シンデレラたちに花束を

2012/02/25

 電車の中やトイレの個室の中でモバマスをやっていると、いつも俺は世界からの隔絶を感じる。
 なにか大切なもの、大いなるものから切り離されている感覚。
 手の中の小さな携帯端末の画面に映し出されるアイドルたちの世界も、俺とは大きく隔てられている。
 おそらく彼女たちも、なにか別の大事なものから切り離され、閉ざされているのだろう。



 モバゲーから提供されている、アイドルマスターから派生したソーシャルゲーム。
 通称モバマス。
 正式名称は、アイドルマスター シンデレラガールズ。

 シンデレラガールズ。
 遠い昔のお伽話のように、持たざる身から一転して輝かしい栄光を手にする少女たち。
 正しくは、ガラスの靴を与えられる一握りの少女たちと、そうではない少女たちの物語。
 物語と言っても、このゲームにはわかりやすいシナリオ、ストーリーがあるわけではない。
 ただ明確な目的と手段が与えられるのみだ。
 このゲームが示す目的は、究極的にはただひとつ。
 より希少で、より価値の高いアイドルを入手すること、である。



 どうやってアイドルを手に入れるのか。
 まず、オーディションを通じて入手する方法がひとつ。
 これは俗に「ガチャ」と呼ばれ、無料と有料(課金)のものがある。無論、有料のガチャは希少なアイドルが出現しやすい。

 次に、「衣装」を収集し、種類を揃えることで特典のアイドルを入手する方法が挙げられる。
 衣装の基本的な入手方法は、一言で表せば「力づく」である。
 他のプロデューサー(アイマスではプレイヤーのことをこう称する)から奪い取るのだ。
 ガチャで入手し、育成したアイドルたちに隊伍を組ませ、他のプロデューサーにLIVEバトルという名の戦いを挑む。総攻撃力が相手の防御力より勝っていれば、狙った衣装(と、はした金)を強奪することができる。
 モバマスは、いわば衣装という資源を奪い合う果てしない戦争だ。
 LIVEバトルに勝利し、一着の衣装を得て安心していると、知らぬ間に他の者から二着の衣装を奪われている。
 ここは修羅の国か。
 あるいは野盗が跋扈する平安京か――。
 日常的に発生する衣服の奪い合い、その温床となる人心の荒廃ぶりたるや、まさに芥川の「羅生門」そのものである。

 そのありようは、あまりにむごく、寒い。
 心が乾く。



 そんな悪徳の渦巻く世界のただ中にあって、アイドルたちは皆、ひたすらに明るく朗らかだ。
 コンサートやグラビア撮影などのさまざまな仕事をひたむきにこなし、プロデューサーたる俺に信頼を寄せてくる。
 アイドルたちの微笑みが表示された端末の液晶画面。
 それは俺と彼女をつなぐ窓口にして、両者を分け隔てる壁でもある。
 彼女たちの好意が、絶望にも似た隔絶を超えようとする。
 俺はそれに手を伸ばす。自分でもわからない失われたなにか、大事ななにかをかき集めるように。
 LIVEバトルや仕事を経るごとに上昇していく彼女たちの親愛度。それが単なるパラメータに過ぎず、彼女たちの言葉があらかじめ定められた文章のランダム表示だとしても。
 俺はデジタルで制御された彼女たちの言葉や表情、そのひとつひとつを愛おしみ、己の心に刻みつける。
 その必要がある。
 俺には、そうする義務があるのだ。

 なぜなら、彼女たちの虚構など取るに足らない大いなる欺瞞が、俺自身の内に存在するからだ。
 ガチャ、衣装コンプにつづく、もうひとつのアイドル入手方法。
 すなわち、

