バイオハザード

2016/04/02

先日PS4でバイオハザード6が配信されており、そういや6は遊んでねえなと思い購入してみました。

久しぶりだな、バイオハザード。
いちおうナンバリングタイトルは全部プレイしています。
初代PS版における実写OPの香ばしさをこよなく愛しています。



実写OPまたやればいいのにと思うのですが、カプコンは実写でいろいろやらかした過去がある(死病汚染-シビョウオセンヌ-とか)せいか、ここ最近のバイオはもちろんCGのオープニングです。それでいいと思います。

なんかいい感じの中年エージェントになりつつあるレオンさんが肉感的な美女を抱えて武装ヘリから逃げる場面からゲームははじまります。
「あ、エイダかな?」
と思ったらぜんぜん違う女でした。
さすがレオンさん、毎回毎回、違う女をとっかえひっかえです。
新米警官としてラクーン市警に着任早々、石像を動かさないとドアが開かない仕組みとかが満載の警察署で右往左往していた時代が懐かしい。
その後、道路が爆発炎上したり、間一髪でヘリコプターに飛び乗ったり、ヘリにきっちりゾンビが乗っていて揉み合っているうちにコントロールを失い、激しく上昇と下降を繰り返し、最後には高層ビルに突っ込んだりしながらも普通に

レオン「無事か?」
肉感的美女「ええ」

的なノリでさくっと脱出していました。
普通の人だったらゆうに30回は死んでますが、もはやレオンさんはそんなレベルを超越しています。生粋のダイハーダーです。

俺はバイオ熟練者だし、まあノーマルモードは楽勝だろうとなめてかかっていましたが、レオン編序盤の下水道を進むあたりで深刻な弾切れを起こし、行き詰まり気味になりました。ゾンビがやたらしぶとい。あと犬が超つええ。
どうせ弾なんかそこらへんに不自然なほどに落ちてるし、例によってなぜかあちこちに生えている草(ハーブ)をもっしゃもっしゃ食えばなんとか生きていけるだろとゆるふわな思想でいい加減に遊んでいましたが、それでは通用しませんでした。猛省。


【個人的メモ・これまでのバイオハザードおさらい】

バイオ1
 ・もちろん実写OP


 ・特殊部隊クリスさんが洋館を右往左往
 ・最強武器のマグナムは青と赤の宝石を獅子の石像の瞳にはめ込むと入手できる
 ・ラスボス戦ではヘリの運転手がロケットランチャーを投下してくれる
 ・進め方次第でウェスカーが死ぬ
 ・夢で終わらせない(ヘリで脱出しながら)

バイオ2
 ・レオンさんが変態警察署で右往左往
 ・エイダ?
 ・エイダ…?
 ・エイダーーーーーーーーーーーー!!
 ・レオン「行こうぜ…アンブレラをぶっ潰しに!」完

バイオ3
 ・ジルさんが頑張って街からエスケープ
 ・何回もクリアしたはずだけど物語は忘れた

コードベロニカ
 ・なんか蝶々っぽいボスいたよね

バイオ4
 ・凄腕エージェントになったレオンさんが怪しい山村で大統領の娘を助けるため右往左往
 ・ダイナマイト刑事
 ・この巨大石像、絶対いきなり動いて追っかけて来るんだろうなーと思っていたらもちろんいきなり動いて追ってきた
 ・いきなり天井から降ってくる宝石を撃つのが難しい
 ・ファミコンの「魁!男塾」で、唐突に出現するリンゴを思い出した
 ・でも武器のアップグレード超楽しい
 ・物語は忘れた

バイオ5
 ・久々にクリスさんが褐色美女を引き連れてがんばってた
 ・もちろん物語は忘れた
 ・なんかウェスカーが超スピードで動いてた


最近プレイしたものほど記憶が薄いのはどういうわけか。


RECENT ENTRY