スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラホビでニトロドミニオン遊んできた

2011/08/28

 キャラホビ2011にてニトロプラスカードマスターズ(ニトロプラス版ドミニオン)が遊べるというので、ニトロプラス大好きっ子として行ってきましたよ。

 開催場所を勘違いして、朝っぱらから有明ビックサイトの真ん前まで来てしまってから過ちに気づくという不幸なアクシデントがありましたが(正解は幕張メッセ)、無事にたどり着き参加することができました。

DSC00392_convert_20110828000955.jpg

 今回遊んだカードは以下のような感じ。うろ覚えですが。

■ハーレム(Steins;Gate)
 配布されていたプロモカードですね。
 こいつは男の夢ですぜーッ、とばかり、いっしょに遊んでいただいたスタッフさんと競うようにひたすらこのカードを集めまくる展開に。
 本家ドミニオンにおける【ハーレム】

■アンナ(月光のカルネヴァーレ)
 本家ドミニオンにおける【鉱山】

■イグニス(塵骸魔京)
 本家ドミニオンにおける【灯台】

■ハロワのヒロイン二人組(Hello,world.)
 なんかカッコいい名前が付いてたのですが忘れた……。
 本家ドミニオンにおける【Walled Village】なんですが、
 このカードはまだ日本語化されていないプロモカードとのこと。
 なんと本家ドミニオンに先駆けて日本語化されるようですね。すげえ!

■世界を侵す恋「沙耶」(沙耶の唄)
 世界を侵す恋、すなわち呪い(マイナスカード)……! これはぴったりすぎる。
 本家ドミニオンにおける【海の妖婆】

■ドラゴンちゃん(竜†恋)
 スタッフさんが「俺のドラゴンちゃんは仕事しねえ」と嘆いておられました。
 本家ドミニオンにおける【中庭】

■XAT隊員アマンダ(BLASSREITER)
 EROい! とりあえず買っておけば間違いない。
 本家ドミニオンにおける【偵察員】

■うんこマン(スマガ)
 あー、これだけどんなカードだったか思い出せぬ。
 次のターンまでなにかの効果がある持続カードで、コスト4だったような……。

■すーぱーそに子
 ERO可愛いッ! 勝利点にもなる! 愛おしいッ!
 本家ドミニオンにおける【大広間】

■名前のない女(続・殺戮のジャンゴ)
 EROい! もちろん買いますとも。
 本家ドミニオンにおける【男爵】

DSC00393_convert_20110828001005.jpg

 うすぼんやり画像ですいませんが、アマンダさんとか、ほのかにEROいカードが存在するのが確認できるかと思います。
 右下のは”世界を侵す恋”こと沙耶のカードですね。
 あと、遊びながら聞いた話によりますと、


●どーせ東方祀爭録(東方ドミニオン)と同じカードなんだろ?
 と思われるのがシャクだったので全部違うカードにしてやったぜッー!とのこと。
 やった!
 俺のように密かに東方祀爭録を買っている者に朗報ですね。
 (カードの作りが同じなので、混ぜて遊ぶことも可能)

●アクションカードの種類は25種類、
 リソースカード(銅とか銀や金)や勝利点カードは描きおろし。
 勝利点カードは「アジト」「妖都」「異界」とニトロ臭あふれる名称になっておりました。

●見ての通りすでに完成しているッ!
 冬頃発売されます! よろしくね、とのこと。


 発売が楽しみすぎて死ぬ。
 あとBLASSREITER枠をアマンダさんに取られたっぽい主人公ジョセフさんがきちんと出ているのかどうか、心配で死ぬ。


DSC00405_2_convert_20110828000934.jpg

 おまけ。
 ブース前でプロモカードを配っておられた助手の人が奇跡のような愛らしさであった。
 リアルクリスティーナ。
 さりげない通りすがりを装い、何度も何度もプロモカードをもらってすいませんでした。



 あとですね、キャラホビのステージイベント・オリジナルアニメ「京騒戯画」製作発表にて矢尾一樹……すなわちやってやるぜ神を目の当たりにするという未曾有の超経験をしてきました。
 過去の一騎当千のイベントとかでは下半身シースルーなど常軌を逸しすぎた服装でおなじみの矢尾さんですが、今回もハート模様をあしらったハーフパンツという珍妙な先端モードを違和感なく着こなす伊達男ぶりでした。
 現代に生き残った最後の傾奇者……そう言っても過言ではありません。

 そして失言すれすれのMCの数々……そのたびに熱狂する会場……すげえ。
 死ぬまでにもう一度、矢尾テンションを目の当たりにできてよかった。
 俺が幼い頃、週刊少年ジャンプのイベントで札幌厚生年金会館で見て以来の生・矢尾テンションでした。たしかあのときは、矢尾さんが突然「やってやるぜ」とジャンプ作品とまったく関係のない持ち歌を歌い出し、父母が唖然とするという超時空でした。わからないなりにとにかく楽しく、興奮した思い出があります。
 ていうかもうあれから二十数年経っているというのに、変わらず一線で活躍しつづけるって本当にすげえ。
 なんというか、よかった。

