スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はいはいキミキスキミキス

2006/07/28

 ちと小休止。
 だって俺、このままだと死ぬるので。
 死因:キミキスで。

 ヒライ一味がTシャツ売るみたいですよ秋葉原某所のイベントで。
 新作Tシャツ「WMH」を引っさげて。
 オカルトに疎い貴様らに説明するとWMHっていうのは、

  わかったよ
  マジでお前は
  腹を切れ


 という上手い具合に5・7・5になった言葉を略したもので、要するに大失態を犯した家臣に放たれた主君のラジカルかつ残酷な一言であり、そんな言葉で死を宣告されてしまった絶望と無念さをアバンギャルドに表現したTシャツなんですよ嘘ですが。

 なお会場で「キス・マイ・アース!」と大声でPP(アニメ銀盤カレイドスコープに登場するカナダ人幽霊ピート・パンプス)のモノマネをするとその場で二割引になります。正確には自分の人生が二割引きされます。うまくすれば半額ぐらいにはなる。
 そんなわけでくれぐれも気をつけてください。
 じゃなくて、秋葉近辺に寄ったら来て見て触ってみればいいと思います。


 さて、次あたり、そろそろあのお人のことを書かねばなるまい。
 キミキス最強のEROウェポンである摩央姉ちゃんのことを……。
スポンサーサイト

もっとキミキス

2006/07/27


 現実を直視しろ。
 おれ達にはもう仮想現実しかないんだ。



 今回は漫画「ルサンチマン」のラインハルト様のお言葉から。
 もう今日は酒飲んで遅くに帰ってきてしまったんで規則正しくキミキスをプレイできなかったのだが――というかぶっちゃけもう眠くて死にそうなのだが、なぜかわけのわからない衝動に突き動かされてこれを書いている次第だ。

 星乃さんは、なんか世界中、いや全宇宙の童貞マインドが結集されて生み出されたようなキャラクターですな。
 図書委員で、地味なことを気にしてて、でも実は主人公のことを昔から好きで……ああもう!ほらっ早く出てこいよ! ブラウン管の向こうから!(←錯乱しています)
 ちなみにいちおう彼女のエンディングを観たものの、進め方が悪かったのか途中ちっともEROい絵が見れず非常に残念です。近いうちに雪辱しようと思います。噂じゃあプールで破廉恥な行為に及ぶらしいじゃあないですか。及びまくるらしいじゃあないですか!
 そして今、酒も入って興奮しているせいか「行為」を「荒淫」で変換してましたよ。

 ☆乃さん(俺が今つけた星乃さんの愛称)は、教室の片隅で本を読んでるイメージがあって、そんな地味な自分を変えようと不器用ながらも一生懸命ですよね。
 もう面倒くさいのでストレートに言うと、本で聞き及んだ超絶EROプレイを「あの、本に載ってたんで試してみたんだけど……」とか言いながらおずおずと実施してくれるような気がします。
 あるいは、よっぽどの変態プレイでも、頼み込めば応じてくれそうなユルさがあるような……でも、ふくれっつらで頑として拒否されそうな。まぁ俺としてはどっちの反応でもイイんですがね。

 ――海最高!
(※主人公が誰かと海デートをするたびに出てくる選択肢。類義語に実験最高!などがある)

KIMIKISS

2006/07/26


 自分の腹部に感じた「熱さ」の正体を知った時
 俺の心臓は停止した――

 キミキスによっても人は死ぬのだ



 ここんところ家に帰るたびに規則正しくキミキス生活という、どこか宗教儀式めいた――神秘的ですらある俺のライフスタイルだが、世の中の人々はもっともっとギャルゲーをプレイすればよいと思う。かのならず者国家の人たちも、ミサイルとか発射する以前にギャルゲーをプレイすればよいのだ。ミサイルを遠くに飛ばす技術力とかより、脳に電極埋め込んで仮想世界で自由自在にギャルゲー世界に没入できるバーチャルシステムを開発すべきなんですよ一刻も早く。
 目指すは全世界総ギャルゲーマー化ですよ。
 そして人類は平和に暮らしました。
 まぁ種は絶えるんですが。


 少し雄大に飛翔しすぎたので話を戻すが、ええと、なんだっけ。
 昨日はうどんさんの話を書いたっけな。
 じゃあ今日はサッカー娘の話を。
 咲野明日夏はもう、見るからに健康的にEROくて困る。困り果てた。
 そもそも「アスカ」と聞くと俺ぐらいの世代だと少年ジャンプの打ち切り王・黒岩先生の漫画「変幻戦忍アスカ」を思い出してしまい喉の奥にやりきれない酸っぱさが込み上げてくるわけだがすいません今の話は無かったことにしてください。

 グラウンドに行ってみると、サッカーの練習をしていた咲野明日夏に思いっきり体当たりされ、それがきっかけで仲良くなるドリーム。ある意味許しがたい当たり屋稼業ですよ。そんなあり得ない出会い……昔の俺ならば唾棄していたところですが、今後はキミキス主人公を見習っていきたいとすら思う次第です。捕まらない程度に。

