クリミナルガールズ

2011/03/30

 あー、なんかEROいゲームをやりてえな。

 ときめきメモリアルをプレイした吉田戦車氏が言うところの「ちんちんがほてってしょうがない」状態になりたくなり、おもむろにPSPのクリミナルガールズなるゲームを購入しました。

 一癖も二癖もあるギャルズたちを育てて地獄からの脱出を図るというゲームなのですが、ジャンル名が「少女おしおきRPG」などとあり、所持しているだけで異常な性的嗜好の持ち主と判断されかねない危険なアイテムです。

 どういうゲームか端的に紹介します。
 セーブポイントに行ってキャンプ画面を開くと

  REST(休息)
  SAVE(セーブ)

 という感じのおなじみのコマンド群に混ざって

  PUNISH

 というものが、さも当然のように存在します。
 PUNISHすなわち「おしおき」であり、虎眼流的に言うところの仕置でございます。
 おそるおそるそのコマンド……PUNISHを選んでみると、ずらりと仕置メニューが表示されます。
 具体的には堂々と「スパンキング」というコマンドが出てきます。
 よもや家庭用ゲーム機のRPGでこんな語句を目にすることがあろうとは……!

 で、スパンキングを選択すると、タイミングよくボタンを押して女の子の尻を叩く(うまく叩くとEROいイラストが少しずつ見えてくる)という、おそろしく頭の悪いミニゲームが始まります。
 けっして……俺自身はけっして女の子を叩いて悦に入るような趣味などはないのですが、そうしないと彼女たちは「たたかう」とか基本的なコマンドすらおぼえてくれないのでスパンキングせざるを得ません。
 スパンクせざるを得ない。
 スパンク スパンク 大好きよ……といにしえのアニメソングをうつろに口走りながら心を鬼にして女の子の尻を殴打する作業にひたすら没頭するしかない。

 ちなみに仕置を遂行するためには、敵を倒して得られるOP(おしおきポイント)が必要です。
 OPはたまに宝箱の中にも入っており、ショップで通貨の役割も果たす万能のポイントです。具体的にはいったいどういうものなのだろうと疑問は尽きませんがとにかく仕置をするため……ひいては女の子たちを成長させるためにせっせとOPを稼ぎ、スパンキングに励む日々です。

 フロアを牛耳っている中ボスを倒すと、なぜか電撃棒やら謎の液体やらが地面に落ちており、それを拾った主人公が「この質感……これは新たなおしおきに使えそうだぞ」などというエポック感溢れる言葉を発し、PUNISHメニューがよりクリエイティブに充実していくという仕組みです。
 現在おぼえたおしおきは「スパンキング」「電気パッチン」「ぬるぬる調教」です。
 最後のものはうっかり「調教」などとストレートに表記してしまっており、いろいろと言い逃れできない感が満点です。

 こんなふうに書くとアホなゲームのように思えてしまうかもしれませんが、いや実際かなりアホなのですが、中身自体はかなり硬派な感じで、敵との戦闘などはかなりシビアなバランスです。
 女の子たちの個性(スキル)をきちんと活かして戦わないと先に進めないため、自然とスキルを習得するためのおしおきにも力が入り、結果ちんちんがほてっていくという素晴らしいサイクルを形成しています。

 PSPなのにこんなにもEROくておもしろいゲームを出してくれてありがとう。
 感謝の気持ちでいっぱいです。


RECENT ENTRY