スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dead Space2

2011/02/16

 プレイアジアで注文したDead Space2が、発送から二週間ほど経過してようやく届き、例によってネクロモーフの四肢を切断する作業に勤しんでおりました。
 いやーしかしえらい時間かかったな。届くまで。
 きっとジプシーの吟遊詩人とか流浪の占い師とか、そういう人々の手を伝ってはるばる日本まで届いたのだと思います。
 そんなロマンを胸いっぱいに感じながら四肢切断してました。フル改造したプラズマカッターで。

 前作Dead Spaceは実績をすべて取得するほどにやりこんだわけですが、今回もまたやり込み要素が満載のようで。
 具体的にはハードコアモードという、セーブが3回までに制限されている狂気の難易度が用意されていました。
 突然死のパイオニア、またはゴア死職人との異名をとる主人公のアイザックさん。
 敵の触手に触れれば臓物をぶちまけて死に、体当たりを喰らえばミートくんよろしく五体を四散させて死に、窓ガラスを撃てば宇宙空間に放り出されて死ぬ……かと思いきや隔壁にタイミングよく挟まれて死ぬようなアイザックさんが。
 チュートリアル(操作説明)だろと油断していたゲーム開始直後数秒、呼吸を止めて一秒、真剣な目をしたネクロ野郎どもに容赦なくたかられ死に、悲しみの花で束ねたブーケを受け取るアイザックさん(星屑ロンリネス)がですよ。
 セーブたった3回でゲームクリアしてやるぜとか……正気の沙汰とは思えません。
 この人はどれだけ天狗になっているのですか。
 むしろどれだけインモラル天狗なんだと。
 堀江由衣的にいうところのインモラリストなのかと。

 前作ではストンピングするときとダメージを喰らったときぐらいしか声を出すことのなかった寡黙なアイザックさんですが、今回は「あ、この人、しゃべれたんだ…」と目から鱗が落ちるほどにいろいろしゃべります。
 あとエンディングでしかお披露目しなかったご尊顔も出し惜しみすることなく、ことあるごとにバンバン出します。
 というか、スーツを着用するたび神話級にすさまじいドヤ・フェイスを見せてくれます。
 これがあまりにもイイ顔なので何度見ても飽きがこないな……などと最初は思っていたのですが、後半に「ショップの商品が1割引になる」などという違法な香りのする特殊効果を持つスーツが登場し、ディスカウント大好きっ子の俺としては買い物のたびにそのスーツに着替えざるをえず、そのたびいちいちドヤ・フェイスを見せられたのでいい加減このアイザック野郎のアパレルショーにはうんざりですよ!
 もっと魔法少女みたいにパッパと着替えろやと。

 そんな自己主張が強くなり少々ウザくなったと評判のアイザックさんですが、よくなったところもあります。
 ストンプが速く、そしてリズミカルになっているのです。

 ストンプとは、早い話が「踏みつけ」のことで、地面を這い回る敵を容赦なく踏みつぶしたり、アイテムが入っているコンテナを荒々しい雄叫びとともに踏み割ったりとDead Space世界ではなくてはならないスキルです。
 ボタンを連打すると、まるでM・C・ハマー(ハマちゃま)のようにガニ股で足を踏み鳴らすダンスよろしくテンポ感あふれる軽快なストンピングを繰り出せるのです。
 すげえ。
 前作から3年も寝たきりだったとは思えねえ進化ぶりです。いったいどこでこんな無駄に抜群のリズム感を身につけたのか……。


 そういうわけで、あいかわらず怖くてひどくておもしろいゲームです。
 ヘイ、ユーを全力で怖がらせてやるぜ!むしろ生理的嫌悪感をおぼえさせてやるぜ!という製作スタッフたちの小粋な気概が伝わってきます。
 ゴッド・オブ・ウォーのクレイトスさんばりに死体をアイテム扱いするひどい場面もあります。そもそも攻略法として「そのへんの死体はできるだけ踏みつけて手足を切断しておこう!(※)」とか、ほんとひどい。
 死体の尊厳を文字通り踏みにじるインモラル表現にあふれています。

 ※モモンガみたいなヤツが五体満足の死体に寄生すると、
  とたんにイキイキと動き出してアイザックさんを襲ってくるため

 全編英語ですがwikiの翻訳も充実してるのでそんなに問題を感じず遊べました!
 四肢切断に言葉はいらない。
スポンサーサイト

Rioとかブラックオプスのこと

2011/02/06

 唐突に宣伝から入るゲスいブログなわけですが、この前出した同人誌「PLAN B」がじわじわと売れ、ZINさんでほぼなくなったもようなので近日中に再入荷いただく予定です。
 ありがとうございます……!


