スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲッソリする感覚は

2007/06/19

 なんというか、映画コナンザグレートに例えるならば少年だったコナンが突然シュワルツェネッガーに変貌するぐらいに木の棒を押してたわけですが、皆さんお元気ですか。

 コナンと違うのは、俺はいくら木の棒を押そうがシュワ様のような肉体になることもなく、剣闘士を倒そうが女を与えられることもなく冒険の旅に出ることもない点です。そもそもコナンは休みが取れなくて有給が丸々二ヶ月分以上残っちゃうなんてことないだろうしな。

 同人誌の原稿も書かなければなりませんが、不意に第二次スーパーロボット大戦αを未だにクリアしてないことに気付いてなんとなく再開。
 この作品は俺の好きなブレンパワードが出てくるんですよ。

 「お前のブレンの使い方、イエスだね!」

 で有名なブレンパワードですよ。
 もう最終ステージ間近なんで、謎の巨大物体オルファンがオーガニック的なパワーを吸ったとかなんとか言って上空に浮かび出したり、それにシャアが核を撃ち込んでアクシズの代わりにしようとしてみたりといった面白ストーリーを経て、俺の最も大好きなキャラであるところのバロンが乗ったバロンズゥを倒してしまったので、クリア寸前にして急速にやる気を失いつつあります。
 しょうがないので仕事の行き帰りに、そっと小声で

 「死ねよや……」

 と、ボイスチェンジャーっぽい野太い声真似で呟くのが最近の楽しみなんですが、昨晩、あまりに至近距離で呟きすぎて眼前のOLに殴られました。
 拳すなわちグーで。
 言い換えるならナックルで、スパロボ風ならナッコォで。
 殴られました。

 屈辱でした。
 中学生のころ、バレンタインデーに違うクラスの女の子からチョコレートの包みを渡されて「あなたのクラスにいるタカハシくんに渡して」って言われたとき以来の屈辱でした。
 畜生、死ねよや。
 愛とか恋とか残業とか休日出勤とか、みんな死ねよや……。

 久しぶりの更新が呪詛。そんなブログ。
 しかしニュースサイトとかやってる人はほんとすごい。中には例外もおりますが、みんなきちんと日々仕事してるっぽいのに毎日毎日、新しい何かをきちっと紹介できる……そのデキるぶりにシビれ憧れ嫉妬する。
 みんなどうやってあんな頻繁に更新してるんだろう。
 普通、仕事したりゲームやったり本読んだりしながら更新できないもんな。
 たぶんこれは俺の想像だけど、肛門を開けたり締めたりする力加減をうまくタイピングに変換できるマシーンとかを使ってるんじゃないかと思う。だから大手ニュースサイト管理人は、たぶん肛門からUSBケーブル出てる。
 人によってはSCSIケーブルとかも出てる。
 間違いない。
スポンサーサイト

今さら観れない90年代アニメ

2007/06/07

 最近はいろいろなアニメがやっていて目移りしますよね。
 そんなものには目をくれず俺が今最も注目しているのが『新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN』です。
オープニング

 あのサイバーフォーミュラシリーズの最新作ですよ。
 最新作といってもかれこれ10年近く前の作品ですが。

 皆さんはTVアニメ「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」をおぼえているでしょうか。
 俺は観てましたよ。すごい勢いで。
 具体的には学習塾をサボってまで観てましたよ。
 だからこそ、良い具合にいろいろ酸っぱい人生を経てきた今の俺がいるわけですね。

~あらすじ~
 時は近未来。
 ひょんなことからサイバーフォーミュラ(未来のF1レースみたいな奴)のパイロットになってしまった主人公の風見ハヤト。
 三石琴乃の声でしゃべるオーナーの娘と喧嘩したりいちゃついたり、ホモっ気たっぷりのライバルたちと抜きつ抜かれつしながら成長し、初出場のグランプリで上手い具合に優勝するサクセスストーリー。



 思い出しましたか。
 アレですよ。乗機のアスラーダが良い味出してるんですよ。あのナイト2000みたいにしゃべる車。
 当時から思ってましたがあれは絶対に人間の脳を積んでますよ。
 ボンネットの奥に、それはそれは真っ黒な名前どおりのブラックボックスが搭載されてて、何かのはずみでうっかりハヤトが「なんだこれ?」などと開けようとして、慌ててメカニックのオヤジが「見ちゃいかん!!」と絶叫しながら制止。
 箱の中には緑色の培養層に入った脳ですよ。
 もちろん内部で気泡が「コポコポ……」とかいってます。
 よく見るとそのコポコポがモールス信号になっており、解読してみると、

……ハ……ヤ……ト……オオキク……ナッタナ……

「えっ……父さん?」


 それはさておき、サイバーフォーミュラSINの話ですよ。
 ていうかサイバーフォーミュラって、TVアニメが終わってからも足掛け8年にわたって延々とOVAで作られ続けてたんだよ! 知ってた?


