スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三十路ラジオ総括

2007/10/01

 ラジオ聴いてくれた方々お疲れさまでした。
(ログはすでにchromeさんによってこちらにて配布されとります)

 内容は例によっていろいろひどかったですが、もはや恒例すぎて謝罪する気持ちが毛頭湧き上がらないあたり、三十路の図太さを身につけたと思って前向きに生きていきたいです。

 具体的には、途中からプレステの「STOLEN SONG」を俺自らがプレイしだし、そのままなし崩し的に終了するというリスナー放置加減。
 本来ならこのような暴挙は俺が止めるべきですが、今回は何かに憑かれたかのようにHOTEIゲームをプレイし狂ってしまう俺。あまつさえラジオ終了後もプレイし続けクリアする始末。
 めでたく三十代になって初めてクリアしたゲームとなりましたとさ。

 以下、ラジオ内で出たキーワードの勝手な解説。

■風雲拳
 実戦空手道とブーメランを組み合わせたまったく新しい格闘技。
 詳しくはこちらにて。

 うおおおぉぉぉーーっ!!……チン(電話を置く音)


■ボッキーノしてるやん
 (コミックジャンク創刊号より)
新ナニ金01

新ナニ金02

新ナニ金03

 とりあえず個人的には三十代になってから最も使用してはいけない言葉だと思っています。>ボッキーノ


■STOLEN SONG
 今回のラジオは終盤1時間以上にわたってひらすらHOTEIこと布袋寅泰を全力フィーチャーしてしまった音楽ゲーム「STOLEN SONG」をプレイしまくるという完全な放送事故だったわけですが、これほどブチギレたゲームにかかわらず紹介サイトや動画など一切存在しないので、ゲーム写真など掲載しておきます。
 キミもV-PICKで酔いしれろ!(俺はコントローラでやりましたが)

<冒頭~ギターバトル予選>
 ときは近未来(たぶん)
 超国際都市「TOKYO」にて空前のスーパースターとなっていたHOTEIとギターの競演とかができる権利を手に入れるため、あなたが「ギターバトル」に参加するところからゲームは始まる。

 ちなみにあなたはお金に困っているらしく、自分のアパートに戻る途中、家主らしき老人に

「オマエ・家賃・どうした」

 と声をかけられます。なぜかカタコトで。
 それが超国際都市。


<ギターバトル予選通過~本戦>
 ギターバトルというのは、要するにボタンが一つしかないパラッパラッパーあるいはビートマニアであり、大音量で流れるHOTEIのヒットソングに合わせてタイミングよくひたすら○ボタンを押しまくるのみです。

 あなたが予選を通過すると、司会の男が現れて本戦が始まります。
司会

 この司会の不愉快さは異常。
 なんというか本当、まさに常軌を逸した不愉快指数です。
 この男を使者に立てれば、どんなに争いごとを厭う国であろうと一発で戦争が起こせると思います。
 ある意味、ギターバトル本戦はこの男の不愉快さとの戦いと言っても過言ではありません。


 あなたが本戦を勝ち抜くと見事ギターバトル優勝となり、HOTEIのプライベートスタジオに招待されます。
 そこでギターのプレイを録音したり、HOTEIと競演できたりするらしいですよ。
 ギターリフを演奏しないと開かないという超高度なセキュリティの扉を開けると、そこには……。
ニーナ登場

「ハイ。私はニーナ」

 謎の女・ニーナが登場しました。
 ここらへんで、どうやらこのゲームがとんでもない化物だったということにあなたは気付き始めるでしょう。
 このムービーを試験的にニコニコ動画にアップしてみました。
 いきなりものすごいアスペクト比狂ってますが、雰囲気重視で。


 うまいことニーナに認められるギグに成功するあなた。

「HOTEIは下(階下)で聴いてたよ。HOTEIのことだからたまらなくなって、そろそろ上に上がってくるんじゃない?」
HOTEEI登場

(間髪置かずにHOTEI登場)

「よく来てくれたね。コンテストで優勝した奴でニーナが認めたのはオマエが初めてなんだから」

「HOTEI!」

「白状しろよニーナ。コイツのこと、好きなんだろ?」

「フン、ちょっとナイスなテイクができたからってギタリストになれると思ったら大間違いよ?」

「(肩をすくめて)いいか気をつけな。一筋縄ではいかない女なんだから、彼女は」


 その後、不気味なほどに優しいHOTEIと一緒に演奏したりして、あなたはとても楽しいときを過ごしました。

踊り狂うニーナ

 一筋縄ではいかないと噂のニーナ嬢も楽しげに踊り狂っていました。


 よくわかりませんが、あなたはHOTEIのコンサートへ招待されました。
 車で送ってもらう途中、車内で何の前触れもなく着替えはじめるニーナ。
ニーナ着替え

「私ね、秘密って好き。違う自分になれる気がするから……」

 言ってることの意味がわからないのはもちろん、見れば服装どころか髪型や色まで変えており、もはや軽い変装です。
 どれだけ一筋縄ではいかない女なのか。

HOTEI会場前にて

 あなたはHOTEIのコンサート会場に着きました。
 ものすごくわかりやすいHOTEI会場ですが、ファンの数は微妙でした。
 その後、憧れのスーパースターHOTEIの生コンサートを間近で鑑賞していたのですが……。

 突然画面が激しくフラッシュしたかと思いきや、あなたは遠くから走ってきた暴徒に殴り倒されてしまいました。
HOTEI誘拐事件発生

 なんとアンプの後ろに仕掛けられていた爆弾が爆発し、HOTEIが誘拐されてしまった模様。
 驚愕のストーリー展開です。
 果たしてHOTEIの運命は? あなたは?
 そしてニーナは?

 続きはゲームを買ってたしかめてくれ!
 ちなみにAmazonで最低価格9円という非常にリーズナブルな値段で入手することが可能です。

リーズナブル



……うおおおぉぉぉーーっ!!……チン(電話を置く音)
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://randamhexa.blog5.fc2.com/tb.php/191-eeb400be
この記事へのトラックバック

パラッパラッパー

パラッパラッパーパラッパラッパー(''PaRappa the Rapper'')は、七音社によって制作されたプレイステーション向けゲームソフトのタイトル、またはこれを原作とするテレビアニメーション|アニメのタイトル。ゲーム1996年12月6日にソニー・コンピュータエ



RECENT ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。