ピクミン2のこと

2009/06/24

 ゲームキューブの「ピクミン2」を今さらプレイしはじめる。

 いつもの逃避だ。それはわかっている。
 すべてわかり、諒解した上でのピクミン2だ。

 このゲームが発売された当時(もう5年も昔だ)、俺はとある地下ステージで100匹ものピクミンを一瞬で失うという惨事に直面し、そしてゲームを中断した。

 5年ぶりに再開(というか最初からやり直している)したピクミン2だが、やはりおもしろい。
 ピクミンをちまちまと増やしていくのがおもしろい。
 いろいろなお宝を力を合わせて運ぶさまを見るのがおもしろい。
 おなじみ赤、青、黄に加え、紫と白の5種類のピクミンを使い分けて効率よく探検していくのがおもしろい。

 ところでピクミン2は大人のゲームだ。
 正確には「大人にも楽しめるゲーム」なのかもしれないが、あえて俺は「大人のゲーム」と言い切りたい。

 なぜならこのゲームには死がある。
 目をそむけることのできないピクミンの死がある。
 俺は5年前の惨劇の場所……クイーンチャッピーの待つ地下へ再度赴き、そして性懲りもなく75匹のピクミンを一瞬で失う。
 からくもクイーンを倒してあたりを見渡せば、残ったピクミンはたったの数匹。
 5年前と大差ない惨劇。

 だが、今回は負けではない。
 生き残っている奴らがいる。
 たった数匹でありながら、その目に限りない闘志を宿した連中が、その瞳で「さあ」と俺に語りかける
 さあ――お次はどいつだ?

 俺たちは暗い地下から脱出する。
 光満ちる世界へ。
 俺は死んだ75匹、そして5年前に死んだ100匹の魂とともに、今度はゲームを放り出さずに前へ進む。


……などという妄想に陶酔しかけたところで思い出す。
 ピクミン2におけるその冒険の動機は、実はひどくしょっぱいということを。

 前作ピクミンは、主人公オリマーが未開の惑星に不時着するところから幕を開ける。
 そこで出会った不思議な生物ピクミンと力を合わせてロケットの部品を拾い集め、宇宙へ脱出するという美しい物語があった。
 生命維持装置が切れる30日間のあいだに、どうにか生き残るためにあがく姿があった。
 数え切れないピクミンの死を乗り越えてオリマーは生きていく。それは浅ましいかもしれないが、ひどく俺たちの心を打つ。


 だが、今作ピクミン2の物語はこうだ。
 やっとの思いで惑星を脱出したオリマーは、母星に帰る。
 が、オリマーの会社は莫大な借金を抱え倒産の危機を迎えていた。
 そこで、ひょんなことから、オリマーが惑星から持ち帰ったガラクタが高値で売れることに気づく。
 オリマーはピクミンの待つ惑星へと舞い戻る。
 目的は、そう、お宝を集めて借金を返済するため。
 金のためだ。

 つまるところピクミン2では、金のためにピクミンが死ぬ。
 愛や勇気、ましてや友情ではなく、ただひたすら金を得るために利用されてピクミンは死んでいく。

 だからピクミン2は大人のゲームだ。
 ただ金のために生き、金のために死ぬことを是とする俺たち薄汚れた大人たちのゲーム。

 前作のピクミンでは、黄ピクミンに爆弾を抱かせ、強大な敵に喰わせ内部から爆散させるという凄絶な戦術が猛威をふるっていたものだ。
 だが今回、爆弾という要素自体がなくなっている。

 代わりに――白ピクミンが存在する。
 有名なCMソングにもあるように、そう、白ピクミンには毒がある。
 言わずもがな、白ピクミンを故意に敵に食わせるという戦術が、とても有効な手段としてこのゲームでは用意されている。
 少数の犠牲を以って多数を救う。
 それが大人の選択だ。
 大人は汚い。
 汚いから大人なのか。
 いや違う。
 ただ俺が汚いだけだ。
 誰一人犠牲にせずに勝利することの困難さを放棄した汚い俺は、白ピクミンをボス敵である巨大チャッピーに向けてほうり投げ、それを飲み込んであっさり死に絶えるボスの死に様を見て、暗い達成感をおぼえることができる。

