空気

2009/03/27

 昨晩、今夜と二晩続けて職場の飲み会があった。
 この時期にありがちな歓迎会とか送別会とか、あるいはそれらが混じった歓送迎会とか、そういうノリのアレだ。

 正直なところ、いまだに楽しく酒を飲んで騒げない気分が続いており、できることならパスしたかったけれども、半分幹事的なことを押し付けられてお店などを予約したりした手前そういうわけにもいかず、まあぐだぐだと食ったり飲んだりしておった。

 こういうときに限って「イッキ飲み強要」「上司の啓蒙説教」に加え、宴会におけるデブ野郎のお約束的風景である「余った食い物の処理強要」という三重苦が発生し、勘弁していただきたい気分が俺内部で蔓延するも、それなりに場の空気を壊さないようにやり過ごす。

 ほらもっと飲めよ、という上司の浮かれた言葉にイラっとして、つい「明日仕事休んでも良いんなら飲みますけどね」などといってしまい、「そんなさびしいこというなよお……」と素で引かれる。すいません。

 時が過ぎ、恒例の一本締めも終わり、お店も閉まる時間になって飲み会はお開きとなる。
 けれども、盛り上がった一次会にありがちな光景として、その場にたむろして誰も率先して帰ろうとせず、むしろ帰りづらい空気が形成される。
 そこでまた、なぜかイラっとした俺はその場の空気を読んだ上で「お疲れさまでした!」と言い捨てて真っ先にその場を去る。

 あー、やってしまった。
 俺、態度悪い。いちおう幹事なのに。
 職場のみんなの楽しい気分に水をさしてしまったような罪悪感に少し襲われるけども、まあいいやと思って終電間近の地下鉄に乗る。

 地元の駅で電車を降りる。
 ホームから改札へ続く下り階段の途中で、俺の左斜め前を歩いていた兄ちゃんが突然すっ転ぶ。
 見ると階段にはゲロという名の週末限定ブービートラップが仕込まれており、それを踏んで滑って転んだ兄ちゃんは「うほあっ」などと奇声をあげながら半回転してしりもちをつき、さらにウォータースライダーのようにゲロの波に乗って一メートルばかり滑降してから静止する。
 そして自分がゲロの上を滑ってきたことに気づいて「あ……えーっ?」という疑問とも憤怒とも嘆きともつかない叫び声を発したかと思うと、すぐに立ち上がって何事もなかったかのように歩き始める。

 ゲロでコケた兄ちゃんには、ほんとに申し訳ないけれども、一日の最後にその光景を見てなんだかちょっと救われたような気分になる。
 なんかいろいろあったし、これからもいろいろあるだろうけど、がんばろうぜ! よくわからんけど!

DTB

2009/03/23

DTB

 去年MGS4のノベライズが出たとき、著者の伊藤Pこと伊藤計劃さんにサインをせがんだおりに「DTB」という文字を記してもらいました。
 なんの略かというと「童貞万歳」です。マジな話。

 伊藤さんと初めてお会いしたのは、たしかコミケ会場だったかと思います。
 俺たちが801同人誌を売っているところへ、人ごみの中わざわざ顔を出してくだすったのでした。
 そのころ俺は「虐殺器官」を読んで感銘を受けるあまりこんな愚かしい感想を書いてしまっており、まさか著者ご本人に会うことなど想像もしてなかったものだから、ひどく混乱してとりあえず速攻で謝りました。
 すいません。童貞特殊部隊小説なんてアホなこと書いてごめんなさい。
 すると伊藤さんは笑って握りこぶしを振りかざし、

「いやいや、これからも童貞全開でいきますよ!」

 と力強く言い放たれたのでした。

 その後、ヒライも書いてるようにボードゲームなどいっしょにちょくちょく遊んだり、どさくさにまぎれてウチの同人誌に寄稿などしてもらううちに「あ、この人、けっこうアホじゃな」と好ましく思うようになりました。

 いつだったか飲み会の席で伊藤さんはおっしゃってました。
「昔、好きな人にベクシンスキの画集をプレゼントしてフラれました」
 そりゃそうだよ!と全員からツッコまれていたことを思い出します。
 そのとき俺はベクシンスキなる画家を知らなくて、家に帰ってから調べて、思わず「そりゃそうだよ!」と時間差で叫んだものです。

