ヤマノススメ

2014/09/12

 アニメ「ヤマノススメ」をセカンドシーズン含めぶっつづけで視聴しました。

 ゆるふわガールズ登山アニメの金字塔であり、ヒロインを演ずる井口裕香と阿澄佳奈の頭蓋がとろけそうなボイスが交互に襲い来るおそるべき作品です。気がつけば高山病よろしく脳に酸素が行き渡らなくなり、正常な思考を失いがちになる危険なアニメでした。
 途中からは小倉唯までもが加わり、ほとんど生体兵器の域に達している甘ったるい声音までもが混ざるようになり、あやうく涅槃のむこうに落ちかける意識が、かろうじて日笠陽子の声によって踏みとどまる……そんなアニメです。

 あと、観た人はみんな同じ感想を持つと思いますが……とにかく主人公のひなたとあおいの家がでかいんですよ。
 ルビをふるなら……そう、”巨(デカ)”いんですよ。
 その華美壮麗さたるや、豪邸という言葉すら生ぬるいほどです。
 風呂は当たり前のように優雅な檜造りで、部屋の中にしれっと大理石とおぼしき石段があったりして、もはやちょっとした神殿です。おそらく家の奥には巨大なポセイドン像とか祭壇とかがあると思います。もちろんポセイドン像は突然動き出してこちらを襲ってきます。
 家の庭で女の子たちが普通にテントを張ったり自炊してキャンプができるほどの豪邸です。ていうか、もう君たちあえて山とか外へ行かなくてもいいんじゃねえかなとすら思いました。
 すげえよ飯能。石油でも産出しているんでしょうか。

 しかし、ここな(CV:小倉唯)の家はわりと普通のアパートでした。たぶん六畳二間ぐらい。
 どんだけ貧富の差が激しいんだよ飯能。
 少しは分けてやれよ土地を。そして部屋を。
 あと、ここなは同学年の友達がいなさそうで心配。むしろいじめられてそうな気がして心配です。あんなアイドル声優みたいな声してたら、周囲から「媚びた声(ボイス)出しやがって」などと迫害されそうです。俺だったら迫害する。あまつさえ1回100円ぐらい払って目覚ましボイスとかを録音させてもらう。

 先輩キャラのかえで(CV:日笠陽子)も友達少なそうな気がします。
 高校生の身で単独縦走しまくっているとか、かなりのハードコアな山っぷりです。
 たぶん普段は「登山」なんて生ぬるい用語を使わず「山をやる」とか言ってると思います。
 いずれ冬の谷川岳の鬼スラで生死の境をさまよったり、エベレストの南西壁冬季無酸素登頂に挑んで生死の境をさまよったりしそうな感じです。
 ちなみに携行食として愛用しているチョコレートは、のちのちの重要な伏線と見て間違いありません。夢枕獏「神々の山嶺」的には、チョコレートは「羽生の手記」と「マロリーのカメラ」に並ぶ三種の神器と称しても過言ではない超重要アイテムですので。
 なんだかんだで、このアニメ唯一のお色気(おっぱい)要員なのですから、あまり生命を粗末にしてほしくないところです。
 三つ峠帰りの温泉回は、今後も繰り返し視聴したいと思います。
 本当にありがとうございました。


RECENT ENTRY