スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とってもだいすき

2005/05/26

 飛びたいっ………!
 空っ……!
 自由に…空をっ……!


 特に何の意味もなく「ドラえもん」の歌を福本伸行っぽく表記することから始まる今日のアレだが、ドラえもんの声優陣が変わっているのを先日初めて視聴した。
 違和感はあったが、むしろ別のアニメのように感じられて、30分見終わるころにはそれなりに慣れてしまった。声優さん上手いしな。ドラえもんが小悪党っぽい声だとか、いろいろ意見もあろうが、ヘタに元の人に似せようとしてないのは正解だろう。
 俺ぐらいの世代は鬼太郎の声といえば戸田恵子(アンパンマンとかの)だけど、俺よか上の世代だと野沢雅子(悟空)だったりするみたいに、これからは彼らの声が今の世代にとってのスタンダードになっていくのだろうな。
 
 ていうか久しぶりに観たよ、ドラえもん。
 スネ夫に弱みを握られて脅迫されたのび太が、スネ夫にスパイロボを送り込んで弱みを握り返し逆襲するという非常にハムラビズム溢れるお話だった。
 あと、オープニングでなぜか実際に歌が流れずカラオケのような感じで歌詞だけが表示されていて、一瞬、最近のドラえもんはオープニングソングを常人には聞き取れない高周波で流すのだろうかと勘ぐった。

 スネ夫と言えば、CDでスネオヘアーの「ワルツ」を買った。ハチミツとクローバーのエンディング曲の。
 良いね。
 スネオヘアー。
 現在、延々とリピートしながら「ネェーッ、ナンダッケェーッ」などと怪鳥のごとく口ずさみながらこれを書いている。
 しかしスネオヘアーて。
 和訳するところの「スネ夫の陰毛」とは、なんたるパンクなアーティストなのだろうね。素敵さ。

 どうでも良いが「スネ夫」などと親から名付けられたスネ夫は、よくもあれだけ健やかに生きていられるものだといつも感心する。
 金持ちであることを差し引いても、あのような、どうやってもポジティブに受け止めることのできそうにない名前を付けられて、世の中を憎悪せずにいられることは奇蹟に近い。
 積極的に見習っていきたいと思う。
スポンサーサイト

拝啓カプコンさま

2005/05/25

 良い気になってアクセス解析など見ていて、どうやらカプコンドメインからのアクセスがあるらしいと気づき、もしやカプコンのプロデューサーやらディレクターやらがここを読んでいらっしゃるのかもしれないなどと妄想し「次回のデメントやらバイオには、こんなERO要素をぜひ入れていただきたい」的な世迷い言を延々書いているうちに昨晩はうっかり寝てしまった。

 具体的に何を考えたかは、おぼろげにしかおぼえていないが、朝起きたときにPCが立ち上がっていて、エディタ部分に点々と、


 「もっとバターを」
 「俺がフィオナでオマエが犬で!?」
 「ERO仕掛けで敵をまけ」
 「たとえばこんなEROゾンビ」
 「EROウィルス感染」
 「アイツのハートにロケットランチャー」
 「最強兵器=俺のマグナム」
 「エ……エイダ?……エイダ!?……エイッッダ―――――ッ!!」(レオンのモノマネで絶叫)


 などとタチの悪いダイイングメッセージよろしく入力されており、もはや昨晩の詳細な思考をうかがい知るすべは無い。

 どうでも良いが任天堂の新しいゲーム機は、何やら過去の任天堂ハードのゲームをすべて安価に遊べるようにするとか、夢のようなコンセプトを打ち出しているらしいじゃないか。
 ただ、それをおもしろく思っていないメーカーもいるだろう。
 具体的には「プロ野球?殺人事件!」「マルサの女」、果てはディスクシステムの「サムライソード」などと言った過去の深い業であるところのゲーム群をほじくり返されるカプコン殿にとっては、おそらく今回の件、気が気では無いはずだ。
 いや、でも死ぬ前にもう一度ぐらいはプレイしたい。これらのゲーム。


 そんなこんなでバイオハザード4も無事にクリアした。
 様々なエッセンスが詰め込まれた、超豪華なゲームだった。あまりに豪華で長いので、物語序盤の話をトコロテン方式で忘れていたほどだ。
 けっきょくEROスパイであるところのエイダはものすごいフジコっぷりを発揮。
 そしてレオン超カッコイイ。もはやプレステ時代の動きの鈍い新米警官ではありません。