 だがこのゲームにおいてピクミンの死は、冷酷にカウントされる。
 毎日どれだけのピクミンが燃え、溺れ、痺れ、潰れ、食われ――死んだか。
 細かい死因ごとにそれはすべて厳格な記録として残り、いつでも閲覧が可能だ。
 だから忘れない。
 忘れることなどできない。
 ピクミン2におけるシステムは、ピクミンたちの死を忘れることをけっして是としていない。


 そうしてお宝探しを進める主人公オリマー。
 このゲームを語るには、ある意味ピクミン以上に彼について触れなければならない。
 そのコミカルな外見とは裏腹に、彼は謹厳実直で妻子のある一介のサラリーマンである。タフかもしれないが、けっしてヒーローやスーパーマンの類ではない。
 しいていえば、大人のプレイヤーに向けた大人の主人公。
 それがオリマーだ。
 惑星で手に入る無数のお宝、そのすべてに彼のコメントがついており、それらをすべて読むことは大人としてのプレイヤーのたしなみであろう。

「いつからだろう、私があのころのような夢を失ったのは」
「だんだん家族との距離が遠くなっているような気がする」
「巨大生物の口が迫る……そんな悪夢にうなされる夜もある」



 ピクミン2はお宝探しの期限がなく、のんびりと時間をかけて遊ぶことができる。
 だが借金取りから逃げ回る母星の社長からのメールが、日を経るにつれてだんだんと狂気に満ちてくるのが実にいやな感じでよい。

「借金取りから隠れるために、ワシはしばらく橋の下に住むことにしたよ」
「夜になるとそのへんの野生動物が寄ってきて困る。暖かいのが救いだがね」
「キミをクビにして、代わりにこの野良たちを雇うことにしよう。きっとキミなんかより役に立つぞ」



……とまあ、そんな按配であるからして、悠長に宝探しにふけっていられないのが正直なところだ。


 現在、あと少しで借金を完済できるところまでお宝を集めた。
 そのために、すでに相当な数のピクミンが死んでいる。
 これからも死ぬだろう。
 さらなるお宝と、金のために。
 オリマーのために。
 あるいは、ほかならぬ、この俺のために?

 俺のためにためらいもなく死ぬピクミンたちを、俺は愛してやまない。
 けれど連中は一言だって口にはしない。愛してくれとは、絶対に。
 だからピクミン2は大人のゲーム。
 薄汚い大人たちの愛を試す、はかなくも美しい生き物たちのゲームだ。

朧村正と温泉

2009/04/24

 ここんとこずっと朧村正をやり狂っており申した。

 職人芸ここにきわまれりといった感じのドット絵のキャラや背景がすばらしいのはもちろんなんですが、何よりもローディング(読み込み)が皆無なのがすごい。
 遊ぶうえで理不尽なストレスが皆無なもんで、うっかり十数時間プレイし、すべての刀を集めてエンディングも制覇しました。(簡単な”無双”モードでですが)

 いや、綺麗ごとはもうよそう。
 この際だからはっきりいってしまえば、なにげに朧村正はEROいんだよ。
 具体的には温泉における百姫のたたずまいがEROい。
 おそろしく精緻な2Dアニメーションで、布一枚できわどいところを隠しながら歩くその姿がEROすぎる。
 思わず愚僧のWiiリモコンやらツインスティックも屹立しようというものです(クラシックコントローラで遊んでましたが)

 そもそもこのゲームにおける温泉というのは、つまるところ体力回復ポイントなわけですが、ゲームのシステム上あんまり必要性はないんですよ。セーブポイントで全回復できるし。
 それなのに、あえて異常な力の入った温泉シーンを入れる。
 それはもう、すごい勢いでプレイしたさ。
 むしろ体力が満タンだというのに、あえて温泉にINしたりもする。
 そして特に意味もなく百姫を右往左往させてみたり、ときおりしゃがませたりもした。

