ごぶです

2007/05/27

 ごぶです! お元気ですか!
 今さりげなく使用した「ごぶです」というのは「随分とごぶさたしておりますが、お変わりありませんか。泣いたりすることもあるけれど、私は元気です。俊平」を略した言葉であり、もう本当に死ねばいいのに。

 なんだろう。最近。
 いや、特に書くことはねえすよ。仕事ばかりでしたもの。
 基本的には職場で毎日、蟹を云々する仕事(しかも最近、よせばいいのにいろんな国の蟹に手を出し始めたので死ぬほど忙しい)をこなしたあとに、LOVEサバイバー(HIT BOY)かムーンライト伝説(DALI)のどちらかを口ずさみながら帰ってくる日々ですよ。
 一昨日はLOVEサバイバーを歌いながら帰ってきました。具体的には、摩天楼(デスバレー)から帰ってきました。加速つけて。
 
 昨日は休日出勤でしたが、帰りはムーンライト伝説を歌いながら元気に帰ってきました。
 休日特有の混みあってはいるもののどこか弛緩した雰囲気の電車の中で「ゴメンね素直じゃなくて」と口に出したら、近くの若者に不審な目で見られました。ほんとゴメン。
 お詫びにタキシード仮面の正体をここだけの話で教えてあげようかとも思いましたが、それも無粋かと思いやめておきました。そもそも奴の正体については、俺の中でも仮説の域を出ていないしな。

 あとゲームね。
 オーディンスフィアは絵が綺麗で話も面白いんだけど噂どおりロードが多くて特定の場面で処理落ちがひどいので気をつけていただきたい。
 しかしゲーム内の登場人物の「オーダイン」はなんで「オーディン」じゃなくてオーダインなのだろう。タイトルにもオーディンて使われてるのに。
 オーダインと聞くと昔のPCエンジンか何かで出てたシューティングゲームを思い出す。

 応援団2はイントロスキップとか実装されて快適に。
 一刻も早くチアガールを出したい。
 そして応援していきたい。
 森羅万象あらゆるものを積極的に応援していきたい。

 近所のゲーム屋がつぶれてしまうとのことで、閉店間際にDSのスーパーロボット大戦Wを買ってみた。
 テッカマンブレードとか懐かしすぎて死ぬ。
 リアルタイムで観てたよ! あの陰鬱な展開のアニメを欠かさず観てたですよ。愛は果てしなきバイオレンスですよ。

 Dボゥイさんは、テッカマンになって技を使ったりするたびに寿命が縮むやら記憶がなくなるやら同僚の金髪(ツンデレ)にいじめられるやらで、血反吐を吐きながら戦っていた記憶があります。
 ゲームの中では主人公に思いっきり「このデンジャラス野郎め!」と罵られるDボゥイさんがかわいそうでした。
 しかし聞けば、のちのちのイベントで、

「DボゥイさんのDは……ドリームのDよ!!」

 とか言われるらしいので、少し楽しみです。

テリブル東京

2007/05/18

 午前休暇でちんたら午後から出勤してみれば近年まれに見る超豪雨。
 俺の知らない間に地球の地軸とかがずれて、ここら一帯が熱帯雨林気候になったのかと思うぐらいに激しいスコールでした。
 おかげで、どれだけ変態的なプレイを実施してもこれだけ液体まみれにならねえだろってぐらいに服が濡れました。
 今週も来週も休日出勤なんで、クリーニング屋にすら行けねえんですが。
 通販で買ったオーディンスフィアも応援団2も受け取れやしねえんですが。

 ここんとこ都会暮らしの世知辛さを感じることしきりですわ。
 都会は本当に怖い。
 かの車田正美先生も名作「リングにかけろ」において竜と菊が上京するときに、わざわざこんなページを描いてらっしゃるほどです。
テリブルトーキョー

 これほどまでに突き抜けた東京観に対して、もはや俺にはかけるべき言葉が見つかりません。
 とりあえず、下の方にいる始皇帝気取りのおじさんは下着ぐらい着けてほしい。
 そして次のページ。
テリブルトーキョー2

 マネー
 マネー イズ ラブ
 マネー イズ パワー
 OH! テリブル東京!!