 あと「新作アニメ制作発表のMCをしているにもかかわらず、そのアニメにはいっさい出演しない」という一騎当千以来伝統の自虐的オチを危惧していましたが、いちおう主人公が腰にぶらさげている不細工なマスコット人形(なぜかしゃべる)という役を与えられていて本当によかったです。
 それが発表されるまでのMC中、アニメ制作プロデューサーに対して「……もちろんわかってますよ。大人ですから」と語っていた矢尾さんの味わい深い表情が忘れられません。
 いや、本当によかった……矢尾さんにきちんと役があって……。

 マスコット人形はオネエ言葉でしゃべるとのことで、矢尾さんは「これから二丁目に行って修行します!」と宣言されておりました。
 二丁目で見かけてもけっして声をかけないでください、とも。
スポンサーサイト

93kg台、遠すぎるマイルストーン

2011/08/23

 停滞してましたがようやく93kg台に入りました。

 93.6kg/25.6%

 ところで俺ぐらいの身長だと、平均体重(上限)がだいたい75kgぐらいのようです。

 えー、あと18kg……ぐらい?

 うおーなげぇー。
 ダイエット坂、道のり超なーげーえー。

 食い放題いーきーてーえー。
 ピザとか寿司とか嘔吐するまで食いつづけ、あげくに頓死したい。

 むしろ俺自身が食い放題になりたい。
 その名もネオ食い放題。
 なにやらそういう概念だけっぽい存在になり、未来永劫、満たされぬ食欲を胸にいだき、あらゆる食べ物を味がわからなくなるぐらい(正確にはゴムの味がするぐらい)求めつづけ、飽食と飢餓のあいだを、ただひたすらに往きて還りつするものになりたい。
 そして消えたい。永遠に。


【今日のめし】
 朝:オールブランと玄米フレークにヨーグルトをかけたもの 400kcal
 昼:のり竜田弁当 700kcal
 夜:野菜と春雨ヌードル 200kcal

 昼飯をもっとヘルシーなものにすればよいのだろうが、そうしたとたん、即座に挫折する自信がある。
 だから俺は、昼に好きなものを食べてよい。
 食べてよいのだ。


【今日のDM】
 パチンコの世界には「勝ったら風俗に行こう、と思ったら負ける」という格言があるそうですが、デブの世界にも同様の格言が存在します。
 すなわち、

 「やせたら食い放題に行こう、と思ったら太る」

 間違いない。

コミケの思い出&宣伝

2011/08/19

 遅ればせながらコミケお疲れさまでした。
 当randam_butterに足を運んでくれた多数の方々、あと差し入れとか激励とか、いろいろありがとうございました。

 例の痛風の件で、多くの方が俺の身を案じてくれました。
 中には「イノウエさんの日記読んで笑ってたら、その直後に自分が痛風になっちまいましたYO!」なんて御方もおり……お互いがんばりましょう。
 そして気をつけましょう、健康に。

 で、新刊「GRR-ガルル-」ですが、COMIC ZIN様にて委託が始まっております。
 よろしくです。


~今年のコミケの思い出~
 朝、国際展示場駅に向かう混み合った電車の中での話です。
 俺のすぐ前にいる女性が携帯電話を操作しており、つい背後から画面を覗くかたちになってしまったんですよ。
 せわしなくキーを押してるのでメールでも書いてるのかな、と思ってたら液晶画面の中に、

 「雌豚」

 という語句が。

 めす……ぶ……た……?

 目の錯覚か?と思ってよく読むと「こうなってはとんだ雌豚だ」「しかたない、滅茶苦茶にしてやる」「おいフェラも休むなよ」などという淫猥文章が目白押しであり、つまるところ、なんとこの女性は携帯電話でERO小説をもりもりとご執筆なさっていたのでした。
 コミケには魔物が潜む……そんな言葉が脳裏をよぎりました。

 あと、毎回コミケ会場でニンテンドーDSを起動し、どこかにいる見知らぬ人とピクトチャットをやるのが楽しみなのですが、今回一人も入室者が見つからず。
 いったいどうしてしまったんだ。
 一昨年あたりは、会場で多数の人がピクトチャットに興じていたのに……。
 俺は熱烈な任天堂ファンではないですが、なんとも寂しい限り。

 値下げに乗っかって、近いうちに俺も3DSを購入しようかなと思います。
 遊びたいのがデビルサバイバーOCぐらいですが。あと、やたらEROそうな閃乱カグラも出るしな!……なんてことを考えていたらK(仮称)さんがまったく同じことを書いており戦慄。
 俺の思考がこんなにゲスい人とシンクロするわけがない。

