いつだって曖昧

2005/06/20

 うちの近所の書店でシグルイ4巻がフライング販売していたことは地味なファインプレイ……今年一番のファインプレイっ……!

 3巻までの展開で、すでにとてつもないことになっているこの作品だが、新展開が始まるこの巻、さらにとんでもないことになっている。

 まず表紙からしてフンドシ一丁の藤木が悶えている。
 早い話、本を開く前からすでに大変なことになっている。
 もちろん中身も凄まじいが、特にポイントとなる部分を列挙してみる。

  ・牛股師範「でかした!」
  ・虎眼先生が「ボリッボリッボリッ」→ごゆるりと…
  ・宗像進八郎の鋼の肉体の乳首が立っている件
  ・虎眼流を嘲笑うことなど不可能であった
  ・九郎右衛門の独りフィーバー in 涼之介
  ・按摩さんを失禁するまで虐める大人げない虎眼流高弟
  ・そして丹波蝙也斎の笑み

 読んでみれば、ああコレねコレね!と納得していただけるかと思う。
 それにしても虎眼流マジヤバイ。マジヤバ集団。
 そして丹波蝙也斎の笑み。


 どうでも良いが以前に藤木が編み出した新手(指二本で柄を握るアレ)、この巻でみんながこぞって使っているのはどういうことだろう。「技を盗んだ」という興津はともかく、宗像や涼之介までもが。
 まぁ丹波蝙也斎の笑みの前には、そんな些事はおろか世の中すべてがどうでも良いことだと思えるが。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://randamhexa.blog5.fc2.com/tb.php/25-9df51bbf
    この記事へのトラックバック


    RECENT ENTRY