たぶん「けいおん!!」は曼荼羅

2010/05/25

 俺にとっての最近の生きる糧といったら、もちろんアニメ「けいおん!!」であろう。

 今週の第8話「進路!」はおもしろかった。
 唯や澪の思い出。
 そして彼女たちの将来について。

 「けいおん!!」には過去があり、未来がある。
 それを痛切に感じさせてくれた。

 ところでつい先日、「けいおん!!」についてとある同年代の人と語る機会があった。

「あなたにとって『けいおん!!』に出てくる女の子たちって、どういう対象ですか」

 俺の問いに対して彼は答えた。

「無論、性的対象である」

 心強く語った彼の口調に迷いはない。

「あまりに律を愛しすぎて、『律に彼氏がいる』という疑惑が持ち上がったとき、不安すぎて精神状態に異常をきたしたほどだ」

 そのような彼であれば「けいおん!!」の女の子たちと愛し合い、幸せな家庭を育む未来を信じられる。
 可能か不可能かは別として、それは希望として、またたく星のように俺たちのあおぐ天に輝いている。


 俺はと言えば、「けいおん!!」に出てくる女の子たちが娘のように思えてしかたがない。
 毎週毎週、彼女たちの一喜一憂をそっと見守る。
 父親というにはあまりに消極的すぎるだろうが、そのような心情の視聴者も多いのではないか。

 自分がもう少し若ければ、彼女たちを性的対象としてとらえられたのかもしれない。
 同年代の女の子として彼女たちを愛し、不器用な交際を経て、いっしょに人生を歩めたのかもしれない。

 さらに若いときに「けいおん!!」に出会っていればどうだったか。
 彼女たちは親しい姉のような存在、あるいは憧れのお姉さんになっていたであろう。
 さらに小さい頃であれば、母にさえ思えたかもしれない。

 思うに「けいおん!!」にはすべてがある。

 唯があり、澪があり、律があり、紬があり、梓がある。
 憂があり、和があり、さわ子先生がある。
 恋人であり、娘であり、妹であり、姉であり、母ですらある。
 さらに言えば前述したように過去があり、未来があり、言うまでもなく現在がある。

 すべてがある。
 それらは互いにつながり、響き合い、ゆるやかな円、あるいは縁を形成する。
 極論すればそれは曼荼羅であろう。

 宇宙。
 左手に唯、右手に澪が浮かぶ。
 やがて外側へ円を描くように律、紬、梓とつづく。
 連綿と「けいおん!!」の女の子たちが敷き詰められた胎蔵曼荼羅が俺の前にある。
 俺の後方には、唯、律、紬、澪、梓、憂、和、さわ子の8人がそれぞれ格子状に位置し、それがまた9つ集まり金剛曼荼羅を成している。

 しかし両界の曼荼羅それぞれの中央には、ぽっかりと穴があいている。
 その虚ろはいったいなにか、俺は考える。
 すべてがあるはずの「けいおん!!」において、唯一、存在しないもの。
 考えてみればそれは明白だ。
 誰もが気づいているはずだ。

 あの世界には「男性」が存在しない。
 楽器屋の店員や琴吹家の執事など、いちおう申し訳程度に出てくる男キャラはいるが、ほとんど舞台装置なみの扱いであり、その存在感はあまりに希薄だ。

 男性がいない「けいおん!!」の世界。
 その宇宙、曼荼羅の中央に浮かぶ空虚。

 迷うまでもなく、俺は両界の曼荼羅、その中央に己自身を描き、塗り込める。
 仏の座する位置に宇宙の中心たる自分自身があることで、ようやく俺自身が不在だった「けいおん!!」という名の曼荼羅は完成する。
 そうすることで「けいおん!!」にはすべてがあり、うずまき、めぐり、因果を超えた地平の果てで、俺たちはすべてを得ることができる。



