過労とハイエルフ

2009/08/27

 先日、新しい蟹籠の手配時に淡水と海水を間違ってぶち込むという致命的なミスをやらかし、その後の処理やらなにやらで疲れている。

 忙しい。
 疲れた。
 腹減った。
 終電。
 土日も仕事。

 そういう感じで日々、忙しくて己の心がすさんでくると、世の中すべてがすさんでいるように感じる。
 たとえば一昨晩、終電で帰った駅の階段に割れた酒瓶が放置され、激しく酒精の香りをまき散らしており、俺はそこに果てしない場末の匂いを感じ取る。
 かつてない場末感。
 駅、すなわちターミナル。
 接続を意味するその場所において、なんという圧倒的な場末感。

 たとえば昨晩、またも終電で帰る途中、駅通路の床に俺は細かな木屑の山を見かける。
 それが駅員さんが吐瀉物を片付けた直後の状態であることを俺は知っており、多くの人が行きかうその場所に潜むゲロに対して俺は戦慄する。
 これも場末。
 やはり俺はどうしようもない場末ぶりを感じて悲しくなって、家に帰ったあとに少し泣く。

 そしてつい先ほど、例によって終電を降りて駅を出て家に帰り着く直前、腕を組んだ仲むつまじい男女が牛歩のごとき速度で、俺の進行方向をブロックする。
 速度を上げ、これを迂回して追い抜くことは簡単だ。
 だがスーパーの深夜割引の惣菜のレジ袋を持った俺は、なぜか彼らの前に躍り出ることを躊躇する。
 いらつきを感じつつも、俺は連中のスリップストリームにつける。
 限りなく空気抵抗の低まったその状態で何百メートルかを歩き、やがて彼らは俺の住むアパートの階段を上がっていく。

 アパートの一階に住む俺のさらに上へと、笑いさざめきながらのぼりゆく恋人たち。
 ある種の天上人といってもよい。
 それは場末ではなく、むしろ場末よりもさらに忌々しく呪わしいなにかであり、俺はやりきれない思いを抱えて玄関で靴を脱ぎかけ、ああそうだ、忘れぬうちにと燃えるごみを出しに行く。
 燃え尽きてしまえ、と強く願いながらごみを出す。

 酒瓶、吐瀉物、天上人。
 俺がすさんでいるから世界もすさむのだとは思いたくない。
 こんな俺なんぞのコンディションに関係なく、まわりはまばゆくて輝かしくて、いっそなにも見えないぐらいの盲目的幸福に満ち溢れていてほしいと俺は祈る。

 また太陽が昇り、日が暮れて、そうして気がつけば仕事のことを考えている。
 目の前には無数の蟹と籠と計器があり、さすがにうんざりして、蟹がある日突然すべて死に絶えたらいいのに、と俺はほんの少しの間だけ夢想する。
 すべてが死に絶えて、連中の吹く泡で世界が白く染まればいい。

 われながらどうかとは思うが、いずれこの忙しさの反動で俺はハイエルフになってしまうのではなかろうか、と半ば本気で考えたことを告白する。
 ハイエルフというのは、ようするに通常のエルフよりもハイな連中の総称で、とにかく風の精霊とかの力を借りて飛来する矢を防ぐほか、こよなく木々を愛し、林を守護し、ときには森に住むという自然派かつスローライフきわまりない種族である。

 すべての蟹が息絶えたあとの白く静かな森の世界で、ハイエルフとして安穏と過ごせればどんなにかすばらしいことだろう。

ガチムチと更新量

2009/08/24

 日本語版のギアーズオブウォー2でHORDEを遊んでました。
 以前どっかで書いたかと思いますが、波状攻撃を仕掛けてくるローカストたちを仲間たちと協力して退けながら延々50ステージ戦い続けるという熾烈なモードです。クリアまで3時間近くかかりました。

