FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想い出

 今週もいろいろゲームが発売されてますなー。
 体験版がおもしろかったんで注目してたライオットアクトは近所じゃ売り切れてて買えませんでした。

 そしてアレも出てましたね。
 なにって……そう、アレですよ。
 PS2「ああっ女神さまっ」ですよ!!

 なんと原作の連載が今年で20年目に突入というこの作品。
 その主人公・森里螢一の目に余る性欲減衰ぶりを心から憂いている俺ですから、このゲームが気にならないはずがありません。
 思い返せば、連載開始当初の螢一くんは、年齢相応にかなり悶々としておりました……。

【連載開始当初の螢一】
性欲があった頃のK1

 お助け女神事務所からやってきたベルダンディに「何でも一つ願いを叶えてやる」と言われた螢一の図。
 まるで彼の脳裏に渦巻く淫猥な妄想が我々の目にも浮かぶような、青年らしい性欲に満ち満ちた素晴らしい表情です。
 しかし20年という時の流れは……彼からいろいろなものを奪い去りました……。




【わりと最近の螢一】
性欲を超えた次元に至ったK1

 目を疑うような変貌ぶり。
 もはや作者の画風の変化などという生ぬるい言葉では片付けられません。

「俺は何のためにここにいるんだ」

 ひどく虚無的なものを感じさせるセリフもさることながら、もはや性欲とかそういう俗世的なものを一切見ていない感じの無垢な微笑みを浮かべる彼のことが、俺は本気で心配です。
 何があったんだ森里螢一。むしろ何を注入されたんだ森里螢一。


 最近あんまり連載を読んでないので詳しくは知らないのですが、それでもこれだけは言えます。
 20年女神たちと同居し続けている今現在も、絶対に螢一は童貞です。
 おそらくは「着替えを覗く」「風呂を覗く」「足がもつれて胸に顔をうずめる」的な極限の寸止めEROシチュエーションを何度も何度も、20年繰り返しつつも、間違いなく本番には至っていない。
 というか、むしろそんな荒行を延々と繰り返してきた彼だからこそできる表情なのかもしれません。
 そう、きっとこの笑みは……まるで激流を流れてきた石があちこちにぶつかるうちに角が取れて、完全に球形の玉石になった……そういう状態のものなのでしょう。
性欲を超えた次元に至ったK1

 ↑性欲を超えた笑み




 ゲームの公式サイトも確認してみました。
 ベルダンディ役の井上喜久子(永遠の十代)をはじめとする声優陣のコメントなんかが見れます。
 しかしこのゲーム、実際おもしろいのかどうなのか、ちょっと判断がつきかねます。エンターブレイン的に言うとたぶん「ファンなら買い」というヤツです。

 ただ、ゲーム内のキャラクターボイスが聞けるんですが、螢一くんのセリフサンプルがちょっと気になりました。
想い出…見つかるかな…

 ■さぁ、行こうか
 ■ベルダンディー
 ■機構法術陣!
 ■想い出見つかるかな

 最後のセリフちょっと待って!
 なんか、これだけ圧倒的に浮いてますけど! どうしちまったんだ螢一。
 なんなんだろう。
 この……どこか物悲しくて、ひどく寂寥感に満ち満ちた言葉は……。
 実際にクリックしてボイスを聴いてみると、マジで少し泣けました。

――想い出――見つかるかな――

 想い出……きっと見つかるよ、螢一くん。
 ただこれは、もしかしたら余計なお世話かもしれないけど、君は思い出よりも先に性欲を見つけたほうがいいんじゃないかと、俺は思うんだよ……。
関連記事

- 5 Comments

イノウエ  

>ジョニーさま
今さらですがはじめまして。
幼児期~思春期のころの自分を育成シミュレーションちっくにやり直せたら、と時々ふと思います。

>naijelさま
どうもです。トラックバックとかされたのも気付かないぐらいなんで、もうどんどんしてしまってください。
俺の方は何か怖いんでやったことないんですけども。
蛍一は、再び願い事を叶えてもらう機会があったなら、是非に失われた性欲を取り戻してほしいと切に願います。


>ヤマナカさん
いや、わりとやってみたいんですけどね。
おそらくはたいへんな値崩れを起こすと踏んでるので、その折にやってみようかと思います。
あ、でもあまりに数出なくてレア化したりしねえよなあ……。

2007/03/19 (Mon) 00:06 | REPLY |   

ヤマナカ  

ソフト買ったかと思って吃驚しました

2007/02/26 (Mon) 11:46 | EDIT | REPLY |   

男気  

はじめまして。某所より飛んできました。
蛍一君の頭に性欲が満タンリミッター限界なのはペイオースの一件で暴露されてたりします。
個人的な感想では多分、今の生活を失うのが怖いんでしょうね。
ベルダンディーを失ったら…代わりになる女が現世にいますか?
私なら、怖くて手が出せませんね。

でも、たまには自発的に覗きぐらいは行かないと(マテ

2007/02/26 (Mon) 02:40 | EDIT | REPLY |   

naijel  

こんにちは、失礼かとはおもったんですが最近読んだ本のなかに見逃せないフレーズがあったのでトラック縛させていただきました。

蛍一氏はあらかじめ魔法かなんかで脳の一部をもってかれたのではないでしょうか。なんか精密な魔術もある世界のようですし。

2007/02/25 (Sun) 15:00 | REPLY |   

ジョニー  

初めましてこんばんわです。私的には蛍一氏(うじ)の性欲の失せっぷりよりもこの漫画が自分が8歳の頃から存在してた事実に恐怖を感じます(汗)。確かその頃の自分はウッカリ、親父秘蔵のロシア娘vsメキシコ男の裏ビデオを視聴しちゃったり(当時の感想は「グロ??」)、兄貴の勉強机の上に意味ありげに置いてあった「星矢と氷河が凄い勢いで尻を突貫工事される本」をこれまたウッカリ読んでしまったりして「年齢制限の重要性」を思い知らされてた時代でした??ハァ。

2007/02/24 (Sat) 01:18 | REPLY |   

Post a comment

- 1 Trackbacks

この記事へのトラックバック
  •  近未来キミキス伝説
  • グレッグ・イーガンの「ひとりっこ」を読む。 amazon:ひとりっ子 そのなかの「決断者」という短編にこんな文章がありました。 インプラントは脳に潜入するとナノマシンの大群を放出して関連する神経組織を調べてまわり、それとのリンクを作り出してから、事前に決められた
  • 2007.02.25 (Sun) 14:57 | 横島電気商会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。