スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストライクウィッチーズ劇場版

2012/03/31

 何ヶ月かぶりに休暇を取得できた。
 この時期の平日に休みを取れたら、することはただひとつ。

 ストライクウィッチーズ劇場版を観に行くことしかない。
 観に行くしかない。
 むしろ観に行くっきゃない。
 なぜか心の中で言い直しながら、新宿の角川シネマに摺り足で向かう。

 劇場のロビーで関連グッズなどを眺めて、開演までの時間を過ごす。
 映画パンフレットの見本は、いったいなにがあったのかというぐらいボロボロに擦り切れている。封切り後まだ二週間も経過していないというのに。
 もはやここは戦場なのかもしれない。
 上層部に小言を言われているミーナさんのように、俺はケツを引き締めることにする。


~以下、少しばかりネタバレっぽいものを含むので注意のこと~


 物語は、501部隊の活躍によりある程度の平和が戻った欧州を舞台にして幕を開ける。
 なにやら謎のネウロイが各地に出没し、不穏な気配が漂っている。
 あいつら、またネウロいやがって。
 TV放映時と変わらず、まったくもって許せん奴らである。

 ネウロイを迎え撃つ、各地のウィッチたち。
 すさまじい戦いぶりである。
 すごい。
 すごすぎると言っても過言ではない。
 なにがすごいかって、劇場の大画面で迫ってくるウィッチたちのズポン……その股間の迫力がすげえ。
 これから夜な夜な夢に見るんじゃねえか、というぐらいすげえ。

 もしも俺が下品な中年親父であったなら、観劇中おそらく百回ぐらいは「おおう、あいつら相変わらずいいケツしてやがんな!」と思っていたであろう。
 時にはうっかり口に出してしまっていたかもしれない。

 それほどの、いいケツであった。いいケツをしていた。
 おぼっちゃまくん的に称すれば「いいなけつ」であるのかもしれない。
 そう、あいつら、みんな俺のいいなけつ。
 そう高らかに叫んで、涙を流しながら狂ったように劇場中を練り歩いていたかもしれない。
 俺が下品な中年でなくて、本当によかったと思う。

 ところで、ウィッチたちが空戦を行う際のカメラアングルが、また絶妙なのである。
 TV版のときも顕著だったが、作画だとか原画枚数にお金のかかった劇場版のそれは、また大変なことになっている。
 とにかく予想通りにというか、俺の欲望通り、期待通りにカメラがいい具合にズームしていくのだ。
 なんというか、これはもう、一種のライブである。
 一体感。
 あるいは全能感。
 まるで俺がカメラとなり、視点そのものとなり、いつしか神そのものになり、ウィッチたちの股間を覆うパンツ……いやズボンのしわの描き込み、尻肉のディティールひとつひとつまでをも精細に把握し、愛でることができる。
 むしろ俺の欲望の先をあっさり通り越して、カメラがはるか遠くへ向かっていく感すらある。
 おお、あなたは、どこへ行かれるのか。
 ストライクウィッチーズという作品は、俺たち視聴者の視点や欲望を軽々と飛び越えて、いったい如何なる地平を目指すというのか……。
 そのような不安とも希望ともつかない感情がわきあがってくるのだ。

 それにしてもいいケツであった。

 物語は、魔法力を失っていた宮藤芳佳が奇跡の大復活を遂げ、501部隊が再結集するという熱い展開で幕を閉じる。
 芳佳が魔法力を取り戻した理由は、よくわからない。
 瀕死の重傷を負った折、無線機から仲間たちの声(エール)が聞こえてきたことがきっかけであり、すなわちそれ、宮藤芳佳の勝利を願う仲間たちの魂の叫び。
 そう、男塾である。
 男塾名物・大鐘音のエールである。
 とてつもなく燃える展開ではあるが、なんの理由にもなっていない。

 唯一きちんとした理由を知っていそうな坂本さん(ご丁寧に「こんなこともあろうかと」っぽく芳佳用のストライカーユニットを運んできていた)も、

「あっはっは、それは……仲間たちの力さ!」

 などと相変わらずの根性論全開である。

 ただ、まあ、ぶっちゃけそんな些事などどうでもよくなるぐらい、徹頭徹尾、爽快で痛快な映画であった。
 とにかく宮藤さんがんばった。超がんばった。あとリーネちゃんと性行為寸前ってぐらいイチャイチャしてた。ごちそうさまでした。