 そういうわけで百姫編を真っ先にクリアし、さあて残るは鬼助編かー、あーちくしょう百姫さんの温泉ウォーキングが拝めねえんじゃやってられねえよ、全裸でいったいなにが悪いんですかと港区の公園でやさぐれていたんですが、鬼助が温泉に入ると、ときおり女性キャラが先に入っているという超ギャルゲー展開が待ち受けており、それはそれでよいものでした。
 ぜったいに買って損はない、すばらしいゲームです。


 朧村正をクリアした勢いに乗っておもむろにPS2オーディンスフィアを再開。
 このゲーム、戦闘時の処理落ちやら、店に入るたびのローディングやらがつらくて途中でやめちゃってたんですが、おもしろいのよな。
 戦闘中に種を植えて収穫したり、敵の猛攻の隙をついてむしゃむしゃと肉を食ったりするのは楽しい。
 強い敵の攻撃だと一発で死亡することもあり、総じてかなり難易度が高いんですが、その分アイテムをやりくりして攻略しなければならず、それが醍醐味ではあるので、このバランスはありです。
 なにより豊富なビジュアルシーンで語られる物語がすばらしい。

 いま第三章の「妖精の国」編に進んだところですが、主人公の妖精メルセデスさんのほのEROさがすごい。犯罪すなわちクライム的なまでにERO可愛い。
 うっかり2年もメルセデスさんを放置していた己の愚かしさを心から悔いているところです。
 あー、つくづく読み込みが多いのと処理落ちさえなければなー。Wiiでリメイクしてくれませんかね。


 しかし朧村正、徹頭徹尾読み込みをなくしたのは本当に偉いと思います。
 温泉のEROさの前に危うくその偉業が霞んでしまいそうになってしまいましたが、その点はほんとうにEROい。いや偉いです。偉大と称してもよい。

Wiiの件

2006/12/05

 とうとう発売されましたね。
 なにがってもちろんWiiですよ。
 実写映画版スーパーマリオに出てくるヨッシーがどう見ても恐竜というか具体的にはちょうど人を取って喰いそうな大きさのヴェロキラプトルそのものだった件に関して、そのことに憤り嘆き悲しんだ故・横井軍平氏が三日三晩酒に溺れ溺れて何度も何度も嘔吐を繰り返した挙げ句、最後の吐瀉物とともにひねり出した苦悶の言葉「うぅぃい~~~ッッッ」が名前の由来であるところのWiiの発売日だったのですよ。

 で、なんだかんだでけっきょく予約できなかったんで、もう絶対買えないこと確定じゃないですか。
 もうWiiを入手するには、吉祥寺のアーケード街にある武器屋でボウガンとかを買ってWii狩りをするしかないと思ってました。同じようにWiiを暴力で買おうと思っている低脳に声をかけ、コンバットジープに乗ってビックカメラとかヨドバシ帰りの、Wii本体といっしょに「ゼルダの伝説」とか買ってるようなナンパなチャラ坊を見つけるやいなや、背後からバットで殴打。逃げる女の背後からボウガンを発射。

「どうか、どうかこのWiiだけは……村の者が待ってますのじゃあ」

 命乞いをする爺さんを笑いながら殴りつけ、Wiiを釘バットで完膚なきまでに破壊。さらにはゼルダのディスクも手刀で真っ二つですよ「ペキッ」て。爺さん絶叫。俺たち超哄笑。
 いったい何がしたいんだ。


 とにかく、そんなやさぐれた気持ちでWii発売日の夕方、新宿をぶらついていてふらりと入ったソフマップで普通に売ってるじゃないですかWiiが。
 一瞬、だまされてるんじゃないか、実はバーチャルボーイとかプレイディアとかを売りつけられるんじゃないかと危惧したのですが、そのようなこともなく普通に購入できました。Wii難民の皆さん、何一つ苦労せず手に入れてしまってほんとすいません。でも、きっとこれは運命(さだめ)だったんだ。Wiiは俺にとってちょっとしたべヘリットみたいなもんだったんだ……。

 そんなわけでWiiプレイしてますよ!
 具体的には超プレイしてますよバーチャルコンソール「邪聖剣ネクロマンサー」を!
 だって邪聖剣ですよ!? 邪悪なのか聖なるものなのかさっぱりわからないじゃないですか!
 でもネクロマンサー。
 超ミステリアス。
 こんなゲームをしょっぱなからバーチャルコンソールに持ってくるハドソンの空気読めなさ加減がたまらなく……たまらなくいとおしい……。

近況

2006/11/06

 疲れています。
 Wiiの「超執刀カドゥケウス」の画面写真が陰茎手術に見えてしかたがないぐらいに疲れています。
陰茎手術?


