スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物欲

2005/07/29

 またゲームの話をするが、ここ最近プレイしたいゲームが立て続けに出て困る。
 買っても間違いなく積む。
 あるいは、ちょっとプレイしてすぐ放置。
 別に飽きるとかつまらないわけでもなく、なぜかそれ以降プレイする気力がわかないのだ。
 消費能力の衰えというか、これは社会人ゲーマー特有の症状ではなかろうか。ゲームをやる気力の無い者をゲーマーと呼んでいいかどうかは別として。

 小さいことからこつこつと。
 今はゲームキューブのkiller7を地道に進めている。
 重要アイテムがことごとく少女の生首の口の中に入っている(しかも生首がしゃべる)という素敵に愉快なゲームで、話を進めるたびに達成感と呼べるかどうか微妙な感覚に襲われるのだが、この独特の意味不明感が楽しい。
 楽しいけど生首。


 頼んでいた東芝のHDDレコーダーが届いた。
 友人が東芝製のを使っていてそれなりに評判良さそうだから、というかなりいい加減な気持ちで選んだ。
 台風が上陸した日、ビックカメラの家電売り場に歩いて行き、夫婦者らしき男女が店員にあれこれ機能や値段について尋ねているのを尻目に「これください」一瞬で買い物が済んだ。
 というのは言い過ぎたが、まあそれぐらいの勢いで買った。

 届いた製品の箱を開けると、驚いた。
 分厚い説明書。この厚み、人を殴って殺すことさえ可能だろう。
 見ろ説明書が電話帳のようだ。そして人がゴミのようだ。

 なんとかかんとか初期設定を済ませ、さっそくW録画機能を使い放送時間帯がかぶっている「苺ましまろ」「バジリスク」「ハチミツとクローバー」「ぺとぺとさん」をすべて録画する暴挙を敢行。
 しかし、それだけ録画してもいつ視聴できるかはわからない。
 バジリスクもすでに6週ばかり溜まっている。霞刑部が危ないアングルで大活躍するシーンも堪能できていない。
 何かにつけて消費能力の衰えを感じる。

 吉田戦車は10年以上も前に「はまり道」において「やらなくてもいいゲームはないか」と先見性ほとばしる台詞を描いていた。
 あれに匹敵するのは「北斗の拳」の「息をするのもめんどくせぇ~」ぐらいのものであろう。まさに近未来。これぞ世紀末。
 この世の果て。俺たちの行く末。
スポンサーサイト

オモシロ製品と映画の話

2005/07/26

ソリッドアライアンスは傾(かぶ)きすぎだと思った。

 ブログを始めて以来、初めてブログくさい外部リンクを貼ってみた今日この頃だが、先日映画を観て来た。
 「逆境ナイン」と「姑獲鳥の夏」を立て続けに。

 逆境ナインは予想以上に面白かった。原作漫画の楽しいところを最大限に取り入れている。
 とにかく逆境。10分に一度ぐらい逆境。アホなのだけど、いつのまにか感動巨編になっている感じがすごい。いや、だまされてる。
 あとサカキバラ・ゴウの人が、漫画の中から抜け出してきたかのような「そのもの」さ加減だった。あれはハマりすぎ。

 マネージャーの明子は可愛らしすぎ。
 なんというか、切なくなるぐらい。畜生、なんだよ、なんなんだよ畜生。無礼なサッカー部を何故か半笑いでビンタしてたことも、許せる。許せてしまう。

 学園ものであるので、当然学生たちが大勢出てくる。
 快活な女子生徒たちが着ている白くて薄い夏制服が、ひどくまぶしくて、なんか映画と関係ないところでたまらない気持ちになってる俺がいて、少しあわてた。

 あと惜しむらくは、不屈闘志の人の滑舌が微妙に悪かったことであろう。
 何言ってるかわかんない部分がいくつかあった。
 最近の若い役者はみんな滑舌悪い印象があるのだが、どうなのだろう。
 不安だ。
 年々硬いものを食さなくなったため顎が退化しつつある日本人とか、もしや裏にそういう根深い問題があるのでは、と勘ぐりたくなるほどに不安だ。
 あたりめとか喰え。くちゃくちゃ噛め。


 それと「姑獲鳥の夏」
 原作もそうだが、登場人物が互いのことを思いやって、わかりやすく要点と結論だけを述べて、関口くんのトリップ部分を省けば、おそらく5分で済むようなしょーもない話だなぁと思った。
 こいつら現代社会人だったらコミュニケーション力が無いとか言われそうだ。

 とにかくビビりの関口くんが、たびたび姑獲鳥の幻覚を見るのだが、この姑獲鳥クリーチャーがどうにも微妙。
 痛々しいコスプレかと思った。
 あるいはダイレンジャーあたりで出てくる鳥妖怪か、低予算ファンタジー映画に出てくるハーピー。

