スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっとデッドライジング

2006/09/11

 しつこいようですがXBOX360のデッドライジング楽しすぎて死ぬ。
 いちおうクリアしたけども、プレイするたびにいろいろと新たな発見あるんで全然遊び足りないすごいゲーム。屋根の上に日本刀がーとか、噴水の中にサブマシンガンがーみたいな。店にあるアイテムを把握できてくるとだんぜん進め方の幅が広がって楽しくなります。

 あと、職業激写ボーイなのにぜんぜん写真撮ってなかったんで、もっと撮影していきたい。特にエロチカ写真を。ゲーム中にEROい写真を撮影するとピンク色で「エロチカ!!」と表示されて高得点(経験地)がもらえるというアホなシステム。
 誰だこのシステム考えた奴。
 さては天才だな?

 攻略wikiの翻訳見ながらやってたんで、英語でもたいして気にならんかったな。というかあんまり頭の良いストーリーじゃないしな。車に乗って大量のゾンビを轢きまくってると、そういう難しいことはどうでもよくなります。
 出てくる敵は基本的にゾンビかサイコパスの二択なので、無理して相手のことを理解する必要もありません。というか、どれだけの奇人変人が偶然大集合しているのだろうこのショッピングモールは。

 あと敵の人物でCarlito(カリート?)ってのがいて、こいつが絵に描いたようなラテン系の濃いツラをしたアディオス野郎。
 というわけで彼の名前はカルロスで良いじゃないかという結論が出ました。
 新たなカルロスの歴史が、また一ページ。
 余談ですが、どこぞの誰かが漫画・アニメ・ゲーム・映画などにおける古今東西の「カルロス」一覧を作成してくれないでしょうか。
 いい加減この世にカルロスがあふれすぎていると思うのです。世界はあまりに無軌道に多くのカルロスを生み出し過ぎました。そろそろここらで一度過去のカルロスを整理して、カルロスの今後を見つめなおす時期を迎えていると思うのですが、どうか。
スポンサーサイト


RECENT ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。