大人のドラクエ

2008/05/21

 RD潜脳調査室を視聴していると思わず「あいつら……太ましいくせに無茶しやがって……」などとつぶやきながらうっすら笑うキモい人間が書いているブログがここですよ。

 インターネットにおいてなんだかんだでキモいことを書いているうちに気がつけば8年が経過しておりました。
 8年。8年!
 思わず二回表記するほどに、それは長い年月ですよ。
 生まれたばかりの子供が言葉をおぼえ、小学生になり、九九とかを勉強し、自らの母親に「くそばばあ」「ズペタ」「ビールとセックスは生に限る」などという雑言を吐き始めるような年月です。

 そんなにも長い年月の間、俺はなにをしていたか。
 愕然とするほどになにもしていねえ。
 もう、びっくりするぐらいなんら世界に影響を及ぼしていない人間がここにいましたよ。


 ドラゴンクエスト風に記すならラダトームの城とすぐそばのラダトームの町の間を延々と往復している感じというか。
 たまにスライムとか、スライムベスと戦う。城で買った棍棒でやつらを殴る。
 困ったことにスライムを殴っても殴っても、倒しても倒しても俺のレベルは上がらなくて、ホイミすらもおぼえられなくて、それでも戦えばヒットポイントはきちんと減っていくのでどうしても町から遠くへは行けないことに気づく。

 ラダトームの城の隅っこにいる爺さんに話しかけると「勇者に光あれ!」とマジックポイントを全回復してくれたのをおぼえている。
 でも俺は勇者なんかじゃなくって、ただラダトーム周辺をうろうろするだけの人間だった。
 光あれ、なんて言われて画面がフラッシュしても、レベルが上がらずマジックポイントがもとよりゼロの俺にとってはまったく無意味だ。
 無意味な光だ。

 ヒットポイントを回復させるには宿屋に泊まらなければならない。
 幸い、スライムを殴って得たゴールドがあるので宿代ぐらいにはこと欠かない。
 だが、ラダトームの町の宿屋の主人は、いつまでも同じところをうろうろするだけの俺に対して次第に不信のまなざしを向けてくる。基本的に宿屋は世界を救う勇者のための宿泊施設だ。
 気の小さい俺は、だんだんと主人の視線が苦痛になる。 
 最初は、期待のまなざしだったのが次第に疑惑、失望そして諦観へと変わる。
 あげくのはてには、俺が泊まりにくるたび、あからさまなため息をつくようにすらなった。
 とうとう俺は耐えられなくなり、いっさい宿屋には泊まらなくなる。

 宿屋で回復できない俺は、道具屋で薬草を購入する。
 宿屋に泊まるより割高で非効率的だが、俺は薬草を買って誰もいない路地裏でもりもりと食する。
 人目を忍んで食べる薬草は、ひどくにがかった。

 そんなふうにしてラダトーム周辺をうろうろしているうちに数年がすぎた。
 ある日、例の「光あれ」の爺さんが、別の若者に「光あれ!」と言葉をかけているのを見かける。あのジジイ誰にでも言ってやがんのかよと憤るも、どうやらその若者は本物の勇者らしいことに俺は気づく。その光によってマジックポイントを回復し、仲間の僧侶だか踊り娘だかにべホイミをかけてやっているのを俺は目撃する。
 仲間。
 彼には旅の仲間がいた。
 回復魔法をかけたりかけられたりする仲間がいたのだ。

 そして勇者ご一行は、おもむろにトヘロスを唱えてきらきらしたオーラの光を放ちながらルーラでどこか遠くへ飛んでいった。
 ラダトームのむこう。どこか俺の知らない遠くの地へ。

 俺はそれを見上げる。
 彼らが小さな光になるまで、ずっと見上げ続ける。
 そんな俺の姿を、「光あれ」の爺さんが静かに見つめている。
 俺は爺さんから目をそらして、その場を離れる。
 またラダトームの町と城の、何ドットか分のはざまを彷徨する。

 よくよく見れば、まわりには俺以外の勇者候補が大勢いることに気づく。
 俺は勇者じゃなかったが彼らは違う。
 ホイミを唱えることができるのはもちろん、心強い仲間が何人もおり、ラダトームからはるか遠くまで旅をし、スライムなどとは比較にならない強大な敵と戦っている。
 中には、あの伝説の「ぱふぱふ」を体験した者すらいる。
 本当かよ。
 俺は羨望する。にがい薬草を噛みしめながら。

 さらに数年が経過した。
 ある日とつぜん、町周辺にスライムがいっさい現れなくなった。
 異変である。
 さしあたって俺は、薬草代を稼ぐことができなくなり困ったなと思うが、そもそも敵が出ないのでたいして困らないことにすぐさま気づく。

 敵が出ないなら遠くへ行ってみてもいいのではないか。
 俺は決心する。
 小さな決心であり、そして遅すぎた決心だ。

 俺ははじめてラダトームから離れ、橋を渡り、別の町へと旅をする。
 棍棒は売った。はじめから装備していた布の服も売った。
 全裸だったが、さしあたっては困ることなどなかった。

 俺はとある洞窟に入り、番人であるドラゴンが倒され牢屋がもぬけの空であることを確認する。
 すでにローラ姫が誰かに助け出されたことを知る。

 もしやと思い俺は竜王の城に向かう。
 竜王の城へはすでに虹の橋がかかっており、誰もが行き来できる状態になっている。
 やはりというか当然というか、竜王はすでに勇者によって倒されていた。
 いつの間にか世界は勇者によって救われていた。
 俺はしばし呆然とする。
 道具袋の中に最後に残っていた薬草をかじり、そのにがさを噛みしめる。

 平和になったアレフガルドで、すなわち目的の失われた世界の中で、それでも俺はまだ終わらないゲームの中にいる。
 何のために?
 町の人間たちは誰もが皆、プログラムされたように「勇者ばんざい」とだけしゃべっている。
 たくさんいたはずの勇者候補たちは、いつの間にか誰もいない。

 俺は世界のあちこちをうろうろし、やがてラダトームへと帰ってくる。
 何年かぶりのラダトーム。
 俺に疑わしげな視線を向けていた、あの宿屋の主人までもが笑顔で祝福の言葉を口にしている。
 勇者ばんざい。
 俺ではない誰かに対して。誰もが偉大な勇者を祝福している。
 薬草を売っていた道具屋の親父も同じだった。
 もう薬草は売ってくれない。売る必要もない。そもそも俺はもうゴールドを持っていない。
 俺はいたたまれなくなってその場を離れる。


 気がつくと、あの爺さんがいた。「光あれ」の爺さんだ。
 皺だらけの顔をこちらに向けて、静かに俺を見ていた。
 そして言った。
「そなたに、光あれ」と。
 勇者ではないはずの俺に向かって。画面がフラッシュする。

 おそらくそれは、ありえないはずのことだった。
 単にボケていただけかもしれない。きっと誰にでもこの言葉を言うのだろう。
 それでも気がつけば俺はその場にひざまずき、両の目から涙を流している。
 マジックポイントではない、心の中のなにかが少しだけ満たされ、癒されるのを感じている。
 世界が明滅している。
 そのまぶしさに俺はしばし目を閉じる。



 8年かー。
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://randamhexa.blog5.fc2.com/tb.php/238-ceb31503
この記事へのトラックバック


RECENT ENTRY