スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のこと

2008/11/29

 最近の生活はというと、

  起床
   ↓
  仕事
   ↓
  帰宅
   ↓
  ヴァリス
   ↓
  同人誌原稿
   ↓
  就寝


 というサイクルを延々と続けておったので、ようするにヴァリスか原稿か、むしろ両方か……みたいな勢いで人生を謳歌していました。
 また、ときどき「motto☆派手に……ね……キッスも地味……だね……」と誰もいない部屋でつぶやきながら一迅社の方向に拝謁。
 アニメ「かんなぎ」のOPはくせになりますね。


 それと、仕事の行き帰りに相変わらず北方水滸伝を読んでおり、あー解珍の秘伝のたれを肉につけて食いてえなーと思いながら生きていました。
 北方三国志だと張飛のつくった豚の丸焼きが死ぬほどうまそうだったなーという印象が強かったんですが、水滸伝はそれに輪をかけて執拗に美味そうな料理が出てきます。
 ざっと思いつけるだけでも、これだけの北方水滸グルメが。

 ■阮家の鍋
 ■李逵の香草を使った料理
 ■解珍の秘伝のたれ+鹿肉を薄く切ったやつ
 ■朱貴の店の魚肉饅頭
 ■顧大嫂の露店の焼饅頭
 ■王母様の心のこもった料理
 ■魯智深の片腕


 誰か完全版の北方グルメリストを作ってくれまいか。
 ちなみに「饅頭」の読みは、もちろん「まんとう」です。
 セガファンが「戦斧」を違和感なく「ゴールデンアックス」と読むのと同じようなものです。
 料理ネタをこれだけ多く入れてるのは、きっと視覚だけでなく味覚的な情景も小説から想起させようという北方先生の遠大な計算に違いないと思うが、どうか。

 あと、戦の描写で定番だった「揉みに揉む」が少なくなってて少しさびしい。
 代わりというわけではないですが、梁山泊の豪傑たち個人の見せ場の戦闘は、まるでバスケ漫画みたいな異常な疾走感があって、これがすばらしい。
 今13巻まで読み進めましたが、だんだんと終わりに近づくのがつらく感じるほどの傑作ですのう。

 それにしても解珍のつくったたれがほしい。
 西友とかで売ってくれまいか。
 キッコーマンとかならわりと近いものをつくれるのでは。
スポンサーサイト

日本に生まれてよかった件

2008/11/22

 まだまだヴァリスやってます。
 今回、鎧力(よろいぢから)を高めるためにtumblrで鎧画像を集めまくっておったのですが、その途中、国外版ヴァリスのジャケ絵を閲覧してしまい陰茎がもげそうになりました。
 こんなん。
ヴァリスIII(米国版)

 ちなみにもともとはこんなジャケ絵です。
ヴァリスIII(日本版)

 ちなみに元ネタはHardcore Gaming 101(英語サイト)から。ヴァリス以外にも膨大な日本ゲームの画像があって楽しいです。

 そんな感じで同人誌「鎧YEAR」絶賛作成中です。
 出せんのか。出せますよ。なんかこう、形容しがたいものが……出ますよ、たぶん……。


 といいつつ、かげで「Gears of War2」プレイしとりますが。
 まあこれも汗臭い野郎どもが未来鎧を装備してハジける鎧ゲームよなと強引にこじつけつつキャンペーンをクリア。
 その後、ちょこっとマルチプレイの「HORDE」モードで遊んだのですが、これがおもしろくてヤバい。
 HORDEは今回新しく加わったモードで、仲間と5人一組のチームを組んで、果てしなく波状攻撃を仕掛けてくるローカストたちを倒してステージをクリアしていく形式のアーケードゲームのような雰囲気なのですが、これが燃える。
 敵が頑丈なので、基本的に仲間との連携は必須。仲間の存在が心強いと思える。これは今までのゲームにはなかった熱い感情です。

 何回かプレイすると、どうやら生き残るコツはどこか見晴らしのいい閉所に篭城することらしいと気づき慣れない篭城戦をやっていたところ、逃げ遅れた仲間が一人、すぐ外でダウンする事態が発生。
 駆け寄って蘇生してやれば助かるのですが、一緒に篭城している他の仲間は誰も動こうとはしません。
 え、見捨てるの?
 たしかに外は敵で充満しているし、ここで助けに行くのは間違いなく自殺行為……だけど……だけど俺には、奴を見捨てることなんてできねえ! 俺は行くぜ!
 そんな感じで持ち場を離れて外に飛び出し、死にかけた仲間を助けることに成功。