 いや、それはどうでもいいのです。
 本当に伝えたいことは別にあって、実はこのたび生まれて初めて怪奇現象というものに遭遇しました。
 いやあ本当にあるんですね、科学では説明できないことって。今まで「怖い話」とかその類の奴を「どうせ作り話だろ?」と鼻で笑ってきた俺ですが、考えを改めなければならないようです。
 まさか、こんなことが現実に起こるなんて――。
 俺の身に起こった超常現象……それは……

 家中の靴べらが無くなってしまった。

 マジで。マジですよ。
 いつも玄関先に皮製の靴べらを吊り下げておいて、出勤時に使ってたんですが、ある日それが忽然と無くなっていたのです。
 そこら辺に落っこちたのかと思って探してもなぜか見つかりません。靴べらなので、まさか玄関以外に持ち歩くこともありえません。
 おかしいなーと思いつつ、靴棚にしまってあった予備のプラスチック製靴べらを使って、代わりに吊り下げておいてその日は出勤しました。
 そして翌朝。
 無くなってました。
 予備のプラスチック靴べらが、たしかに昨日の朝に吊り下げておいたはずなのに――消えてました。
 不可思議な事態に首をひねりつつも、しかたなく自分の指を使って革靴を履きました。超指痛え。靴べらの偉大さをひしひしと感じました。

 その後、そういや携帯靴べらを鞄の中に入れていたなと思い出し、取り出そうとしましたが、それすらも無くなっていました。これでウチにあった靴べらがすべて消失したことになります。
 なんで?

 空き巣のしわざか?
 わりと本気でそう思いましたが、なくなっているのは靴べらだけ。もしそれだけを狙って盗んだというのなら、それはもう空き巣ではなく怪盗の類です。よもや我が家にあった靴べらは、知る人ぞ知る天才靴べら師の手によるもので、その靴べら師の娘たちが父の作品を取り戻すために怪盗となり、ウチのセキュリティをかいくぐり、具体的にはちょうど人一人抜けられる隙間がある赤外線の合間を縫って侵入したとでもいうのか……?
 この設定はキャッツアイからのパクりですが、そもそもそんなセキュリティ装置はウチにない上に、キャッツカードの類も残されてはいませんでした。

 妖怪のしわざか?
 これはあるかもしれません。水木しげる先生も知らない妖怪――そう、妖怪靴べら隠しが現れたのです。
 ひたすら風呂場の垢をなめる妖怪だっているのですから、靴べらを隠す専門の妖怪がいたって不思議じゃありません。
 まさかそんなレア妖怪がウチに出現するとは。類似妖怪に「テレビのリモコン隠し」「予備の乾電池隠し」「靴下の片方隠し」とかがいると思われます。ちくしょう……なんておそろしい奴らなんだ……。そんな奴らが家々を席巻したら、日本は終わる……!

 あと残る可能性は……。
 この喪失劇が、もし第三者の手によるよるものではないのならば――。
 すなわち犯人が俺自身の場合。
 日々の労働で病み、疲れた俺が、無意識のうちに……

「仕事へいきたくない」
  ↓
「革靴を履きたくない」
  ↓
「靴べらがなければ靴を履けない」


 だから俺が自分で、どこかわからない場所に靴べらを隠した……?
 ハハ……ハハハ。

 やべぇ一番現実味がある。

 とにかく毎朝困ってるんで靴べら買ってこねぇとなぁ……。でも、またなくなったらどうしよう。
 くそっ……なんて微妙にいやらしい怪異なんだ! 週間ストーリーランドがまだ放映していたらネタとして投稿しているところです。


 いやいやいや、本当は靴べらとかどうでもよくて、冬のコミケ受かりました。同人誌、新刊出ます! 既刊も再販します!
 詳しくはながらく放置気味だった同人サイトにて近日告知予定です。


RECENT ENTRY