方針

2005/05/09

 新しくブログなど始めるにあたって、本当はなんかこう、もっと高尚なものを考えてたのですよ。
 ハイソな文学? 文学系?っつーのか? あ?
 タクちゃん?(コマの中央に「!?」)
 みたいな。

 それがうっかりデメントのEROさ加減を紹介するだけの文章を綴るだけの場となってしまい、これじゃあいけない。こんなことじゃあいけないよ。
 もっと天下目指していこう。具体的にはもっとゲスくアクセスアップ狙っていこうと思う。

 ちょっとまわりの人気ブログを見回してみた。
 どうも、アニメの感想サイトが妙に人気あるみたい。
 主にガンダムSEEDディスティニーとか。検索に引っかけるため、きちんと「ディスティニー」と書いたが、普段ならうっかり「デステニー」とか、ヘタをすると「デストニイ」などと星のデジャヴー的発音を繰り出してしまうほどに、要はこのアニメ一回も見たことねえ。

 俺が最近DangDang……気になってるアニメは「バジリスク~甲賀忍法帖~」ですよ。
 具体的には霞刑部がどれだけ尻丸出しで暴れ回ってくれるかが気になってる。
 だって霞刑部カッコイイよ。
 得意技が「まわりの背景に同化して隠れる」っていう、わりと儚い感じの技なのに、見た目が超肉体派。
 というより、意味もなく肉体をさらけ出す派。まわりの人が服を差し出さなかったらずっと全裸でいるであろうこと請け合い。そんな刑部にドキドキしていたら、彼ったら見えない状態で近づいて敵を次々に絞め殺してるんですよ。素手で。
 姑息さと豪快さが良いあんばいで同居している男。
 それが刑部☆霞。
 刑部ラブ。

 しかし忍者ってすげぇな。もし俺が甲賀とか伊賀に生まれてたら、思春期を迎える前に(精通する前に)絶対死んでると思いました。
 ていうか奴ら、どう考えても一部人間じゃないっぽい人とかも混じってるでしょ。
 風待将監とかパッと見あからさまにスパイダー系のクリーチャーだし、フィーチャリングwithナメクジであるところの雨夜陣五郎に至っては海水に溶けて跡形も無くなってた。
 いくらなんでもフィーチャーしすぎだろ。
 でも「いやいや、これも忍法忍法!」みたいな感じで強引に持っていく姿勢がとても好きだ。
 無粋なツッコミに負けずがんばっていただきたい。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://randamhexa.blog5.fc2.com/tb.php/14-7f2b243d
    この記事へのトラックバック


    RECENT ENTRY