スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

randam_butter冬コミ新刊「バブルピース」パイロット版

2011/12/27

 なんか入稿してからけいおん映画観にいって浮かれたり、バットマン・アーカムシティを遊んで浮かれたりしており、ちゃんと告知してませんでしたので、改めて。

 いや、マジですごいんですよ今回のバットマンは。
 今作で彼は、すさまじい飛行能力を手に入れました。
 それはもう、ちょっとしたロケッティアです。
 そのあまりにもすばらしい飛行の爽快感に酔いしれ、気の向くままにアーカムシティの囚人を上空から殴るという愉快なアーカムライフを送っておりました。

 今回は施設(アーカム・アサイラム)からレベルアップして都市(アーカム・シティ)が舞台です。
 バットマンがゴッサムシティで捕まえた凶悪犯を手当たり次第に集めた施設がアーカム・アサイラムでして、当然のように施設はジョーカーに乗っ取られてたいへんなことになってしまったのが前作。
 そして「凶悪犯を一つの都市に集めて隔離しちまえばイイじゃない」という危険思想を具現化し、例によって乗っ取られる(ハメられたバットマンがシティに収監される)のが今作であり、その基本方針を変えぬままのスケールアップ感にめまいがする思いです。
 このままだと次回作は「アーカム州」とか、いっそ「ヤバいやつを集めて国を興そうぜ!」……すなわち「アーカム王国」とかになるかもしれません。なってほしい。最終的には「アーカム星」とか「アーカム銀河(ギャラクシー)」に。


……話がそれましたが、ええ、週末の冬コミに出ます。
 新刊はオリジナル長編「バブルピース」のパイロット版となります。
 
なんというか、趣味のままに書いて趣味のままに終わる話の、ほんのさわり部分という感じなのですが……300円てことで、お試しで気軽に手にとっていただければと。
 うとまるさんのキャラクターイラストも満載で、小粒ですがかなりいい感じの本になってます。

 あと文学フリマで出した「HexaSprite」「でぶめも」と、既刊「PLAN B」「GRR」なんかも持っていきますんで、よろしければこちらも。
 冬コミ3日目、東地区O-16b「randam_butter」にて。
スポンサーサイト

映画「けいおん!」を視聴して

2011/12/17

 劇場版「けいおん!」を視聴してきた。
 新宿、ピカデリー。
 封切りからしばらく経ってはいたが、相当な人の入りであった。
 さすがは「けいおん!」である。いつまでも沈まぬ太陽の如く、すさまじい人気ぶりとしか言いようがない。

 開場時間になった。
 アナウンスに従い、俺は予約していた座席につく。
 わくわくしてきた。
 今回の劇場版、どのような話なのかはまったくわからない。なにやらイギリスへ行くらしいだとか、かつひょんなことからIRAに入ってゲリラ活動に従事するらしいだとか、いやいやヘリフォードでSASの入隊試験を受ける(そして冬山を登る最終試験で、民家の老夫婦にスープを飲ませてもらう)のだとか、さまざまな流言が飛び交っており、そこから真実を見極めるのは難しいと思われた。

 だが、それももはや、どうでもいい話だ。
 唯、澪、律、紬、梓。
 これから、また彼女たちに会えるのだ。
 己の精神が果てしなく高揚するのを感じた。

 静かだった。
 新宿ピカデリー7Fに位置するシアター2。
 その広い劇場の中は、水を打ったように静まり返っている。
 しかし大勢の客たちの発する気配、熱気のようなものを――たしかに、そして強烈に感じる。
 それにしても、しわぶきひとつ聞こえない。
 皆、呼吸すらしていないのではないか。それほどの静寂である。
 よく訓練されている観客――そんな形容が頭に浮かんだ。
 何人かの客は、股間の位置に尿瓶を用意しており、観劇中の尿意に対する備えは万全のようだ。
 また、長時間の鑑賞に耐えるべくブドウ糖とおぼしき点滴を補給に利用している者や、大人用おむつの着用、あるいは尿道へのカテーテル挿入をもって完全なる排便・排尿体制を確立している者も散見され、この作品に対する並々ならぬ姿勢がうかがえた。

