スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピクミン2のこと

2009/06/24

 ゲームキューブの「ピクミン2」を今さらプレイしはじめる。

 いつもの逃避だ。それはわかっている。
 すべてわかり、諒解した上でのピクミン2だ。

 このゲームが発売された当時(もう5年も昔だ)、俺はとある地下ステージで100匹ものピクミンを一瞬で失うという惨事に直面し、そしてゲームを中断した。

 5年ぶりに再開(というか最初からやり直している)したピクミン2だが、やはりおもしろい。
 ピクミンをちまちまと増やしていくのがおもしろい。
 いろいろなお宝を力を合わせて運ぶさまを見るのがおもしろい。
 おなじみ赤、青、黄に加え、紫と白の5種類のピクミンを使い分けて効率よく探検していくのがおもしろい。

 ところでピクミン2は大人のゲームだ。
 正確には「大人にも楽しめるゲーム」なのかもしれないが、あえて俺は「大人のゲーム」と言い切りたい。

 なぜならこのゲームには死がある。
 目をそむけることのできないピクミンの死がある。
 俺は5年前の惨劇の場所……クイーンチャッピーの待つ地下へ再度赴き、そして性懲りもなく75匹のピクミンを一瞬で失う。
 からくもクイーンを倒してあたりを見渡せば、残ったピクミンはたったの数匹。
 5年前と大差ない惨劇。

 だが、今回は負けではない。
 生き残っている奴らがいる。
 たった数匹でありながら、その目に限りない闘志を宿した連中が、その瞳で「さあ」と俺に語りかける
 さあ――お次はどいつだ?

 俺たちは暗い地下から脱出する。
 光満ちる世界へ。
 俺は死んだ75匹、そして5年前に死んだ100匹の魂とともに、今度はゲームを放り出さずに前へ進む。


……などという妄想に陶酔しかけたところで思い出す。
 ピクミン2におけるその冒険の動機は、実はひどくしょっぱいということを。

 前作ピクミンは、主人公オリマーが未開の惑星に不時着するところから幕を開ける。
 そこで出会った不思議な生物ピクミンと力を合わせてロケットの部品を拾い集め、宇宙へ脱出するという美しい物語があった。
 生命維持装置が切れる30日間のあいだに、どうにか生き残るためにあがく姿があった。
 数え切れないピクミンの死を乗り越えてオリマーは生きていく。それは浅ましいかもしれないが、ひどく俺たちの心を打つ。


 だが、今作ピクミン2の物語はこうだ。
 やっとの思いで惑星を脱出したオリマーは、母星に帰る。
 が、オリマーの会社は莫大な借金を抱え倒産の危機を迎えていた。
 そこで、ひょんなことから、オリマーが惑星から持ち帰ったガラクタが高値で売れることに気づく。
 オリマーはピクミンの待つ惑星へと舞い戻る。
 目的は、そう、お宝を集めて借金を返済するため。
 金のためだ。

 つまるところピクミン2では、金のためにピクミンが死ぬ。
 愛や勇気、ましてや友情ではなく、ただひたすら金を得るために利用されてピクミンは死んでいく。

 だからピクミン2は大人のゲームだ。
 ただ金のために生き、金のために死ぬことを是とする俺たち薄汚れた大人たちのゲーム。

 前作のピクミンでは、黄ピクミンに爆弾を抱かせ、強大な敵に喰わせ内部から爆散させるという凄絶な戦術が猛威をふるっていたものだ。
 だが今回、爆弾という要素自体がなくなっている。

 代わりに――白ピクミンが存在する。
 有名なCMソングにもあるように、そう、白ピクミンには毒がある。
 言わずもがな、白ピクミンを故意に敵に食わせるという戦術が、とても有効な手段としてこのゲームでは用意されている。
 少数の犠牲を以って多数を救う。
 それが大人の選択だ。
 大人は汚い。
 汚いから大人なのか。
 いや違う。
 ただ俺が汚いだけだ。
 誰一人犠牲にせずに勝利することの困難さを放棄した汚い俺は、白ピクミンをボス敵である巨大チャッピーに向けてほうり投げ、それを飲み込んであっさり死に絶えるボスの死に様を見て、暗い達成感をおぼえることができる。