 聞けば明日夏は男子に混じってサッカーをプレイしている本格派。
 以下、そのときの会話。

明日夏「毎日、男子サッカー部で揉みくちゃにされてるよ」
主人公「も、揉みくちゃ……」

 瞬時に妄想の翼を広げる主人公。すばらしい。
 いったいどこまで昇るつもりなのだ、この男は――。

 そんなわけで彼女は、とても良い娘ですよ。
 キラキラしてる。サッカーボールという夢を追いかけるキラキラ少女です。
 そんな彼女に対し、

「咲野さんは本当にサッカーボールと仲が良いんだね。
 ところで実はこんなところにも玉(ボール)があるんだけど、仲良くしてみる気はないかね?」


 などと俺内部の淫猥紳士が言いたくても言い出せない歯がゆい思いをしながらプレイしてました。ボールはともだち!

 ところでキミキスは会話システムが秀逸だな。
 カードデッキみたいに話題を編集するのも面白い。
 俺のいちばん好きな話題は「からだ」です。俺の脳内では常に「からだ」と読んで「肉体」と書いていますが。
 もちろんうかつに会話で出すと相手に一発で引かれる危険な諸刃の剣です。
 しかしそのハイリスクに見合うだけのことはあります。うっかり失禁してしまいそうになるぐらい、それはそれはものすごい会話が始まることが――。


 それと今回は「神風」が発生しやすいのもすばらしい。この歳にしてやっと神風童貞を卒業することができ申した。
 悪いことは言わねぇ。いいかボウズ?
 行き先に困ったらとりあえず食堂いっとけ。むしろ用が無くても普通の学校生活の一環としてはいささか不自然なぐらい頻繁にいっとけ。な。(声優:青野武)

引き続きキミキス

2006/07/25


 さてと死のうぜ犬ども
 チュッチュチュッチュって
 いいながら死のうぜ



 「肉親(あるいは親友)が情報屋」という、ある意味ギャルゲーの伝統に触れていると、ひどく安心してしまう自分がいる。
 この「キミキス」においては当然、情報屋は妹の菜々であり、兄であるところの主人公がどの娘とどれだけ仲良くなっているかを「評判」という形でほぼリアルタイムで気味が悪いぐらい正確に把握している。たとえ校舎裏とか全く人気の無いところでこっそり親密になったとしても、すべては情報屋――菜々――に筒抜けであり、これは間違いなく学校中に隠しカメラや盗聴器を設置しているということだ。それも大量に。

 それはともかく、この一週間ばかり己が生命を脅かさんばかりにキミキスをプレイしている。それこそ生活水準そのものが根こそぎキミキスによってこそぎ取られていると言っても過言ではない。言い換えると俺はこのままだとキミキスで死にますということだ。

 さて、ここでうどんさんの話をしたい。
 巷では「うどんたん」と呼ばれている後輩の娘「里仲なるみ」のことである。ここでは特別に「さん」付けで呼ばせていただく。それほどまでに、俺に貴重なことを教えてくれた彼女に、畏敬の念を込めて。
 うどんさんは、たいへんな破壊力である。なんというか、早い話がミサイルである。ええ、もはやウェポンですよアレは。
 おそらくはエロ光線か何かの作用で、不思議なことに最初から主人公に対して標準以上の好意を抱いており、それを隠すこともなく無邪気にあけすけに迫ってきます。水橋かおりの声で。
 全国規模で見るとけっこうな死者すら出てるんじゃないかと不安になるほどの、それは圧倒的破壊力です。

 正直に言うと、油断していた。
 あきらかに幼女一歩手前の、ショートカット少女。そこにあからさまなエロスは感じられず、むしろ健康美あふれるというか天真爛漫元気ハツラツというか……そんな、劣情を抱くことを許されないような明るい娘さんであることに。

 だが――「うどん」の存在。
 このアイテム、いや宝具が彼女に加わることにより、状況は一変した。
 彼女は讃岐うどん屋の娘であり、家庭部こと「うどん同好会」において日々うどん粉をこねるという異色のキャラクターでもあったのだ。
 具体的には放課後、家庭科室の中に入るとあられもないブルマ姿でうどんを踏んでいるうどんさんの姿が。

「先輩、こうするとうどんに腰が出るんですよ~」

 へえー、そうなんだ。
 それじゃあ次は僕を思いっきり踏んでみてよ。
 別の腰が出るかもよ?

 思わずそんな空想世界に思いを馳せてしまうのがギャルゲーマー。かの超ド級ギャルゲーマーYU-SHOW氏も、「うどん」というキーワードを得るに至り、その妄想をよりマニアックな方向へ飛翔させた――という。
 彼もそうだが、要するにぼくらたぶん病気です。
 さらに言わせてもらうなら、「うどんがトゥルン☆」ということである。
 なんだそれ。
 
……涙も、トゥルン☆

キミキスの件(ネタバレ含)

