ギャング星

2007/01/17

 いろいろあって故郷のロスサントスを追い出された我らがカールジョンソンことCJさんですが、苦労の甲斐あって兄貴分のSweetをムショから出すことができました。
 長かった……。
 彼にシャバの空気を吸わせるため、どれだけ働いてきたことか。
 車泥棒や暗殺なんかは序の口で、最後のほうには港の空母からジェット機を盗めとか言われてました。
 あまつさえ、戦闘機初体験にもかかわらずそのまま敵国の船をミサイルで撃沈してこいとまで言われるカールさん。
 どれだけ便利にこき使われてるんだ。

 まぁいろいろやったおかげで、中国マフィアのカジノを共同経営をしたりして豪邸を手に入れるほどに成り上がることができました。
 シャバに出てきたSweet兄貴にそんなサクセスストーリーをひとしきり話し、彼を豪邸に案内しようとします。
 が、それを聞いたSweetさんが激昂。
 豪邸などではなくストリートこそが自分の帰るべき場所なのだ、と。
 Sweetの熱き思いに触れたCJは、数多くの丁稚奉公ミッションの末に忘れかけていたストリート魂を取り戻すのでした。ヨーメーン。

 で、その肝心のストリートですが、ライバルギャングに制圧されている上、かつての仲間たちの間にはヤクが蔓延しており、それはもうたいへんなことに。
 どれだけたいへんかを端的に表わすとCJの実家のミキサーを盗んで路上で叩き売ってる奴がいるほどです。

 そんな超インモラルストリートを開放すべく立ち上がったCJとSweet。
 手始めにヤクの売人どもを皆殺し。
 その後、近隣のギャングどもから縄張りを取り返すため熾烈な抗争を繰り広げることになるのです。カモンメーン。

 そんなヘイメーンな感じでSweet兄貴といっしょに縄張りを取り返すミッションに挑戦してるんですがね……。
 難しいんですよ。とても。
 何が難しいって、まず敵が多くて強いんですよ。
 それだけならまぁ、いつものようにがんばればなんとかなるんですが……問題はSweetの兄貴です。

 兄貴がすぐ死ぬんですわ。
 それも抗争となんら関係のない交通事故で。
 す、Sweetさん……。
 Sweetさんは……名前の通り甘くなんかない。
 むしろ……しょっぺえ。
 しょっぺえよ……Sweetの兄貴……。


 あーGTA:SAプレステ日本語版の発売が迫ってきましたなー。
 俺が遊んでるのはPC用のUS版なんですが、こちらの日本語化サイトのおかげで特に不自由なくプレイできてます。
 日本語っつってもひらがなのみの字幕なんですが、なんか慣れちゃうとこの独特のノリが病みつきになりますよ。

「くそったれの くそめきしこじんめ」
「おっと わるい おまえの ことじゃ ないぜ」


 プレステ版は、Z指定つっても先日の変態ショップやディルドーをはじめ相当イベント削られるんだろうなあ。
 あそこらへんのイベントで、ディルドー奪って変態スーツを装着してカジノの女支配人の家に入ったら、天井から見たことも無い器具が大量に吊るされており、各所にに松明が灯されてるパーフェクト変態ルームだったりするしなあ。
 あれらを含めGTA:SAを完全版で出すにはプレステにΩ指定とかが必要じゃないかと思いますが、どうか。
関連記事


コメント

  1. エバンス | URL | -

    同人誌届きました。感涙に咽びながら読ませていただいております。
    ブツが入った封筒を、偶然手に取った親が「どうせエロ本でしょ」などというセリフを吐きやがりました。不見識な係累に代わりお詫びさせていただきます。

  2. カズマ | URL | KmWPbMmc

    「Ω指定」の所で笑い死にしそうになりましたw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://randamhexa.blog5.fc2.com/tb.php/144-2fb469e7
この記事へのトラックバック


RECENT ENTRY