DEMENTOグッドボーイ日記

2005/04/27

 もはやフィオナのEROさのみを目的として始めたこのゲームだが、プレイしてみてわかったことがある。

 やっぱり フィオナ 超EROい。

 冒頭からものすごいEROシーツまとって登場。それも檻の中に閉じこめられながら登場というマニアックさ加減。フィオナのERO、その底知れ無さが怖ろしい。ホラー演出よりも何よりも、俺にはそれが怖ろしい。

 そいで犬な。
 フィオナ、犬を撫でまくり。

 「グッドボーイ」
 「グッドボーイ」
 「グッドボーイ」

 もうひたすら右スティック倒しまくりですよ。
 俺のボーイもグッドになるってなもんですよ!
 スティックを左右に倒したり、むしろ上下するのも無理はないですよ!

 そんなこんなで公式サイトのシークレット見たら、なんとクリア後にさらにERO可愛いコスチュームが用意されていやがる模様。
 カウガール。
 ヤバイ。フィオナ、マジヤバイ。
 君はいったい、どこまで俺の右スティックをグッドボーイにするおつもりか。

 がぜんクリアに向けてのモチベーションがアップしてきたわけだが、ストーリー?
 よくわかんね。
 とりあえず大男が欲情して追ってきたら、ひたすら逃げる。
 たまにベッドの下とかに隠れる。あと犬で撃退。ナイスボーイ。

 屋敷の中で打擲音がするのでドアの隙間から覗いてみたら、メイドさんが屋敷の人にひたすらぶたれるプレイ中でフィオナびっくり。

 それとメダリオンの変成ムズすぎ。つうかこれスロットだろ。
 俺のフィオナは目押しとかできねんだよ!
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://randamhexa.blog5.fc2.com/tb.php/11-d0970644
    この記事へのトラックバック


    RECENT ENTRY