 それにしてもバイオハザードの悪役は、毎度毎度、丁寧なメモを目立つ場所に置いておいてくれるのが好印象だ。
 「教会の鍵の隠し場所について」だの「我が教団の最終目的」とか、レオンを襲ったりするのに忙しい中、それでもきっちりドキュメントを残してるあたり、彼らもこの情報化社会で生き残りを賭けて必死なのだな、と感心する思いだった。
 俺も見習っていきたい。

理不尽とか不条理とか

2005/05/19

 バイト帰りに、駅の改札付近で殴られた。
 女の子に。棍棒で。

 終電間近の混み合った電車を降りると、駅の構内がちょっとしたパニック状態になっていて、よくわからないが誰かが暴れているようだった。

 喧嘩か何かだろうか。
 そう思いつつ、私は喧噪をかき分けて改札に向かう。
 気がつくと、混み合っていたはずのまわりには誰もおらず、ただ、私の前方にひとり、女の子が立っていた。
 白いワンピース。点々と血が散っていた。
 手に棍棒とでも言えばいいのか、棒状の武器らしきものをぶらさげており、これにもやはり血。わりとハードに使用済みらしかった。
 少女は荒い息をつきながら、私を見た。
 ひどく、せっぱ詰まったというか、追いつめられたような色がその瞳に浮かんでいた。どこか切実なものすら感じた。
 そして、その手の棒を上段に構えた。
 殴る気か。私を。
 殴られるのか。私が。

 視界の外で、駅員らしき人たちが駆け寄ってくるのがちらりと見えた。
 逃げろ、とかそんな悲鳴混じりの声も聞こえた。
 直後、頭に衝撃。

 気が付くと、駅の片隅に寝かせられていた。

「あ、気が付いた」

 近くの駅員が私の顔を覗き込んだ。

「アンタ殴られたんだよ。ボッコで頭、思いっきり。だいじょうぶ?」

 どうりで頭が痛かった。触ると額にコブができていた。
 私は訊いた。

「あの娘はどうしたんですか」
「ああ、アンタを殴った後に駅の外に逃げたよ。たぶんすぐ捕まるんじゃないかな。警察も来てるから」

 その後、何やら事情を聴取するだの救急車を呼んだから精密検査を受けろだのと、面倒なことになってきたので私は強引に逃げた。
 家路につく。
 歩くと、少し足がふらふらした。

 表通りを曲がると、白いワンピースを着た女の子が立っていた。
 私を殴った、あの娘だった。
 やはり手に例の棍棒を持っていた。

「こんばんわ」
「あ……こんばんわ」

 礼儀正しく挨拶をされたので、思わず私もそれにならって挨拶を返した。
 どうでも良いが、また殴られるのだろうか。
 それも嫌だったので、私は話し合いによる解決を試みることにした。

「あの、訊いて良いかな」
「はい」
「どうして暴れてたのかな。駅で」
「闘わなきゃいけないって思って」
「闘うって、何と?」
「さぁ……」

 娘は首を傾げた。無邪気な仕草だった。
 私を殴った際の、どこか追いつめられた様子は影をひそめ、やたら清々しい表情をしていた。

「とにかく闘わなきゃ、倒さなきゃって。そんな気がして」
「だから何を。誰を」
「んー、世の理不尽とか不条理とか。たぶん」

 そう言って白いワンピースの彼女は去っていった。その場には血の付いた棍棒が残された。
 そうか私が理不尽。この私こそが不条理だったのか。
 それは新鮮な発見だった。

 ただ、そこでそうしていても仕方がないので私も立ち去ることにした。
 ひどく疲れ、ひたすら眠かった。
 家に帰り、泥のように眠った。
 理不尽や不条理としての私は今日、あの娘に倒され、そしてまた明日、眠い目をこすりながらも起床して、顔を洗い、歯を磨き、朝飯を食い、バイトに出かけ、疲れ果てて帰ってくるのだろう。

カプコンサイコー

2005/05/18

 デメントは、あとは隠しアイテムで「バター」があれば完璧だった。
 パーフェクト、だった。

 ていうかさぁ、やっぱバターでしょッ!?
 あれだけのEROいヒロインに、犬までいるんだからさぁ!!


