スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よしなしごと

2008/03/09

 何か近況を、と言っても、今朝起きたらものすごい頭痛で、頭が痛すぎて昼過ぎにマジで嘔吐とか、ちょっとした死亡フラグみたいな出来事しかない今日この頃なんですが皆さんいかがお過ごファーオ!

……今のは、とくに意味もなく奇声を発してみることでどん底のテンションが反転しやしないかという試みだったのですが失敗に終わった模様です。
 そりゃそうですよ。
 そんな魔法みたいなもんなんて世の中のどこにもないのでしょう。
 俺のテンションが上がれば、どこかの誰かの陰茎が勃起不全になるとか、そういったせちがらい等価交換というかシーソーゲームというか質量保存の法則で構築されたセカイという名の巨大な機械の中のいち歯車となって生き続けるしかないのでしょうね、これからも俺は。俺たちは。

 などということを考えつつ「24-TWENTY FOUR-Season2」をもりもりと視聴しておりました。
 ようやっと中盤あたりですが、ここに至るまですでに二回ほど「ゲーッ!」を発しています。
 それほどの衝撃的展開。
 アメリカはどれだけテロの脅威にさらされとんのかと。
 どれだけロサンゼルスにテロリストとドメスティックバイオレンサーが潜んでおるのかと。
 まさにテリブル。OH! テリブルロサンゼルス!
 ほぼ1時間ごとに1回、裏切り・どんでん返しが発生する素敵な海外ドラマです。

 ジャックさんは例によって、事件発生後から不眠不休でがんばっています。
 眠らないどころか、メシも食わず排泄行為もせず、ちょっとしたファンタジー世界の住人みたいになってますジャック・バウアー。
 挙句のはてには、乗っていた飛行機が地対空ミサイルで撃墜されても何食わぬ顔で生還したりと、オーラバリアとかで守られてるんじゃないかというぐらいダイハード野郎です。高度成長期の日本のサラリーマンだってこんなに働かねえと思います。

 それと、ジャックの娘のキム(金髪巨乳)ですが、とある方からのWEB拍手コメントより、実はキムのアゴが割れているという情報を得てしまいました。
 俺は必死にその事実から目をそむけようとしました。
 真実と向き合うことを拒否しました。が……。
すごく…ケツアゴです…

 どうみても……それは見事な……ケツアゴでした。

 気がつけば、以前ほど素直にキムに対して萌えていられない自分がいました。
 そう、俺はなにか……とても大切ななにかを……失ってしまったのです……。

 24の製作会社は、その制作費の何割かを傾けてでも、キムのケツアゴをCG処理とかで巧妙に修正すべきでした。修正するべきだったんだ!!(激昂)
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://randamhexa.blog5.fc2.com/tb.php/221-586ab13e
この記事へのトラックバック


RECENT ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。