 やがて場内の照明が落とされ、薄闇の中でそれは始まった。

・・・・・・

――それが終わったとき、俺は、自分がシアター2の天井近くから自身の身体を見下ろしていることに気づいた。
 気づかぬうち、ごく自然に、肉体から魂魄が遊離していたのである。
 観劇中、俺はめくるめく「けいおん!」の世界に触れ、その愉悦に浸っていた。あまりにもスクリーンに没頭するあまり、己の魂がこの苦痛に満ちた世を嫌ったのか、うっかり肉の身から抜け出てしまったらしい。

 戻りたくない。
 そう思ったとたん、俺の視点は天空の座から滑り落ちるようにして、F列の座席に窮屈そうに腰かける馴染みの肉体に戻っている。
 世界に、失われていた現実の色、そして音や匂いがよみがえる。
 だが、なにかを取り戻したような実感はまるでわかない。逆に、ぬぐいがたい巨大な喪失感が広がる。

 大量の人間の波に押し出されるようにして、ピカデリーを出た。
 たいへんなものを観てしまった。
 そんな思いが、強く、胸にあった。

 ありがとう。
 さようなら。

 なぜか、そんな言葉も浮かんできた。
 もどかしい、と思った。
 さようなら、などとそんな言葉だけでは済ませられない、という理由のわからない焦燥感、いら立ち、無力感のようなものを混ぜあわせた何か。
 自分でも説明しかねる感情のうねりが、俺の足をつき動かしていた。

 数刻ののち、俺は川辺精米店を訪れていた。
 日本中はおろか世界中の米を取り扱い、グラム単位での量り売りにも対応する店。
 馴染みの店だ。
「いらっしゃい、井上さん」
 陳列棚を整理していた若い娘が笑みを浮かべ、声をかけてきた。この精米店の一人娘で、休みの日はよく店の手伝いをしている。明るい色のエプロンが、よく似合っていた。

 店の奥から羆のような体躯をした親父――川辺の店主がのっそりと現れ、俺に一瞥をくれた。
 俺は、あらかじめ用意しておいた紙片を店主に渡した。
 店主は黙ってそれを受け取り――大きく目を見開いた。
 紙片には、こう記されていた。

唯 50kg
澪 54kg
律 48kg
紬 53kg
梓 46kg



 その容貌には不似合いな、細くかすれた声で店主は問うた。
「――あんた……正気か」
「ああ」
 俺が言うべきことは少ない。ゆえに、言葉は至極、短くなった。
「合計251キログラムだぞ」
「ああ」
 それだけで、店主のほうも言葉をなくした。
 少しばかりの逡巡を経て、あきらめたように頭を振り、レジに数字を打ち込む。俺たちは黙したまま会計を済ませる。

 店主と娘は、苦労して米俵を五つ用意した。
 俺はその傍らにひざまずいた。
 どこか遠く、届かぬなにかに、せめてもの祈りをささげるように。
「頼む」
 店主に声をかける。
「軽いやつからでいいんだな」
「ああ」

 店主は46kgのきらら397(無洗米)を担ぎ上げ、俺の右肩に載せる。
 強がってはいるが人一倍寂しがり屋の、愛おしい梓の重み。

 つづけて、48kgのこしひかり。
 左肩に、まぶしい大腿を感じさせる躍動感に満ちた律の重み。

 カルフォルニア米、50kg。
 身体の中心線、脊椎の真上に、ゆったりと柔らかな唯の重み。

 タイ米、53kg。
 それらの上に、紬の優雅で暖かな重みが加わる。

 すさまじい重さ、だった。
 まさに圧倒的質量である。
 膝をついたこの姿勢でさえ、すでに体中の骨、筋肉や腱が鋭く張りつめ、声なき悲鳴を発していた。

「井上、さん……」
 苦しい姿勢のまま見上げると、川辺の娘が俺を見つめていた。目には大粒の涙が浮かび、その柔らかな頬を伝ってこぼれ落ちていた。
「井上さん、私……体重、54キロなんです」
 娘は言った。
「私じゃ……駄目ですか」
 まっすぐな瞳だった。
 とてもまっすぐで、可憐で、まぶしくて――だから、俺は目をそむけた。
「私っ……!」
「誰も、誰かの代わりにはなれない」
 そう伝えるのが、精一杯だった。
「ましてや、米俵の代わりには」
「――ッ」
 そのとき、娘がどんな顔をしていたのかはわからない。ただ、彼女がその場から駆け去っていく気配だけが、朦朧とした意識の片隅に感じられた。
「……最後の一つだ。いいんだな」
 なにかに堪えて押し殺しているような、低く平坦な川辺の声。
 俺は彼と視線を交わさぬまま短く応えた。
「頼む」

