんな天動説を声高に主張し続ける悲しきプトレマイオスだった俺ですが、最新号をこの目で見て自説を翻さざるを得ませんでした。

 COMICジャンク終わったな。

 これから何を糧に生きていけばいいんだ。現状キープすらできなかったジャンクに、いったい俺は何と言葉をかけてやればいいんだ。
 もうやってられない。やりきれない。これから酒買ってきます。

テリブル東京

2007/05/18

 午前休暇でちんたら午後から出勤してみれば近年まれに見る超豪雨。
 俺の知らない間に地球の地軸とかがずれて、ここら一帯が熱帯雨林気候になったのかと思うぐらいに激しいスコールでした。
 おかげで、どれだけ変態的なプレイを実施してもこれだけ液体まみれにならねえだろってぐらいに服が濡れました。
 今週も来週も休日出勤なんで、クリーニング屋にすら行けねえんですが。
 通販で買ったオーディンスフィアも応援団2も受け取れやしねえんですが。

 ここんとこ都会暮らしの世知辛さを感じることしきりですわ。
 都会は本当に怖い。
 かの車田正美先生も名作「リングにかけろ」において竜と菊が上京するときに、わざわざこんなページを描いてらっしゃるほどです。
テリブルトーキョー

 これほどまでに突き抜けた東京観に対して、もはや俺にはかけるべき言葉が見つかりません。
 とりあえず、下の方にいる始皇帝気取りのおじさんは下着ぐらい着けてほしい。
 そして次のページ。
テリブルトーキョー2

 マネー
 マネー イズ ラブ
 マネー イズ パワー
 OH! テリブル東京!!

 そもそも話のサブタイトルが「テリブル東京の巻」であり、まるまる1話かけて東京の恐ろしさを語る車田先生は異常。

 そして菊たちの荷物を奪っていく泥棒の躍動感も異常。
テリブルトーキョー3

 これ以外にも人買いにさらわれそうになったり、「ディスコ行こうよォ」などと誘惑されたり、店の軒先に「明星」と書かれた広告が連なっていたりと、スラム並みに治安の悪い場所ですよ車田史観による東京は。

テリブルトーキョー4

 これが……東京……!

ラジオ補足(COMICジャンク)

2007/05/01

 先日のラジオにて散々フィーチャーしすぎた「COMICジャンク」について補足しておきます。

■COMICジャンク第二号の表紙
現状キープを目指せ!!

 当然のように灰原はん&桑田はん。
 キャッチコピーの「現状キープを目指せ!」がキラリと光ります。


■性酒
性酒Hカップ

 この手の小ネタを見ると嬉しくなっちゃいますよね。


■新ナニワ金融道の1コマ目
パンツ

「おまえの腰ほんま器用に動くんやの――」
 パンツで始まり、作者体調不良による減ページの謝罪で終わる新ナニワ金融道を俺は応援しています。


■トータルリコールの酒場にいたアレ的なもの
複乳

「イ イグ」というセリフも気になる。


■柳沢きみお「大市民語録」
文字ばかり

 これだけ文字でびっしり埋まってますが、書いてることはどうしようもない繰言です。


■美味し!!
美味し!!

 この漫画を端的にあらわすと、安アパートで親父が世間に対する繰言を延々と呟くかたわら、ひたすらビール飲んだり焼きそば喰ったりして「美味し!!」っていうだけの漫画です。


■お金大特集
お金大好き!!

 この雑誌の特集は他にも「モテ戦術特集」「AV女優の面接プロフィール特集」「ネオ屋台特集」「葬式の値段特集」など、落ち込まざるを得ない記事がいっぱいです。


■北村永吾「そして、僕は山谷へと…」
こうやってオノ持ってなー!!

ワンカップが原因!?

 痛いまでの圧倒的リアリティがすごい「山谷」。
 画像はワンカップを持って暴れる長居さん(アル中・被生活保護者)の図。
 主人公が軽いお礼気分でプレゼントしたワンカップが、とんだ惨劇の引き金に。

 さんざん暴れまわった挙げ句、一人部屋の中で自己嫌悪に襲われ、長居さんが言い放ったセリフ。
働きてぇ

「う……働きてえ……よ………」

 俺は働きたくねえ……よ……。


おまけ『瓜仁成のアレ』

「 Love☆week~愛の黄金週間~ 」

 Monday、月影の下で君とワルツを
 Tuesday、燃え上がる恋心
 Wednesday、流れるような愛の言葉を
 Thursday、木陰の下でささやくのさ
 Friday、鋼のような2人の決意に
 Saturday、何かがうまれる愛の大地
 week end…oh!Sunday!そして輝くハッピネス!

 one week, Love☆week!
 毎日変わらぬ愛を 君に与え続けよう
 2人の愛が色あせぬように

 every week,so Love☆week!
 僕の愛は年中無休
 休日手当てもいらないさ



……いや、休日はきっちり休ませてください。マジほんと。


RECENT ENTRY