スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

randam_butter夏コミ新刊

2016/07/23

夏コミに出す新刊をちょこちょこ書いてました。
ひとまずなんとか入稿できました。
小説本、あと初のシリーズものです。

syoei_nns_convert_20160723212258.png

詳細は近日中にrandam_butterサイトにて。
ちなみに表紙イラストは庭さん(紀伊カンナさん)です。
とりあえずそれだけはすごい!
スポンサーサイト

新刊イングレス(Ingress)本「エキゾチック物質ください」

2015/03/18

 コミケットスペシャルの新刊ができたので宣伝のエントリですよ。
 詳細は下記にて。

 randam_butter新刊Ingress本「エキゾチック物質ください」

 一つ前のエントリ「恋人はエンライテンド」で、甘酸っぱいイングレス少年を書いて楽しかったので、今度はしょっぱいイングレス中年の話(短編)を書きました。
 それに、例によっていろいろいい加減なノリでつくったイングレス用語集をくっつけています。イングレスを知らないうぶなボウヤも安心して読めます。読めるはずです。

白衿のエミュレイターズ

2014/12/27

 明日になりましたんでこちらでも告知。
 詳細は同人ブログに記載したとおりですが、また懲りずに長編小説を書いてみたのでよろしくお願いしまーす的なアレです。
 ちと都合で、しばらく通販はしない予定です。イベントで細々と売っていく気配です。

 高尚な主題なども特になく、ただ趣味で書いてみた感が満点ですが、我ながら楽しく書けたので個人的には満足しています。ひたすら執筆は遅れていましたが、今となってはいい思い出です。tigerbutterには死ぬほど迷惑をかけました。すんませんでした。
 あと、ぽもちゃんの女の子イラストで表紙を飾ることができてよかったです!

 今回は清く正しいライトノベル的なものを書こうと、聖飢魔II……もとい世紀末東京的なものや、女子高生に武器を持たせた安易なアクションとバイオレンスやら、塩っけのある設定や用語をいろいろ考えました。
 刀とかだとありきたりだから斧にしよう……と思って書いたらすでに「アイカツ!」が斧を先取りしていたことを後になって知る、という惨事も起きましたが、それすらもいい思い出です。
 悪い夢……いや、いい夢だった……。

 来年は己の情弱ぶりを少しでも是正していきたい。
 具体的には知らないことをきちんと調べるという常識を身につけたい。激しいネタかぶりがないかを事前に調査する知恵を身につけたい。
 ただ今回の小説に限っては、同世代の人が読めばわかると思いますが意識的に80年代~90年代のあれこれとかぶっています。下手な独創性とかは捨てて、ただただ好きなもんを書いていこうよという同人らしいスタンスです。

 これに懲りずに来年もなにかしら書いていくと思いますが、もう少し頻度をあげて発信していきたいですね。
 中年は黙っているとただ腐れていくだけですので。
 たぶん誰も気づいてないpixivの小説投稿とかも活用しようかなと。なんかルビを入れる機能もついたみたいなので。

がんばっている

2014/11/29

 もう埋蔵金掘ってる糸井重里のごとく「がんばっているとしか言えない」としか言えないわけですが、どれぐらいがんばっているかというとわりと課金して最大艦娘所属数を増やしたりしている艦これの冬イベントをまったく遊んでいないほどです。
 さらに言えば、先日はじまったネットラジオの収録に早くも欠席し「ナイスボーイ」と声だけの出演になりつつあるほどです。
 俺にナイス、おまえにナイス、そしてみんなにナイスなボーイです。
 そんなボーイを目指していきたい。来世。
 そういうわけでして、

 冬コミのッ!
 新刊に向けてッ!
 がんばっていますッ!

 実際がんばっています。休日出勤を織り交ぜながら。
 無事にできたらまた告知します。

宣伝

2014/08/08

 宣伝というか告知的なものです。

 なんの因果かわかりませんが……河出書房新社様から発売中の「Fate/Plus 虚淵玄 Lives 〜解析読本」に寄稿させていただきました。
 過去ブログにも何度か書いているマッド会(ボードゲーム会)の思い出とか、虚淵さんとの出会いの話です。
 この本のマニアックぶりは半端ではなく、過去に虚淵さんにこっそり変名で寄稿してもらったrandam_butterの同人誌原稿についてまで触れられています。
 この世すべての虚淵フリークを満足させる一冊となっておりますよ。

 で、そのrandam_butterですが……夏コミで新刊を出しますのでよろしくお願いします。
 夏っぽい本ってことで、怖い話、嫌な話がテーマです。
 紹介はこちら(同人ブログ)にて。
 

同人小説「バブルピース」kindle版

2014/06/11


 すでにさんざんtwitterやら同人ブログやらで宣伝済みですが、以前randam_butterから出して長らく絶版状態になってた同人小説「バブルピース」をkindle版で出してみました。

 電子書籍化にあたりちょびっとシーン追加など加筆修正を加えてますが、基本の話は紙書籍版のままです。うとまる氏の挿絵なども全部収録してますのでこの機会に広く読んでもらえると慣れない作業で死にかけていたtigerbutterも浮かばれます。204円(約2ドル)ポッキリです。

 今をときめく深見真さんからいただいた紹介文も巻末に収録してます。これは俺にとっては宝物のような文章で、なにかにつけて読み返しています。当時、紹介文執筆をお願いするにあたり、スケジュールの都合上やむなく満足に校正が終わってないテキストのままの本作を深見さんに送付させてもらったのですが、半日もしないうちに「読み終えました!」と電話がかかってきて、興奮気味の感想のお言葉をいただきました。
 ありがたいことです。
 繰り返しますが、本当にありがたかったのです。
 自分でもこの話がはたして面白いのかどうかわからなくなっていた矢先のことでしたので、もしもこのときの言葉がなかったら土壇場で「やっぱりこの本、出すのやめよう」などとチキンな決断をしていた可能性すらあります。
 だから深見さんは、この本にとって二重の意味で恩人なのです。

 書籍版を出してからも、かなりたくさんの方から感想、応援をいただきました。
 もう全員がこの本の恩人です。ありがとうございます。


 バブピ執筆時はひたすら「もう長編小説なんて無理じゃよー」と思っていたのですが、また懲りずに少しずつ次作の準備を進めています。応援してくれる奇特な方々は気長に待っていただければと。


RECENT ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。