 だがこのゲームにおいてピクミンの死は、冷酷にカウントされる。
 毎日どれだけのピクミンが燃え、溺れ、痺れ、潰れ、食われ――死んだか。
 細かい死因ごとにそれはすべて厳格な記録として残り、いつでも閲覧が可能だ。
 だから忘れない。
 忘れることなどできない。
 ピクミン2におけるシステムは、ピクミンたちの死を忘れることをけっして是としていない。


 そうしてお宝探しを進める主人公オリマー。
 このゲームを語るには、ある意味ピクミン以上に彼について触れなければならない。
 そのコミカルな外見とは裏腹に、彼は謹厳実直で妻子のある一介のサラリーマンである。タフかもしれないが、けっしてヒーローやスーパーマンの類ではない。
 しいていえば、大人のプレイヤーに向けた大人の主人公。
 それがオリマーだ。
 惑星で手に入る無数のお宝、そのすべてに彼のコメントがついており、それらをすべて読むことは大人としてのプレイヤーのたしなみであろう。

「いつからだろう、私があのころのような夢を失ったのは」
「だんだん家族との距離が遠くなっているような気がする」
「巨大生物の口が迫る……そんな悪夢にうなされる夜もある」



 ピクミン2はお宝探しの期限がなく、のんびりと時間をかけて遊ぶことができる。
 だが借金取りから逃げ回る母星の社長からのメールが、日を経るにつれてだんだんと狂気に満ちてくるのが実にいやな感じでよい。

「借金取りから隠れるために、ワシはしばらく橋の下に住むことにしたよ」
「夜になるとそのへんの野生動物が寄ってきて困る。暖かいのが救いだがね」
「キミをクビにして、代わりにこの野良たちを雇うことにしよう。きっとキミなんかより役に立つぞ」



……とまあ、そんな按配であるからして、悠長に宝探しにふけっていられないのが正直なところだ。


 現在、あと少しで借金を完済できるところまでお宝を集めた。
 そのために、すでに相当な数のピクミンが死んでいる。
 これからも死ぬだろう。
 さらなるお宝と、金のために。
 オリマーのために。
 あるいは、ほかならぬ、この俺のために?

 俺のためにためらいもなく死ぬピクミンたちを、俺は愛してやまない。
 けれど連中は一言だって口にはしない。愛してくれとは、絶対に。
 だからピクミン2は大人のゲーム。
 薄汚い大人たちの愛を試す、はかなくも美しい生き物たちのゲームだ。
スポンサーサイト

2009/06/19

 オイオイ「けいおん!」アニメもう終わっちゃうのかよ!

 なんてこった。
 信じがてえ。
 信じてKnightですよ。
 いや、むしろ信じられKnightと申しても過言ではない。

 わずか1クールのうちに夏合宿を2回も放映することを批判するむきもあるようですが、そんなの毎週合宿でも足りないぐらいですよ。
 全13話とかケチくさいこといわずに2億6千話ぐらいやればよい。
 あとブルーレイで1枚に2話ずつ収録などとちまちまやらず、ものすごい粗い画質で30話ぐらいずつ収録すればよい。中国語字幕付きで。

 うおーい俺の好きな澪さんのライブ姿も、そろそろ見納めってことですかよ。
 悲しいことですよ。
 み……みお……みおよぉ……。
 歌ってくれよ。
 また俺のために「ふわふわ時間(タイム)」を熱唱しておくれよ……。

「キミを見てると いつもハート DOKI☆DOKI♪」



 おお、聞こえる……あいつらの声が、聞こえる……。

「揺れる思いは マシュマロみたいに オーラロードがひらかれた」



 今までずっと黙っていたけれど、澪、すなわちMIOであり、いずれ「ダンバインとぶ」とか「みえるだろうバイストンウェル」などをソウルフルきわまりない野太い声で絶唱しはじめることが俺にはわかっている。あと最近「MIQ」に改名した。


