スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同級生

2005/08/24

(某年某月某日 14:32 ノーザンシティ警察署第2聴取室にて)

―――そうです、刑事さん。はい。はい。私がやりました。二丁目のゲイリーも、サテラストリートのジャスミンも。ホットドッグ屋のスパチニェフも。
 すべて私がやりました。
 え、なんですか。
 ああ、どうしてやったのかって。
 ええ、まぁ、もちろんそういう話になりますよね。そりゃあね。
 なんでやっちゃったんでしょうね、私。ハハ。
 すみません、べつにふざけてるわけじゃあないんですよ。たぶん理由があるんです。あったはずなんですよ。
 今、ちょっとがんばって思い出してみます。歳をとると、どうにも忘れっぽくなってしまっていけませんね。
 月並みですが。人間ってやつァ、大事なことほど、真っ先に忘れていくようにできてるんですよ、ね、そう思いません刑事さんも。
 ああ、そう。

 そういえばね、ひとつ思い出しましたよ。
 昔、ええ、かなり昔、私がまだ会社勤めをしていたころですよ。毎朝毎朝通勤電車に揺られて、決められた時間を会社に捧げて、時間の切り売りをしていたあのころの話ですよ。
 いつも駅へ向かう途中、すれ違う連中がいたんですわ。
 連中っていうのは、なんと女性の集団でね。それも若く綺麗な、絵に描いたような美人ぞろいの一団でしたね。いつも少なくて3人から、多いときは6人ぐらいいたかな。
 それでね、その美女軍団の中心に、いつも必ず、一人だけ若い男がいたんですよ。
 ええ、男です。男が一人です。
 彼と彼女たちは、いつも楽しそうに談笑しながら私とすれ違いました。

 私、彼のことを心の中で『同級生』って呼んでましたね。いや、もちろん彼と私が同じ学校出の同年代ってわけじゃあないですよ。ああいう、女性にモテモテ・・・って言うんですか?・・・うわぁ、モテモテって、なんか実際に口に出すと気恥ずかしいことこのうえないですねェ・・・モテモテ・・・まぁそういう状態を指す言葉として、我々ぐらいの世代だと『同級生』なわけなんですよ。え、わかんない? ああ、そう。

 それでね、あの『同級生』を毎日見てるとね、なんだかなーって思っちゃうわけですよ。俺ってなんなんだろーって。いったい何のために生まれてきて、生きてるんだろって。
 いや、ホント青臭いこと言ってるって、わかってますよ。わかってますってば。
 でも一生に一度ぐらいは、実感したいじゃないですか。実感してみたいじゃあないですか。自分が生まれてきた意味とか、そういうの。

 彼らとすれ違うたび、思ったんですよ。
 『同級生』と、私の間にある差って、いったいなんなんだろうって。それはたぶん絶望的な隔たりっていうか、きっとそういうどうしようもないものがあったとは思いますよ。容姿とか、金、地位、性格や、体臭とか、よくわかりませんけどその他もろもろとね。
 でも、何かがあった!
 他に、何かが、あったと、思うんですよ。決定的なもの、絶対的なものが、何かあるはず。具体的にはわからないけれど、それは間違いない、そう思いました。
 同時に強く思いました。それを、知りたい、と。
 渇望と言ってもいい。狂おしいまでに、その思いは私の中で強く強くなっていきました。
 そして、いつしか、私は、それを知るには『同級生』のいる場へ、物理的に至ってみるしかないと考えました。
 要するに、あの、女性たちの真っ只中に突っ込んでみる、ということです。
 突拍子も無いことをと思われますか。
 しかし彼のいるゾーンあるいはフィールド、いや「座」とでも表わせば良いのか・・・とにかく「そこ」に至るためには、もう手段をどうこうしてどうにかなるようなものではなかったのです。

 その日、私は駅に向かう途中の道で、笑いさざめきながらこちらに歩いてくる彼らを見つけました。
 この日、『同級生』は5人の女性に囲まれていました。私はこのフォーメーションのことを「五輪車(ごりんぐるま)」と称しておりました。
 最強形態「燕六連」に次ぐ、屈強な陣形です。
 しかし、それでこそ、挑む意味がある。
 私は内心ほくそ笑みながら、歩みを速めました。

 いつもなら、彼我の距離が数メートル程度に縮まった時点で、私の方が脇に逸れ、『同級生』ご一行に道を譲るのが常でした。
 が、その日は違いました。
 私は、一歩も間違うことなく、右足と左足を交互に、彼らの真っ只中に突入するコースへと出し続けました。
 そして。
 あと、ほんの2、3歩で、『同級生』と正面衝突する―――彼の『座』へと至ることができる―――そう確信したときの、ことでした。

