ダークナイト

2008/08/16

 ポニョ観るかなーといってた口で、仕事の帰りにレイトショーでダークナイト観てきました。
 (以下、微妙なるネタバレ注意のこと)


 こんな普段さっぱり映画を観てない俺が、そして前作のバットマンビギンズは未視聴なうえ、主なバット歴としてはファミコンのダイナマイトバットマン(サン電子)をプレイした程度、あとバットダンスのサビをインチキくさく歌唱できる程度、といったパラメータの俺が今作を楽しめるのかなーと不安だったのですが、すべて杞憂に終わりました。
 終わってみれば二時間半以上という尺の長い映画だったんですが、数秒ごとに見どころが襲い来る感じで、終始まったく弛緩する余裕がありませんでした、良い意味で。

 俺、バットマンに対して「ぶっちゃけ金持ちの道楽じゃろ?」ぐらいのあなどりを所持しておったのですが、そのことを全面的に謝罪したいです。
 バットマンさん……今まですいませんでした。
 バットの兄貴、マジすげえっす。
 昼は大富豪、夜はバットマン稼業て、そんな二重生活、道楽や趣味じゃぜったい無理っす。
 でもパーティー会場にヘリで降り立ち美女を両脇にはべらせながら登場とか、その成功者ぶりに多少マジでムカついた部分もあったっす。

 バットモービルかっこええですなー。
 まるで「こんなこともあろうかと」的に仕込まれていた例の脱出ギミックとか、こういう面白メカは大好きです。
 そのほか、バットさんが有り余る金にモノを言わせて劇中絶えずいろいろ無茶をやらかすのが楽しい。
 バットマンは慈善事業じゃねーんだよ!

 あとジョーカーさん。
 この人はヤバかった。
 悪い、酷い、ゆがんでる、超COOL! でも実はちょっと可愛いところもあるとか、いろいろひっくるめてヤバいエネミーでした。
 ゴッサムシティを遊び場にしてバットマンとテリブルシーソーゲームを楽しみたい人なんで、バットマンを倒してしまうわけにはいかないというジョーカー。
 劇中、ジョーカーが「さあ俺を轢いてみろ! 殺してみろよ!」とバットポッド(面白バイク)で爆走するバットマンの途上に立ちはだかるのですが、バットマンはギリギリで避けてしまう。ジョーカーが「ハッ、やはり殺せんか」と忌々しげな、失望したような、でもどこか嬉しそうな感じで吐き捨てるのがよかった。
 実は俺の聞き間違いで、嬉しそうだったのは顔のメイクとか普段の口調のせいなのかもしれないけど。

 そんなこんなで衝撃シーン多数あり、胸のすくバットアクションあり、ジョーカーさんたちの無法っぷりを堪能でき、そして最後の「ダークナイト」の言葉の余韻とあいまって、心から観にいってよかった映画でした。
 あらためて思いました。ゴッサムシティにゃマジで住みたくねえ。

 あと、バットマンビギンズを観ようと思いました。
 バットさんことブルースさんがどうしてああなっちゃったのか、すごい興味が。バットモービル開発秘話みたいなのも期待。
 ダークナイトを観た今なら、いわゆるバットマン/Zero的に楽しめるはずと勝手に期待しています。



 などなど映画感想書いてるそばでアレですが、とうとうコミケもはじまりましたねー。
 我々randam_butterも、新刊二冊と既刊いろいろ持って参加します。8/17(日)、西地区 ち-09aなる場所です。

 なお今回このような注意がありますので、コミケに参加される猛者の方々はご注意のこと。
 いつも持ってるだんびらとか斬馬刀とか、スナック感覚で所持しちゃアウトですよと。
 あと、所持品チェックしてくれたスタッフの方に「おいおい、ここは調べなくていいのかい? とんだマグナムが隠れているかもしれないぜ」などと言いながら自らの股間を指し示したりするのもおそらくアウトです。帰って猛省してください。
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://randamhexa.blog5.fc2.com/tb.php/257-31433817
この記事へのトラックバック


RECENT ENTRY