スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マッド放送まとめ

2010/07/28

マッド放送まとめ。

「iPhoneで簡単にustreamができるからラジオやろうぜ」
 「今回、俺(イノウエ)はなにも準備しなくともよいのだな」
 「ああ」

 などというイージーな会話を経て、急遽ラジオの放送が決定

■当日、放送開始10分前に
 「カメラの映像切りたいんだけど、やり方がわかんねえんだよな」
 などと言い出すヒライ 調べとけや

■いろいろ手間取り、10分遅れで放送開始。
 始まった途端「さーて終わるか」といういつもの流れ

■iPhoneのカメラ機能でウチにあるドラゴンソードキーホルダーの紹介
 桃太郎が鬼ヶ島より持ち帰りし伝説の魔剣……その名も「怨火夜魔剣」に戦慄する

■iPhone経由で放送していたが、
 回線がちょくちょく切断される

■iPhone意外とたいしたことねーな説が浮上

■スーパーログのモノマネがどれだけひどいか、という話に終始

■スーパーログは温泉に行った帰りのバスの中で数時間、延々と
 トトロでメイを探すお婆ちゃんのモノマネをして嫁にキレられた過去を持つ

■エディ・マーフィー(下條アトム)のモノマネをしている最中の
 スーパーログは大気圏に突入可能ではないか、という説が浮上

 「燃ぉやしてみろよーぅ」

 誰も否定できない

■アニメ「アマガミ」のポンプ小屋行為がすごいことを報告

■ストライクウィッチーズ2の3話では、
 めくるめく箒プレイが実施されていたことを報告

■iPhoneが熱暴走で停止する
 冷蔵庫にあったアイスノンや保冷剤で冷やしながら放送を続行

■iPhone本格的にたいしたことねー説が強まる

天空詩人さんのポエムがすごい

■iPadなんてただの光る板だろ説が浮上
 否定できない

■iPad思想をさらに推し進め、i床、i掛け布団、i畳などが提唱される
 i畳ではツイスターゲームがいつでも遊べる(リプレイ機能あり)

■さらにイノウエは将来的にiNoueとなる可能性が提唱される
 誰も否定できない

■iPhone5では、おそらくテラフォーミングの機能などが備わるはず

■iPhone5は、脳波だけで操ることが可能な超未来デバイス
 しかし、煩悩を抑えられないとひたすらエロ画像をネットからダウンロードして
 表示するだけの機械となるかもしれぬ諸刃の剣

■なんとiPadでは焼肉ができないことが判明するが、
 「それは焼肉アプリが入っていないから」という説明で深く納得
 今後に期待

■iPadにソニックブラストマンアプリをインストールすることを提案
 「3発殴って地球を救え!」

■もしiNoueにソニックブラストマンアプリをインストールした場合、
 最先端デバイスのため、可能な限り平和的解決を図ることが予想される
 「いやいや、わざわざ殴らなくても地球は救えますよ、ええ」

■iPad向けブーメランアプリが提唱される
 類似アプリにフリスビーアプリや、竹とんぼアプリ、
 変り種としてサーフボードアプリなどがある

■iPhoneがまた停止

■ためしにウチにある安いマイク経由で放送してみたところ、
 その音質の良さに各界から絶賛の嵐

■iPhoneの存在意義、ひいてはヒライ自身の存在意義が疑われる

■気がつけば6時間もやっている

■結局俺たちは誰かのiPadを思いきり放り投げたいだけという結論が出る

■終わらせ方をしらない小池一夫リスペクトぶりを露呈

■無理やり放送終了するも、すでに終電はなく帰るすべもないヒライ

■放送終了と思ったら放送終了しておらず、あわてて接続を切るヒライ
 さらに最後の数時間は設定ミスで録音されていないことが判明
 どこまでも存在意義が疑われる

■男二人の最悪に寝苦しい夜を過ごし、
 最高にけだるい月曜日の朝を迎える

■次回ネットラジオをやるとしたら、
 比類なき知性(とテラフォーミング機能)を備えたiPhone5がリリースされ、
 今回発生したような醜態の数々を未然に防いでくれるようになったときであろう



 お疲れさまでした。
スポンサーサイト

手強いシミュレーション

2010/07/25

 ようやっと新刊同人誌の入稿も終わり、すべてのしがらみから解き放たれた俺は、会社の行動予定表ホワイトボードにただ一語「さいはて」とだけ記入し、永らくあてのない旅に出ていました。
 遠い街での出会いと別れ。
 哀しみと喜び。愛そして憎しみ。
 ロマンス&アドベンチャー。
 エンジョイ&エキサイティング。
 切なさと心強さ。
 そういった具合のもろもろのアレをいい具合に経験し、そして人間的に大きく成長して帰って参りました。

 ただいま!