 『同級生』自身は、周囲の女性たちと談笑することに追われ、私には一切気づいていないようでした。
 代わりに、女性たちが、一斉に、私を見ました。
 まるで五方向からレーザーで射抜かれたかのような気分でした。それぐらい、彼女たちの視線は冷ややかで、私を侮蔑し、嘲り、唾棄すべしとの感情に満ち満ちておりました。
 一人目の視線が言いました。
 「邪魔だ」と。
 二人目の視線が言いました。
 「どけ」と。
 三人目の視線が言いました。
 「失せろ」と。
 四人目の視線が言いました。
 「死ね」と。
 五人目の視線が言いました。
 「セレブ」と。
 そして『同級生』は、けっきょく私に一瞥もくれることはありませんでした。一瞥すらも!
 ていうか「セレブ」ってなんだ。「セレブ」ってなんだよ!
 ねえ、なんだ! ねえオイ! なんなんだよォ! おおお、うううううう、おおおおおおあああああああ――――――――――――――――――。


(彼はこの後、椅子に座ったまま大きく後ろに反り返ったかと思うと、全力で聴取用机の角に、己が前頭部を打ちつけた。頭骨陥没。即死だった)
スポンサーサイト

アストロ球団強化月間その1

2005/08/19

 最近、誰が望んだのかドラマ化までしてしまったという不朽の超人漫画「アストロ球団」
 ジャコビニ流星打法、人間ナイアガラ、そしてラストの「アフリカ!!」など、なんとなくネットに流布している愉快情報以上に、実際読んでみるとこの漫画は濃い。濃すぎる熱さ。
 具体的には2ページに1回ぐらいは普通に熱い。
 いや、むしろ普通以上に熱い。熱すぎてちょっと脱力するほどだ。

 このたびは、こう、なんというか、アストロ球団を読んでいてちょっとおもしろかったけど、わざわざ人に紹介するまでもないかな・・・的な、地味な名シーンを紹介していきたい。

 物語は江夏投手が壮烈に事故るところから始まる。


 パッと見、いったい何が起こっているのかまったくわからないが、要するに単なる交通事故である。あわてないでいただきたい。
 この事故によって江夏投手は顔面に大火傷を負い、それを利用して江夏投手のフリをした覆面投手が出現する。
 この覆面投手こそが、第一の超人・宇野球児であった。

 それを病院のテレビで見ていた本物の江夏投手は超激怒。


 すぐに退院しなさい。

 派手なパフォーマンスがウケて調子に乗った球児は、あろうことか巨人の長島茂雄にサシの勝負を挑む。

 長島さん登場。


 たいへんな殺る気である。

 この後、バイクでやってきた球児が宙返りをしながら飛び降り、バイク炎上。おまえいったい何がしたいんだ。
 盛り上がる勝負の行方は、しかし、突如現れた謎のアジア系・シュウロさんによって中断させられる。
 アンタはいったい何者だと詰問する球児と長島さん。
 それに対し、シュウロさんは・・・


 「米大リーグを打倒するための新生球団の総監督といえば うそになりますかな!」
 嘘なのかよ。
 見事なまでに意味のわからない自己紹介で一挙に読者の心をこそぎとることに成功したシュウロさん。「ヒュー」という風の音といい、何もかもが完璧。まさにパーフェクツ(複数形)である。

 アストロ球団ファンはシュウロさんが一番好きという人が多いようだ。
 さもありなん、シュウロさんはあまりに素敵すぎる。
 自分もこんな大人になりたい。
 そう素直に感じさせる魅力に、彼は満ち満ちているからであろう。
 そんなシュウロさんに、アストロ超人ならずとも一生付いていきたいと思う者は多かろう。


「ちれーっ!!」
 ウオオーーッ!!
 頼む俺も連れてってくれ。いや、ください。

 ところで俺が特に好きなアストロ超人はこの二人である。
 明智球七郎(上)
 その双子の弟、球八(下)


 しかし、いくらなんでも土足で頭に足はねえだろと思わないでもないが。
 この二人の特技は、超人守備である。
 どのようなヒット性の打球であろうが、むしろホームランボールであろうがアウトにしてしまう。
 以下、その恐るべき超人守備の全貌である。


 この手があったか! 的な、一切隙のない完璧な守備である。

 球七郎は最初、ちょっとキザな感じで他の球団に入っていたりしたのだが、アストロ球団に入ってからはすさまじい勢いでその熱い男ぶりを発揮していく。
 それは次回以降に紹介したいと思う。

