映画の話

2009/10/26

 なんか映画を観にいくという話で新宿に呼び出されました。
 普段あんまり入らない新宿ピカデリーというこじゃれた恋人たちが集うような映画館だったので「ハハーンこれは今話題の純愛映画”僕の初恋をキミに捧ぐ”あたりを観て激しい感動の渦に巻き込まれようというのだな」と思っていたのですが、会場の入り口で3Dメガネなるものを渡された時点で高まる違和感。
 純愛映画を大迫力の飛び出す3D映像で堪能しようというのか。
 いったいなにを飛び出させようというのか。
 オイオイまさか……。

 などと考えていたのですが、観に来たのは早い話「ファイナル・デッドサーキット3D」という映画でした。

 シナリオなんぞ前回と同じようなもんでOK。
 いかにCOOLにおもしろおかしく死ぬか。
 いかに視聴者の意表をついて死ぬか。


 ただそれだけを追求した、潔いほどに頭の悪い映画です。
 あまつさえ、頭が悪くなりそうなデザインの3Dメガネを装着して観ることで二重の頭の悪さを体験できるという、それは未曾有の作品なのでした。

 頭は悪いのですが、いろいろとためになる教訓も含まれているというありがたい映画です。
 前作も「道端にパスタを捨ててはいけない」等、非常に貴重な教訓を得ることができましたが、今回も同様にいろいろと身の回りの危険について学ぶことができました。
 わかったのはアメリカではどこにいようと常に死の危険があるということです。
 具体的にはアメリカにはそこかしこに危険な燃料(必ず蓋が開いている)やら、いい具合に燃えそうな木屑やら、ショートすると嫌な誤動作を起こす配電盤(必ず蓋が開いている)が絶妙な場所に配置されてるので気が抜けません。

 あと日本語吹き替え版で観たのですが、主人公の友人ニックの声優が岩田光央であり、その三下感あふれる軽薄な演技がすばらしく、劇場内の人全員が「こいつは絶対に死ぬ」と確信したことは想像に難くありません。

 しかし今の3D映像はすごいですのう。
 その飛び出しっぷりたるや、まさに未来のバーチャル現実。
 何度かマジでびびってのけぞりそうになってしまいました。
 あと例によって数々のしょーもない死に方にものけぞりました。


 あと続けて「REC2」も視聴。
 こちらも面白かった。
 あまりのSHOCKな映像に、何度かびくっとなりました。
 全編に漂う嫌な感じの恐怖空気もすばらしい。
 手持ちカメラを通しての主観映像の怖さって、FPSとかのゲームっぽくて妙に馴染み深かったです。サイレンとかF.E.A.R.とかのあたり。
 暗視装置(なぜか業務用カメラに装備されている)もゲームっぽい。
 没入感がものすごい分、疲れるのが難点でした。
 体調を万全にして視聴するのがよかろうと思います。
 あと事前に排尿も済ませておいたほうがよかろうと思われます。



 この一週間あまりはSteins;Gateばっかりプレイしておった。
 体験版が面白かったので買ってみたのですが、久々に夢中で何十時間もアドベンチャーゲームを遊びました。
 これはすばらしい。
 エンディングの最後の最後まですばらしかった。

 シナリオについては、なにを書いてもネタばれになりそうなんであまり書きませんが、タイムマシンをめぐる話で、バックトゥザフューチャーとか、その手のSFが好きな人は例外なく楽しむことが可能です。
 ちょっとした過去の改変が原因でビフ'sビル(ビフが燃える札束で葉巻に火をつけている看板)が建立されたり、多数の戦車が街中を闊歩したり、マーティの母親が巨乳に改造されていたり……などという超ディストピアが構築されちまう的な、息もつかせぬストーリー展開です。

 あと、特に声優さんの演技がよかったです。
 フルボイス万歳。声優さん最高。
 あいにく三ツ矢雄二氏(マーティ)や玄田哲章氏(ビフ)は出演してませんが、一部の隙もないキャスティングは賞賛せざるを得ません。

 花澤香菜さんの声は甘ったるくて脳が溶けそうになります。
 兵器利用を考えてもよいレベルです。

現代の聖騎士

2009/10/13

 ヒライんとこで知った話題のアニメ「そらのおとしもの」の1話目を視聴したところ、万能っぽい力を手にした主人公の少年がものすごい勢いで、

 ●透明人間となってヒロインの着替えをのぞく
 ●そしてヒロインのおっぱいを揉む
 ●時間を止めて女子生徒のスカートをめくる
 ●全裸となって屋外を練り歩く
 ●小人化して女体で滑り台


……などという、めくるめく月刊少年ジャンプ漫画的プレイに耽っており、たいへんすばらしいと思いました。
 すぐ隣にEROい格好をしたお姉ちゃん(空から降ってきた謎の少女)がいるのに安易な直接的性行為に走らないというのもポイントが高い。
 また、特に最後のものは「どっきりマイクローン」的なものであり、かなりのハイレベルなプレイと認定され、彼は現代に蘇ったやるっきゃ騎士……いや……この功績をたたえるために「やるっきゃ聖騎士」と称してもよいと思いました。
 別に称さなくてもよいです。
 今後も視聴しよう。


 「ベヨネッタ」の体験版をプレイしたのですが、あまりのビューティ&ビッチぶりがすさまじく、それでいて派手で爽快きわまるアクションがおもしろいので購入を本気で検討。
 とりあえずオープニングの列車の中でベヨさんがモデル歩きでこちらに向き直り、タイトルが表示されてテーマソングがかかる場面でどうしても笑う。
 52秒ぐらいのとこ。