 そんな魅力を……あふれんばかりの童貞マインド(あるいはtigerbutter提唱の『ドーティズム』)を伊藤さんからは深く強く感じていました。
 人によってはそれを「繊細さ」とか「青臭さ」などと呼ぶのでしょうが、俺は俺なりの賛美と親愛と共感をこめて、あえていいたい。
 童貞くせえと。

 MGS4のノベライズが出たとき、俺が真っ先にすばらしいと感じたのが語り部であるオタコンの童貞くささです。
 もはや童貞くさいなどというものではなく、まさに絵に描いたような童貞であった。
 そのダイナミックなドーティズムあふれる挙動と言動。
 それは完璧すぎる珠玉の童貞でした。
 ただしノベライズという性質上、それは伊藤さんの童貞マインドがなせるわざなのか、もともとの脚本がそうなのかが判別しづらい。

 そこで俺は伊藤さんの童貞仕事ぶりを確認すべく、プレイステーション3ごとMGS4を購入し最後までプレイしました。
 結果、ゲームのオタコンもかなりの童貞臭を匂わせておりました。
 けれどもゲームと小説というメディアの違いを超え、かつ、物語全体の大幅な再構築を行いながらも、ここまで見事にオタコンの童貞臭をノベライズ上で再現できたのは、ひとえに伊藤さんの持ちうるドーティズムのなせるわざだといわざるをえません。

 そして「ハーモニー」
 ご本人が百合だ百合だとおっしゃるものだから、おびえながら拝読したのですが、なんのことはなく登場人物はみな、ちんこのない童貞でした。
 ちんこを装着すれば即座に一線で通用する童貞たちの物語です。

 それはさすがに嘘ですが、とにかく俺にとって伊藤さんの小説は「童貞が世界を滅ぼす」というテーマを高らかに謳いあげており、逆にいえば「童貞でも世界を滅ぼせる」という童貞賛歌なのでした。


 同じ小島監督ファンとして、伊藤さんとはもっとお話したかったなあ。
 ここでひとつ、今の今まで誰にも言ったことがないドーティズムあふれる告白をすると、サイト名の「randam」というのは小島監督の名作ADV「スナッチャー」に登場するバウンティハンターの名前から取ったのです。
 わー。


 恥ずかしながら、この歳になるまで俺の知り合いは誰も死んだりしないと思ってました。
 ネット上にこういうことを書くのが適当ではないかもしれんし、読んで不快に思った方には申し訳ないですが、思えばインターネットがなかったらたぶん伊藤さんとはお会いできなかったと思うし、だから少しでもネット上に伊藤さんのことを記しておくのが、この欺瞞に満ちた世界で闘うサイバーパンカーとして正しいことなのだろうと勝手に思って勝手に書きます。
 ありがとうございました。
 童貞万歳。

アマガミプレイ前夜に記すこと

2009/03/21

 「アマガミ」が届いた。

――買っていたのか。
 もちろん買っていた。小ざかしくも事前にamazonで特典付きを注文していた。

――楽しみにしていたのか。
 もちろん楽しみにしていた。
 楽しみにしていたけれど、そういえば「アマガミ」というゲームについて、俺はほとんどなにも知らないことに気づく。
 公式サイトや雑誌の情報もさっぱりチェックしていない。ヒロインの名前すら知らない。
 数ヶ月前ファミ通を立ち読みしたときに読んだ記事……「あの”キミキス”スタッフが贈る新作ゲームが出る! その名も”アマガミ”!」……その時点で俺はいっさいの情報を遮断した。この情報化社会のまっただなかで。

 もしも購入者アンケートがあって「アマガミを購入した決め手を教えてください」と問われれば、俺はただ「アマガミだから」とだけ記すだろう。
 好みの娘がいる/いない、あるいはシステム云々が……などという理由は必要なく、そのあたりの些事を超越した地平に俺は立っているつもりだ。
 そして思い出したように「キミキス、好きだから」とつけ加える。
 思えばキミキスが出たのはもう2年以上前。

