テキーラさん

2007/08/28

 ヤマナカさんのつっこみより、テキーラ刑事の声優がチョウ・ユンファな件。
 オイオイもうじゅうぶんだよ!
 どれだけユンファをXBOX360の高機能で再現し尽くす気なんだよ!

 あとさっそく来た拍手コメントより、このゲーム(STRANGLEHOLD)って映画「HARD-BOILD」の続編って位置づけなのね。
 この映画観たことないんですが、全編通してテキーラ連呼で、さぞや陽気なのだろうな。(ファンの人がいたらすいません)

 あとSTRANGLEHOLDのデモでヒロインらしき女性が哀しげな瞳で、

「……テキーラ……」

 と切なげに囁くところでどうしても笑う。
 どれだけ情感込めてもけっきょくはテキーラだもんな。
 まったく罪な男だぜ……はみ出し刑事のテキーラさんはよう……。

両手に銃を

2007/08/28

 XBOX360のSTRANGLEHOLD体験版おもしれえ。
 体験版なのにここまで遊べてええのか。

 ジョン・ウー監修のTPSのガンアクションゲームとのことで、頭が悪くなるぐらい銃を撃ちまくれます。もちろん両手で。
 そもそも主人公のテキーラ刑事が遺伝子レベルでチョウ・ユンファ顔です。
 XBOX360のビジュアル機能をフルに活用して全力でユンファを再現しています。

 日本語じゃないので基本的に言ってることはよくわからないんですが、仲間を殺られて怒りに燃えるテキーラ刑事が警察署を飛び出して行き、デカ長らしきオヤジさんが「ゲットバック! テキーラ! テッキーラ!!」と連呼しており、いっしゅん自分がバイリンガルになったのかと思うぐらいストーリーが理解できました。

 あと、なんかステージの中にね、あるんですよ。
 人が乗れそうな大きさの台車が。
 不自然なぐらい敵の密集地帯に向けて配置されてるんですよ。

 近寄ってアクションボタンを押すと、当然のように台車に乗ってゴキゲンに滑り出すテキーラ刑事。
 同時にオートでスローモーション機能(その名もテキーラタイム)が発動し、思うさまスタイリッシュに敵を撃ちまくれます。

 楽しい!

 いちおう弾数はありますが、街の人々のほとんどがアパムなのか異常なぐらいそこかしこに弾薬が落ちてますし、リロードが存在しないマジカル銃なので何も考えずに気持ちよく銃撃戦に没頭できます。

 もっと遊びたい!ってところで体験版終わるんですが、予告デモを見る限り両手で銃を撃ちつつ回転しながら敵をなぎ倒したりしてました。
 あときっちりヒロインらしき女性が出てきて、悪そうなマフィアにさらわれながら「テッキーラ……」とか言ってました。

 いったい誰だ、主人公の名前にテキーラなどという陽気すぎる名前をつけたのは。
 どれだけ緊迫したシーンでも、ちょっぴり陽気になっちゃうじゃないかよ!
 なんとなくお祭り気分になっちゃうんだよ!
 それって……それって……最高じゃないか……!


 あと、いい加減コメントを放置しまくってて申し訳ないんで、いっそコメント機能を外しました。
 そして拍手機能なるものを入れてみた。
 拍手すればするほど、俺の生命力とか生きる希望とかがアップする仕組みです。たぶん。

生存確認

2007/08/26

 先週のコミケ終了からしばらく、まるで老人の陰茎のようにぐでーんとした状態でいたのですが、そろそろ再起動したいです。

 そう、思い返せばコミケではいろいろなことがありすぎて、思わず精神が飽和して性欲を失いそうになるところでしたが、モモカンが超EROいと噂の「おおきく振りかぶって」のアニメも観てねぇなあと思い、もう少し性欲を高めていこうと個人的に決意した次第。