「親愛度を上限までアップさせたアイドルが一定数に達すると、特典のレアアイドルを入手できる」

 そうだ。
 俺は日々、彼女たちの信頼と友愛を絞り取り、より希少なアイドル入手のための糧としている。
 先にも述べたが、このゲームの目的は徹頭徹尾「アイドルの入手」であり、その手段もまたアイドルである。
 有象無象のアイドルたちを使い捨て、より希少で美しいアイドルを入手する。
 それがこのゲームにおける唯一の理であり、そのためになされる行為はすべて是とされる。
 だから俺が彼女たちに抱く罪悪感はまったくの筋違いであり、否定すべきものだ。
 否定すべきものの、はずだ。



 入手したアイドルをレベルアップさせ、強化する手段もまた、アイドルである。
 システム的には「レッスン」と称される。
 アイドルを強化するためにレッスンを行う場合、必ず「レッスンパートナー」を指定する必要がある。
 レッスンパートナーとなったアイドルは、いなくなってしまう。
 消滅である。
 システム的にはただ「いなくなります」とだけ冷たく表記されており、そのへんの不条理さを説明するものはなにもない。
 親愛度を上げきってしまったアイドル、ガチャで余分に入手したアイドル、そのほか使い道のないアイドルは総じて誰かの「レッスンパートナー」となり、いずこかへと消えていく。まるでレッスンしたアイドルに贄として捧げられるような演出とともに。

 そのような行為を無数に繰り返し、ひたすら繰り返し、繰り返しつづけるのが、このゲームだ。
 シンデレラが御足を通すガラスの靴は、無数の――まさに星の数ほどの「シンデレラのなりそこね」たちで、できている。



 まるで古の呪術師が行う蟲毒のようにアイドルたちをかけ合わせ、精錬していて、ふと思う。

 レッスンパートナーとなった彼女たちは、いったいどこへ行くのだろう?

 それは他愛もない空想であり、感傷だ。
 仕事帰りの電車の中で、あの言葉にしがたい閉塞感を抱きながら、俺は夢想する。
 彼女たちの存在を制御するフラグの、オン/オフのはざま。
 百万人規模のソーシャルゲームが産み落とす深い闇の底、その虚空の果てに。
 他のアイドルの礎となり消費されていった彼女たちが暮らす、安息の地があるのではないかと。

 いつか俺も誰かに消費され、この世界から消え去ったあとに……その地へたどり着くことができるだろうか。
 頭を下げて彼女たちに赦しを乞い、かつて隔絶されていた世界で生じた信頼と友愛に、まっすぐ応えられるときが来るのだろうか。

痛風☆さやあん

2012/02/18

※唐突に書いてみたこの話はV林田氏が強烈にプッシュしていたこちらの同人誌にインスパイアされています
 (まどか☆マギカの美樹さやかが痛風になる話)


---------------------------------------------------------------

 その朝、佐倉杏子は足の甲に生じた激烈な痛みで目覚めました。

「~~~ッ!」

 声にならぬ叫びを発しながら、杏子は己の身体になにが起こっているのか理解しようと努めました。

 なんだ? この痛みはいったいなんなんだ?
 寝ている間に足の骨が折れたのか?
 まさか、新手の魔女による攻撃か?

 まずは落ち着こう。落ち着いて、なにか飲もう。
 そう思った杏子はベッドから地虫のように這い出し、動かすたびに頭の芯まで突き抜けるほどに痛む左足を引きずりつつ、リビングを横切ってダイニングへと向かいました。
 このときばかりは、無駄に広い部屋が恨めしく思えました。
 杏子は冷蔵庫を開け、紙パックのコーヒー牛乳を取り出して飲みました。
 足の痛みで立っていられず、杏子はその場にぺたんと座りこみました。寝床から数メートル移動しただけで、全身に嫌な汗がびっしりと湧き出ていました。