 かれこれ6回ぐらい見てるのにどうしても笑ってしまいます。そして妙にテンションが上がる自分を発見。
 あと公式サイトの武器紹介見てたら、誰に向けてるのかわからない地獄の黙示録ネタを発見。
 これはもう購入するか。
 あのオープニングテーマが入ってるならサントラ付き初回版を購入するしかねえのか。

 ゲームとしては、ぶっちゃけデビルメイクライ的なアレなんですが、攻撃するたびに妙なポーズを取ったり、大技を繰り出すと半裸になったりとビッチ的な小技が効いており好感が持てます。
 あと挑発ボタンを押すと期待通りのポージング&ビッチ台詞を吐いてくれます。
 あとXBOXとPS3の体験版で挑発時の言葉が違うことに気がついてしまいました。すごくどうでもよい。

体力低下

2009/10/04

 仕事仕事で、ここ最近は体力が低まっておりました。
 えのん風あるいは桃鉄の貧乏神風にいうところの体力が低まってるのねん社長さん!!ピスピス!!ということであり、列車で移動中スリの銀次に50億円を盗み取られたりもする。
 50億円をスられるってなんだよ。
 いったいどういう状況なんだ。

 それはともかく、体力低下の話です。
 昔はスーパーファミコン版「エリア88」のグレッグのように「体力回復で俺の右に出るやつはいねえ!」が座右の銘だったほどに体力回復に定評のあった俺ですが、ここんとこさっぱりでね。
 これが老いか。

 今後はなんとか若返りを図っていきたい所存です。
 なんかこう……バイオミラクル的な技術で俺が美少年になったり陰茎が複数本に増設され酒池肉林を繰り広げる阿房宮的フューチャーが来ませんかね、早いところ。
 あーでも昔は阿房宮に住まわりてえが口癖だった俺ですが、いい具合に体力・性欲低下した今となっては、こう……ただ阿房宮に住んでいるだけで満足というか……なんかもう、EROいこととか、もう今日はちょっといいや、とりあえずそばにいるだけでいいから、などという、どこか枯れた酒池肉林ぶりになりそうです。


 先日注文していたイース7(ドラマCD同梱)が届き、なにはともあれドラマCDを視聴。
 われらが勇者声優・草尾毅さんが主人公のアドルを熱演しており非常に熱くなりました。
 相棒のドギ役が玄田哲章という点もあいまって、一人暗い部屋の中でかなりテンションが上がりました。

 あとは矢尾一樹分を摂取できれば俺のテンションはまさに最高潮となろう。
 具体的には「やってやるぜ!」分を。
 寄生獣の美津代さん風に言えば「やったのか!!」ですよ。
 やってません。

 しかしイース7おもしろいのー。
 話としては、まあいつものヒロイックなアレなんですが、素材集めとかクエストとか今風のやりこみ要素と爽快な戦闘があいまって、ついつい遊んでしまいます。


 あと田中さんとこで書かれておりますが、十数年ぶりにTRPGを遊びましたよ。
 俺はローダス=パーソなどというどこかで聞いたような名の戦士(未来の勇者)のロールをプレイいたしました。
 村に山賊団マックス・ペインが攻めてきたぞー!……と記すだけでだいたいの話が説明できてしまうほどに単純明快痛快無比なシナリオでした。
 どれだけマックスでペインなのかは、ようするに漫画「ベルセルク」に出てきた黒犬騎士団を思い浮かべていただければ。
 エンジョイ&エキサイティング!

 落とされた吊り橋の近くに動く床のトラップが仕掛けてあったり、敵を自動認識して起動する火砲を持っていたりと、基本的に頭が悪いとはいえ侮れぬ連中です、マックス・ペイン。
 動く床て。

 個人的には、その火砲を奪い取る際のエピソードが思い出深かったです。
 偵察に行った侍のスドー(yama-gat)と女盗賊バゾク(tigerbutter)の報告で、火砲の近くに熊(ベア)が陣取っていることがわかり、これは一筋縄ではいかないぞと戦慄する我々。

 ※ちなみにスドーは熊に対する知識判定をファンブルし「熊? いったいなんだそれは」などと使えないアホの子ぶりを露呈していました。
  俺をからかうのはよせ。

 その後、熊と戦う段になったわけですが、なんとその熊には自爆装置が取り付けられていることが判明。
 熊のヒットポイントがゼロになると大爆発を引き起こすという、まさにペインもマックスきわまれりという悪辣なギミックです。

 ここで勇者たるローダス(俺)が「なあ、もしかして自爆装置を解除してやれば熊が仲間になったりしないかな?」という提案をするも、血に飢えたマッド仲間たちからは嘲笑とともに一蹴。
 あまつさえスドー(沈着冷静で寡黙な侍)にいたっては「だって熊が爆発するところ見たいじゃん」などというペインな発言が飛び出す始末。
 悪い! 悪いよ!

 その後、激闘の末に熊花火が拝めたわけですが、GM田中さんによると「自爆装置を解除すると熊が仲間になる!という予想は、実は大正解でしたァ-ンッ!ギャハーッ!」とのことで、(若干)落ち込む我々。

 などなど、ほかにもいろいろあっておもしろかったわー。
 俺たち、そろそろ冒険してもいい頃。


 最後に宣伝。
 夏コミで出した同人誌「.in」(ドットイン)ですが、COMIC ZINさんにて通販ができるようになった模様。
 うちのすっとこ通販よりも早く確実だと思うので、手を出しあぐねていた方がいたらぜひ。

 ありがたいことに同人活動を始めて丸二年間ずっとコミケに当選できてたんですが、しかしそろそろ落選するんじゃねえかなーという恐れと戦いつつ、次の同人誌作りも始動しております。


RECENT ENTRY