スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルバロイT

2007/12/30

 いよいよ明日です。コミケ3日目。
 興奮に打ち震えて逸物が屹立しっぱなしの今日この頃ですが、今回金曜スペシャルにて特別に「バルバロイ」Tシャツを作ってもらいました!

バルバロイT


 うおおー、よりいっそう屹立してきたぜ。
 モア屹立してきましたぜ。

 ありがとう金スペ!
 そんなわけで奴らも冬コミに参戦しますので、何かを感じ取った人はぜひ立ち寄って、コミケ初参加の心細さで震える彼らをやさしく可愛がってあげてはいかがでしょうか。
 12/31(月)、東5ホール ぺ-31bだそうです。
 赤兜の金曜スペシャル冬コミ告知ページ

 あと、俺らrandam_butterは同日、東2ホール U-07aです。
 念のため。
スポンサーサイト

年末のこと

2007/12/29

 いよいよ間近に迫ったコミケですが、ウチが持ってく同人誌と新刊委託情報を更新。
 新刊二冊、少数ですが二日目(12/30)に委託してます。

 なんかもう夏と冬はコミケコミケって、コミケ星人でも攻めてくるのかよって感じで自ら騒ぐようになってはや一年半。いろいろなことがありました。

 ここでひとつ、今年読んだ本だの映画だのゲームだのを列挙するのが正しいテキスト系ブロガーの年末スタイルだとは思うのですが、コミケ星人が攻めてくるのでそんな余裕なさげです。
 COD4もやらねばならんしな。
 ヒライのやろうが「あなたニートですか?」ってぐらいにやり込んでるらしく、ご丁寧にプレイ画面のメールが送られてきて腹立たしかったです。

 でもカードヒーローは、いろんな部分がジュニアだと評判のヒライさんがジュニアでくすぶっている間に俺のほうが一足早くプロになりましたけどね。
 まあ勝利の秘訣としてはあれですよ。
 自分のターンが来るたびに「オレのターン!」と叫び、
 ターンが終わったら「ターンエンドだ!」と叫びながらタッチし、
 強力なカードを出したときは「ドン☆」という擬音を発することです。
 (その後ワハハハハハ強いぞーカッコいいぞー!などと狂喜乱舞しながら廃人に)

 そんな遊戯王世代なんですけど、俺が一番好きな海馬社長の言葉は「オレはすでにキレているわ!!」です。
 すばらしいセリフだ。
 これを高橋陽一先生がリスペクトしてヤングジャンプ連載のキャプテン翼で「よーし今日も翼はキレてるぞ!」というセリフが生まれたに違いない。
 俺もキレてえなあ。
 いや、これからキレるんじゃあ手遅れで、相手が気づいたときには「すでにキレているわ!!」と言い放たないといけないので難しい。
 まあ、本当にすでにキレてるのかどうかはどうせ相手にはわかりようもないので、あたかも既存でキレていたように言ったもん勝ちのような気もしますが、どうか。どうでもいい。

クリスマスデイ

2007/12/27

 明け方までリトルバスターズ!をプレイし続け、目覚めたら昼を過ぎていた。
 いつもながらkeyのゲームに出てくるキャラクターはおもしろおかしいなあ。きらきらしてるなあ……などと思いつつ、彼らの学園コメディぶりに一喜一憂しているうちに寝てしまっていた。

 閉め切った暗い部屋の中で、つけっぱなしのノートPCのモニタが何か尊いもののようにまばゆく光っていたので寝ぼけたまま覗き込むと、そこには苦笑した表情のヒロインの立ち絵と「あはは~、そうかもしれないですねえ~」と表示された会話ウィンドウが表示されていた。

 俺の携帯電話は東芝製なので、マスコットキャラ「くーまん」が常時、俺をあの手この手で楽しませてくれる。

「さいきん、誰からもメールが来ないDEFFねえ……」

 心癒され、俺は黙って携帯を閉じ電源をOFFにする。

 街はきらびやかな電飾、人々の笑いと優しさに満ちていて、駅前の何とか堂という菓子屋では、寒そうに足を露出したサンタのお姉ちゃんがケーキを売っていた。

「メリークリスマス。お兄さん」
「やあ。今宵はいい夜だね。その5号のケーキをひとつ」
「お買い上げありがとうございます。でもお兄さん、お一人で食べるには少し大きすぎますよ」
「大丈夫。今夜は特別だから。あと、甘いものは別腹なんだ」
「そうですか。はい、メリークリスマス」
「ありがとう。メリークリスマス」

 店の隅ではいつものチンピラ数人がカード賭博に興じ、カウンターでは派手な柄のシャツの男と嬌声を上げるアル中の女がいて、それなりに楽しくやっていた。
 あんまりに楽しそうなんで、一瞬、俺も一緒に楽しくやれるかな、と思ったりもしたけど、カウンターの隅の、テレビが見える席に座ってマスターにケーキを切ってもらった。