2006/07/23


 俺は神に感謝している
 もしキミキスの世界に生まれていたら
 変態的性犯罪者になっていたから……



 そんなこんなでキミキスですがこれは良い。
 妹の菜々がその、なんというか……致命的にマズい。というか、主人公自身がすでに相当な益荒男であり、その相乗効果によって生み出される事態はより深刻になっている。
 具体的には、妹の部屋に行ってうっかり着替えの現場に出くわすのは序の口――風呂に入っていたところに間違って菜々が入ってきてみたり、地震が起きた晩は怖がるあまり「今晩はお兄ちゃんといっしょに寝る~っ!」などと駄々をこねてみたりする。
 挙げ句の果てには兄妹ガチで脱衣麻雀に興じたりもするのだ。
 ちなみに麻雀と二択でパットゴルフで遊べたりもする。オヤオヤ、いったい何をカップインするつもりなのやら……。まったく破廉恥極まりない兄妹である。

 というか俺が兄だったらとりあえず戸籍謄本調べます。非血縁妹であることに一縷の望みをかけて役所にダッシュですよ。
 というか、むしろ実妹であっても積極的に間違いを犯していきたいとすら思っている。

……とまぁ、そういう危険思想を本気で起こさせるほどにキミキスに没頭しておった。コミケに出す同人誌もとりあえずひと段落ついたし、安心して二次元世界に逃避できるというもの。良いね、やはり何も考えずにギャルゲー界にINできるというのは……。
 すばらしいな……心地良い妄想の世界は……。

 そもそもこのゲームの主人公からして、かなりの妄想癖をお持ちになっておられるのがすばらしい。実妹と会話している最中、水着という単語に反応して瞬時に妹の水着姿を妄想してみたり、女教師の川田先生が保健室で寝ているのを目撃した途端に先生と生徒のいけない情事を妄想してみたりと枚挙に暇がない。この資質……まさに勇者です。ギャルゲー界の希望の星と呼んでも過言ではあるまい。一生ついていきたい。

 これから何日かの間、たぶんキミキスのことばかり書く。いや、書かざるを得ない、得ないですよ……こんな気分にさせられちゃあ……。

同人誌入稿し終えたんで

2006/07/20

 それはもうすごい勢いで……キミキス……やってます……。
 人は……キミキスで死ぬことが出来るのだろうか……?

 出来る。
 出来るのだ。

生き地獄

2006/07/12

 同人誌の追い込みでキリキリとした日々を過ごしております。
 もうすぐ……もうすぐラクになれるんだね……。

 とりあえず本気で宣伝すんのはモノができてから。
 つい買ってしまったゲームをインストールすんのもモノができてから!
 説明書はつい読んでしまったが。

 がんばろう。
 ところで今や絶滅種たる80年代的しょっぱさの化身、あるいは塩の権化たるビキニ鎧の漫画(夢幻戦士ヴァリス)を掲載するという蛮行に走る「コミックヴァルキリー」には期待している。

『18禁ではないからこそできる表現できるドキドキがある』

 それって……アレだ……ようするに寸止めってことだろ……?
 日本古来からの格式美「寸止め」をフィーチャーした、いわゆる史上初の寸止めマガジンってことで期待していいのだな! いいんですよね!?
 俺たちは……いや、ぼくたち、わたしたちは――
 偉大なる先達が残した大いなる遺産――寸止めERO――を後世に残すべく、もっと日々努力啓蒙すべきだと思うのです。このままだと寸止めの種が絶えてしまうよ。まぁ寸止めなのだから当然といえば当然ですが。

仕事の話ですが

2006/07/04

 誰が買うのかわからないズワイガニを数万匹、網カゴから網カゴに移す作業を土日通して延々とやっていてもう生きるモチベーションが尽きそう。
 俺の心のフロンティアは、もう開拓すべくもない枯れ果てた荒地が広がるばかりです。(誌的表現)

 PCゲーム「ライズオブレジェンド」によって俺の中のリアルタイムストラテジー心に火がついたらしく、昔に買って放置してたエイジオブミソロジー(AoM)のキャンペーンとかプレイしてました。
 なにげにおもしれぇ。
 ミノタウロスの軍勢とか組織して近隣の国々を滅ぼしたり滅ぼされたりしてました。
 今さらながら温故知新もはなはだしい。

logo.jpg

 ↑俺もこんな暑苦しい神々に仕えたい。そして理不尽に使い捨てられたい。
 左からアヌビスさん(エジプト/31歳)、ゼウスさん(ギリシャ/54歳)、オーディンさん(北欧/63歳)
 みんな今が働き盛りのナイス神ズです。

 AoMは「ゴッドパワー」のシステムが楽しいな。
 俺も使ってみてぇなゴッドパワー。
 隕石を降らせて敵に壊滅的な打撃を与える物騒極まりないパワーもあるかと思えば、不思議な石版を出して周囲の動物を寄せ集めるというファンシー極まりないパワーもあるのが良いな。
 俺が使いたいのは「疫病」のゴッドパワーですね。
 もちろん職場に使いたいです。
 むしろ疫病で弱らせた後に隕石を降らせたいです。その後、信じがたい数のミノタウロス部隊を投入。

 あるいは延々と村人を使って木や石をこつこつと集め続けていたいな。不意にそんな願望が湧き上がってきて困る。
 みんなも(人生に支障をきたさない程度で)遊ぼう! RTS!


RECENT ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。