 次回「ふくしゅう球団」編の舞台をちょっとだけ。


 まさに、絵に描いたような北海道の学校である。ここまでやられると、いっそすがすがしいものを感じる。


 おまけ
 アストロ球団は何をやるのも全力勝負。
 新幹線に乗って大阪に移動するだけでも、なぜかすでに全力である。


 脱輪事故とか起こしそうで少し心配なほどだ。

ちょっとずつアニメ

2005/08/17

 例によって大量に観ていないアニメが溜まっているわけだが、日々少しずつ少しずつ消化している。

■舞-HiME
 今さら感もはなはだしいが、やべぇEROいぞこれ。
 なんか数奇な宿命を背負ったERO娘たちが怪物たちと闘ったりする話だが、いい具合にラブとコメにまみれた学園生活を楽しげに描いているのがよい。
 しかし栗林みな実は怖いぐらいアニメの主題歌歌いまくってやがるな。

■創聖のアクエリオン
 やべぇこれもEROいじゃねえかよ。
 しかもバカだ。
 「合体」って言葉をあれほどまで中学生的なERO隠喩として使用するさまに、もはや感動すらおぼえる。とりあえず合体時にシルビアにEROいこと言わせておけば勝ちだと思ってやがる。
 あとは、いくらピンチになっても、不動GENが力強く意味ありげなこと言えばどうにかなるシステム運用。
 抱いてくれ。
 いや、ください。

■ぺとぺとさん
 自称「えろえろ妖怪なんよ」とか言い出す時点で文句なしにEROいと認めざるをえない。舌足らずの関西弁で「えろえろ」などとひらがな表記とはなにごとぞ。
 いや、なにごとですか。(英国紳士風)
 セバスや、鞭をもてィ!(英国武将風)
 そして我が尻をしこたま打てィ!(英国変態貴族風)
 思わずそんな第三の人格までもが深層心理から呼び覚まされるほどの興奮を禁じえないぺとぺとさんなのだが、俺もぜひ、いつかはえろえろ妖怪と「ぺとり」たいものだ。
 ぺとりてー。
 超ーぺとりてー。
 ええそらもう、すごい勢いでぺとりますよ!
 えっ、合体失敗でスライムに?ってな異形ぶりでぺとりたい。シャム双生児ばりにぺとる所存でありますよ!
 しかし「ぺと子は何かの拍子で誰かと身体がくっついたままになってしまう。でも一晩寝れば自然に離れる」という、このゆるいERO設定はすばらしい。この絶妙のゆるさが。
 もし小池一夫先生あたりが劇画化したら「べちょべちょさん」みたいな感じで、大変なハードな汁作品になるのであろうな。ちょっと想像してたいへん陰鬱な気分になりました。
 くっつく部位も、手と手がくっつくなんてソフトなわけもなく、当たり前のように性器to性器に決まってるし、「一晩寝る」っていう設定もストレートに性交を意味することは間違いないしな。

 ここまで書いて気づいたけど、何よこれ。まるで俺、EROアニメにしか興味もってねぇみたいじゃねえかよ。
 違う違うんだ。
 たぶんこれは俺に子孫を残させないための陰謀なんだ。

キモくあれ

2005/08/10

 なんつーかもう、俺もお前も、キモいままで良い。
 もうやめよう。
 自分をかっこよく見せようとアガくのも、もうやめよう。
 しょうもない仕事に頭を下げるのも、もうやめよう。
 くだらない女にへつらうのも、もうやめにしよう。
 やめにしようぜ。
 もう全部やめにして、キモいままで生きていこう。


 新しいスパロボのエマさんの頭髪が、どうしても亀頭に見えてしかたがない、今日この頃です。
 俺は病んでない。

或るシコロジストの話

2005/08/09

 サム爺さんの話をしようか。

 年中ひりつくように寒い、あのノースランドの街外れの公園。
 何日かぶりに見かけたサム爺さんは、前に会ったときよりいくらか老け込んだように見受けられた。
 最近見かけなかったが、どうしていたんだ、と私が聞くと、一週間ばかり警察に拘留されていたという。
 驚いた私が理由を尋ねると、サム爺さんは苦笑めいた表情を浮かべてぽつりと言った。
「少々・・・クールビズの度が過ぎたようだ」

 あえて私はそれ以上の追求はせず、持ってきたブランデーの瓶を開け、彼にすすめた。
 酒が深まると、彼はいつもシコロジーの話をする。
 シコロジーとは、彼の提唱する独自の理論で、自慰行為がどれだけ人類に有益であるかを証明するものであるらしい。そのため彼は自らのことを「シコロジスト」あるいは「シコリスト」と称していた。

「エルフで抜けるか否かで、人生の勝ち負けが決まる」
 サム爺さんが、不意にそんなことを口にした。彼の提唱するシコロジーの世界においては、そういう法則が成り立つらしい。
 私は過去、ドラゴンナイト4という18禁ゲームにおいてエルフで抜いたことがある、と告白すると、彼は軽く鼻を鳴らして、つまらなそうに酒をあおった。
 しかし私は当時パソコンを持っていなかったため、ゲームの原画集をひそかに購入して抜いたのだ、と追加で告白すると、なぜか気分を良くし、私の肩をバンバンと叩いた。