 それはともかく、同じカプコンのゲーム「バイオハザード4」をプレイした。ゲームキューブの。
 正直、もうこのシリーズはマンネリだよねー、などと知った風な感じで軽んじていたのだが、地味にシリーズ最高傑作だった。今までのバイオが子どもだましに見えるほど。

 なにこれ、ものすげぇおもしれぇ。
 今までは銃撃つときはオート照準だったけど、なんかFPSみたいに自由に射撃できる。それでゾンビの足を撃って動きを止めたり、頭を狙い撃ちして仕留めたりとか。
 でもFPSほど動きが自由じゃない(平行移動とかできない)んで、その絶妙な不自由さ加減によって生まれる恐怖。
 あの、曲がり角を曲がるとウワァオ!!という例の恐怖が健在。
 操作性とか読み込みとかもほとんどストレスが発生しないすばらしさ。当たり前のようだけどすばらしい。
 難を言えば、メニュー画面を使わないで武器の切り替えができたらもっとよかった。しかしそこまでやるとまるきりFPSか。


 あと、バイオ4が楽しいのが、お金で武器を買ったり改造したりできるようになったとこ。
 なぜか村とか城とかの各所にいるんだよ、武器商人が。
 あからさまに怪しいコート姿の男で、話しかけると「ゥウェルカァム!」とか言いながら、ガバっとコートの裾を広げる。その中には大量の武器弾薬がぎっしり、というステキな絶賛販売ぶり。
 なんか俺ドキドキしちゃったよ。

 そんな死の商人相手に、町中で掠め取った金品を売りさばく主人公であるところのレオンもステキだ。久しぶりだなこの人も。
 懐かしいバイオ2の主人公だった奴だよ。あの、クリスの妹と組んでザッピングシステムとか。ていうかあの妹はどうしたんだよ。名前なんだっけ。なんとかレッドフィールド。


 それはそうとバイオハザードやってて、一番安らぐのは、アレだな。
 何げないところに落ちてる弾薬を拾ったときだな。
 お、こんなところにあったぜハンドガンの弾。
 拾う。
 ああ、安らぐな。
 むしろ、もうこれは癒しと言ってもいい。
 ショットガンの弾とかもいいんだけど、やっぱりハンドガンの弾だよな。もはや不自然を通り越して不気味なぐらいたくさん落ちてるし。これがバイオシリーズ最大の醍醐味と言っても過言じゃないと個人的には思うがどうか。

 あとバイオ4もヒロイン(大統領の娘)がいて、わりとERO可愛いのだけど、やはりフィオナには遠く及ばない。乳も揺れないしカウガール姿でもないし。
 あ、でも、もうひとり女性キャラがいた。
 エイダだよ。
 エイダですよ。あの女スパイ。
 まだゲーム最後まで終わってないんでアレなんだけど、アレはEROいよ、かなり。

 でもエイダって、2で死んでなかったっけ。死んでたよな?
 ラストの方でレオンがエイダを抱きかかえて「エイダーーーーーーーーーーッッッ!!!」って絶叫してたよな。絶対してた。俺、そのレオンの口調モノマネできるもの。
 で、今回出てくるエイダはクローン人間か何かで、エイダと再会したレオンは死ぬほど驚くんだろーな思ってたのだけど、


 「久しぶりね、レオン」
 「エイダ……ウェスカーの組織に入ったそうだな」


 などと普通に旧知ぶりを発揮。
 つうかウェスカーってのも生きてるんだっけか。あのグラサン。
 もはやストーリー丸忘れ。シリーズ全部クリアしてるはずなんだけど。
 とにかくおもしろいから、それでいいんだが。

日々

2005/05/13

 今宵はEROパンツを着用して過ごしている。
 EROパンツ、というのは以前俺がスノーボードなるオシャレ運動に興じていた際、汗で肌に密着した布地が俺の大胆なアクションで裂けてしまい、パッと見、非常に淫猥な用途に使うことができそうな感じがそこはかとなく漂うパンツのことであり、早い話がボロ布に等しい。

 捨てよう捨てようと思っているのだが、長年愛用してきたものであるためか、なぜか捨てられない。
 そんなパンツを今日に限ってなぜはいているのかと言えば、他にはくパンツがねえからだよ畜生。
 うっかり着用可能なパンツをすべて消費しきってしまった愚かな自分に対する自戒の意味も込めて、あえてこの恥ずかしいパンツを着用している今日この頃だ。


 まぁ、そんなどうでもいいことを長々と書いた後で本題に移る。
 とか書いているうちに時間切れ。パンツのことしか書けなかった。
 そんな今日は、まるでパンツ記念日。

ジョニーになりたい君は

2005/05/10

 気がつけば、パソコンの中のドライブに「スパルタンX」のDVDが。(挨拶)