 そもそも話のサブタイトルが「テリブル東京の巻」であり、まるまる1話かけて東京の恐ろしさを語る車田先生は異常。

 そして菊たちの荷物を奪っていく泥棒の躍動感も異常。
テリブルトーキョー3

 これ以外にも人買いにさらわれそうになったり、「ディスコ行こうよォ」などと誘惑されたり、店の軒先に「明星」と書かれた広告が連なっていたりと、スラム並みに治安の悪い場所ですよ車田史観による東京は。

テリブルトーキョー4

 これが……東京……!

夢を見たんだ

2007/05/11

 最近、仕事の疲れがたまっているせいか、夜な夜な、日曜朝のTVゲーム王国的な番組に出てバーチャル飛竜の拳で対戦させられる夢を見る。(勝つと望遠鏡とかがもらえる)

 ところでファミコン「飛竜の拳」の必殺技はどう控えめに見ても蹴り技であることに今しがた気付いた。二十数年以上にわたって、カルチャーブレーン(文化脳)に欺かれていたような気分になる。
 だが、許してやろうと思う。理由はない。カルブレに対しては、誰もが皆、理由なき優しさを抱くものだ。
 しかし三十路前に気付けてよかった。本当によかったと、心から思う。

 そんなことを考つつ12時間以上に渡る勤務を終えて1時間半かかる帰路につきながら、電車の中で俺のすぐ脇にいた4人組グループをずっと観察していた。
 野郎1、ギャル3というハーレム的な状況で、ギャルに囲まれた男のトークが冴え渡り、それはそれは、忌々しいほどに楽しそうだ。学生か、新入社員同士の飲み会帰りだろうか。
 しかしよくよく会話を聞いてみると、東京の気候はわりとアレだねとか何々県の天気はコレなんだよだとか、心の底から毒にも薬にもならない話題で、どうしてここまで楽しく盛り上がれるのか。
 いろいろ考えた結果、たぶん女性はプロの人たちで、男はおそらくお金を払ってハーレム気分を堪能させてもらっているのだろう、という結論に落ち着く。
 まぁそれはともかく、若い頃からあんなにもギャルに囲まれてモテ気分を味わっていたら、たいへんなことになるんじゃないのだろうか。
 性欲とか、すごいことになるんじゃないのか。具体的には新たにもう一本陰茎が新しく生えて来たりするんじゃねえの?
 いや、むしろ今、モリモリと生えてきてるんだろう?
 そして究極的には二股の槍的な……いや、あるいは三叉槍(トライデント)的な状態になっていくのだろう。

「すごいな」

 気が付けばうっかり口に出して言ってしまっていたらしい。ハーレムグループ4人は皆、会話を止めて「え? 何が?」風味の怪訝な表情を俺に向けた。
 しまった。
 とんだ失態。
 むしろ翔んでる失態だ。
 窮した俺は、苦し紛れにつぶやいた。

「いや……すごいよね、バーチャル飛竜の拳」
「ああー」

 なぜか皆一様に納得し、その場は収まった。
 その後彼らはまた、先輩の酒癖の悪さとだとか、そういった本当にどうでもいいとしかいいようのない話題で終着駅までひたすら盛り上がり続けていた。

カタンすぎる

2007/05/08

 ゴールデンすぎる日々もあっという間に過ぎ去り、気が付けば仕事に没頭する日々が始まりましたよ!
 休み明けの俺のテンションはすごいですよ。
 ほんとすごい。
 うっかり中央線に飛び込みかねないテンションです。

 とりあえずPVを見て思わずamazonで予約しました、オーディンスフィア
 二次元の素晴らしさにあらためて気付かせてくれる、職人芸のごとき映像美に期待。
 本持ってくる娘っ子とか妖精かわいいなー。
 ふう……俺のもとにもそろそろ現れないかな……妖精さん……妖精さん……。(リフレイン)

