スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニンテンドースイッチでJoyをConしている話

2017/03/08

最近はブラッドボーンを遊んで巨大な獣にふっ飛ばされたり、ダークソウル3を遊んで巨大な槍をぶっ刺されたり、タイタンフォール2を遊んで巨大ロボットに踏み潰されたりと愉快なゲームライフを送っていました。
そんな俺のゲームライフをより愉快にするゲームハードが発売されましたよ。
言わずと知れたニンテンドースイッチです。
熾烈な予約戦争を勝ち抜き、ヨドバシカメラで買うことができました。

とりあえず開封して数十分は付属のコントローラー(Joy-Con)を着脱しては合体させていました。こんなん合体ロボ世代の人間が楽しくないわけがないですよ。
こんなおもしろいものをつくるなんて……さすがは任天堂。まさにJoy-Con……その名に”悦び”を冠するだけのことはあるな……と一人戦慄していました。
まったく関係ないですが、昔、近所にジョイと言う名のスーパーマーケットがありました。不意に汚れなき少年だった頃を思い出してセンチメンタルな気分になりましたよね。もっと関係ない話として「スーパージョイ」でgoogle検索すると、すごい勢いで同名のソープランドの情報が出てくるので注意してほしいと思います。

基本的にJoy-Conを付属ホルダーと合体……いや合神させた状態でゲームをJoyしているのですが、Joy-Conを充電するにはスイッチ本体に装着しないとならず、もうしばらくしたら面倒になって充電できるホルダーか、あほみたいに高価なプロコントローラーを買うと思います。

ちなみにゲームはゼルダの伝説を買いましたよ。
正確には「ゼルダの伝説-ブレス・オブ・ザ・ワイルド-」……いつにもましてワイルドなタイトルです。こっそり「ゲット」を混ぜて「ブレス・オブ・ザ・ゲットワイルド」とかにしても違和感がありません。
高度な振動機能とやらを体験したくて「1-2-Switch」を買おうかとも思ったのですが、紹介映像に出てくるハイテンションな外人パーリーピーポーたちに若干引いてしまったのと、楽しく遊ぶ相手もいないので一人用ゲームであるゼルダの伝説をJoyせんがためにBuyしました。
今度のゼルダはやばいですね。
オープンワールド系のゲームに触れたことがない人が遊んだら戻ってこれないんじゃないかというほどに楽しくてやめどきが難しいです。なんだこの広さ。おそろしく広いのにいろんなものがあって、とにかく密度が濃い。とりあえず歩けばなんかある。
あとリンクの登攀能力の高さ。どんなに急峻な崖であろうとゲージがつづく限りどこまでも登れる。ただそれだけでこんなに楽しいとは。
1日に少しだけ、あと1つだけ祠をクリアしたらやめよう的な感じでちまちま進めています。気分次第でテレビモードでやったり、携帯モードでやったり、寝床でスタンドモードでやってみたりと、それすらも含めて楽しいです。
付属のストラップは使わないときに持て余すので入れ物がほしいなとか、本体一式が入るポーチもいいなとか、周辺機器を揃えるのもまた楽しい。
流行のフレンズ風にいうと、わーい、たーのしー! ですかね。

さしずめ主人公のリンクさんは、殺した怪物の爪や目玉を数十個単位で持ち歩くのが得意なフレンズであり、もし街で見かけても素知らぬふりをしたいと思います。
でもよく考えたらオープンワールドゲームの主人公は誰しもそんな感じのサイコパスなので、リンクさんだけを偏見の目で見るのはやめていただきたい。
あとJoy-Conの振動機能を性的なJoy(悦び)目的に利用できないか……?などと仕事中に考えるのもやめていただきたい。
スポンサーサイト


RECENT ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。