 早い話がずっと「龍が如く4」でキャバ嬢を攻略していました。
 賭場で稼いだあぶく銭を惜しげなくばらまき、毎回30万円もするシャンパンを暴飲し、5000円もするフルーツ盛りを暴食。ブランドショップで購入した高級コートやバッグを贈答してキャバ嬢の心を掴み、我が世の春を謳歌しておりました。
 あとは適度にチンピラを殴ってました。
 龍が如くシリーズが大人たちに人気があるのは、世の中の問題をすべて殴ることで解決できる単純さと痛快さが大きな要因だと思います。殴りすぎて、そんはない。


 あとファイアーエムブレム大全を購入し、ファミコン時代におけるイラストの香ばしさを思う存分味わっておりました。
 カインが昔は出っ歯だったりとか、シューターが乗ってる乗り物(メカ?)のキモさとか。

 その勢いで「ファイアーエムブレム 新・紋章の謎」を遊んでいます。
 序盤から不自然なぐらい頻繁にリフが出てくるのですが、スタッフはいったいどれだけリフが好きなんだろう。
 リフというのはファミコン版ファイアーエムブレムの序盤に登場する老僧侶で、回復の杖で仲間の傷を癒すことができる健気な男なのですが、スーパーファミコンに移植された際にキャラごと存在を削除された(※)という痛ましい過去があります。

 ※リフが仲間になるはずの村に行くと、村人から傷薬をもらえる

 めでたく復活したのはいいのですが、たいていのプレイヤーは「老い先短い爺さんより、成長率も高くて可愛いシスターを育てて癒されたい」という動機から、ほとんどリフを使うことはないと思われます。
 あえてリフを育てるのはマニアと思って間違いない。

 あとはサジ・マジ・バーツの三戦士がセリフ付きで登場する点も見逃せません。
 サジ・マジなんてスーファミ時代は顔グラフィックが左右反転しただけという悲惨な扱いだったというのに……。
 もちろんこいつらを使う人はマニアです。


 最後に、本日ヒライネットラジオ(ustream)をやることに。たぶん18時ぐらいから。
 基本的になにも起こらず、誰もなにも得ることのない不毛な放送となると思いますが。

ああああ

2010/07/07

 ブログを更新するときに一番困るのがエントリのタイトルなんですよな。
 別になんでもないことをつらっと書こう、というときにわざわざタイトルを付けるというのは非常に困難な作業です。
 なので、昔のファミコンRPGにおける適当な名前っぽいタイトルにしました。
 ウィザードリィだと金だけ集めて即刻削除される感じ。

 そこでFC2ブログには、ぜひタイトル自動生成機能を実装してもらいたい。
 トゥディ駅ホームでマブいチャンネーをシーイングした等、死ぬほどどうでもいい内容なのにタイトルが「生と死。その狭間にいる私という存在」みたいな小難しいタイトルが勝手についてほしい。


 最近はtorneで録画したしょーもない映画を延々と観ています。
 ついさっきセガール映画「DAKKAN~アルカトラズ~」を視聴し、いっそ爽やかなまでに後に何も残らないセガールタイムを過ごしました。
 冒頭、セガールが味方のFBIに撃たれて心停止するというのが物語最大の山場であり、それ以降は例によって特に苦戦することもなく淡々とテロリストを殲滅していました。
 アルカトラズに収監されている凶悪犯の面々がセガールに銃器を渡され調子にのってテロリストと銃撃戦を繰り広げる様子が楽しかったです。実にアホでした。
 凶悪犯の中に驚くほど機関銃が似合うデブ黒人がいて、そいつがものすごい楽しそうでした。目立ちすぎたのか、一人だけ撃たれて死にましたが。
 それにしてもアルカトラズの武器庫の充実ぶりは異常でした。
 今作におけるセガールの口癖ふうに言うと超異常。
 あと、将来俺が密輸シンジゲートのボスになったら、うっかりセガールを仲間にしないよう注意したいです。


 そのようにしてこれからもっと知性が下がるような映画ばかりを録画して視聴していく所存。あえてDVDを借りたりはせず、あくまでなんとなくテレビで放送しているものをメインに。

 もちろん七夕の「プレデター」は録画予約しました。
 ところでプレデターのDVD映像特典のメイキングは、プレデターに出てきた脇役の人々が「シュワさんがどれだけ気取らなくて良い奴だったか」を延々語りまくるだけというエポッキーな内容でした。


 夏コミ新刊同人誌の作業も大詰め。
 近いうちに詳細をお知らせできるかと……思います。


RECENT ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。