 2年か!
 あらためて2年という時の流れを認識して俺は愕然となる。
 春が訪れ、夏が過ぎ去り、秋の通り過ぎて、冬に至る。それを、2セット繰り返している。
 この2年でいろいろなものが変わった。

 けど、この俺ときたらどうだ?
 おいおい、またかよ。また同じことを繰り返すつもりなのか。まるで変わっちゃいやしない。
 いい意味でも、そして悪い意味でも。


 ちなみにいうと、現時点でアマガミをまだ開封すらしていない。
 なぜか開封をためらっている自分がどこかにいる。ひとまず身を清め、シグルイ新刊よろしく見えない四方膳(エア四方膳)を食する。
 
 アマガミのパッケージを手にとって見ると、メインヒロインらしき長い髪の娘がコートを半脱ぎの扇情的姿勢で俺を見つめている。
 大胆にも教室の机と思しきものに腰かけ「あんた、これからなにをしてくれるの?」とでもいわんばかりの挑発的な表情を浮かべている。
 そしてタイトル「アマガミ」の文字。ハートをあしらったひどく恥ずかしいフォント。

 いまさらだが、いうまでもなく「アマガミ」とは「甘噛み」の意であろう。
 あらためてその語句の意味を調べてみると、こんなことが書かれている。

「甘噛み」

噛みちぎることを目的とせず、弱く噛むこと。
犬などの動物同士、時にペットが飼い主に対して(さらにごく稀に飼い主がペットに対して)行う場合と、人間同士行う場合がある。

前者は主に手や頭などにコミュニケーションを目的として行われるが、後者はもっぱら耳や唇など神経の集中している場所に主に性的刺激の一環として行われる。



 性的刺激の一環。やはりそうか。そうなのか。
 深い納得と同時にひとつだけ疑問を呈するとすれば、果たして甘噛みで済むのか?ということだ。


……済まないだろう。済むはずがない。
 プレイヤーたる俺たちと製作側との、そういう合意のもとに、このゲームは今ここに存在している。


 パッケージの裏面を見ると、そこにはこう書かれている。

「雪降る夜に、届けたい思いがあります」

 どうやら基本的にクリスマス前の一ヶ月間を焦点とした物語らしい。
 たかだか一ヶ月で性的行為の一環をしたりされたりする関係になれるものだろうか。
 もちろんなれる。
 ならなければいけない。
 断固たる決意でもって、そこは望み挑まなければならない。

 舞台が冬、ということで俺の愛するギャルゲー定番シチュエーションであるところの「海に遊びに行ってドッキリ」的なイベントがないのだろうか……と少々心配ではある。
 だが、温水プールあるいは温泉という飛び道具でなんとかしてくれると俺は信じている。
 あるいはそれら既存の価値観すべてを蹴散らすような、想像を絶するなにかが待ち受けていると。


 そんな盛り上がりの中、諸事情あってアマガミをプレイするのはもう少し先になりそうだ。
 もう少しだけ。

【過去のキミキス日記】
 その1
 その2
 その3
 その4

龍が如く3

2009/03/18

 男に生まれ落ちたからには、もちろん龍が如く3をプレイしなきゃならんじゃないですか。
 ひたすら桐生さんの強さ渋さかっこよさにしびれ、キャーキャーいいながら遊ぶだけのゲームですから、もちろん発売日に買いましたよ。
 今まで封も切らずに放置してましたが、そろそろプレイするかと。
 しかし、そこではたと気づきました。

……そういえば「龍が如く2」をやってねえな


 そういうわけで先週末、急遽「2」をプレイし、突貫作業でクリアしました。
 予想以上におもしろかったです。
 特に、最後の盛り上がりのテンションは異常でした。意外な黒幕などが出てきて、物語もえれえ楽しめました。
 そして、もちろん一番の売りである桐生さんのかっこよさは健在。

 例によって桐生さんの舎弟が謎の組織に拉致されます。
 そして犯人とおぼしき謎の人物から、

「明日の零時に天野ビルまで来い。お前一人でな」



 などと電話がかかってきて、やべえこいつぁ間違いなく罠だぜ桐生サン的な展開に。
 もちろん桐生さんはあわてず急がず、当日夜の11時までアジトでゆったりと酒を飲んでおり、そのあまりの余裕ぶりを見かねた相棒の女刑事が尋ねます。