「いたた……いってえ……ううー、なんだよこれ……」

 そのとき、玄関のチャイムが鳴りました。
 音の振動さえもが足の甲に響いて痛みを生むような気がして、杏子は顔をしかめました。
 足を動かすと襲ってくるであろう痛みを思うと、玄関に出ていく気力も起きず、杏子はそのまま座り込んでいました。
 すると、施錠していたはずの玄関のドアが開けられ、誰かが入ってくる気配がしました。
 杏子はぎょっとして、思わず大声を出しました。

「だれだっ!」
「……通りすがりのさやかちゃんですが」


 さっそうと制服姿で現れたのは、平成の恋愛噛ませ犬チャンプと名高い、美樹さやかでした。

「どうやって入った?」
「どうって、普通に合鍵で入ったんだけど。この前遊びに来たときに作っといた」
「なっ……なに勝手に……!」


 涙目で床に座りこんでいる杏子を、さやかは不思議そうに見下ろしました。

「なにやってんの? 無駄に可愛いパジャマ着て」
「うう……」


 杏子は顔を赤くしながら、おずおずと足の痛みのことを話しました。
 さやかは話を聞きながら、赤く腫れ上がった杏子の左足を見ています。

「きっと、あたしが寝ている間に骨折させられたんだ」
「いや、これ、たぶん痛風」
「えっ……?」


 一瞬、杏子は、自分がなにを言われたのか理解できませんでした。

「……とぅー・ふぅー?(Toooo Fooool)」
「そ。てかさあ、寝てる間に骨が折れるとか、あるわけないじゃん」
「ぐぐ……でも女子中学生が痛風って……ありえねーだろ……学校行ってないけど」


 さやかは苦痛に顔をゆがめる杏子の顔を見ながら、へらへらと笑いました。

「いやいやいやー、けっこう流行ってるんじゃない? あたしもこのまえ発作出たしさ」
「……そういや、そうだったな」
「もともとあたしよか、あんたのほうが痛風になってもおかしくなかったって。お菓子ばっかり食べてるしさー」
「うるせーよ……」


 杏子はさやかの肩を借りて、ベッドに戻りました。

「とりあえず患部を冷やしとかないと」

 さやかは冷蔵庫から氷を持ってきて、ビニール袋に入れ、タオルでくるんだものを杏子の足にあてがいました。
 足首を動かすと強い痛みが走りますが、少しだけ楽になったように感じて、杏子はほっとため息をつきました。

「おめでとう贅沢病患者。これから毎日ウラリットとユリノームをひたすら飲みつづける生活の幕開けだよ」
「なんだそれ」
「痛風の薬」


 うげー、と杏子はにがにがしげな表情をしました。
 さやかは、そんな彼女を見てにやにやしています。

「これからはプリン体の摂取にも気をつけるんだよ」
「うう、めんどくせー……」


 多量のプリン体は尿酸を生み出し、やがて身体の中で結晶化します。
 それは刃のように内側から血管を傷つけ、想像を絶する痛みを少女にもたらすのです。
 世界の穢れを溜め込み、徐々にその輝きを失い、最後にはどす黒く変質し災いを振りまくソウルジェムのように。
 さやかは自嘲気味につぶやきました。

「それが、魔法少女の宿命……自業自得とはいえ、やりきれないよね」
「ええー……」


 やりきれませんでした。

「だいじょうぶだよ。体内に蓄積された尿さ……穢れを取り除くことができれば」
「どういうこと?……あと、無理に言い直さなくていいからな」
「穢れは、おしっこといっしょに排出される。痛風の薬飲んでると、すんごい出るからね」


 さやかは嬉々として、めくるめく痛風ライフを語ります。

「うあ……そうなのか。でも足が痛くて、これからトイレに行くのもしんどそうだな」

 痛風結節で赤く腫れた足を見ながら、杏子はうんざりした声を出しました。

「安心しなって。あたしが今度、尿び……いやグリーフシードを用意してきてやるからさ。それに思うさまおしっ……穢れを移せばいいよ」
「いらねーよ! あといちいち言い直すな!」


