300人のスパルタ人

2007/07/11

 観てきましたよ「300(スリーハンドレッド)」
 あー久しぶりの映画体験でした。
 前回観たのが「ジョジョの奇妙な冒険・ファントムブラッド」でしたからね。ディオがジョジョの枕元に針を仕込んだりする映画。

 それはともかく楽しかったですよ!

 全編これ筋肉。
 ビキニパンツ。
 赤マント。
 槍。
 盾。
 剣。

 それがスパルタ人。

 というかウィキペディアとか読むと、史実ではビキニパンツどころか全裸だったというのだから恐れ入ります。
 おそるべしスパルタ人。
 おそるべしスパルタの掟。
 スパルタ人の子供は生まれてすぐ身体を調べられ、欠陥があったら即刻谷底に遺棄ですよ。
 というかあの冒頭で子供を調べてる人も、あんな崖っぷちでわざわざ調べないでほしい。
 トゥルン☆って手が滑ったらどうするの! トゥルン☆って!

 あとは驚愕の人力移動玉座で登場したペルシャの聖帝クセルクセスの神々しさは異常でした。
 なんだあれ。
 もしもあんなお方が西日暮里の駅口とかにいたら俺、勢い良くひれ伏しますよ。
 ペルシャ軍の擁する面白軍団も相当に香ばしく、冷静に考えるとかなりアホな映画だったような気がしないでもないですが、そんな些細なことを忘れるほどに圧倒される場面の連続でした。
 スパルタ人マジヤバイ。

 劇中、もう当たり前のように槍で敵兵を突き殺しまくってましたが、よく考えたらあれ映画なんだよなぁ、どう見ても槍を刺してるけど本当は刺してないんだよなぁーなどとえらく曖昧な思考しか浮かばないほどに、もう近年のCG技術っていうんですか。すごいねえーとしか言えません。
 いやいや、でも、あれ実は槍刺してんじゃねえの?
 役者さん我慢してんじゃねえの?

 そんなこんなで、映画館を出るときにはもうすっかりファランクス陣形で左隣の仲間の顎から腿を大盾で防御してましたよ。一人で。


 あと、夏コミに出す同人誌ようやっと入稿完了しましたよ!
 その恐るべき詳細は、同人サイトのほうでちょっとずつ宣伝してくのでよろしく願いたい所存。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://randamhexa.blog5.fc2.com/tb.php/172-35af1c8c
    この記事へのトラックバック


    RECENT ENTRY