 つまらないほどではなかったのだけど、わざわざ映画じゃなくてテレビドラマとかでも良かったんじゃねえのという感想。

 あ、あとこの映画はきちんとスタッフロールが終わるまで観ないとダメだぞ。
 スタッフロールが終わると、暗闇の円の中に浮かんだ京極堂が「世の中には不思議なことなど何もないのだよ関口くん」とか言った後、円が閉じて消えていくという斬新なエピローグが用意されているのです。
 どことなく往年のテレビアニメの終わり方を彷彿とさせて、微妙にほのぼの気分の入り混じった複雑な気分になった。
 この終わり方は、かなり不思議なことだと思うが、どうか。

悪徳の街

2005/07/21

 何気なく借りっぱなしになっていた「GTAバイスシティ」をプレイしてみる。
 ずいぶん前にプレイしたっきり放置していたので、もう何もかも忘れている。
 ここはどこだ。
 俺は何をすればよいのだ。

 とりあえず街で原チャリを転がすチャラ坊にワンパン入れて乗り物を奪取。
 しばらく気ままに街中を珍走。
 プラリと権力者の家らしき家に立ち寄るとイベント発生。
 気がつけばヘリに乗せられてマフィアのアジト上空にブッこんでいる自分・発見。よくわからんが機銃掃射して皆殺す。
 権力者から2000ドルもらう。
 ワーイ。
 嬉しいので、近くの武器屋でマチェットを購入。

 なんか電話が入ったので、船着場の偉い人のところへ行く。
 偉い人は俺に言った。

 「今、街を走っている戦車を欲しがっている人がいてね。もし入手したら連絡をくれたまえよ」

 つまり早い話が、奪ってこいと。
 戦車を。

 半分ギャグだろと思いながら指定された場所へ行ってみると、街中を我が物顔で走っている戦車を発見。畜生本当に走っていやがった。
 おまけに戦車は、軍の兵隊さんたちが大勢で護衛している。
 無理無理。こんなの絶対無理。帰って自慰して寝よう。
 そう思ったところで新たな指令。

 「戦車を奪う隙をうかがえ!」

 バカな奴らに隙なんざあるものかよと思いつつしばらく様子を見る。
 すると、ずっと走っていた戦車が急に止まったよ。

 「ドーナツ買って来い!」
 「サー、イエッサー!!」

 今だ!!
 深く考えず軍の真っ只中に踊り込む俺。
 そして一瞬後に蜂の巣にされる俺。せちがれー。超せちがれー。
 あとマチェットはマシンガンの前には何一つ役に立たねー。

 切なかったので4WDに乗って歩道を爆走。
 途中、道を歩く何かにたくさんぶつかったり轢いたりしたが気にしないでおく。
 なぜってここはバイスシティ。

カンフー

2005/07/20

 公開早々の映画を真っ先に鑑賞して、ブログに「んー、微妙だったヨー」みたいな毒にも薬にもならねえことを書いてみたい。
 なにが微妙だ。
 微妙なのは貴様だこの野郎。

 そんなわけでけっきょく休み中に「カンフーハッスル」のDVD買った話なんだが、やっぱり一番面白いのはシンチーのダメチンピラぶりだな。砦の人々に囲まれるシーン。
 最後は突然強くなったシンチーが空から降ってきて終わるわけだが、どうにもカタルシス? そういうのが足りねえなと。こう、なんというか、クリリンが粉々になるみたいな悲劇の末に強くなってくれよと。
 しかしシンチーの話が薄い分、ほかの達人たちがカッコよかったよねという話になるので、まぁ実はそれが狙いなのかもしれない。調べてみたら役者からして本当にカンフーの達人なのな。

 そして映画よりも特典のCM映像で流れてた「Kung Fu Fighting」の歌にはまる罠。

 エビバデワズカンッフーッファイッテーング。
 (ハッ!)
 エビバデワズカンッフーッファイッテーング。
 (フンッ!)

生存

2005/07/19

 黙っていてもまた日が昇って、朝が来る。
 忌まわしい。
 まったく呪わしいことよ。
 もし俺がピッコロさんだったら、おもむろに「消えろーっ!!!!」とか叫びながら気弾を放ち、太陽を破壊。
 地球は永遠(とわ)に夜の世界に。
 その後、死にかけたネイルさんと合体し最強の力を手に入れるも、フリーザの第二形態にワンパン入れられあっさりやられる。

 そんな人生設計はともかく、この祝日は海の日だというのに特に海と関わりのあるようなことをするでもなく画期的な自慰体勢を発見したりするでもなく、団子虫のような日々を送っておった。
 しいて印象深かったことを思い出してみるなら、ボケーっと見ていた深夜テレビでやってた通販番組の中で「セレブラ」という女性下着はいったいどういう原理でくっついているのだ? あとこの宣伝超EROいな、と考えたことぐらいだ。