 TV版を観ていた人は必見である。
 なんというか、とにかく肩肘張らずに観るといいと思う。
 大画面で、大空を駆けるウィッチたちの臀部を、えぐるようなアングルで思うさま愛でる。
 それだけでも観る意義のある映画だと断言できる。
スポンサーサイト

赤城みりあの、終わらないバレンタイン

2012/03/19




 家に帰ると、赤城みりあはいつだって笑顔で出迎えてくれる。

「プロデューサー、ハッピーバレンタイン!」

 小さな指でチョコをひとかけつまみ、手渡してくれる。
 彼女はピンク色のリボンで可愛らしくラッピングされたチョコの包みを掲げてみせ、

「今日もファンの人たちにチョコを配ってきたよ~♪」

 そうして、また、笑う。
 あの日から変わらない笑顔で。


 [バレンタイン]赤城みりあは、バレンタインイベント限定のレアアイドルだ。
 バレンタインと言っても、俺たちP(プロデューサー)のやることは例によって衣装の奪い合いであり、イベント衣装「カラフルマカロン」のコンプリートを達成することで俺は彼女を入手した。
 また、[バレンタイン]赤城みりあは、当該イベント期間において2500個のチョコをファンに配ることでも入手可能である。
 2500個というと途方もない数字に思えるが、この業界でのトップP連中は数百万個という単位でファンにチョコを配布する。それに比べれば、べつだん驚くにはあたらない。むしろこの世界においては容易とすら言える入手条件である。

 ともあれ、とある冬の日。
 俺はバレンタイン仕様の赤城みりあを二人、入手した。
 同じアイドルが二人存在した場合、Pはそのアイドルを強化するために「特訓」と称される行為を行う。
 特訓を行うことで二人は一つの存在に合一、錬成、昇華され、アイドルとしていっそう強く光り輝くのだ。

 もちろん、俺も赤城みりあに特訓を施した。
 それが終わった後、色とりどりのお菓子をあしらった豪奢な衣装に身を包んだ彼女の姿を見て、胸を熱くしたのをおぼえている。
 無邪気にはしゃぎ、喜ぶ、赤城みりあ。
 まるで天使のようだ。
 陳腐きわまりない表現だが、そう思ったのだ。
 忙しくチョコを配って飛びまわる、愛らしい天使……。

 彼女はいつだって、チョコを配っていた。
 今思えば入手条件がチョコの配布数に設定されていたことも、なにか関係があったのかもしれない。
 とにかく彼女は、どんなときでも笑いながら、チョコを誰かに与えていた。

 バレンタインイベントが終わってからも、それはつづいた。
 コンサート会場で。
 CDショップのサイン会場で。
 グルメ番組のロケで。
 ファンとの握手会で。

……長い、長いあいだ、彼女はチョコを配り歩いていた。
 そして、

「ファンのみんな、チョコもらってくれるかなあ?」

 彼女は笑う。
 あのときのまま、変わらない笑顔で。
 ひどく甘ったるくて、少しだけビターなチョコレート。
 その小さなかけらを、か細い手に乗せて。

「はいっ、プロデューサー! ハッピーバレンタイン!」

 今日も俺は帰宅し、いつものようにチョコを受け取る。
 すでに俺はプロデューサーではないけれど。
 彼女も、もうアイドルと呼ばれる存在ではないけれども。

 ハッピーバレンタイン、と俺はつぶやく。
 赤城みりあは嬉しそうに、もう一個チョコレートをくれた。

 少女は常に、誰かにチョコを渡していた。
 遠い昔のバレンタインデーから、はるか未来のバレンタインデーまで。
 悠久の時の流れをチョコという単位で埋めるかのように、気の遠くなる時間、気の遠くなるほど無数のチョコレートを。
 ただひたすら、無心に……いや、無垢な心のままに。

 いつしか彼女がチョコを配り終え、足を休め、ほっと息をつくときが訪れるのだろうか。
 俺やファンの皆からの……ホワイトデーの贈り物を……あふれんばかりの贈り物を、両手いっぱいに受け取れる日が?

 しわのない包装紙をそっと折りたたみ、閉じるように、俺は両腕で赤城みりあを抱きしめる。
 ハッピー、バレンタイン。
 もう一度、区切るようにして、俺はその言葉を口にする。
 終わらないバレンタインデーの中でたたずむ彼女を優しく、包み込むように。


RECENT ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。