「え、こんだけ喰うの? 一人で? やめときなって」

 俺はウオッカのシャンパン割りを頼んだ後、黙って店の中を見回した。
 カウンターの二つ離れた席で、柄シャツの男が声高に景気の良い話をしていた。女がしきりに「社長、社長」と言っているので、おそらくは社長なんだろう。六本木、ブランドの話、車、株価、そして外国の事業について。
 チンピラは錦糸町のヘルスの話で盛り上がっている。

 俺は静かに、ひたすらケーキをむさぼり喰った。
 テレビには、雪の降る、遠い異国の地の夜が映し出されていた。

「マスター、これ、どこの国?」
「えっ、……うーん、ロシアとかじゃないの。寒そうだね」
「あれ寺院かな。古いけど、暖かい感じがする――」

「なぁオイ、マスター、チャンネル変えてくれよ! 10チャン」

 不意に、女との話題が尽き気味だったらしい社長がマスターに言った。俺と社長氏の目が合った。
 二、三秒の後、彼は顔を歪めて舌打ちした。

「……なに見てんだ、このデブ」
「ち、ちょっと社長!」

 慌てたマスターが、俺と社長の間を遮るように言う。

「いいんだ、マスター。……すみませんね。なんか俺、ウザいでしょう。ケーキ喰ったら帰るよ」
「気持ち悪ィんだよ、さっきから。いい歳こいて、一人でケーキなんか喰ってンじゃねえよ!」
「すみません。社長さん。それとも王様って呼べばいいですか? 会社とか事業とか、金とか女とかって、そういうの全然わからないけど、少し静かにしろよ。俺、今日、ただ静かにケーキを喰いたいんだ」



 フラつく足取りで店の階段を降りて、何メートルか何十メートルか歩いて、道端のゴミ捨て場に向かって嘔吐した。
 溶けかけた、デコレートケーキ。その残骸。
 さらに胃液味のシャンパン。マーブルチップみたいな血も混じっていた。
 脳裏に、鈴の音が聞こえた。どこかで、誰かがベルを鳴らしていた。
 何のために?
 たぶん、他でもない、この俺のために。
 本当かよ?

 その後、何も出なくなるまで何度も何度も吐き続けて、ひどくむせながら、まるで百トンぐらいに体重が増えたような自分の身体を引きずるようにして、家路についた。




……おおむねこんな感じで、クリスマスイブの日は浮かれて過ごしました。
 久々に食べるケーキ超うめー。マジうめー。

同人誌紹介

2007/12/21

 冬コミ新刊2冊の紹介を同人ブログに書いてます。
 ゲストとか、もう何事かって感じになってますが。俺いらねえじゃん的な。

 我が家でほぼ365日24時間体制で世界平和のための演算を延々続けていたスーパーコンピューターであるところのDELLのノートPCのHDDがお逝きになられました。
 いちおう可能な限りデータは退避しましたが、メール関連とかは退避できなかったくさい。
 あー。

 普段、コタツに入りつつぐでーんとしながらノートPC使ってるんですが、現在それが許されず、エアコンから遠く離れたデスクトップPCで作業をするのはマジつらい。
 寒い。足が冷たい。
 というか、足が冷たいとかほざく以前に靴下はけよっていうか、そもそも服を着ろよってお話なんですけども。
 でも男なら普通、一人で部屋にいるときは限りなく裸(ら)に近い状態ですよね。季節に関係なく。

ご報告

2007/12/13

 う
 う ま れ た あ


 というわけで、やっとこ冬コミ用の同人誌がぜんぶ入稿終わりました。
 近々、同人用ブログにて告知を打つと思われます。

 今回出す本を簡単に紹介しておくと、

■俺と涼子(再販)
 初めて出した同人誌、ROOMMATE井上涼子のプレイ日記。
 なんかわりと要望があったので、これが最初で最後の増刷かと。

■黒川ケンキチ詩画集 長い旅の記録 (新刊)
 我が心の皇帝(ツァーリ)とでもいうべき男、黒川ケンキチ氏のあれこれ。

■バルバロイ(新刊)
 今、もっとも斬新なライフスタイルである「蛮族」をフィーチャーした蛮族による蛮族のための蛮族専門誌。
 マジで。
 以前こんなことを書いてたのが現実になりました。


 とりあえず今までゲームとかできなかったぶん、取り返していきたいと思います。
 などといいつつも、GRAW2ひそかにクリアしたりしてましたが、気が付けばもう年末ですかよ。
 あー、年末年始は、コミケ行く以外は一歩も外に出ねえ。
 ずっとゲームとアニメに溺れてやる。


RECENT ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。