 変わったダイイングメッセージと受け取れないこともない出だしで恐縮だが、先日、電車の中でこんな吊り広告を見た。

 それは英会話教室の広告で、「英語がしゃべれたら何をしたいですか?~都内の小学生に聞いてみました~」などと書かれており、大胆不敵な小学生の夢がぎっしりと細かい字で書き込まれているのだった。
 暇だったので、俺はそれをひとつひとつ読んだ。


  ・アメリカに別荘を持つ(小学2年・男子)
  ・英語で寝言を言う(小学1年・女子)
  ・日本語をカタコトにする(小学6年・男子)


 ある種、無邪気というか、それでいて油断ならない彼らの夢にちょっと微笑む俺。
 しかし、その中にこんなものが混ざっており、少々複雑な気分になった。


  ・名前をジョニーにする(小学3年・男子)


 いったい彼に何があったというのか。

方針

2005/05/09

 新しくブログなど始めるにあたって、本当はなんかこう、もっと高尚なものを考えてたのですよ。
 ハイソな文学? 文学系?っつーのか? あ?
 タクちゃん?(コマの中央に「!?」)
 みたいな。

 それがうっかりデメントのEROさ加減を紹介するだけの文章を綴るだけの場となってしまい、これじゃあいけない。こんなことじゃあいけないよ。
 もっと天下目指していこう。具体的にはもっとゲスくアクセスアップ狙っていこうと思う。

 ちょっとまわりの人気ブログを見回してみた。
 どうも、アニメの感想サイトが妙に人気あるみたい。
 主にガンダムSEEDディスティニーとか。検索に引っかけるため、きちんと「ディスティニー」と書いたが、普段ならうっかり「デステニー」とか、ヘタをすると「デストニイ」などと星のデジャヴー的発音を繰り出してしまうほどに、要はこのアニメ一回も見たことねえ。

 俺が最近DangDang……気になってるアニメは「バジリスク~甲賀忍法帖~」ですよ。
 具体的には霞刑部がどれだけ尻丸出しで暴れ回ってくれるかが気になってる。
 だって霞刑部カッコイイよ。
 得意技が「まわりの背景に同化して隠れる」っていう、わりと儚い感じの技なのに、見た目が超肉体派。
 というより、意味もなく肉体をさらけ出す派。まわりの人が服を差し出さなかったらずっと全裸でいるであろうこと請け合い。そんな刑部にドキドキしていたら、彼ったら見えない状態で近づいて敵を次々に絞め殺してるんですよ。素手で。
 姑息さと豪快さが良いあんばいで同居している男。
 それが刑部☆霞。
 刑部ラブ。

 しかし忍者ってすげぇな。もし俺が甲賀とか伊賀に生まれてたら、思春期を迎える前に(精通する前に)絶対死んでると思いました。
 ていうか奴ら、どう考えても一部人間じゃないっぽい人とかも混じってるでしょ。
 風待将監とかパッと見あからさまにスパイダー系のクリーチャーだし、フィーチャリングwithナメクジであるところの雨夜陣五郎に至っては海水に溶けて跡形も無くなってた。
 いくらなんでもフィーチャーしすぎだろ。
 でも「いやいや、これも忍法忍法!」みたいな感じで強引に持っていく姿勢がとても好きだ。
 無粋なツッコミに負けずがんばっていただきたい。

おまえのボーイはどれだけナイスなのだ

2005/05/06

 題名だけ見ると何のことかよくわからないDEMENTOプレイ記なのであるが、ようやくゲームをクリアしたヒャハー。
 あまりの喜びに、思わず文脈を無視して「ヒャハー」などというミスミ爺さんを襲うジード軍団の下っ端っぽい喜びの声も漏れようというものだ。

 目をつぶれば思い出す。
 ホント酷い目にあってばかりだったよなぁ……フィオナは。
 頭の弱そうな大男に追い回されるわ、頭が弱い……というよりはモロにおかしい嫌メイドに追い回されるわ、挙げ句に「そのいやらしい穴で男を受け入れるお嬢様は」とか淫語満載で責め立てられるわ。たいへんでしたフィオナさん。
 そりゃ俺のボーイもグッドになりますよ!!(暗喩)