 北米版やってたときは全滅するとその場で終わりだったのですが、その後アップデートされて全滅しても同じステージからコンティニュー可能になっていた模様です(スコアはゼロになる)
 そのおかげで、ハイスコア狙いのハードコアゲーマーでない限りは少々大胆に突出していけるムードになってました。
 コンティニュー不可の時代だと、全員が密集して篭城するのが絶対条件で、怖ろしくて突出はおろか遠くでダウンした味方を助けに行くのも厳禁という風潮だったんで、楽は楽だったんですが、あの不思議のダンジョン的マキシマムスリルも捨てがたかった。

 HORDE中、立て篭もる地点を誰とはなしに「エデン」などと呼び始めたために、交わされる会話がいちいち香ばしい感じになって楽しかったです。

「エデンの東に邪悪な気配を感じる!」
(立て篭もりポイントに敵がなだれ込んできた)

「汚されちまった……俺たちのエデンが……」
(なだれ込んできた敵に味方がやられた)

「旅立とう、エデンを棄てて」
(敵が満載の立て篭もりポイントから逃亡)

「帰ろう……俺たちのエデンへ」
(敵の攻撃が思ったより激しいのであわてて篭城)

 そういうしょっぱいゲーム運びの演出をするほか、対面で敵と戦うのが苦手は俺は主に迫撃砲で遠くから敵を卑劣に倒してました。迫撃砲を撃つのに夢中で近くの味方を助け忘れたり、あまつさえ味方を砲撃に巻き込んだりもしてましたが。
 あまりに迫撃砲ばっかり使っていたので挙句の果てに「迫撃砲がなければ存在価値のない人間」とまでいわれる始末。
 今度はもう少しがんばろう。

 あと日本語吹き替えを堪能しつつちょっとずつキャンペーンを進行中。
 北米版で2、3回はクリアしてますが、やはり面白いのう。このゲームはもっと売れて、続編の3が発売されるときは日本でも同時に発売されればよいのにと願ってやみません。

 ところで序盤、ランダウンに向かう途中でローカストに乗っ取られた車両と激烈なチキンレースを繰り広げ、幅の狭い橋を渡る場面がありますが、あれは冷静に車両の速度を落とせばよかったのでは……などと思ってしまう俺はまだデルタ脳になりきれていないのでしょう。


 最後に宣伝ー。
 先日のコミケにて売り切れになってしまって申し訳なかった同人誌「.in」(ドットイン)ですが、通販開始いたしました。短期間で終了する予定なんで、どうぞよろしく。

 今回はわりと幅広いテーマの同人誌になったんで、次回は思いきりえぐった感じの本にすべく準備中。

じまんぐ

2009/08/20

 この前のコミケで配布したペーパー。
 「最近はあれだろ、百合が流行ってるんじゃろ?」などと、よくわかっていないくせに安易な気持ちで書きました。
 若干後悔しています。


 コミケ後に買ったうみねこのなく頃に散をプレイし終え、もうすっかり独特のうみねこテンションの中毒になっていることを自覚。
 たまんねえ……たまんねえよ戦人さん……。

 アニメのほうも絶好調ですね。
 主に巨乳的な意味で。

 あとエンディングテーマが耳にこびりついて離れません。
 というか、気がつけば一緒に絶唱しているほどです。
 まさに魔曲。
 じまんぐ最高です。
 なぜか今週からエンディングのクレジット表記が「じまんぐ」から「JIMANG」になっておりましたが、あまり深く考えないことにします。


 あとアニメ「ファントム」がいよいよ日本編すなわちクライマックスに突入したのですが新EDがとてつもない塩であった。



 以下はほんの一例ですが、とにかく隙がねえ。
 まるで隙のない塩っぷり。

 ●冒頭にポエミックな呟きと意味深な文字
 ●なんでかぴっちりしたボディスーツを着用
 ●初代バーチャファイターを彷彿とさせるポリゴン
 ●最後にやっぱり意味深な文字

 新OPもなかなかに味わい深いのですが、このEDは……なんというか……目にしみる塩というか……もっといえば、しょっぱさを通り越して、もはや酸っぱいというか……。
 ここにきて満を持した塩っぷりを発揮しはじめたファントムに期待せざるをえない。