 うわ、思えばここのところ、アニメを観ていない。
 一切観ていない。
 ニュースも観ていない。
 むしろテレビを付けてない。
 新聞も読んでない。

 知らない間に日本の首相が変わってたり、むしろ日本が王政復古してたり再び幕府が開かれたりしてもまったく気付かないんじゃないか。
 そんな常識のアンテナが錆び付いた俺であっても淘汰されることも無くなんとなく生きていけるこの国は、たぶん間違ってる。いろいろな部分が。

 お、なんとはなしに「この国は間違ってる」とか書いてみると、不思議とこのブログの「かしこさ」的なパラメータがアップしたような気がします。しませんか。
 久しぶりに更新するとこんなもんです。

 最近、某知人に「お前は仕事の話を書くな」と言われたんで、まぁたしかに仕事の話なんか書いてもなぁと思って書かないようにしてたら、何一つ書くことがありゃしないことに気が付きました。
 だって仕事しかしてねぇものな。

 世間が夏休みだとか盆休みだとかで浮かれてるときも、ひたすらぶっ続けで見張っていましたよ。蟹を。
 盆という時期は先祖の霊が帰ってくる時期らしいですが、むしろ今年は俺自らが先祖に会いに行きそうな勢いでしたよ。

 最近は蟹を見張らせるだけじゃ飽き足らず、新規の蟹を大量に増やしたりとか、もう本当に無茶なことばかりです。
 来月半ばまでに蟹三万匹増やすから、とかそういう感じで、もうふざけんなこのやろう。

 そんなこんなでまた更新が途絶えそうな予感ですが、最後に何が言いたかったかというと夏コミの新刊「アステリスク*クライシス~」通販開始したよっていうことです。
 あんまりな内容なのでわりとビビりながら出した本ですが、今んところ誰からも怒られてないので、おおむね好評みたいです。
 そういうことにしておきます。

 GF団さんにほめられたー。
 伊藤計劃さんにほめられたー。

 満足したのでそろそろ森に帰ります。
 それも、にわかに分別ある成人男性とは信じ難いような破廉恥極まるリラックス体勢で。

明日、801同人誌を

2007/08/18

 今さらですがコミケ3日目(8/19)に出ますからね。
 東地区 ポ-48b「randam_butter」です。

 新刊は、執筆者(ほぼ)全員が801というものを誤解している感のある801本「アステリスク*クライシスまたは迷子の子犬」です。
 A5版/90ページぐらいで1000円。
 詳細はこちら。
 俺としてはもう何も言うことはないので、ゲストのみんなが宣伝してくれたのをリンクしときます。

 ■ヒライ(Ak)
 ■青梅松竹さん(ばんぶーぱいん)
 ■田中天さん(天日録)
 ■ヤスさん(魚石庵)
 ■V林田さん(V林田日記)
 ■サカモチさん(バト魂)
 ■Hugoさん(Hugo Strikes Back!)
 ■SuperLog(LogBlog)
 ■頁作さん(また君か。)

 えーとこれで全部か。
 もれがあったらすまん。お詫びに俺で一本抜いてよい。
 あとtigerbutterも何か書いてるので参考になるようなならないような。

 当日、既刊の宣伝とか載せたペーパー配ります。
 既刊は、少数だけ残ってるのを持ってきます。

 売り切れるこたーまず無いと思うんで、目当てのERO同人を査収してからぷらりと立ち寄って俺らに唾棄しつつ買えばよかろうと思います。




 うお、「続・殺戮のジャンゴ」の件を書き忘れていた。
 一言でいえばこれは傑作。
 EROゲーをプレイしない人にこそプレイしてほしいゲームですなー。
 ヘタな映画を5本観るより「ジャンゴ」を買ってプレイしなさいと。
 これぞエンターテイメント。
 俺たちの好きな、銃とエロスと暴力の世界。
 英雄と革命、裏切りと欲望、淫売と巨大陰茎、その他もろもろ全部入り。

 その分、既存のEROゲー的なものを求めてる人には一切おすすめできない。
 ヒロインごとのルートなんざねえ! 男らしい一本道!
 もちろん隠しヒロインやおまけシナリオの類なんざ一切ねえ!
 処女は一切出てこねぇ!