 宮城県産ひとめぼれ、54kg。
 これが、澪か。なにものにも代えがたい、彼女の重さ。

 俺は静かに、深く息を吸い込み――
 一気に吐き出した。
 踵、足首、ふくらはぎ、膝、大腿、背筋、胸筋、肩、腕、すべての筋肉を一斉に駆動させ、同時に全身の骨という骨を梃子にしつつ、巨大な荷重を上へ、上へと押し上げ、立ち上がっていく。

 みしり。

 骨が軋む音が聞こえた。
 折れた音だったのかもしれないが、わからない。
 呼吸はいつの間にか、叫び声に変化していた。
 身体中の血管が破裂しそうだった。いや、おそらく今、まさに破裂しつづけているのだろう。全身の血液が逆流して、心臓がそれを全力で押し返しているのを感じた。行き場をなくした血という血が、音を立てながら脳へ飛び込んでいく。
 頭蓋が今にも砕けて割れそうなほどに痛い。まるで頭の中で激しい濁流が渦を巻き、滅茶苦茶な暴風雨が荒れ狂っているようだった。
 やがて痛みは神経の閾値を超えたのか、ほとんど感じなくなり――代わりに異常な熱さが襲ってきた。
 呼吸を止め、さらに踏ん張りを効かせる。
 噛み締めていた奥歯がへし折れ、口内に鉄の味が広がる。
 足元の床には、俺の汗に混じって赤い斑点が散らばっている。どうやら鼻血が流れ出ているらしい。
 そのとき、

 びりり、びり。

 ひどくいやな音が、両の膝と右の肘から響いてきた。濡れた布が裂けるような音。
 俺は靭帯が裂ける音を生まれて初めて聞いた。
 だが、さらに力を加えていく。

 上へ。
 上へと。
 この地上から、はるかな高みへと。

 私立桜が丘高等学校軽音楽部、通称「放課後ティータイム」
 唯、澪、律、紬、梓――あわせて251キログラム。
 彼女たち五人の重みを全身で感じ、受け止めながら。
 己の肉と骨が痛苦に歪み、のた打ち回るさまを意識しながら、それでも俺はこうするしかない。
 翼をもたない俺たちは、こうして地を這いずり、重たい腹と痛む腰を抱え、短い足を交互に引きずって、ただ醜く、見苦しく。
 ひたすらもがき、その場から天を仰ぐしかない。

冬コミ新刊入稿完了でウヒョイッ!

2011/12/13

 物言わぬ屍のごときブログになって久しいですが、その裏でrandam_butter冬コミ新刊をつくっていたからです。また文フリにつづきイノウエオンリー本的なアレですが……近日中に本の宣伝を書くと思います。


 ゼルダの伝説の新しいやつ(スカイウォードソード)が出ているのを横目で見ていておもしろそーだなーと思いつつ限定版を買いそびれて「出てしまったというのか……新たなゼルダの伝説が……出る……出た……」などとうめきながら歯がゆい思いをしていたところ、

 でるでる ゼルダの伝説♪

 SFC版ゼルダの伝説におけるCMソングが脳の中に流れはじめ、気がつけば踊っている自分がいました。
 師走のこの時期、空調が行き渡らなくて妙に寒く、かつ誰もいない部屋の片隅で小一時間ほど舞い踊り、いつしか汗まみれになりながら俺は思いました。
 ひとつは、あのCMの映像、

 「あぶない、ゼルダ~」

 という台詞を、当のゼルダ姫自身が叫んでいるように見えるよな……ということ。
 そしてもうひとつは、

 「今宵もゼルダは最高潮」

 という言葉に隠されたEROティックな響き。

 ゼルダが。
 あのゼルダ姫が、どのように最高潮なのか。
 あまつさえ「今宵も」という語句から、それは今に始まったことではない、というニュアンスが読み取れます。昨日の晩も、その前の晩も、その前も……最高潮であったのだと。
 最高潮ですよ、最高潮。
 最高の潮ってことですよ。なんてこった。ウヒョイッ!


……今年ももう終わりますね。
 綺麗なもの、汚いもの、そのすべてを飲み込むように情け容赦なく問答無用で今年も終わります。
 こんなことを真剣に夜中に書きつづっている汚い34歳も終わってしまえばよい。
 そして、素知らぬ顔ではじまればいいのに、と心から思います。
 綺麗な34歳がはじまればいいと……。


RECENT ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。