復讐の名のもとに

2008/03/31

 都内某所にて、復讐という名の遊戯にふけってきました。
 わかりやすく言いかえると、むさくるしい野郎どもが集まってボードゲームやらカードゲームやらに興じておりました。


■バルバロッサ
 粘土でつくった何かを当てっこするボードゲームを遊びました。
 4人用ですが、8人集まっていたので、二人一組のタッグマッチでプレイ。
 あー、写真撮ってくればよかったですね。

 と思ったのですが、撮ってこなくて正解だったかもしれません。
 スーパーログ&伊藤計劃のコンビが同時にオナホールを作成するという、公序良俗に反しきった映像をこの由緒正しき高貴な我がブログに晒さずにすんだのですから……。
 ちなみに正確には「オナホール」「TENGA」とのこと。そしてTENGAはグッドデザインらしいです。うるさいよ。

 以前に同ゲームにてアナルパールやディルドーを作成した前科のあるスーパーログさん(一児の父)が、今回TENGAを作成した伊藤さんに「あなた超エロエロじゃないですか!」と水を向けたところ、伊藤さんはひどく沈鬱な様子で以下のように語ったと言い伝えられています。

 ――オナホールはエロなんかじゃない……
  あれはもっと……もっと哀しいものですよ――



 ちなみにぶっちぎりの敗者はログ&伊藤の穴兄弟。
 勝ったのは俺と玄さんのコンビでした。
 俺は何を血迷ったのか「手裏剣」という見たままのものを作成してしまい、ゲーム開始早々に言い当てられてペナルティを喰らうという失態を見せたのですが、相方の玄さんがダグラムに出て来る「デザートガンナー」を作成し最後まで誰にも当てられないという極端な攻守のバランスが功を奏したのかと。


■ブラフ
 その後、二卓に分かれてそれぞれ「ゾンビーズ!!!」と「ブラフ」を遊びました。俺はブラフ組。
 ブラフを持ってきた田中天さんと、ブラフが大好きというV林田卿、そして俺と同じくブラフ初心者の伊藤計劃さんとで遊びました。
 名前のとおりハッタリが大きくものを言うゲームです。

 「いやあ、心のキレイな人間が勝つんですよこのゲームは」などとのたまうV林田さんに俺たちの精一杯の虚勢も通用せず、3回ばかりプレイした結果は俺と伊藤さんの同率負け。
 戯れのできぬ男よ……と思いました。お互いに。

 田中さんは時に大勝、時に読みが外れて一撃死という豪快なプレイが印象的でした。
 一プレイあたりの時間も少なく、さくさく遊べるし、手軽にヒリつくような駆け引きが堪能できるナイスゲームでした。


 ちなみに、隣のゾンビーズ卓ではひたすらヒライが「死ね! 死ね!」という言葉を連呼していました。



■Bang!
 殺伐おもしろ西部劇カードゲームを8人でプレイ。
 保安官(という名の暴君)、裏切り者、無法者が入り乱れて撃ち殺し合うという、ある種俺たちを象徴するかのようなゲームです。

 このゲームの特殊カードに「牢獄」(ジェイル)というのがあります。これを喰らうと特定のカードを引かない限り一切何もできなくなるというとてもつらい効能を持つカードです。
 ただしジェイルにインした状態であっても、なぜか敵の銃弾はきっちり届きます。もちろん大砲の弾も当たります。
 あげくの果てにはインディアンの襲撃を喰らったりもします。どんな牢屋だ。
 早い話が、百害あって一利なしという超極悪カードです。まさにフィールソーバッドなカードです。

 今回、俺はジェイル期間が長かったおかげで、牢屋に入れられたチンピラの小芝居がかなり上達しました。
 今度からこのゲームのハウスルールとして、牢屋に長く入れられた分だけ強くなるみたいなのを付加してはいかがかと。隔離病棟でモリモリ筋トレしてたサラ・コナーみたいな感じで。
 ジェイルに入った分だけ、男は強くなれる。

 そのほか、牢屋に入った人に容赦なく銃を乱射したり、自分で火をつけたダイナマイトで即座に自爆したりと、とにかく田中天さんのファインプレーがキレておりました。プレイが終わるころには、すっかりキチガイ保安官の称号が定着。

 また、その横でひどく冷静沈着に極悪な装備を着々と身につけつつも、やっぱり己の放ったマイトで爆死という壮絶な生き様を見せ付けてくれたヤスさんが印象的でした。
 この人だけは敵に回しちゃいけない……!


 そんなこんなであっという間に数時間が過ぎ去り、皆でベトナム料理など食して帰りました。
 これにて復讐完了。
 だがまだ、まだ足りぬ……そんな遊戯に飢えた復讐鬼たちによる二度目の宴が催されるのは、そう遠い日のことではないような気がします。
 

 なお、以上の模様は田中さんのところにも写真入りでレポートされとります。
 ヤスさんのところにも。

 あと、賞品というか罰ゲームの一環として、俺が持って帰ってきたのは「熱血!コロコロ伝説vol1」でした。
 これ、甘く見てました。
 ヤバいよこれ……リトル巨人くんとか、ながいのりあき先生の描き下ろしが載ってるよ……。
 思わず胸が締め付けられるほどの郷愁にかられました。

 すっかり忘れていたけれども、俺だってコロコロコミックを毎月読んでいた頃があった……そんな時代が、たしかにあったんだよなあ。はー。
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://randamhexa.blog5.fc2.com/tb.php/224-4e42091c
この記事へのトラックバック

[ボードゲーム]復讐鬼たち

 ザ・復讐の日。  群れ集う復讐鬼どもがボードゲームでだらだら遊ぶことを目的とした恐るべき会合である。  何故、誰に、どのようにして復讐するのかは不明であり、会議室を借りる際の団体名が「ヒューマンガス」(マッドマックス2のアレ)ということからもおわかりにな



RECENT ENTRY