最近の読書(屍鬼とデンデラ)

2011/08/10

 ここんところずっと会社の行き帰りにハードカバー版の「屍鬼」(小野不由美)を読んでおりましたが、ようやく読み終わりました。
 おもしろかった!
 これで屍鬼は、アニメ版、漫画版、原作とすべて制覇したのですが、それぞれにすばらしい作品でした。
 以下、所見。

●原作版
 とにかくねっとりとじっくりと嫌な出来事が起こっていくのがよいですね。
 しかし長い。ひたすら長え。
 英和辞典なみの分厚さの本を抱えながら、もしかしてこれは永遠に読み終わらないのではないかとすら思いました。
 読み終えるなり無上の達成感と至福をおぼえることのできる、まことによい本でございました。
 個人的に、ラストは「吸血殲鬼ヴェドゴニア」のとあるエンディングを思い出しました。この終わりは好きだ。

●漫画版
 原作版とは終盤の展開が違うということを、原作読んで初めて知りました。
 賛否両論ありましょうが、こっちの展開のほうが好きです。
 主要人物がのきなみ美男美女になっており、えれえ個性が強いので容易に識別できるのもよい。
 酒屋の大川さんがどんどん巨大になっておりました。最終的にはたぶん三メートルぐらいになってました。
 あと最後のシーンで静信さん(若御院)が、まるでCLAMPがデザインしたようなパンキッシュすぎるいでたちをしていたのが忘れられない。たしかこの人、俺と同い年ぐらいの設定じゃなかったか。

●アニメ版
 まさかのBUCK-TICK主題歌で始まる衝撃的なアニメ版。
 あんまり褒めてる人がいないような気がしますが、これはとても良いアニメだよ!
 なにが良いって、漫画版にもない微EROシーン(国広の律っちゃんの着替え等)が何度も差し挟まれているのがすばらしい。ひたすら嫌な出来事しか起きない外場村における、これは唯一の癒しですよ。
 あと桐敷正志郎(兼正の貴族)の声優が、なぜかGACKTさん。
 ようやった。ようやってくれた。



 屍鬼を読み終え、次は佐藤友哉「デンデラ」を読み始めました。
 かなり前にハードカバー版を買ってずっと積んでいたら、先日とうとう文庫版が発売されてしまったデンデラを読み始めましたよ。積ん読癖のある人にはありがちな事象ですが。

 話には聞いていましたが、ひたすら婆さんしか出てこねえ。
 六十歳で若手呼ばわりされる、それは婆天国。
 婆フロンティアと称してもよい。

 最近触れたばばあと言えば、金曜ロードショーのトトロに出てくる「んメェィちゃあーん」の婆さまぐらいだったもので、この過剰すぎる婆の供給はとても新鮮でした。婆ですが新鮮でした。
 これもおもしろい。
「四十九人の婆様たちが羆とガチ死闘!」という、もはやその字面だけでおもしろいです。
 読み終えたら映画版も視聴したい。どっちかというと映画本編よりもメイキング的な話のほうが興味ありますが。

横ばい傾向

2011/08/07

 来週末に迫ったコミケとか、その他の準備をいろいろやっておるんですが、気分転換に減量状況を記しておきます。
 ちゃんと毎日やれよって話ですが。

  94.2kg/27.2%

 あいかわらず横ばい傾向ですが、まあ増加傾向じゃなければよし……とする方向で。
 運動しなさいという話はよく聞くのですが、あんまりがんばると挫折するので可能な限りがんばらないやり方で運動しようと思います。
 毎日ウォーキングとか自転車通勤とかジムで鍛えるとか、そんながんばりチャンピオン的な努力は論外なので、

  ・エスカレーター、エレベーターを使わない
  ・二日おきぐらいに腹筋、背筋、腕立てをそこそこやる

……とまあ、せいぜいこの程度を心がけています。
 我ながらゆるいな!
 ですがこれ以上無理にがんばると、人は(というか俺は)たやすく挫折するのです。
 挫折歴の長い俺が言うのだから間違いはない。


【今日のDM】
 デブはほとんど例外なくデブスカウター的な能力を発達させています。
 他人を一目見るだけで「デブ力たったの5か……ゴミめ……」的な判断を一瞬のうちにくだすことができるのです。
 自分より太ってる人を見ると無意識に安心する人は多いと思うので、デブに限った能力ではないかもですが。

 ちなみに俺は、自分より太ってる人(めったにいませんが)を見ると「ねえ大丈夫なの? 近いうちに血管詰まって死んじゃうんじゃないの……?」と心配になります。大きなお世話もいいところですが。


RECENT ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。