 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  (TVシリーズ、全37話)
  ↓
 新世紀GPXサイバーフォーミュラ11(ダブルワン)
  (OVA、全6話)
  ↓
 新世紀GPXサイバーフォーミュラZERO
  (OVA、全8話)
  ↓
 新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA
  (OVA、全8話)
  ↓
 新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN
  (OVA、全5話)


 並べてみるとわりとすごく出てました。
 さすがにこれらを全部観てるぜ!っていう猛者は意外と少ないんじゃないでしょうか。
 まぁ基本的にシリーズの流れは毎回以下の通りなのでほとんど観なくても大丈夫です。

 主人公ハヤトが上手くなって調子に乗りだす
   ↓
 天狗になったハヤトに対しスタッフが助言するが、効果なし
   ↓
 レースの負けがこみ出し、スタッフやアスラーダに八つ当たり
   ↓
 呆れたスタッフに見放される
   ↓
 さらに負け、女にも愛想をつかされる
   ↓
 レースから逃げ出した後、いろいろなドラマを経て立ち直る
   ↓
 ついでに必殺技を身につけたりニューマシンが登場
   ↓
 一転してレースに勝ち続け、グランプリに優勝



 観た人なら「あーたしかに」と心当たりがあると思います。シリーズごとのハヤトの成長しなさっぷり、毎度の天狗になりっぷりは異常。
 そんなこんなで吐き気のするような予定調和が続いてきたわけですが、最新作「SIN」ではなんと主役が交代するのです。
 風見ハヤトではなくライバルのブリード加賀に。
ノーヘル

 ↑人型に変形しそうな巨大バイクを駆る加賀さん(ノーヘル)

 加賀さん(CV:関俊彦)は同僚の新条直輝(CV:緑川光)とさんざん801ネタになっていたであろう素敵なナイスガイなので期待が持てますよ。
 今までのハヤトのしょっぱいサクセスぶりにウンザリしていたあなたにオススメです。

 ていうか「SIN」ではハヤトの変貌ぶりがすごい。
 怪物王者とかサーキットの若き帝王とか呼ばれ、あまりに強くなりすぎて6巻あたりから出てこなくなったロードス島戦記のパーン先生みたいに、ちょっとした伝説になってます。
 アナウンサーだか解説者に「いやー、おそろしいレーサーに成長したものです風見ハヤトは」とまで言わしめる始末。
 初代サイバーフォーミュラで、アスラーダの認証システムに自分の網膜をウッカリ登録し、成り行きでパイロットになってしまった粗忽者の面影は微塵もありません。

 サイバーフォーミュラSINのOP(Youtube)

 そもそもレースの余裕とかを通り越してヨットで女と遊んでるしな!
ヨット遊び

ヨットでスケと

若き帝王


 他にも、本編で女と騎乗位でファックしながら「(加賀さんなんぞに)勝たせはしないけどね」と不敵に言い放ったり、ショッキングなほどの暴君ぶり。街中のオーロラビジョンのCMではしつこいぐらいにハヤトが出演してますし、まさに富と名声、地位と栄誉、金と女それら全てを手に入れた、王者・風見ハヤト。
 ちなみに、そんな彼の住んでいる家。
豪邸

 普通にムカつきます。
 こんな怪物相手に、我らが加賀さんは弱小チームの貧弱マシンでどうやって立ち向かうのか?という、のっけから非常に熱い展開です。


 あと、これだけは最後に言っておきたいのですが、ハヤトのチームのキャンギャルの服が常軌を逸してダフネっている件に関して。
ケツ

【質問】
 ケツ、出てませんか?

【回答】
 ええ、出てますね。




 書き忘れるところでしたが、なんとか夏コミ受かったみたいなんで、懲りもせずまた同人誌出します。
 おそろしいことにテーマが801なんで、今、泣きながら801(BL)ゲームやってます。

 なお、過去に出した本も若干ですが持ってけるかと。これとかこれ。


RECENT ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。