 ひとしきり足を冷やしたあと、さやかは杏子の足を丁寧にタオルで拭いました。

「この部屋、どっかに湿布薬ある?」
「ない」
「えー、女の子の必需品でしょうが」


 しかたないなー、とぼやきながら、さやかは学生鞄から湿布薬を取り出しました。
 ぺりぺりとフィルムを外し、そっと杏子の足の甲に貼りました。

「女の子の、っていうか、痛風持ちの必需品だろ」
「そうとも言う」


 さやかはどこからともなく包帯を取り出し、湿布を覆うようにして、くるくると足首に巻きつけました。

「ほい、完成」
「ん……」


 さやかの手が包帯の上から優しく撫でてくれるのを感じ、少しだけくすぐったい思いをしながら杏子は小さく息をつきました。

「しかし、ほんとに痛いな、これ」
「うん」
「風が吹くだけで痛む、ってのもあながち大げさな話じゃないな」
「うん」


 さやかは微笑みながらうなずくばかりです。
 
「……うれしそうだな」
「うん」
「なんでだよ」


 杏子が訊くと、さやかは照れくさそうに頭をかきつつ、言いました。

「いやー、はは……その、おそろいだなって」
「なっ、ば……バカ野郎……!」


 あははは、と苦笑いするさやかから、杏子は顔をそむけました。自分の頬が赤くなっているのがはっきりとわかりました。

「あのさ」

 照れ隠しと意識しつつ、杏子は口を開きました。

「そもそも、なんの用でウチに来たんだよ?」
「えっ? あっ、いや、あの、べつにっ……!」


 存外にぶっきらぼうな口調になってしまった杏子の問いかけに対し、さやかは大きく左右に手を振り、あからさまな慌てぶりを表現しました。
 座りながら後ずさったさやかのお尻が、そばにあった学生鞄にぶつかり、横倒しになりました。
 その拍子に、転がるように鞄の口から飛び出したものがありました。
 それは小さな包みでした。

「おい、それって……」
「わわっ」


 さやかはその包みを床から取り上げ、鞄の中に再びしまい込むべきか迷った末に、ゆっくりと自分の胸に抱くようにしました。
 赤を基調にして可愛らしくラッピングされたそれには、丁寧に黒いリボンが巻かれていました。
 包装には金色で「HAPPY VALENTINE」という飾り文字があしらわれています。

「……チョコレート?」

 あははバレたかー、と顔を赤くしながら、さやかは口早に言いました。

「あー、あのさ、その、バレンタインデーのアレでさ。どうせあんた友だちもいないだろうし」

 杏子は黙って、うつむいています。
 さやかはおそるおそる、チョコの包みを差し出しました。

「食うかい?……なんつって」
「……」


 杏子はちらっとさやかを見て、また視線を外しました。
 長いような短いような、甘いような苦いような沈黙が、二人の間に流れました。

「あは、ごめんね。いらないよねー。チョコって、けっこうプリン体多そうだし」
「食う!」


 さっと手を伸ばして、杏子はさやかが引っ込めようとしたチョコの包みをひったくりました。

「えっ……」
「食うって言ってんだ」


 包装を解いて中身のチョコクッキーを取り出すと、甘い香りが二人のいる部屋の中に広がりました。
 杏子は無造作に一つつまんで、口に放り込みました。
 さやかが小さな声で、ぽそっと言いました。

「……痛風の発作、出ちゃうよ?」
「むぐ、ん……おら、あんたも食いな」


 杏子はチョコクッキーをぐいっ、とさやかの鼻先につきつけました。
 さやかはしばらくそれを見つめてから、やがて意を決し、大きく口を開けて「ぱくっ」と杏子の指ごと舐めとるように直接クッキーを食べました。
 思わぬ行為に仰天する杏子を尻目に、さやかはもぐもぐとクッキーを咀嚼しています。

「……うん、おいしいね、これ」
「お、おまえなあ!」


(終わり)


RECENT ENTRY