……というようなことを別の酒の席で語ったら「お前はなにを言っているんだ」と真顔で返され我に帰りました。


【同人誌宣伝】
 COMIC ZINさんにて、昨年冬コミで出した同人誌「サイバーパンカー」通販再開しました。
 これで最後になるかと思います。

とある魔術の禁書目録

2010/05/12

 録画してずっと放置していたアニメ「とある魔術の禁書目録」を全部視聴しました。
 いやーおもしろかった。
 ぜひ二期を制作していただきたい。

 すべての特殊能力を打ち消す右手を持つ少年・上条当麻と、謎の少女インデックスをめぐるお話ですが、大ヒットしてる作品なので今さら細かい説明は不要でしょう。

 とにかく主人公の上条さんが熱い。
 出てきた当初は「不幸だあー」などとつぶやきながらも女にモテるいけすかない少年だと思っていたのですが、ことあるごとに繰り出される彼の長口上……通称「説教」が、ウザさを通り越して芸術的というか、いろいろとすごいレベルに到達しているのです。
 この「説教」は各方面に多大な影響を与えたようで、作業用BGMならぬ作業用説教などという画期的な動画ジャンルが生まれたほどです。
 俺は毎日視聴しています。

 以下、俺内部でのベストな説教シチュエーションを二つほど紹介。

●ボコボコにされながら説教
 インデックスを引き渡せやと、力づくで迫る女剣士に向かって説教をたれるシーン。
 すごいのは「わかんねーならひとつだけ教えてやる!」と叫んだ後に数分間もの長説教をするあたりです。
 何度も何度も攻撃を喰らい、そのたびに立ち上がっては執拗に説教を繰り返す……という通好みの玄人さをいかんなく発揮しており、さすがは上条さんと唸らされる名場面です。
 また、ひとしきり説教して相手の心を動かした後は力尽きて気絶するというフィニッシュも高評価です。


●ビームを防ぎつつ説教
 なんというか……いろいろあってインデックスが目からビームを出して攻撃してくるんですが、それを右手の力で防ぐ上条さん。
 軌道上の人工衛星を破壊するほどのビームを防ぐという、それだけでも十分すごいのですが、なんと上条さんはそのような状態のまま背後にいる人々に対して約3分間に及ぶ長説教を叩きつけるのでした。
 まさにエクストリーム説教。
 言ってることは支離滅裂であろうとも、その極限状態の相乗効果によりとてつもない説得力を生み出すことに成功しています。
 これは「説教」というものの、一つの完成形ではないでしょうか。


 上記の各種説教のほかにも、この作品(並びに上条さん)はいろいろと魅せてくれます。

 ●インデックスは、記憶を1年ごとに消去しなければ脳がパンクして死んでしまう!
  →という重大な問題を上条さんがあっさり電話で解決

 ●敵に右腕を切断されるも、なぜか大笑いして敵をびびらせる上条さん
  →鳳凰幻魔拳的なものか?と思っていたら
   実は本当に腕を切断されており、単にやせ我慢していた

 ●切断された右腕が病院であっさり完治、翌日退院
  →上条さんいわく「いやー、くっつくモンだなー!」

 ●上条さんの父親が世界各地で買い集めたお土産が
  偶然にも風水的な配置となって魔術が発動し、世界滅亡の危機が発生
  →具体的には世界中の人間の意識と肉体が入れ替わるという、
   超巨大規模での「俺がお前でお前が俺で!?」であり、
   あかほりさとる脚本かと思った


 あと、だいたい二話にいっぺんぐらいは不必要にEROいシーンがあるあたりもすばらしい。
 しおれかけた性欲をモチベーションにしないとアニメを視聴できんという、俺のような下賎の輩に優しいつくりといえましょう。

五月のころ

2010/05/02

 イノウエが……死んでるゥ!