コミケ終了と所感

2009/08/17

 熱い夏が終わり申した……。
 お疲れさまでした。

 新刊「.in」が昼過ぎには完売し、持ってきた既刊も数冊を残してほぼ完売という未曾有の事態とあいなりました。
 搬入分の少数のみとはいえ新刊が完売するなどというのは我々がコミケに参加して以来初めてのことで、わーいわーいと浮かれ喜んでおったのですが、午後から訪れてくだすった方々には申し訳ない限り。
 通販あるいは、他のなんらかの手段でお届けできるよう策を講じるつもりですんで、しばしお待ちおば。
 同様にすぐなくなってしまったペーパーも、近日中に公開します。

いよいよ

2009/08/14

 いよいよ今年の夏コミーヌが始まり申しましたなー。
 肉、汗、EROの三拍子。心が躍りますね。
 ケガをしたり捕まったりしない程度に楽しみたいです。

 そんなわけで前々より告知しとったとおり我々randam_butterも参加します。

 ●C76 2009/8/16(日) 3日目 東ホ09b「randam_butter」にて
 ●新刊は『ゆかいゲーム読本「.in」(ドットイン)』です
 ●青梅松竹さん画のイラストカード付けます
 ●イノウエ作の書き下ろしペーパーも付きます
 ●既刊「鎧YEAR」「乙女トリガー」「バルバロイ」なども少数持ってきます

 しかし今回はがんばった。
 がんばっちゃった我々といっても過言ではない。
 そういう次第なので、今回もよろしくお願いします。


 ゲーム同人誌つくっててさっぱりゲームやれてなかったんで、現在ものすごい勢いでゲーミング中。
 XBOX360の海外ソフト「PROTOTYPE」で遊んでます。
 地面から大量の棘を出して敵を串刺しにしたり、腕を刃や触手や盾に変形させたりと、ARMS気分あるいは寄生獣の後藤さん気分を満喫できます。
 軍の戦車やヘリを乗っ取って破壊の限りをつくすのも楽しい。

 あとこのゲーム、ビルの壁を自由に駆け上ったり、そのまま摩天楼を見下ろしながらムササビのように滑空するのが爽快きわまりねえ。ジャングルの王者気分です。

 とまあすごくおもしろいゲームなのですが、かなり残虐なので日本版の発売は絶望的といえましょう。
 主な体力回復手段が「道端にいる一般人を殺して吸収する」という時点でアウトっぽい。(あまつさえ経験値も入る)

恐怖映画祭

2009/08/11

 先週の土日は狭い我が家に大勢が集まって映画鑑賞してました。
 前回はエディーマーフィー映画祭という狂ったテーマの催しでしたが、今回は夏らしく恐怖映画というくくり。
 以下、観た映画のおぼえがき。
 ネタばれ注意で。



けいおん!(ブルーレイ)
 これは映画祭の前日、金曜日の夜に俺が個人的に視聴していたもの。
 声優陣のコメンタリーをONにして視聴すると、部屋の中に一人きりなのに、まるで大勢でわいわいアニメを観ているような気分になれることに気づきました。

――俺は独りじゃない、独りなんかじゃないんだ……
  (※注 独りです)
 
 ほかに監督さんとかのスタッフコメンタリーも付いているのですが、個人的にはやはり声優陣が「これかわいいよねー」「かわいいー」などとゆるいトークをひたすら繰り広げるコメンタリーを推奨したい。


REC
 恐怖映画一発目。
 これは怖かった。フィアーきわまりねえ。
 映画館とかで見ていたらその場で糞便を撒き散らしながらショック死していたであろう。

 ローカルTVのリポーター(アンヘラ)を、カメラマン(パブロ)が撮影している視点で話が進んでいくんですが、どう考えてもパブロは最初からグルで事前に入念な打ち合わせしてるだろという巧妙なカメラ回しで次々と恐怖を演出してきやがります。
 あとアンヘラはかわいい。