 おそろしいことにEROシーンは徹底的にレイプONLYという超荒くれ仕様。
 あまつさえマカロニウェスタンかつSFという夢のハイブリッド設定により、触手宇宙人のハードコアエロスも有りです。むしろこの触手星人出すためにSFにしたんじゃねえのかと勘ぐってしまうぐらいの徹底的な触手FUCKぶりです。

 あと音楽。
 異常に豪華な楽曲です。
 特にOPテーマ「Brindiamo!~俺たちに乾杯」が最高。もちろん特典版の「皆殺しパック」買ってるんで、現在サントラで永遠に聴き続けています。
 イタリア語か何かで、陽気なノリで延々と以下のような言葉を繰り返すという荒くれソングです。

 「俺たちゃたくさん金が欲しい」
 「俺たちゃ最高の女が欲しい」
 「俺たちゃ酒を飲みたい」
 「俺たちゃお宝奪いたい」
 「俺たちに乾杯!」
 

 最高すぎる。
 これはぜひカラオケに入れていただきたい。

 とまぁ褒めちぎりですが、値段とかボリュームとかオマケ要素とか、そういうのを総合的に考えると、昨今の市場から見ると総合的に厳しいかなーと思います。
 俺、ソフマップで限定版予約するときに、店員さんに

「これ、限定版の皆殺しパックですが、本当によろしいのですか?」

 って、ちょっと珍しい生き物見るような目で確認されたしな。
 だいじょうぶなんでしょうかニトロプラス。
 限定版に「光るマカロニ光線銃」とか、どれだけ蛮勇なのだ。

 しかし、そんなこた百も承知だろうに、あえてこのゲームを売る男気に、とことん参っちまってるンだよ、アタイはさぁ……。

一週間

2007/08/13

 いろいろありました。
 まとまりそうにないので、手早く箇条書きで。
 いろいろな作品に関してネタバレ含みますが、まぁ特に考慮しないで書くので各自気をつけていただきたい。

映画トランスフォーマー観ましたよ!
 変形してましたよ。
 目が痛くなるぐらい細かい変形っぷり。でも楽しかったです。
 しょっぱなからデストロンのヘリメカが大暴れしてワーッてなってました。ワーッて。
 あとスタースクリームはラプターでビューンッて飛んでました。ビューンって。
……なんかどうやっても頭の悪い感想しか書けそうにないです。

 映画観た帰りにバンブルビーの玩具を買って帰りました。
 2000円そこそこだというのにえれぇ出来が良いです。マジで。
 これは変形玩具で久しく遊んでいない男性諸兄におすすめしたい。
 男の子は心の底に変形への飽くなき渇望を持っているもんなんだよ!
 むしろ男はいつだってトランスフォーマーなんだよ!
 いったいどこが変形?ってオイオイそれは言えねえよ!
 変形は男の最後の切り札なんだよ!

 車形態バンブルさん


 ロボット形態バンブルさん


 ちなみにバンブルビーは劇中屈指の萌え(かつ燃え)キャラであり、童貞全開の主人公サムの恋路をナイトライダーのキットよろしく鬱陶しいまでに応援したり、気に喰わないMJ12もどき野郎に放尿したりと大活躍の素敵ロボです。

 すごいお金かかってる! 俺が何回生まれ変わって働き続けても稼げないぐらいものすごいお金かかってる! ということをひしひしと感じさせるハリウッド万歳映画です。
 バックトゥザフューチャーとかターミネーター2とかに魂を売った世代は観るといい。
 みんな褒めてるから自分はイイや的なしょっぱい天邪鬼はやめて、ぜひ観るといい。