「俺ァな、ディードリットで抜いた。しかも小説の1巻」
 たいへんなことを言い出すサム爺さん。
 オイオイ待ってくれ。私もあの傑作ファンタジー小説は読んだ。読んだが、さすがに抜けるような要素はなかったように思う。ディードリットに関しては「少年と見まがうような体型」との描写すらあったはずだ。
 いったいどうやったらそんなディードリットで自慰を行えるというのだ、と問い詰めたが、サム爺さんは「ディード、風の守りを頼む・・・」などと、意味のわからないことを延々と小さく呟くのみで、その意識はすでに違う場所へと飛んでいるようであった。
 あまつさえ、
「俺、ちょっと村長ンとこ行ってくる!」
 そしてゴブリン退治の依頼を受けてくる、などと言い出したサム爺さんを必死で押しとどめる。私もそうとうに酔っていたため、かなり苦労した。そもそも作中、ディードリットとはゴブリン退治した後に街中で出会うはずだったが、そのようなことは爺さんの中であまり重要ではないようだ。
 やがてサム爺さんは眠りについたようだった。

 目を閉じたまま、彼はうわごとのように言った。
「人間、エルフで抜けなくなったら終わりだ。終わりだよ・・・なぁ!」
 わかった、わかったよと、彼の腕の辺りを軽く叩いてやる。
「・・・人類の・・・人類の叡智の到達点、それがエルフ自慰なんだよ・・・なんで奴らはそれをわかろうとしないんだ・・・畜生・・・畜生・・・」
 それからしばらく、サム爺さんの呟きは続いた。
 そういえばオリジナルアニメ版のディードリットは非常にエロかったことを私はふと思い出し、サム爺さんに同意を求めてみた。
 サム爺さんは、もう返事をしなかった。

闘え応援団

2005/08/04

 ニンテンドーDSの「押忍!闘え!応援団」が楽しすぎる件について書く。
 暑苦しい応援団が、街で困っている人々を手当たりしだい応援するリズムゲーム。
 曲にあわせてタッチしまくる。そのたびにポリゴンの応援団員がキレの良いアクションを披露。
 これは現役の応援団の動きをモーションキャプチャーしたらしい。その間違った力の入れ方がバカですばらしい。
 バカといえば、各ステージデモの冒頭、応援団が理不尽な場所から出現するのが実にバカで良い。
 個人的には、女子高の熱血教師を応援するステージで、当たり前のように「押忍!」とか言いながら教室で机についている団員の姿が好きだ。

 あと、団長(百目鬼 魁)は、男塾の富樫と大豪院邪鬼が良い具合に混ざった容貌。これだけでも買って損は無い。

 ゲームで使用されている曲は、布袋の「スリル」や氣志團の「One Night Carnival」ほか、歌謡曲に疎い俺でも聴いたことがあるようなキャッチーな曲ばかり。
 というかスリルの「ベビベビベイビ・・・」とか歌詞にあわせてタッチするのが楽しすぎる。何かが脳の中で分泌されてる、たぶん。


 ノーマルモード(果敢に応援)をクリアすると、ハードモード(激烈に応援)を選択でき、やっと憧れの団長でプレイできる。
 先ほど必死でクリアしたノーマルが園児のお遊戯に思えるほどに、団長の応援は激しい。
 激しく難しいが、不快ではない。
 むしろ楽しい。楽しすぎる。超楽しい。
 一度でも団長の味を知ってしまったら、もはやノーマルモードには戻れない。
 気がつけば、団長で全ステージクリアしている自分発見。
 まったく罪なお方やで・・・団長さんはよぅ。

 すると、さらに新たなモード(華麗に応援)が出現。
 使用キャラは・・・チアガールズ・・・だと?
 このゲーム、硬派で暑苦しい応援団のゲームだろ?
 なにこのさわやかにERO可愛い娘たちは。
 許せない。
 許せないので、すごい勢いでプレイしてみた。ええ。それはそれはすさまじい勢いでね。
 これがまた、とんでもねー難易度だった。
 開始3秒で応援失敗てどういうこと?
 あの団長の応援が、実はどれだけ易しかった(優しかった)かが、これ以上なく身にしみた。
 でもがんばってプレイするよ。だってチアガールズ、ERO可愛いんだもんよ。


 カドゥケウスといい、ニンテンドーDSのゲームはテキトーに買っても楽しすぎる。
 もうみんな、惰性でプレステとかやってる場合じゃない。
 今すぐ売れ!
 ナウ! DS買え! オアDIE!
 そして誰もいない部屋でピクトチャットを起動して、己の孤独を知れ!
 マジで!


RECENT ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。