デッドコースター/ファイナル・デスティネーション2
 飛行機事故を生き延びた人々が、原因不明の死を遂げていくという話。
 初めて観たのですがこれはおもしろい。
 かなり好きですこの映画。
 ホラー映画として好きなんじゃなくて、これはそう、俺が愛してやまないピタゴラ装置的な意味で大好きなのだと気づきました。
 早い話が、犠牲者があの手この手でトリッキーかつエポックに死んでいくさまを微笑みながら楽しむ映画です。
 この映画を観たあとは、この世に安全な場所なんてないんだ……という絶望と、自分が生きていられることの幸運に思うさまひたることができます。
 あと「スパゲティを路上に捨てる」という行為の危険さにも気づくことができました。
 ありがとうございました。


ミスト
 最後にとってもいやーな気分になれる映画です。
 ラスト近辺で出てくる超巨大クリーチャーが好きでのう。クリーチャーと戦うわけでもなく、ただ悠然と通り過ぎていくクリーチャーを呆然と見送るというのがたまんねえ。


恐怖奇形人間
 最初はきちんと観ていたのですが、いい具合に集中力が切れ、気がついたらもう終盤でした。
 名探偵の明智さんがものすごい勢いで真相を暴露し、最後に花火が上がったと思ったら生首やら手足がインザスカイでした。
 夢?


蝋人形の館
 頭の悪そうな男女が謎の館にたどり着いて……というところで寝落ち。
 あいつら、いったいどうなったんだろう……。


交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい
 ちなみに俺のポケットは、べとついた謎の粘液と虫の死骸でいっぱいです。
 それはともかく、もはや恐怖映画でもなんでもねえ。
 ヒライが評するに「主人公レントンさんの(調子)こきっぷりがすさまじいアニメ」であるところのエウレカセブンですが、劇場版におけるレントンさんは常に男前でした。
 というか、エウレカさんと互いに頬を赤らめながら徹頭徹尾イチャイチャこいてました。

 終盤にものすごい怪我を負って死にかけるレントンさんでしたが、いろいろあった末に謎の力で傷は完治し、なぜか思い出の地にワープ。
 あまつさえエウレカさんの体質(太陽光を浴びると皮膚が緑色のゲル状になる)が改善され、髪も伸び、言葉をしゃべれない白痴っ娘に。
 そんなよくわからない状況におかれても、レントンさんはすべてを許容する笑みを浮かべ、エウレカさん(なぜか全裸)と抱き合うのでした。
 言葉を忘れたエウレカさんという名のまっさらなキャンパスを前にして、さてこれからどのような絵を描こうかと絵筆を握りしめるアーティスト、それがすなわちレントンさんであり、力強い笑みを浮かべるレントンさんはいったいどんな筆を握っていることやらと思わないでもありませんでしたが、そんな彼の姿がまぶしくてしょうがなかったのは事実です。
 なんだかよくわからなかったけれども。


スナッチ
 奪われたダイヤをめぐってギャングやら暗黒街のボスやら手下やら、いろんな人たちが右往左往する映画。
 アビーさんがニューヨークからロンドンに移動するシーンがよかった。ものの2秒で到着するスピーディーさ。
 そんな感じで、全体的にテンポよく観れる楽しい映画でした。
 パイキー族のミッキーことブラッドピットさん(ピッつぁん)が映画のすべてのおいしいところを持っていった感はありますけれど。

 吹き替えで観てたんですが、気がついただけで矢尾一樹、家弓家正、廣田行生(GoWのマーカスさん役)などなど、やけに豪華なのがうれしかったです。

けいおん!1巻(ブルーレイ)

2009/08/03

 最近、生きているのがつらい。
 だからアニメ「けいおん! 1巻(ブルーレイ)」を買った。

 正直、安い買い物ではない。
 でもいいんだ。
 彼女たちの放課後の生き様を無駄なほどの高画質で堪能できるのであれば、そこに後悔はない。
 後悔はないが、それでもどこかで納得できていない己の惰弱さをねじ伏せるため、このブルーレイのすばらしさについて書いていきたい。

けいおんブルーレイ

 まず、ブルーレイなのにパッケージが赤い……というかピンク色である。
 なんという反骨精神。
 既成観念にとらわれないその心意気、まさにロック。
 彼女たちは紛れもないロッカーであろう。