 あとこの機会に「キスぷれ」再販してくれんもんですか。
 ホットロディマスがほしい。
 ちなみにキスぷれというのは、女の子がロボにキスすると未知の力でパワーアップするという画期的すぎるアイディアを盛り込んでしまった、従来TFファン発狂もののシリーズです。



虐殺器官読みました。
 成人としてちょっとどうかと思うぐらい政治軍事に疎い俺ですが徹頭徹尾夢中になって読みました。いやーおもしろかった。
 これをしてメタルギアの影響受けすぎだよねとか言うのは、スナッチャーってブレードランナーのパクりだよねとか言うぐらい恥ずかしいですよ!
 あとSFとして云々とか、テーマに関してどうたらとかは他のところで議論されてるだろうと思うので特に言及しません。

 ここで俺が言いたいのは、主人公シェパードさんの性欲は大丈夫なのかというその一点につきます。
 冷静沈着で強記博覧、超エリート特殊部隊の隊長であるところの彼ですが、終始かなりの童貞臭(チェリースメル)を放っています。
 いや、むしろ精通すらしてないんじゃねえか。
 それぐらい心配になるシェパードさんの性的動向。

 任務中、うっかり監視対象のルツィアさんに懸想してしまうシェパードさん。ルツィアさんがすごくEROい雌豹で、それに対して素直に勃起するとかなら理解できるのですが、シェパードさんときたら、

 「彼女に見られたい」
 「やっぱり見られたくない」
 「彼女に叱られたい」
 「やっぱり怒られたくない」
 「彼女に許されたい」
 「むしろ彼女になじってもらいたい」


 などというよくわからない曖昧な欲望(?)を抱きつつ、任務そっちのけの執着ぶりを見せてます。たぶんこれが初恋で、終わらない思春期の中に彼はいるのだろうと思います。甘ずっぺえ。
 しかしシェパードさんの駄目隊長っぷりはひどい。よくよく考えたらほとんどの任務失敗してるし。ブリーフィングとか真面目に聞いてねぇし。
 ほんとしっかりしなさい。

 などとあえて誰も書かないようなバカな感想を書きましたが、物語のおもしろさはほんとすごい。俺の大好きなどんでん返しもガッツリ用意されてるし、大満足です。
 そして処女作とは思えないほどに大胆すぎる小ネタの仕込みっぷりにも感服。
 まさか作中のラスボス的な人が、

「好きとか嫌いとか世界で最初に言い出したのは、誰なのだろうね」

 などと言い出すとは思わなかったです。思わねえよ!
 駆け抜けてゆく私のメモリアル!


■ようやく「続・殺戮のジャンゴ」クリアしました。
 また続きは明日。

オブリ日和

2007/08/07

 香山の旦那んとこでXBOX360「オブリビオン」の日記とか始まったんで、俺も負けじと少しばかりやってみたんですがヤバいこれ。


 畜生……最近……アニメとか観れてなくてさぁ……。
 ああ、マイメロとか……観てぇなぁ……。
 『マイメロディすっきり』……観てぇなぁ……。
 具体的には歌ちゃんに「すっきり」させてもらいてぇなぁ……。


 とまぁ、それぐらいヤバいですよオブリビオン。
 気が狂ったように細部までつくりこまれた世界!
 そしてキモいぐらい表情豊かな人々!
 いろんなところに落ちてるアイテム!
 意味ありげに落ちてる頭蓋骨!(特に意味はない)
 この美しくも広大な世界で「何をやってもいい」という圧倒的な開放感!