 やがてオーラロードが開かれてバイストンウェル的な世界に飛ばされて俺専用妖精(フェアリー)が現れるまでの「つなぎ」的感覚でXBOX360のカタンで遊んでるんですが、やはりカタン島の資源を奪い合って乱開発を行うのは楽しすぎてヤバい。
 外人(アメリカ人)と対戦して当然のように負けました。
 なんというか、圧倒的な資本主義に敗れ去った感じです。
 奴ら、終始ボイスチャットでしゃべり続けてますし。

「アハーハー」
 意訳:ハハ、何がほしいんだいボウヤ?

「モア アイアン!」
 意訳:もっと! もっともっと鉄を!

「ツーアイアン? ツーアイアン!!」
 意訳:鉄を二つ? オイ、鉄を二つくれ!

「ンッンー、トワイス!」
 意訳:そいつを二倍よこせ!

「Oh! Yeah!」
 意訳:オーイエー、オホホイエー


 愛しのカタン島が列強諸国の植民地と化していくさまを俺はただ、眺めることしかできなかったんだ……。

ラジオ補足(COMICジャンク)

2007/05/01

 先日のラジオにて散々フィーチャーしすぎた「COMICジャンク」について補足しておきます。

■COMICジャンク第二号の表紙
現状キープを目指せ!!

 当然のように灰原はん&桑田はん。
 キャッチコピーの「現状キープを目指せ!」がキラリと光ります。


■性酒
性酒Hカップ

 この手の小ネタを見ると嬉しくなっちゃいますよね。


■新ナニワ金融道の1コマ目
パンツ

「おまえの腰ほんま器用に動くんやの――」
 パンツで始まり、作者体調不良による減ページの謝罪で終わる新ナニワ金融道を俺は応援しています。


■トータルリコールの酒場にいたアレ的なもの
複乳

「イ イグ」というセリフも気になる。


■柳沢きみお「大市民語録」
文字ばかり

 これだけ文字でびっしり埋まってますが、書いてることはどうしようもない繰言です。


■美味し!!
美味し!!

 この漫画を端的にあらわすと、安アパートで親父が世間に対する繰言を延々と呟くかたわら、ひたすらビール飲んだり焼きそば喰ったりして「美味し!!」っていうだけの漫画です。


■お金大特集
お金大好き!!

 この雑誌の特集は他にも「モテ戦術特集」「AV女優の面接プロフィール特集」「ネオ屋台特集」「葬式の値段特集」など、落ち込まざるを得ない記事がいっぱいです。


■北村永吾「そして、僕は山谷へと…」
こうやってオノ持ってなー!!

ワンカップが原因!?

 痛いまでの圧倒的リアリティがすごい「山谷」。
 画像はワンカップを持って暴れる長居さん(アル中・被生活保護者)の図。
 主人公が軽いお礼気分でプレゼントしたワンカップが、とんだ惨劇の引き金に。

 さんざん暴れまわった挙げ句、一人部屋の中で自己嫌悪に襲われ、長居さんが言い放ったセリフ。
働きてぇ

「う……働きてえ……よ………」

 俺は働きたくねえ……よ……。


おまけ『瓜仁成のアレ』

「 Love☆week~愛の黄金週間~ 」

 Monday、月影の下で君とワルツを
 Tuesday、燃え上がる恋心
 Wednesday、流れるような愛の言葉を
 Thursday、木陰の下でささやくのさ
 Friday、鋼のような2人の決意に
 Saturday、何かがうまれる愛の大地
 week end…oh!Sunday!そして輝くハッピネス!

 one week, Love☆week!
 毎日変わらぬ愛を 君に与え続けよう
 2人の愛が色あせぬように

 every week,so Love☆week!
 僕の愛は年中無休
 休日手当てもいらないさ



……いや、休日はきっちり休ませてください。マジほんと。


RECENT ENTRY