 パッケージを覆っている薄いフィルムをおそるおそるやぶるとき、おそらく唯が着用している黒ストッキングを指でやぶるとしたらこれに似たような感触なのではないか、という考えが唐突に浮かぶ。
 ストッキングほどの伸縮性はないそのフィルム越しに、唯のふくらはぎのあたりとおぼしき体温と柔らかさを感じたのだが、たぶん気のせいであろう。
 というか、俺はちょっと疲れているのであろう。
 そうだ、俺は疲れている。
 だからこのパッケージ絵を見て、四人の肉体がみっちりとつまった空間に途方もないEROさと、少しばかりの悲しさを感じるのだろう。

 悲しさ?
 どうして悲しいのか、俺は説明もつかぬままパッケージを開ける。
 ピンク色でふちどられた溝の間に、ブルーレイディスクが納まっている。
 ちなみにブルーレイといっても盤面は普通のCDとかDVDと同じ色をしており、ちょっとがっかりする。

 他にもいろいろ入っている。
 はがきやらイラストカードやら、ピックやらが入っており、少なからず得した気分になる。
 はがきはプレゼントキャンペーンの応募用はがきであり、どうやら劇中歌「ふわふわ時間」の学園祭バージョンのCDが当たるものらしい。
 それはすばらしい、せっかくだしこの機会に応募してみるかと思ったが、先日発売されたミニアルバム「放課後ティータイム」に封入されている応募券が必要であり、あいにくそれを買っていない俺は深い絶望にとらわれる。

 ふと、もう一枚、二つ折りのカードが封入されていることに気がつく。
 「キャラクタープロフィールカード 平沢 唯」とある。
 中を見ると、主人公・平沢唯の紹介が詳しく記載されている
 唯の生い立ち、家族構成、趣味、通学方法まで書いてある。
 そして身長は156cm。
 体重は50kgと書いてある。

 50kg。
 唯の質量は、50kgなのか――。
 俺は近所の米屋に行き、20kgの玄米と、20kgのタイ米、10kgのきらら397を買い求め、いにしえの農耕民族のように両肩と頭に米袋を担いで家に帰る。

 50kgは、かなり重かった。
 それは米の重み。
 日本(及びタイ)の大地が育んだ豊かな心……魂……そして生命の重みだ。
 俺は床に仰向けになり、米袋を自身の上に乗せてみる。
 ずしりとした農作物の重みが、俺の胸、腹、腰にのしかかってくる。

 50kg、これが唯の重みか。
 そう思うと唯がいっそう身近に感じられる。
 というか、むしろ唯そのものが俺の上に乗っかっているような気すらする。

 いや、いっそ、そういうことにしてしまえばよい。
 同じ質量を持つ米袋が唯であって、なにか不都合があるだろうか、と俺は考える。
 特にない、という結論が導き出される。
 疲れているのだろう。
 だから俺を圧迫する重みがひどく心地よく、その冷たさが少し悲しい。

 俺はその姿勢のままブルーレイ本編の視聴に入る。
 再生。
 鮮やかだ。
 ちょっと目に痛いほどの鮮烈な映像だ。
 なにかが沁みたのか、俺の目からは涙が流れている。
 全身には唯の重み。


 パッケージには、もう一枚、長方形のシールが入っている。
 そこにはカスタネットと手のひらのイラストがあり、その下に「うん」「たん」「うん」「たん」と書かれている。

 ああそうか、と俺は唐突に理解する。
 これは予想に過ぎないが、「うん」は宇宙の終わりを示す「吽」であり、「たん」は「断」を示すのではないか。
 すなわち、この世界で終わってしまったもの――あるいは断たれてしまったなにかを伝えるために、このブルーレイは今、俺たちの手元にあるのだろう。

 生きているのがつらくても、嫌なことや苦しいことがあっても、息をしている限りは――米袋よりも理不尽な重みを背負って、まだしばらく終わりそうにない宇宙の片隅であがき続けるのが俺たちだから、きっと彼女たちは第一話の最後に「翼をください」を演奏するのだろうと、俺は疲れた頭で理解する。


RECENT ENTRY