……正直、この時点まで脳をあまり使わずに気のおもむくまま妄言を書き連ねたのですが、ちょっと調べてみたところMIQのベストアルバムが出ておった。

MIQUEST

 非常にイイ顔をしていなさる。
 まさに歌姫。
 間違っても13話とかで終わるタマじゃねえ。
 あまつさえサブタイトルが「MIQUEST」であり、その圧倒的なパーフェクトぶりがうかがえる。

週なかば

2009/06/11

 ぽも先生がジャケットイラストを描いたCDが全国で発売中とのこと。
 すげえ……すげえよ……。
 まさに時代と寝てるって感じですよ。ベッドイン・ウィズ時代ということですよ。


 かくいう俺は時代と寝るどころか、むしろ寝取られた感が強いのですが、このたびめでたく夏のコミに受かり申した。
 そういうわけでrandam_butterは新刊発行に向けてがんばります。互いに口汚く罵り合いながらがんばります。
 具体的にはこれからものすごくブログの更新頻度が下がります。これまでたいして頻繁に更新してねえけども。


 いま「はじめの一歩」のアニメにおけるテンションが最高潮に達しておって目が離せません。鷹村さんこと力也の兄さん声を思うさま聴ける素敵な作品です。
 というかこのアニメ、声優陣が豪華すぎやしねえか。無名の新人声優がどんどん台頭していく昨今のアニメ界にあっては、ちょっとした異常事態とすら。
 内海賢二、永井一郎、飯塚昭三などなど、軽い失禁ものの顔ぶれですよ。
 いや……もう漏らすしかねえ。積極的に漏らしていくしかねえよ。

バイオハザードに望むこと

2009/06/09

 今日も律ちゃんは元気だねェーなどとうそぶきながら「けいおん!」を視聴し、ああ女の子ってすばらしい。ガールズ最高。きみたち輝いてる。たぶん拉麺男より輝いている。(あるいはすがしい)

 そう思っていたところヒライさんに往年の名作洋画「チアーズ!」を見せられ、女の子というものが信じられなくなりました。
 いや、映画の中の彼女たちは彼女たちで、きっちりスポ根しててイイ話だったんですが、それにしてもティーンエイジャーには見えない風貌の女子が多すぎでした。
 以下、主な感想。

「この顔で学生とか悪い冗談だろ」
「こいつはぜったい店を構えてるだろ」
「キャプテンというよりはママだろ」
「ボトルキープだろ」
「ヘネシー入れるだろ」
「あとライバルチームの面子がソウルフルすぎるだろ」
「ユニフォームの色といいブラジル代表にしか見えねえ」
「見えやしねえ」
「そして男キャラがゲイかクズしか出てこねえ」


 ライバルチームが金欠で全国大会に出れない!という事態になり、それを見かねた主人公たちが金を工面してライバルに渡すシーンがあるのですよ。
 これ、普通だったらなんだかんだ理由をつけて金を受け取る流れだと思うのですが、ライバルは一片の躊躇もなく小切手を破り捨てて啖呵をきるのが衝撃的でした。いったいどうするんだろうと思っていたら、テレビ番組の懸賞企画みたいなものに当選してあっさり全国大会に出てくるという見事なまでのプランBぶりにアメリカン魂を感じました。
 一方、主人公チームはビキニで洗車というエポックすぎる商売で1500ドルほど稼いでいました。それも二日で。
 あまりに洋ピン成分を摂取しすぎたので、しばらくはアメリカンガールを目にしたくないです。


 アマガミもひと段落したので、バイオハザード5に興じています。
 長年の悲願であったワンタッチ武器切り替えも実装され、いたく遊びやすくなっています。
 相棒のシェバさんはEROいです。最初は「ちっ、俺ひとりで十分だぜ……足手まといにだけはなるなよ!」などと息巻いていた俺ことクリス・レッドフィールドさんですが、ゲーム開始5分でバトルアックス男に殺されかけ、危ないところをシェバさんに救急スプレーで助けてもらってからというもの、すっかり相棒なしでは生きられない身になりました。

 ただ今回、システムの便利さを追求するあまり犠牲になってしまったものもあります。
 それは武器の購入・カスタマイズのシステムです。
 バイオハザード5では、従来のアイテムボックスや武器商人がいないかわりに、基本的にいつでも武器を預けたりカスタマイズしたりが可能になっています。