 それか、DVDをいっきに3本ばかり見たのだが、もう感想とかを書く気も失せた。別にEROくもないし、誰もそんなことを望んではいないだろう。
 そんなことを言い出したらこんな文章など、バイオハザード的に表すなら研究員がゾンビになりかけの状態で書いた「かゆ うま」みたいな文章など、どこの誰も望んではいまい。
 この俺ですら、望んでいるとは言いがたいのだ。
 思う。何かを書く価値もなければ、生きる意味もないのだと。
 この世で、どれだけの人間が、いったいどれだけ望まれて生きているのだろう。

興味

2005/07/14

 最近、何か書く気力が驚くほどにうせていることに驚く。
 俺はもうダメだ。
 ダメかもしれない。
 何にも興味が持てない。

 つらく苦しいときには決まって俺は、あの、懐かしい故郷の世界へと精神を遊離させる。
 我が麗しのノースハーバー。
 どこもかしこも塩の味がした。酒場の安酒、路地裏の汚れた地面、商売女の肌。
 そして、たぶん街中を歩いてる野良犬ですら。
 しょっぱい街で生まれ育って、ほかのしょっぱい奴らはだいたい友達。甘くでも辛くでもなく、俺たちは、ただひたすらに、塩の味がした。

 今も思い出す。
 「白魔道士」サムの最期の言葉を。
 サム爺さんは寂れたバーのマスターで、気に入らない客には水を、当時ガキだった俺には頑としてミルクしか出さないような男だった。
 しかし女性客に対しては「不思議な不思議なホワイトミルク」などと称して怪しげな特別メニューを勧め、それに乗じ何かとてつもなく卑猥な行為に及ぼうとしたため、そんなときは決まって、

「オイオイまたサム爺さんの白魔法が始まったぜ!」

 そんな誰かの野次を皮切りに、酒場は下卑た笑いに包まれたものだった。

 魔法使いだったサム爺さんにも寿命があった。
 臨終の間際、老いた白魔道士は言った。

「実は、たまに黒魔法も出ちゃってた」

 血尿?
 そう思ったとき、すでにもう、爺さんはいない。この世に残った最後の魔法使いは死んだ。
 それと同時に、何か、あの街で大切だったもの、とても大事な何かも、死んだ。
 正確には死に始めたのだ。
 ゆっくりと時をかけて俺は、そう、魔法のとけた馬車がカボチャに戻るように、緩慢に車輪を失い、御者を失い、輝きを失い、車窓が虚ろな眼窩となっていくのだ。たぶん。
 そう思うと少し気が重いが、ちょっと気が楽だ。

インタビュー

2005/07/11

―――優勝おめでとうございます。今の気持ちを一言で表すと?
「スキスキスー、フワフワフー」

―――これであなたも大人の仲間入りですね。
「オトナじゃない。オトメです」

―――将来、どのような職業に就きたいですか?
「恋することが仕事です」

―――それではもう一度、喜びの言葉を!
「WOW WOW WO」



そんな脳内活劇が繰り広げられることからも察せられるように、かなり以前に録画してあった「おねがいマイメロディ」を視聴した。
なにがスキスキスーか。
なにがフワフワフーだ。
なにがドキドキすーるのーだ。
最高じゃないか。

俺も死ぬ間際にマイメロちゃんに己がドス黒い欲望をかなえてもらった挙げ句、体内からすさまじい数のドス黒い音符を吐き出して頓死したい。
「ゴボォ」とか言いながら口から大量の血。
胸には剣が突き立っている。呂布の。
あがくように五指を天にかざしながら「我が酒池肉林の夢よ・・・」そんな最期。

それをマイメロの42話ぐらいでやっていただきたい。
タイトル「天下の美女を抱きまくり美酒を飲みまくり莫大な富の中で溺れ死ねたらイイナ!」
お願いね マイメロディ マイメロディ

BATONのこと

2005/07/07

 まわってきてたBATONのことを書く。ちょっと自分のゲーム生活を見直してみたら、ほんとに爛れきってて辟易した。


1.PCに入ってるゲームの容量
 10GBぐらい入ってる。何か入れてもすぐにアンインストールしてるんでいつもこれくらい。
 常に入ってるのはバトルフィールドベトナムぐらいで、ときおり発作的にベトコンを撃ち殺したくなってプレイする。
 ママン、俺は病んでないって言ってくれ。

2.今やってるゲーム
■超執刀カドゥケウス(ニンテンドーDS)
 今最終面近くだと思うけど、ものすごい寄生虫出まくってる。具体的には心臓に邪悪な六芒星みたいな巣を張ってたり。
 こんなの俺だったら、開胸した途端「フゥ!」って言いながらアメリカ人みたく肩をすくめて、何も見なかったことにしてすぐさま縫合してるYO!

