FC2ブログ

信じてた

 コミケが終わり、長かった同人誌関連のあれこれがひと段落つきました。ちなみに早くも同人誌の通販など始めてますので、コミケ来れなかった方はどうぞよろしく。


 終わると言えば、とうとう漫画「からくりサーカス」の最終巻が出ておりました。連載当初から単行本全部買ってるけど、長かったな。いやー本当に長かった。
 話の風呂敷広げすぎとかいろいろ批判するむきもあるでしょうが、藤田和日朗原理主義者の俺としては堂々の大団円に至極満足。

 ただ一つの不満があるとしたら、梁師父が最後まで再登場しなかったことぐらいです。(カーテンコールにはいたけど)
 あまりに話が長いので誰もが忘れているとは思いますが、梁師父はミンシアの父親にしてナルミ兄ちゃんの中国拳法の師匠であり、からくりサーカスにおける最強キャラです。なお、弟子の一人に王(ワン)兄貴という筋肉のくどい小物がいましたが、彼のことは忘れていいです。
 山中に爆薬を仕掛けられ、歯噛みするパンタローネ様に向かって言い放った梁師父のセリフは、今もなお、俺の心の中に燦然と光り輝いてやみません。

「なに、花火が好きなのでな…」

 老人たった一人でそんな大量の爆薬をいったいどうやってとかそんなことはどうでもいいじゃあないですか。
 だって花火が好きなんですから。
 それが梁師父という男。「からくりサーカス」最強の男。
 もし彼が生きていれば連載が3年は早く終わっていたとすら言われています。

 くそう、けっきょく最後まで出なかったなぁ梁師父……。
 単行本16巻あたりでパンタローネ様もろとも自爆してたんですが、俺たちの好きな梁師父はあれぐらいじゃあ死なないとかたくなに信じていたのに。
 ダイナマイトの爆発力によって大気圏外にまで吹っ飛ばされた梁師父は宇宙ステーションに漂着してちゃっかり生きていて、最後の戦いで颯爽とマサルの助っ人に出てくるものと信じていたのに!
関連記事

2 Comments

イノウエ  

チャイナ・ホーは師父の強さを際立たせるためだけに作られたような、よいオートマータでしたね。
ナルミに喝を入れるついでに一石二鳥でボコられてたのが印象的でした。

2006/08/18 (Fri) 01:33 | REPLY |   

にゃる  

こんにちは。
梁師父といえば、チャイナ・ホーも忘れがたいオートマータだったと思います。「はああ、いい気持ちアル~」

2006/08/16 (Wed) 19:36 | EDIT | REPLY |   

Post a comment