 いや、生きています。
 ぼくらはみんな生きています。
 生きているから笑うのです。

 気がつけばすでに今年も五月……連休に入りました。
 そういえば休日のたびにどこからか聞こえてきた幼児の叫喚がいつのまにか聞こえなくなったなあ……それはともかく例によって最近のことを散漫に記載します。


ドラゴンクエストIX 星空の守り人
 いまさら始めましたよ。星空を守るために。
 民家に押しいっては黙々とタンスを漁り、樽という樽、壺という壺をひたすら割ってまわる世紀末的勇者を堪能しております。
 ドラクエやるたびに毎度思うけど、どうなんだこの行為。

 今回は、しばらくすると樽や壺に入っていたアイテムが復活するため、定期的に村全部の樽や壺を打ち壊しに来るという、村人たちからすれば迷惑きわまりない略奪行為を繰り返しています。
 ほんと、どうなんだろうこの行為。

 今回のドラクエは装備ごとにグラフィックが変わるのがすごい。
 攻撃力や防御力の数値だけじゃなく、どうしても見た目を気にしてしまうので、そのあたりに悩む楽しみが増えました。
 あとなぜかタイツ系の装備が充実していました。
 レッドタイツ、グリーンタイツ、ホワイトタイツなど。
 どれだけ我がタイツライフを豊かにするおつもりなのか。

 それと、会社の行き帰りに「すれ違い通信」も楽しんでいます。
 この時期にまですれ違い通信をやっているのは、たいていレベル99まで上げてスキルをすべて習得して、やることがなくなってきているようなプレイタイム数百時間オーバーの廃人たちばかりなので、とても香ばしい気持ちになれます。
 俺もがんばろう。そこそこに。


バットマン アーカム・アサイラム
 超おもしれえ。
 バットマンをまったく知らない人であっても文句なく楽しめるすごいゲームです。
 高いところに飛び移ったり、チンピラを宙に吊るしたり、それを見にきたチンピラ仲間が「くそっ、いったい誰がこんなことを!」などとわめいているのを眺めてほくそ笑んだり、あまつさえ吊るしているロープをバットラングで切ってチンピラをびっくりさせて楽しんだりと、爽快なバットライフを堪能しています。
 あとゲーム中の読み込み(ローディング)がほとんどないのもすばらしい。


ゴッド・オブ・ウォー III
 クレ様の壮大なるリベンジジャーニー(復讐の旅)が、いよいよ終焉へ。
 今回は最終決戦だけあって、冒頭からポセイドンといった大物と闘うわけですが、あまりにもクレ様が暴虐すぎて相手のほうが心配になるほどでした。
 そして、それがまったく杞憂に終わらないレベルでたいへんな目に合う神々たち。
 しかし終わってみればクレ様の生きざまに涙せずにはいられない、まさに神話レベルのゲームでした。

 このゲームもほとんど読み込みがなくてすごいよな。
 この読み込みをなくす技術を広く展開して、世の中のゲームすべての読み込みを撲滅してくれぬものか。
 その昔ネオジオCDの読み込み時間に耐えてきたこともある俺ですが、もう最近は「Now Loading...」の表示にどうにも耐えられぬ。


 あとゲームじゃない話ですが、ダン・シモンズの小説「イリアム」を読み終えました。
 ホメロスの叙事詩「イーリアス」に沿ってゼウスとかアテナとか、英雄アキレウスやヘクトルとかが、くんずほぐれつの大闘争を演じる物語です。なぜか超未来の火星で。
 文庫の上下巻二分冊で、それぞれ1000円以上するという分厚い本で、しかもこれだけ分量をかけたにもかかわらず「これから空前絶後の超大戦が始まるぜ……!」という「これはまだ幕開けに過ぎない」感満点な物語です。
 とてもじゃないですが続編「オリュンポス」の文庫化まで待てやしねえのでハードカバー版を読もうと思います。

 こう、日頃から……なんかこう叙事詩(サーガ)っぽい日常を送りてえなあ!と思っている人にはおすすめの作品です。

 先のゴッド・オブ・ウォーといい、話題の映画「タイタンの戦い」や「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」といい、間違いなく世界的にギリシャ神話の波が来ている……!
 乗るしかない的な神話級ウェーブの到来を強く感じますが、実際どうなのでしょうか。
 俺も明日から、ギリシャ神話のようにまぶしい聖衣まとってオホホイェーなどとつぶやきながら永遠ブルーをキメるべきなのでしょうか。


RECENT ENTRY