■ナムコクロスカプコン(プレステ2)
 いつまでやっても張飛とかドラゴンニンジャがいっこうに出てこないので絶望しかけている。
 このゲームを機にこういうメーカーの垣根を越えた作品が出ると良いな。
 具体的には「ケムコ クロス サン電子」とかが出ると良いな。

3.思い出ゲーム
■ファミコン探偵倶楽部~うしろにたつ少女~(ファミコンディスクシステム)
 ゲームやっててあれほど衝撃受けたのは初めてだったなー。今プレイしても、どんなにオチがわかっててもあのとき刷り込まれた恐怖が蘇る。今、冷静に大人の目で見るとよくもまぁあの貧弱なハード環境であれだけの恐怖演出をしたもんだと驚愕する。神だ。
 しかし、あの時期任天堂が前後編で出してたディスクシステムのアドベンチャーゲーム群はどれもこれも神の仕事だったな、と思う。しみじみと。

■オホーツクに消ゆ(ファミコン)
 何度も何度もプレイしたゲームだな。何もかもが好きだ。
 道ばたでブラックジャックに興じる刑事って、今思うと超イカすな。俺が上司だったら笑って解雇するけど。

■スナッチャー(PCエンジン)
 このゲームにもわりと人生狂わされた。昔、PCエンジンでパイロット盤ていうのを何げに買って、それをプレイしてから完全版が発売されるまで、待ち遠しくて気が狂うかと思った。10月23日、今でも発売日おぼえてる。
 しかし俺はアドベンチャーゲーム大好きっ子だな。

■天外魔境II(PCエンジン)
 これはもう、とにかくおもしろかったな。どこがおもしろいかって言われると何もかもがおもしろかったとしか。
 あのイベントは鳥肌が立ったな。どのイベントかはプレイした人なら何となくわかるだろうけど「絹」の怒りイベントです。
 友人数人と騒ぎながらプレイしてたんだけど、そのイベントの迫力に気圧されて、わけもわからずみんな言葉を失ってた。
 説明書に開発秘話として書かれてた監督・脚本の枡田省治の言葉が心に残ってる。
 「まぁ、僕がやれば100年はトップのゲームができますよ……そのかわり、何十人かのスタッフが死にますがネ」


■ドラゴンクエスト(ファミコン)
 俺、なんかしらんけど発売日に買いにいったんだよな。
 このゲーム、重厚なすぎやまこういちの音楽がやけに俺の中で悲しく虚しく響いて、プレイするたびに、世界が灰色になるような、憂鬱とも倦怠ともつかぬ、何とも言えない不思議な気分になったことをおぼえている。
 銭湯から出て、人気の少ない静かな脱衣場でのろのろと服を身につけているときに感じる、あの世界がぼやけていく感覚によく似ていた。
 まぁもちろん最後は竜王に世界の半分をもらったんだが。
 今の子供たちは、必死に復活の呪文をメモしていた時代なんて知らんのだろうな。


4.最後に買ったゲーム
 ついさっき、今日発売した「みんな大好き塊魂」買ってきた。
 朝、近所のゲーム屋に行ったらすごい勢いで売り切れてた。発売日の朝にもう売り切れて。
 みんな、塊がどれだけ大好きなんだよ。
 仕方ないので街のゲーム屋行って買ってきた。カウンターで「みんな大好き塊魂ください」って言ったらすごい羞恥をおぼえた。
 大好き、なんて口に出したのはいつ以来だ?
 哀愁のノースダコタでの甘酸っぱい思い出が、胸一杯によみがえる。

 ていうか、カウンターにこれ見よがしに山積みになってんだから単に「コレください」って言えば良いだろうに、ヤレヤレ俺も、いったいどれだけ塊が好きなんじゃいと。

5.次にバトン渡す人
 えーとじゃあ右手首さん、めんどいと思うけど気が向いたらお願いします。
 そういや書き忘れたけど俺も「killer7」やってますわ。
 ほんと、俺もどうしようかと思った。洗濯機の中に入ってた少女の生首がしゃべって、挙げ句に口の中から重要アイテム出てきたときには。

ポジティブ英語

2005/07/04

 以前も書いた、電車の中に貼ってある英会話広告の件。

 あなたの大胆不敵な夢、応援します!
 「もしもあなたが英語をしゃべれたら?」
  ~社会人編~

 ・字幕無しで洋画を鑑賞したい
 ・外国にオフィスを持ってバリバリ仕事したい
 ・自分の家を海外からのホームステイ先にしたい

 などと、ひたすら夢ギンギン感の溢れる内容のさなかにあって、ひときわ俺の目を引いたもの。


 ・海外旅行をして罪を犯した際に、終身刑を言い渡されないようにしたい


 なんか違うだろそれ。


RECENT ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。