だれか

2006/12/27

 あー年末ですなあ。

 オイどうする? 年末ですよ。
 ゲームとかアニメとか本とかどんどん積みあがっていきますなあ。
 いろいろやりたいけど、時間がたりねえなあ。
 年末年始の休みもきっと、あっという間に過ぎ去ってしまうのだろうなぁと思うと今から悲しい気分になります。
 というか最近は、時間がどれだけあっても溜まった諸メディアを全部消化しきれる自信がありません。
 なんだろう、これ……。
 これが枯れる、ってことなのかい?……サム爺さん……。
 もう戻れないのかい。
 ブラックホールみたいに何でも貪欲に吸い込めた、あのころの俺には……。

 ていうかコミケですよ。
 大晦日に。
 一年の総決算ともいうべき日に有明でERO同人にまみれるわけですよ。
 そんなわけで俺らもキミキス同人誌を売りさばきに戦場のようなコミケ会場に赴くわけですが、おそらくはこぞって出ているであろう大量の摩央姉のEROヒザキス同人誌にまぎれて、ひっそりと売っていこうと思います。
 そんな年末。


 クリスマス?
 男だらけの忘年会のあと、大量に残されたゴミを黙々と片付けたり、会社の忘年会でもらったラジコンヘリ「マイクロマスター・ロックオン」(タイヨー)を室内でギュイーンギュイーンて飛ばしたり、寝てたりして過ごしました。

 いったいいつ立つんだ?
 俺の人生における真のクリスマスイベントのフラグはよう……。

なんだかんだで

2006/12/19

 時間があればGEARS of WARばかりやっておりますが。
 何度でも言いますがこれは本当におもしれえ。
 いろんな武器を使いこなすのがいちいちおもしろくてカッコいいし、物陰に隠れたり敵の背後を突いたりとあれこれ試行錯誤するのが楽しい。
 すでに難易度カジュアルでクリアしつつも、引き続きハードコアで再度プレイしてます。
 火薬ボウガンを打ち込まれて一発で粉々にされるスリルがたまらねえ。
 というかなぜ未来戦争でボウガンですか。
 スタローンがヘリに射ち込んでた感じのマッスルなボウガンですか。
 しかもへたすりゃロケットランチャーよりも強いってどういうことですか。
 最高じゃないですか。

 俺もそれなりにゲーム歴長いですが、一度クリアしたのに引き続きプレイし続けてしまうゲームなんて本当に久々です。
 挙げ句の果てに、来年出る日本語限定版も予約済み。今のところ、まるで飽きる気がしねえ。まっこととんでもないゲームですよ。

 そもそも以下の条件が揃っている時点で、すでに俺がハマることが確定していたような気がします。

 「主人公がむさいオヤジ」
 「というか登場人物ほぼ全てオヤジ」
 「敵は謎の地底人」
 「ライフルとかショットガン」
 「たまに衛星レーザー」
 「荒廃した母星」
 「絶滅寸前の人類」
 「奴ら……ゆるさん」
 「派手に出迎えてやろうぜ!」


 あと、今の話と何一つ関係ないですけど冬コミで出す同人誌の宣伝を更新。
 冬のビックサイトで同人戦士たちを派手に出迎えたいと思います。

気付かなかった愛のこと

2006/12/15

 例によって蟹の番をしていたときのことだ。
 冬らしく寒い晩で、シフトの相方はマリー姐さんだった。
 マリー姐さんが蟹用捕獲網を分解掃除しながら、俺の方を見るでもなくつまらなそうに言った。

「私ね、あんたのこと好きだったのよ」
「え」

 とりあえず絶句するしかなかった。この職場においてマリー姐さんは年齢不詳の美女、あるいは美少女で通っていた。あきらかに俺より年下にしか見えないのだが、なぜか誰もが彼女のことを姐さんと呼ばわるのだった。
 そんなマリー姐さんが、実は俺のことを。

「マジですか」
「そう。さっきまでの話だけど」
「なんですか、さっきまでって」
「今から2分23秒前までは、私あなたのこと愛していたのよ」
「はあ」
「残念だったわね」

 なんだそれ。
 悔しがればいいのか悲しめばいいのか笑えばいいのか、それとも怒ればいいのか……俺にはわからず、とりあえず俺は態度を保留することにして会話を繋いだ。

「あのー、今はもう俺のこと、なんとも思ってないんですか」
「そうよ」
「なぜですか」
「私はツンデレだからね」

 意味がわからなかった。
 たぶんこの人は単にツンデレ言いたいだけなんだと思った。
 だんだん俺はどうでもよくなってきた。

「蟹圧が高いみたいなんで、ちょっと籠を見てきます」
「……そうね。お願い」

 俺たちは蟹を見張っている。毎日毎晩、籠の中の蟹を見張る。
 それが仕事だ。
 仕事だから、それなりにいろいろなことがある。
 蟹が逃げ出して徹夜で捕獲作業をしたり、老朽化した籠の修理交換に追われたり、蟹の破片が刺さって怪我をすることもある。
 知らぬうちに誰かに愛されてたりすることもある。
 それに気付かずに得てもいない愛を失っていることすらある。

 籠の確認を終えて管制室に戻ると、マリー姐さんは机につっぷして眠っていた。
 むにゃむにゃいいながら、気持ちよさそうに寝息を立てている。
 職務怠慢もいいところだった。
 舌打ちしつつ、俺は仮眠用の毛布を彼女の肩にかけてやった。その肩が思っていたより小さいことにうっかり気付いてしまい、俺は少しだけうろたえた。