 しかし、それが防衛線の総崩れを引き起こしわずか1分ほどの間に全滅しましたが。

 とまあ、英雄的行為に酔った愚か者が部隊全体を危険にさらすという典型的な例だったわけですが、そんなドラマが勝手に生まれてしまうので、えらく楽しいですHORDE。
 これでまた全世界における廃人率が上げる……おそろしいゲームやでGoWは……。

原稿書いてます

2008/11/17

valisIII_02_convert_20081117024321.jpg

 そういうわけで、PCエンジン屈指のデモゲー(デモムービーの出来は良いが、他の部分がアレなゲームの意)であるところのヴァリスシリーズを次々とプレイする荒行中。

 その息抜きにDEAD SPACEをプレイし、うっかり実績全解除してしまったりもしましたが。一つのゲームの全部の実績解除って初めてかもしれん。
 ゲームクリア後、wikiを呼んで、クリア後に出てくるLOGの翻訳とか、各チャプターの名前に隠された小ネタにうなってしまいました。
 つくづく日本語で遊べないのが残念ですが、もうこうなったら俺のほうが英語をおぼえてしまうほうが建設的じゃないかと思い始めた今日このごろ。
 いやいや、どうせ英語なんて実はたいしたことないんじゃろ?
 あんな肉しか食べてないような民族がしゃべってるぐらいだし、なんとかなりそうな気が……と思いながらやっぱり英語わかんねえ。


 それでは、ドット絵ゲームの世界に戻ります。
 同人誌のかたがつくまで更新が滞る予感です。
 つっても、もとから滞り気味でしたけども。

誰も優子を止められない……

【夢幻】2008冬コミの件【戦士】

2008/11/09

 最近はじめたXBOX360の「Dead Space」がおもしろすぎて、もうパンネロさんどころじゃないというか、まあそれは言い過ぎにしても、ひとまずノーマルモード最後まで終えてみて日本語版は絶対に出ないと確信できる壮絶な内容です。
 あらためて「ああ……人間の手とか足とか首って、こんなにもスッパリ切れるものなんだなあ……」などという感慨が湧き上がってくるほどの、まさに絶命異次元。

 こちらのWikiにて有志の方々がほとんどの会話を翻訳してくださってます。俺はイベントごとにちょくちょく翻訳を見ながら進めてましたが、ほとんど支障なし。ゲーム中に出るガイドが親切なんで迷うこともなし。
 最後の最後までプレイヤーをびっくりどっきりさせてやらんとする作り手の不敵なニヤ笑いが見えるような、それでいて最高級の技術でつくられたB級映画みたいなゲームでした。
 いやークリアまで三日三晩ほど、それはもうどっぷり漬かりました。
 あまりに漬かりすぎて、外で誰かに会ったときに「まずはあの足を切断して動きを止めて……」などと考えてしまう絶命異次元病。
 ヒライがCoD4をやりすぎて無意識のうちにクレイモアを仕掛ける絶好の場所を探してしまう病気みたいなものか。
 

 で、今日、めっきり寒くなった冬空の下、秋葉原に出かけてきました。
 tigerbutterさんが関わったという文学フリマの同人誌を買おうかなと思ってたら目の前で売り切れ、みんなで完売おめでとーの拍手というイベントに出くわし、早々にその場を離れる俺。

 まあそれは主目的じゃなかったのでよかったのです。
 真の目的は以下の品々の入手です。

ヴァリス的なもの

 ごらんのとおりのPCエンジンCD-ROM2の夢幻戦士ヴァリス四部作です。
 なぜ、今、この時代にヴァリスなのか。
 ちょっと前までDead Spaceとかファイナルファンタジーとか最新ゲームで遊んでいた俺が、なぜヴァリスに回帰するのか――。

 それは――。

 今年の冬コミに出す同人誌のテーマが『鎧』だから。

 ということでして、告知し忘れてましたが、しぶとく今回もコミケに受かることができました。

 12/30(火) 東地区“K”ブロック-37b
 「randam_butter」

 

 で、テーマが鎧。すなわち鎧本です。
 ひとくちに鎧といっても、昔の人が戦場で着込んでいた鎧とか、パワードスーツとか、アーマーナイトの素早さを上げまくって薄気味悪いほど素早くしようぜとか、その人それぞれ思うところがあるのではないでしょうか。

 そして、つきつめて考えてみたところ……この俺にとっての”鎧”とは――

ヴァリス的なもの

 つまるところ このようなもの。

 そういうわけで、冬に向けて新刊同人誌を豪華ゲスト様を迎えつつ鋭意製作中です。
 その名も「鎧YEAR」
 詳細はおって同人サイトにて掲載していく予定。
 てめえらも、もっと激しく脱いだり着たりしようぜ! 鎧!


【おまけ】
 ヴァリスIIの説明書の裏。

ヴァリス的なもの2

 なにげにERO可愛い優子さん。


RECENT ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。