 前作バイオハザード4では、こんな感じの武器商人がいたのに……。
バイオ4の武器商人
「よお旦那、イイ武器あるぜ」

バイオ4の武器商人
「ウゥェルカァム!」

 ごらんのとおり最高の武器入手システムです。
 この怪しい密売人相手に、道中で拾った金品と交換するのが醍醐味でした。不便ですけど。

 そういえば今作は、新しい武器すなわちニューウェポンに対しての「ありがたみ」が薄いような気がします。
 最初のバイオハザードでは、壁にかかったショットガン一つを手に入れるにもダミーのショットガンとすり替えたりと、苦労が絶えなかったものです。
 最強武器の入手にいたっては、獅子の飾りに青と赤の宝石をはめ込むと飾りが回転して裏からマグナムが出現するという無駄な凝りようでしたよね。
 今思えばまったく意味のわからない入手経路ですが、最強武器なのですからこれぐらいの演出はいたしかたないでしょう。道端に落ちてるのを単に拾うのでは味気ないですし。

 いろいろと洗練され快適になるバイオハザードも悪くはないのですが、武器入手にまつわるあたりは無駄にこだわってほしいなーと個人的には思うところです。
 あと初代PS版のOPに流れていたチープな洋楽と、実写の役者さんたちも個人的には捨てがたい。
 最近、疲れたときはこの動画をキメてテンションを上げています。

 ウェスカーさんの落ち着きのなさがいとおしい。

エスカレーターでのキス

2009/06/04

 かつてないEROティックさを感じさせるタイトルの日記だけども、もちろん俺自身のキスのことではなく、俺が一日の長い長い業務を終えて帰路につき職場から五分ばかり歩いたところにある東京メトロのエスカレーターを降りているときに、すぐ前の若者たちがキスをしておったという話だ。

 まるで地下洞窟の入り口のように深く降りていくエスカレーターは一人分の幅しかなく、それに乗って自動的に運ばれていく俺は、そのすぐ前で同じように自動的に運ばれながらも互いに身体を不自然にねじって唇を合わせている若い男女を至近距離で見るはめになった。
 男は俺に背を向けており、したがって女はこちらに顔を向けている。男の肩越しに女の顔が見える。俺はそれを見下ろすような格好となるが、目をそらすのもおっくうだったのでそのままずっと女の顔に視線をやっていた。
 女と目が合った。
 エスカレーターの途上で、男を挟んで俺と彼女はつかのま見つめ合う。
 女の瞳は揺るぎがなかった。
 たぶんこの世で自分ほど正しい存在はないと思っているに違いないその視線から、俺は思わず目をそらす。
 きっと自分ほどこの世で間違っている存在もなかろうと思っている俺は、王様一行の凱旋に道を明け渡す物乞いみたいに圧倒的な自然さで目をそらす。

 見れば男は、緑のズボンを履いていた。森の緑を体現したとでもいうべき見事なグリーン。
 女は真っ赤な服を着ている。
 きっと主人公なのだろう。それほどのレッドぶりだ。
 たぶん、これはマリオとルイージの暗喩であり、俺が今この瞬間、地下へ地下へと降りているのはキノコ王国ということなのだろう。
 王国の英雄たる兄弟の愛し合うさまを眼前にして、不条理な思いにかられ目をそらす俺はさしずめピーチ姫の役どころか。
 それなら早くクッパかなにかが俺をさらいに来るといい。
 カメだかキノコだかの王国の奥深くにでも連れて行き、俺をおもうさま幽閉すればよい。なんなら俺の五体を分割して部下たちに一つずつ守らせでもしたらいい。

 そうしてエスカレーターが終わり、俺たちは自動的にメトロのホームにたどり着いた。
 目の前の恋人たちはもう身体を離していたし、そこはキノコの王国でもなく俺はピーチ姫ではなかった。
 ようするに、エスカレーターは楽だけど、ときどきすごく意味ありげで、少しだけ疲れるよなという話。
 そして恋人たちは世間の目なんざ気にせず公衆の面前でイタリア人のようにいちゃつけばよいという話だ。
 俺はピーチ姫じゃないけど、いつかこの世界に愛と平和が満ちることを祈ってる。


RECENT ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。