「もう11時を過ぎたわよ。行かないの?」
「……ああ」



 そこでおもむろに腰を上げる桐生さん。
「堂島の龍」と呼ばれた男の出陣ですよ。
 しかし悠然とアジトを出て一歩目の会話が、

「まずは天野ビルの場所を調べないとね」
「ああ……田村(情報屋)に聞いてみるか」



 うおーい場所知らないのかよ桐生サーン(地下闘技場の黒人チャンプふうに)
 舎弟の命がかかっているのにどこまでも余裕な桐生さんに惚れざるをえない。

 ※そのあと、なんとか情報屋に場所を聞き天野ビルに到着したものの鍵がかかっており、近くのチーマー連中からちからづくで鍵を奪い取るというすちゃらかイベントもあったりしましたが、無事に舎弟を救い出すことができました


 で、心置きなく「龍が如く3」をはじめました。
 伝説の極道・桐生一馬も今ではすっかり足を洗って、沖縄で養護施設「あさがお」を営んでおりました。
 今現在、4章ぐらいまで進めましたが、ひたすら以下のようなミッションをこなしています。

 ●志郎(あさがおの子供)が学校でいじめられているらしい
  いじめっ子の親と話をつけろ!

 ●泉(あさがおの子供)の犬が逃げてしまった
  街中から探し出せ!

 ●綾子(あさがおの子供)の財布からお金(千円)がなくなった
  犯人をつきとめろ!



 おそろしいことにサブストーリーではなくれっきとしたメインストーリーです。
 千円がなくなった事件にいたっては、あさがおの子供たちを全員食卓に集めて「あさがお会議」なるものが開催され、お金を盗んだ犯人を捜すという中学生日記的イベントが繰り広げられます。
 ほんの数年前に「東城会本部から上納金100億が消えた!」みたいな事件に携わっていたとは思えない地道な事件を大真面目に解決する桐生さんの姿がまた、素敵なのですがね……!

 そしてカラオケ。
 噂には聞いていましたが、桐生さんのハジけぶりがすげえ。

 桐生さんに一生ついていかざるをえない。


 あと話題の「キャバつく」らしきイベントも始まりました。
 いったいキャバ嬢をどういう服装にしたらよいのだろうと悩んでいたら、お店のお客さんが口々に、

「ゴージャスな娘っていいよね」
「どこかにゴージャスな娘いないかなあ」
「ゴージャスな娘って最高!」



 などとえらく親切につぶやいてくれており、おかげさまですんなりとキャバ嬢の育成方針が定まりました。

 沖縄暮らしもほのぼのとして楽しいけど、やはり神室町に早く戻りたい。
 プレステ3の高性能を明らかに無駄づかいし、道端の吐瀉物までリアルに再現した神室町によう……。

セブンスドラゴン

2009/03/14

 職場規定の健康診断がありました。
 めでたく三十路を超えたので昨年から人間ドック的なものを受けてるのですが、やはりバリウム検査はきつい。
 バリウム自体はヨーグルトみたいな感じで飲むのはさほど苦じゃないんですが、その後ショッカーの改造台みたいなものに載せられ、縦の動きが加わったルーレットマン的な状態になりつつ職員の「ハイ右に二回転してくださーい」「今度は左ー」「右手を頭に、お辞儀の状態にー」などという指示に従って一生懸命のたうちまわるのがきついです。なんかの芸を仕込まれてる気分に。

 あと俺、肌が荒れてるせいか腕の血管がえらく見えづらいらしく、いつも採血の際は難儀します。
 たいていベテランらしき方が出てきて、俺の腕を見て「うーん」とうなるので、まことに申し訳ない気分に。昔、献血断られたこともあるしなー。

 尿検査は得意です。
 適量の尿を紙コップに入れるという、かなり特殊な技術に長けている自分を感じる一瞬。
 ただ今回、なぜか別の人と一緒に採尿用の紙コップを渡され、同タイミングでトイレに入ったので、えれえ気まずい雰囲気になりましたが。
 二人っきりの静かな空間で黙々と採尿にいそしむさまに、ちょっとしたおかしみすらおぼえました。