 うっかりするとこの広大な世界に飲み込まれそうになる自分を発見。
 オイオイなんだこのゲーム!
 うっかり帰ってこれなくなりそうでヤバいよ、ヤバい。
 世界を歩くたびに何かしらの発見があって、クエストがあって、感動があって、ついつい遊び続けてしまいますよ。

 まず、最初に味わった感動がすごかったです。
 最初の洞窟を抜けると、遺跡みたいな綺麗な場所があって、フラーっとそこへ行くと野盗が襲ってくるわけですよ。
 一人は人間の男で、一人はタイガーマスクみたいな獣頭の種族です。
 がんばって野盗を斬り殺す俺。
 正義は勝つ。

 そしておもむろに持ち物を剥ぎ取る俺。
 勝者こそが正義。

 このゲームの楽しいところは、死体から持ち物を剥ぐと、ちゃんと素っ裸になるところです。
 そして気付くわけです。

 ああ……このタイガーマスク、女だったンだァ……って……。
 (↑ゲーム始まって最初の感動)



【以下、同人誌の宣伝】

 これまでの中で最もひどいと執筆者間の間で断固たる評判を得つつある我々randam_butterの新刊同人誌「アステリスク*クライシスまたは迷子の子犬」
 いよいよ迫ってきた夏コミで頒布いたします。
 8/19(日曜日)東地区 ポ-48bですわ。

 あの田中天氏をして「カオス!」と言わしめた内容。
 今回、この俺自身もほとんど端役に過ぎないので言い放ちますが、コレは本当に混沌極まりないですよ。
 801あるいはBLというテーマで、どこまで人はひどいことを書けるのか……。
 その、ひとつの到達点と言えなくもないです。

 詳細はこちらでどうぞ。
 コミケが近づいてきたら、またちまちま更新していきます。

生きていれば

2007/08/03

 どうもお疲れさまです。
 イノウエです。
 イノウエなのか?


 ふと、そんな疑問が浮かぶぐらい、もういっぱいいっぱいです。
 残業地獄です。
 朝から晩まで残業地獄。
 おはようからおやすみまで残業地獄。
 おっとどっこい過去。
 おっとどっこい残業地獄。
 エドロポリスは残業地獄。

 なんというか、一言でいうと毎日が蝕。
 誰かがこっそり俺を邪神に捧げたんじゃなかろうかと思うほどに残虐な毎日が続いています。
 もうね、俺、見る見る弱ってきてますよ。
 おそらく今、俺の精子とか限りなく透明に近いんじゃなかろうか。こう、貧しい家でつくられたカルピス?みたいな。隠し味で実はカルピス入ってますよみたいな。

 こんなこと延々書いてて、ちょっと悲しくなってきた。
 そして俺が家庭を持ってなくて本当に良かった。
 こんな生活してたら、もう三日で家庭崩壊ですよ。女房も即座に堕胎し、子供もバイクを盗みますよ。それも大量に。

 そんなだから、ついつい本宮ひろ志「まだ、生きてる…」とか買って帰りますよ。俺も岡田さんみてえに生きてえよ。
 ネットの書評とかを見ると、この漫画が好きなのはこの世で俺だけなんじゃないかって気がしますが。

 そんな俺を救ってくれたのが前回書いた「God of WarII」ですよ。
 いまや神となったクレ様ことクレイトスさんですよ。
 いや、クレ様はほんとすげぇ。
 あの方の精子ときたら、おそらく濃いとか薄いとかどころの話じゃない。
 むしろ液体かどうかも疑わしい。
 それぐらい猛々しいスパルタ出身のクレ様ですから、睨まれただけで即妊娠しました。俺が。

 クレイトスさんやゼウス様が全力で韓国語をしゃべりますが、まぁたいして困らずに楽しくクリアできました。
 これは日本語版も買おう。
 もちろん、クレ様の声優は絶対に玄田哲章でお願いします。

 しかし今回のクレ様、人間の死体をスイッチの上に置く重しとして使用しすぎだと思いました。
 クレ様、超エポックメイキング。
 クレ様、とんだしゃかりきコロンブス。
 へえー、死体ってそんな使い方もあったんだあー……。

 たぶんクレ様は現代のビジネスマンとしても立派にやっていけると思います。
 創意工夫は大事ですよ。


RECENT ENTRY