不毛なしりとりの果てに

2008/07/20

タナベ「かみのけ!」
俺  「まーた"け"かい!」
タナベ「もうないでしょ?」
俺  「……あるよ。……"結婚しよう"」
タナベ「……うんこ

 こじゃれたしりとりプロポーズのはずが、たいへんな惨事に。イノウエです。
 愛の戦士タナベとはいえ、さすがに俺などと結婚はしたくなかろう。

 そんなわけでようやくプラネテスを全話視聴しました。(以下ネタバレ)
 結論としては、もうタナベはあきらめました。
 これからはルナリアンのノノ(12歳)を生育し、6分の1Gという低重力を利用したアクロバティックな超絶的性技の開発にいそしもうと思います。
 「やばい、静かの海だ!」とか言いながら。

 月といえば、序盤で大活躍してたニンジャの連中がエンジン事故で全員死亡というのがへこんだわー。生き残った奴が遺品を売って糊口をしのぐというアフターストーリーがまた……。
 甘いラブコメ成分といっしょに、そういうえげつない部分もきっちり入れてあり、非常に見ごたえのあるアニメでした。傑作!


 グレンラガンも今さら全部観ましたし、そんなわけで引き続きアニメづいておるわけですが、今やってるアニメで注目してるのはもちろん「スレイヤーズREVOLUTION」ですよ。
 そりゃwikiで予習もしますよ。ドラグスレイブの呪文とか覚えないといけませんから。
 観てびっくりしましたよ。10年前のテイストそのままっぷりがすげえ。時空魔法的なものを行使したとしか思えない静的クオリティです。
 あまりの変わらなさぶりに、かえって俺自身が変わってしまったことを実感させられる思いです。具体的には、アニメ観ながら身悶えしています。
 昨日、とある書店に行ったら、ラノベコーナーの一角がスレイヤーズに占拠されており、すなわちそれ、一面が完全なるあらいずみるい空間であり、俺、知らない間に時をかけちまったんじゃねえかと本気で思ったものです。
 時をかける中年ですよ。
 戻るなら、精子の時点まで戻ると決めております。

 話が妙な退行願望のほうにそれましたが、そんなわけでスレイヤーズは観ていきたい。
 あと、なぜか女の子全員がスクール水着を普段着として着用しており、それについての説明が一切ない男気あふれるアニメであるところの「ストライクウィッチーズ」も観ていきたい。

 あと、次から次へとナイスガイが死んでいく「ブラスレイター」も目が離せません。
 主人公ジョセフの過去編でまで執拗につづく異民いじめ。
 寄付をもらうために貴族の子供にサンドバッグ扱いされ、パン屋のおじちゃんと仲良くなったかと思えば屋台ごと河に投げ落とされ、しかも無実なのに「罪を認めないなら寄付を打ち切るぞ」と言われて泣く泣く罪を認めさせられ、あげくの果てに恩人の神父様は過労で死亡と、考え付く限りの嫌な話を凝縮した素敵アニメです。
 先週にいたっては、洪水が起こって異民が避難していた協会に火炎瓶が投げ込まれてました。
 近未来のドイツ市民どれだけ暴徒なんだよ! まさに悲しき最先端です。


 あと同人サイトに宣伝第一弾を書きましたー。
 今度の夏コミで出す新刊の内容が気になる方はどうぞ。
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://randamhexa.blog5.fc2.com/tb.php/248-a0ae4459
この記事へのトラックバック


RECENT ENTRY