 その後、薄暗い密室で先端に謎の液体を塗りたくった器具を腹や胸に押し当てられるプレイ(超音波検査)を経て検査終了。
 視力が微妙に下がっておりショッキングでした。
 たぶんここんとこずっとニンテンドーDSで遊んでばっかりだったからかと。


 前置きが長くてなんのことやらですが、早い話がセブンスドラゴンやってます。

「世界樹の迷宮ほどムズくない」という噂を聞いて安心しとったのですが、開始後30分で全滅を体験。お花畑を拝みました。
 それも「腰を痛めたワシの代わりに隣街へ荷物を届けてくれ」などという典型的お使いクエストで、道の途中で力尽きるという失態。

 その後しばらくは全滅を喰らうこともなく、わりと無難に進められました。
 当初、ナイト・サムライ・ヒーラー・メイジという無難もいいところの編制でしたが、レベルアップが頭打ちになってきてルーキーを育てたくなってきたのと、ピーキー過ぎておまえにゃ無理だよ的なパーティーで遊びてえという理由から、ヒーラーを外してファイターを参入。



「回復なんぞする暇があるなら一発でも多く殴るべきなんだ!」
「キュア? そいつはパワークラッシュより強えのか?」
「主食はパロの実です」
「パパウPOWPOW フヒィーン」


 そんな理念のもとで生まれた超攻撃的パーティーで進めています。
 ドラゴンと戦うときは絶対に背後を取り、遅くとも2ターンまでに仕留めないと即座に全滅が見えてくるというマキシマムスリルきわまりないハントマンライフを謳歌。
 ザコ敵とのバトルでも、先制攻撃を受けたら花畑一歩手前に陥ることもしばしばです。

 平均レベル30を目前にして、回復手段がいまだにパロの実(薬草的アイテム)だけというあまりに過激な集団。
 ダメージゾーン(フロワロ)を突っ切るたびにパロの実をむさぼり食わなければならず、燃費が悪いです。これではいかんと思い、さすがにウォークセーフおぼえました(ドラクエでいうトラマナ的な技)

 あと序盤で「キノコの石突き」とやらを取り損ねたせいで、いまだに道具屋で売ってない回復アイテムがあります。たぶん毒消しかなんかだと思うのですが。
 おかげでウチのパーティーが毒を喰らった場合は「ひたすら耐えて自然治癒を待つ」というナチュラル志向きわまる医療方針に従わざるを得ず、ほんとやめてください。状態異常だけはマジかんべんしてください。

 街中での不便さとかシステムのめんどさとかはちらほらありますが、戦闘がサクサクと動いて楽しいので進めるのが苦にならないゲームですな。
「あとちょっと育てればあのスキルがおぼえられる」「あの素材をあと少し集めれば新しい武器が……」などと、むしろやめどきが難しい。
 今は船を入手して世界中の荒海を渡らんとしているところです。

 ウチのパーティーはサムライだけが男で、他はすべてギャルズというラノベ的設定であり、そのあたりさまざまな妄想を繰り広げつつ遊んでいます。
 楽しい!
 がんばってクリアして、スノウドリフトにブチ殺されて以来ずっと放置していた世界樹の迷宮もプレイせねば。

奈良野シカオ誕生秘話

2009/03/13

 昨年末出した同人誌「「鎧YEAR」の打ち上げと称してKさんVさん(金さん銀さん的アクセントで)のバースデーを全力で祝ったりして今に至ります。

 彼らの日記にもあるようにV林田氏には鹿ヘッドが贈呈されたわけですが、いちおうヒライといっしょに必死に考えた末のプレゼントだったのです。

(一ヶ月ほど前)

「V聖誕祭か……生半可な贈り物では済まされまいね」
「済まされまいよ」
「ところで彼はどんなものが好きなんだい」
「彼はすべてが好きさ。この世界のあまねくすべて、生きとし生けるものみな愛しているともっぱらの噂さ」
「その中で、しいていうならなにが好きなんだい」
「ゴリラ。あと鎖鎌」
「ハハ」
「鎖鎌は秋葉の武器屋で手ごろなものを調達できそうだね。問題はゴリラか……」
「サティスファクション」
「もえるアクション」
「ゴリラか……剥製とかヤフオクとかで出品されてねえかなー」

