バイオニックすぎるコマンドーの件

2008/08/31

 ちかごろはXbox Live Arcadeゲーム通っぽく表記するところのXBLAにて「バイオニックコマンドー~マスターD復活計画~」を購入して、バイオニックアームを伸ばしたり縮めたりして遊んでおりました。
 バイオニックアームを伸ばしたり縮めたりしておりました。

 思わず同じことを意味ありげに繰り返してしまうほどにバイオニックなゲームです。
 昔の特撮戦隊っぽくいえばバイオミックなゲームであり、昔懐かしいファミコンの名作「ヒットラーの復活」のリメイクです。
 あくまでも予想ですが、たぶんヒットラーではなくマスターDとやらが復活する話なのだと思います。
 ところでファミコンのゴルゴ13も、最後の敵はヒットラーでした。脳だけの。

 それはともかく、このゲームのワイヤーアクションは今遊んでもじゅうぶんにおもしろいですね。
 使える武器が増えてたり、登場人物が増えてストーリー性が増してたりと、かなりアグレッシブなリメイクぶりがよい感じです。
 ヘリの女パイロットがよいですね。
 どんなときでも「ヘーイ」しかボイスを発しないストイックさがたまりません。いや、実際にはアイテムを手に入れるたびに白々しいまでにヒントをくれる甲斐甲斐しい人なのですが。
 そんな彼女に対し、バイオニックアームを伸ばしたり縮ませたりしたいものです。

 そんなわけで今のところ、ひととおりの武器を入手して後半戦に入ったかなという進捗状況。
 はやくスーパージョーを救出せねば。
 そしてマスターDの復活を阻止しなければ。
 あるいはマスターDが復活したとたんバズーカをブチ込んで抹殺しなければ。
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://randamhexa.blog5.fc2.com/tb.php/259-f39f61cd
この記事へのトラックバック


RECENT ENTRY