 とりあえず「Rio」5話観てました。
 リオたちがほとんど半裸同然のあぶない水着を着用しつつ長大なウォータースライダーでくんずほぐれつしながら滑り降りるだけ、というギャンブルやディーラーとはなんの関係もない勝負を繰り広げていました。
 オイ、なんだ。
 なんなんだ、このたわけた勝負は。
 本当にありがとうございます。

 なんかこう、今回の話は……一言で表すなら、そう「おっぱいジェットコースター」っていうか……テレビの前で時を忘れて乳や尻に一喜一憂しているうち、あっという間に1話分の時間が過ぎ去っていました。
 やべえ。
 毎週思うのですが、このアニメを観ているとどんどん知性が失われていくような気がします。
 具体的には、なけなしの脳細胞の破壊が加速していくのが実感できます。
 よし、もっと観よう。

 なお、同様の効能があると思われるアニメ「IS」についても、いずれ続けざまに視聴していっきに脳の退行を促進させていきたいと思います。
 なんだかんだでもう三十年以上も生きてこれたし、そろそろ脳細胞とかなくてもやっていけるだろ!


 一方「まどかマギカ」5話では魔法少女同士の戦いが繰り広げられたいへんに燃える展開となっておりましたが、Vせンせえだけが、

「赤の人のあれは鎖鎌同然であり、剣では分が悪いのも当然でありましょう」



 などとごく冷静に鎖鎌至高論をつぶやいていたのが印象深い。
 そもそもこの発言の内容自体が冷静なのかどうか、議論が分かれるところではありますが。

 まどかさんはこのまま最後まで変身しねえんじゃねえかという気もしてきました。
 史上初、主人公が変身しない魔法少女アニメとして名を残すおつもりなのでは……いや、まさか……。



 海外通販(PLAY-ASIA)で注文していた絶命異次元ことDead Space2が、かれこれ2週間近く経って未だ届かないので、ふてくされて延々とCoDブラックオプス(吹き替え版)のキャンペーンを遊んでいました。
 がんばって難易度ベテランモードクリアしましたよ!
 すごい! 俺がんばった!
 いい大人が、ちょっとどうなのかってぐらいの時間を費やしてよくがんばった!
 ベテランモードって、なにがベテランかっていうとプレイする自分ではなくて敵兵士の方がベテランなんですよね。
 そこのところを長らく履き違えてました。本当にすいません。
 もう本当に殺す気でかかってきます。ていうかたぶん500回ぐらいは殺されました。
 ひどいところだと4時間ぐらい延々と同じところで殺されまくりました。
 ロケットを撃墜したあとの基地地下がほんと厳しくてね……敵が無限に湧いてくるところがね……。
 ようやく地獄を抜けて同僚のウィーバーがゲロを吐いたときには、ほんとに心の底から安堵しました。あんなに人の嘔吐が愛おしかったことはかつてない。

 というか、あきらかに敵兵士が俺だけをピンポイントで狙ってくるんですよ。
 仲間を素通りして、物陰に隠れていた俺をわざわざ撃ち殺しにくることなどザラで、どれだけ俺はソビエト兵やベトコンどもの怨みを買っているのかと。貴様らどれだけ俺が憎いのかと。
 腹立たしいことこの上なかったのですが、しかし文句は言えません。
 難易度説明のところに、ご丁寧にきちんと一言「生き残れません」と表記されていた以上は……。

 ところで日本語吹替版で遊んでいるのですが、これは良いですよ。
 最後のソビエト戦士ことヴィクトル・レズノフの声優が大塚芳忠氏なので、この上なく暑苦しく叫びながらヴォルクタ(捕虜収容所)を脱出できますし、相棒のウッズ軍曹にいたっては小山力也氏なので、かたわらにいつでも「24」のジャック・バウアーが寄り添っているかのような極上の緊迫感でもってミッションを遂行できます。
 たまんねえ。
 なぜかケネディ大統領が大暴れするゾンビモードでは、ゾンビを吹っ飛ばすたびに「ハッハーッ! 地方遊説よりも楽しいぞォーッ!」とか叫ぶし、ほんとたまりません。


RECENT ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。