暴言ラジオ

2006/12/11

 そんなわけで結果的には滝本竜彦氏に暴言を思うさま吐いたネットラジオでした。
 というか、いろいろひどかったですね。
 録音したのをちょっと聴き返してみましたが、それはもう本当にひどいですよ。

■出演者のけむろさんが、集合時間に絶賛自宅待機中。
 あまつさえチャットに「おはようございます」と登場。

■まみやさんが酒を飲みすぎ。
 あまつさえラジオ中に酒を買い足しに千鳥足で外出。
 あきらかに彼内部で「酒>ラジオ」の図式が成立。

「猫の宅急便」あるいは「宅急便の魔女」のひどさ。 

■滝本氏が嫁さんとWiiスポーツの「ボクシング」をプレイし、
 軽いDV気分を味わっている。

■EROゲー「同級生」はみんな断然田中美沙

■心に残った会話セレクション
「あれだけ酒を飲む人間ってどう思います?」
意味がわからないですね

「ecco(滝本氏の小説)おもしろかったですよ」
「えこ?……エコー・ザ・ドルフィン?」

「自分は滝本さんが単なる出たがりなんだと思ってました」

「ケロロに触れてうれしかったですよ」
(N.H.Kにようこそ5巻の折り返しの著者写真を見ながら)


出演者そして聴いてくれた方々、マジお疲れさまでした!

サタデーナイトネットラジオ

2006/12/08

 こちらにて告知されておる通り、ネットラジオをやります。
 やりますっていうか、今回、俺は場のセッティングとかエンジニア職的に参加させてもらうっていうか、そんな微妙な立場ですけども。たぶん。

 ■日時:12月9日(土) 19:00ぐらいから
 ■URL:http://203.131.199.131:8050/mizuko.m3u
 ■専用チャット
 ■D.J.ハナカミ(仮名)の人生相談メールフォーム

 つい先日やったラジオの使いまわしっぷりもはなはだしいのですが、まぁそれは仕方がない。なんかここんとこ、微妙に体調悪いし。
 もしや恋でしょうか。
 最近の恋は、微熱に加えて激しい腹痛と下痢を伴うものなのでしょうか。

 個人的にはD.J.ハナカミ(仮名)氏に、俺が持ってる彼の著書にサインもらえればそれでいいです。
(ていうかD.J.ハナカミ氏って誰よ?→参考

 某文芸誌に人生相談(?)コーナーを連載しているハナカミ氏(仮名)に、せっかくだからいろいろ相談してもらおうってことでメールフォームなども借りてみました。ファンの人とか、気軽に質問とかも送ってみるといいんじゃないですかねー。
 いや、もちろん卑猥な質問とかは我々で検閲させてもらいますがね!(親衛隊気取り)

 なお、俺、ラジオ本放送中はたぶんガッチガチにしゃべらないと思いますよ。いや、マジで。
 具体的には、以下の四語しか発さないと思われます。

「へえー、なるほど」
「それって……ちょっといいですよね」
「ハハ」
「俺はお前のママじゃない」


 うわあー、どうなるの?
 俺、緊張してる。がらにもなく緊張してる!

Wiiの件

2006/12/05

 とうとう発売されましたね。
 なにがってもちろんWiiですよ。
 実写映画版スーパーマリオに出てくるヨッシーがどう見ても恐竜というか具体的にはちょうど人を取って喰いそうな大きさのヴェロキラプトルそのものだった件に関して、そのことに憤り嘆き悲しんだ故・横井軍平氏が三日三晩酒に溺れ溺れて何度も何度も嘔吐を繰り返した挙げ句、最後の吐瀉物とともにひねり出した苦悶の言葉「うぅぃい~~~ッッッ」が名前の由来であるところのWiiの発売日だったのですよ。

 で、なんだかんだでけっきょく予約できなかったんで、もう絶対買えないこと確定じゃないですか。
 もうWiiを入手するには、吉祥寺のアーケード街にある武器屋でボウガンとかを買ってWii狩りをするしかないと思ってました。同じようにWiiを暴力で買おうと思っている低脳に声をかけ、コンバットジープに乗ってビックカメラとかヨドバシ帰りの、Wii本体といっしょに「ゼルダの伝説」とか買ってるようなナンパなチャラ坊を見つけるやいなや、背後からバットで殴打。逃げる女の背後からボウガンを発射。

「どうか、どうかこのWiiだけは……村の者が待ってますのじゃあ」

 命乞いをする爺さんを笑いながら殴りつけ、Wiiを釘バットで完膚なきまでに破壊。さらにはゼルダのディスクも手刀で真っ二つですよ「ペキッ」て。爺さん絶叫。俺たち超哄笑。
 いったい何がしたいんだ。


 とにかく、そんなやさぐれた気持ちでWii発売日の夕方、新宿をぶらついていてふらりと入ったソフマップで普通に売ってるじゃないですかWiiが。
 一瞬、だまされてるんじゃないか、実はバーチャルボーイとかプレイディアとかを売りつけられるんじゃないかと危惧したのですが、そのようなこともなく普通に購入できました。Wii難民の皆さん、何一つ苦労せず手に入れてしまってほんとすいません。でも、きっとこれは運命(さだめ)だったんだ。Wiiは俺にとってちょっとしたべヘリットみたいなもんだったんだ……。

 そんなわけでWiiプレイしてますよ!
 具体的には超プレイしてますよバーチャルコンソール「邪聖剣ネクロマンサー」を!
 だって邪聖剣ですよ!? 邪悪なのか聖なるものなのかさっぱりわからないじゃないですか!
 でもネクロマンサー。
 超ミステリアス。
 こんなゲームをしょっぱなからバーチャルコンソールに持ってくるハドソンの空気読めなさ加減がたまらなく……たまらなくいとおしい……。


RECENT ENTRY