 あと、なんか鉄砲持った奴とかにも追いかけられてました。リカルドって野郎。
 こいつはひどい野郎だ。
 今、文字入力で「理軽度」などと変換されてしまったぐらいにひどい野郎ですよ。
 というか、おまえは自分の住居になぜこれでもかーこれでもか、ってぐらいにデストラップ仕込んでやがるのだ。
 危ないでしょ。
 おやめなさい、と言いたい。
 きょうび、都内などでは考えられないぐらい広い家(っつうか城)に住んでおいて、なぜこうも無駄な部分に力を入れるのか。まったくけしからん奴ですよリカルド。おまえはもう四畳半に住んでろ。それもデビリタスと二人っきりで。どうせ広いとこ住んでもしょーもない即死罠とか開けるのにパズル解かなきゃいけない扉とか作るばかりなんだからよ。
 あと嫌メイドを延々と打擲とか。あのイベントの意味が未だにわからん。

 まぁそんなこんなの恐怖をたくさんくぐり抜けて無事、フィオナはカウガールの衣装を着ることができたわけだ。
 すげぇよカウガール。EROい。フィオナ超EROい。
 俺、思わず「ウホッ」って言っちゃったもの。
 すごいよね。
 人間、本当に興奮すると言っちゃうものなんだね、「ウホッ」って。
 それでしょうこりもなくまた屋敷を徘徊。
 あれだけ怖い目にあったっていうのに……それも今度はよりEROい恰好をして……やれやれ、いけない娘だよ僕のフィオナは! そうれおしおきだー!
 とか言いながら、独りぼっちの言葉責めを交えつつプレイ。むしろいろんな意味でのプレイ。DEMENTO、それは狂気という名の物語。

 なんかフィオナ、カウガールだと銃持ってるじゃねえかよ。
 スッゲェ!
 死ぬほど単発な上に狙い定めるのが難しいけど威力はそれなりに強いっぽい。しかしほとんど趣味の武器であろう。
 もっと言うなら銃を撃つ際のフィオナのへっぴり腰を堪能するためのEROウェポンであろう。

 ところでシークレットルームで閲覧できるフィオナのコンセプトアート(設定画)がERO可愛い過ぎた。
 お願いだからカプコンはDEMENTOの設定画集を出してほしい。
 率直に言えばフィオナのERO画集を出していただきたい。ホントね、マジで頼むカプコン。
 昔「マルサの女」とか作ってたことは忘れるからマジ頼む。頼みます。

引き続きDEMENTO(グッドボーイ)

2005/05/01

 もはやフィオナにカウガール衣装をさせんがため、という目的のみに特化してプレイしているところのDEMENTOであるが、やっとこデビリタス(大男)編をクリアした。
 ああ、追跡者がいないお城というのは何と快適なのだろう、アハハ、ウフフ、などとつぶやきながら古城を彷徨うこと2時間。
 ようやく手に入れたサトゥルヌスの鍵を使う場所がさっぱりわからねぇ、というしょっぱい現実を直視することにした。
 そしておもむろにgoogle検索して攻略サイトなどを閲覧し、これからどこへ行けば良いか調べる俺。しばし軟弱な自分を恥じる。

 そうこうしているうちに今度はメイドさんが襲ってきた。ガラスの破片持って。
 何この人。ちょっと打擲プレイ好きなだけの人だと思ってたのに。
 味方だと思ってたのに。
 マジ殺しに来てますよ?

 気がつけばグッドボーイであるところの犬が、メイドを背後から飛びかかって足止めしてくれた。
 OH! グッドボーイ! ユーアーグッドボーイ!
 一転して攻勢に転じるフィオナ。
 具体的にはメタルブーツなどという、パンクロッカーみたいなアイテムを装備して蹴りの攻撃力をアップさせ、犬に噛みつかれて身動きできないメイドを何度も何度も蹴り付けるフィオナ。絵に描いたようなバイオレンス。
 おっかねぇ。
 もしかしたらこのゲームで最も怖ろしいのは、フィオナその人かもしれん。

 メイドが倒れた後も継続して蹴りまくっていたら、復活したメイドに刺されてやられました。生きるって難しい。


 あと例のスロット(メダリオンからアイテム作るやつ)、さっぱり成功しねぇ。
 今んとこ、5回に1回アイテム作れれば良い方。
 やはり「目押し」か?
 やっぱりフィオナにも「目押し」をさせないとダメなのか?
 嫌だッ!
 そんなスロッターなフィオナなんて俺……見たくない……見たくはないよ……!


RECENT ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。