スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の本

2007/01/25

 最近読んだ本の話など。

「ダブルクロス・リプレイ・トワイライト 東邦の快男児」
 久々にTRPGのリプレイを読みました。
 ああ、リプレイなんて読むのはいつ以来だろう……実はその昔、ソードワールドRPGとかを遊んでいた香ばしい俺ですよ。その手のリプレイやら富士見やスニーカーのシェアードワールドノベルやらをわりと読み漁っていた俺ですよ。
 そんな俺も最近のTRPG事情などはとんと知らなかったのですが、あの田中天氏が執筆したとあって読んでみました。
 舞台は第二次大戦前夜。
 主な内容は……。

「ムー大陸は存在していた!」
「敵はナチスの超人兵団!」
「奴らは太古の超遺産を利用して世界征服をたくらんでいるぞ!!」
「囚われの王女を救え! 我らが快男児・天花寺大悟!」


 おおむねそんな感じです。
 田中氏の熱いマスタリングと各プレイヤーの好演もあいまって、読んでて「うわー!TRPG超たのしそー!感」がものすごい勢いで伝わってきます。
 最後の決着の場面などはもう、本当に神がかったような熱い展開で、もうマジにたまらんかったです。
 俺を抱け! 今すぐ俺を抱くんだ! 快男児よ!!

 そしてめでたいことに続編が出ることが決定したそうです。
 やべえ、気になるよ!
 快男児こと天花寺大悟たちの活躍が気になるのはもちろんですが、なによりも「クレオパトラ・ダンディ」なる敵の正体がとても気になるよ!
 ナチスの超人兵士でクレオパトラ?……え?……そして……あまつさえダンディ……?
 正常な考察を行うことをまっこうから拒否するかのような敵ですが、ただひとつ、次回作に関してこれだけは言える。
 危うし、快男児。


 それと福満しげゆき氏「やっぱり心の旅だよ」も購入。
 最寄の本屋で一冊だけ売ってて、なんかカバーとか微妙に折れたりしてて見るからにヤバかったんですが、あえて買いました。
 そして案の定、2ページばかりミスプリントがありました。とりあえずへこんでおきます。
 「ERO漫画じゃさっぱり食えやしねえ」という福満氏のERO漫画はじゅうぶんEROいと思うんですが……この寸止め感というか童貞臭というか……たまらねえ……たまらねえよ……。
 いやー、しかし「徹夜あけで外に出ると……僕に透視能力が覚醒していた!!」というのは実に素晴らしいオープニングですね。
 「大の裸エプロン好きの主人公が朝目覚めると……なんと街中の女の子達全員が、裸エプロン姿が当たり前に世界に!」と同じぐらいか、それ以上に。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://randamhexa.blog5.fc2.com/tb.php/146-201a40f2
    この記事へのトラックバック


    RECENT ENTRY


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。