~しばしネットオークションで「剥製」を検索しまくる~

「あっ! この鹿の剥製よくね?」
「本当だ! 大きさといい風格といい、家の壁に飾ったらさぞかし素敵だろうね」
「素敵すぎるだろ」
「よーし購入だ。喜んでくれるかなあ……結果的にゴリラとはなんの関係もなくなったけど」
「いやいや、同じ哺乳類だろ。もっといえば同じ宇宙船地球号の仲間同士だろ」
「ちげえねえ! ああ……彼の喜ぶさまが目に浮かぶ。むしろ泣いて喜んでる」
「そうだよね、喜んでくれるよね」



 誰も信じてくれないけれど、あのとき俺たちは本気で……本気でV林田氏を喜ばそうと贈り物を考えていたんだ――


 そんなこんなで我々界隈では、己が誕生日を知られることはもはや最大の禁忌と化しつつあります。
 ちなみに黙っていたけど俺、実は五十六億七千万年後の世界からやってきた未来人なので誕生日はとうぶん先です。

暮らし

2009/03/04

 ファークライ2、すでにかれこれ10数時間以上やっとんのにまだACT1ってどういうこと?などと戦慄をおぼえつつも、アフリカンジャスティスを体現すべく触れるものみな撃ち殺してました。マカロフで。

 あとマラリアの薬を入手するために地下組織の構成員の亡命を助けたりとか、さんざん汚れ仕事をやってました。
 ほんとにこれ薬か? 実はビタミンCの錠剤じゃねえのかってぐらいチープな容器に入った薬剤ですが、これを切らすとアフリカンジャスティスどころじゃなくなるので必死です。正直、武器商人ジャッカルとかどうでもいいので、もう帰りたいです。
 そもそもダイヤと武器を交換して、思いっきり武器商人のお世話になっている身ですし。

 萌えキャラとかもいねえし。
 いちおう最初に出会うバディ(相棒)が、フローラという女性なのです。
 名前だけ聞くとかわいらしいものの、実際は屈強な黒人女性です。39歳。
 萌えることなんて……できねえよ……いくらなんでも……。

 あまつさえフルネームはフローラ・ギレン。
 ギレンですよギレン。
 早い話が、野望ですよ。
 アクシズの脅威ですよ。むしろ脅威Vですよ。
 今にも銀河万丈の声で演説をはじめ、コロニー住民を扇動しそうなフローラです。
 話し終わったあとにその場で腹筋運動を始めたり、依頼を断ると「オカマ野郎!」と辛らつなお言葉を投げかけてくるフローラです。
 まさに「こんなフローラは嫌だッ」を体現したようなキャラです。ちくしょうっ……!


 そんなこんなでやさぐれた心を癒すためにアナザーコード:Rと交互にやっておったのですが、こちらはとうとうクリアしてしまいました。
 いい話じゃった……。
 アシュレイがんばった。いい娘すぎる。
 クリアするまではアナザー(人の記憶を操作できる夢機械)を使っていかにアシュレイにERO記憶(EROメモリー)を植えつけて俺の娘にするかということに腐心してましたが、エンディングにすべての邪心を洗浄されました。
 人の思い出は……勝手に植えつけたり書き換えたりしてよいものじゃない。
 俺が間違ってた。

 つまるところ、アシュレイはいちから俺が育てるべきなんだ。
 むしろ俺がアシュレイを出産すればよい。
 俺がアシュレイのパパであると同時にママであり、すなわちアルファかつオメガであればよい。
 そしてWiiリモコンやタッチペンのエポックな使用方法を仕込めばよい。慣れてきたらリモコンにはヌンチャクのアタッチメントを装着すればよい。



 あと最後に書いておきたいのが、最近のガンダムダブルオーの巨乳キャラの削減っぷりが目に余る件。
 なんか巨乳同士で殺しあってました。

 俺は悲しい。
 こんなに悲しいことはない。
 番組開始早々、その巨乳祭りに浮かれていたころが懐かしいです。
 あとサジがエロス教団を設立しそうでしなかったり、そのクロスロードぶりたるや、あの野郎とんだ技巧戦士だなと思いました。むしろストレートに亀頭戦士だなと思いました。


RECENT ENTRY