2008年にありがとう

2008/12/31

 コミケのレポっぽいもの。

 歳末のこの時期に外に出ると、いつもに比べて人が少なくて、どこの店も年末年始休みの張り紙が張って閉まっていて、やたら空気が冷たくて、どことなく心地よいさみしさを感じます。
 恐竜家族の最終回みたいに、まるでゆったりと人類が滅びていくような妄想にふけることができるこの空気が嫌いではないです。

 そんなポエミックな気分にひたり、昨日のコミケで得てきた同人誌をながめてときおり奇声を発したり、未読の本で積みあがったタワーを見てぐったりしたり、録画したまま観てないアニメを思い、クリアできてないゲームを偲び、滅亡しそうで滅亡しない世界に安堵とも失望ともつかない感情をおぼえつつ、NHKラジオのアニソン三昧を聴きながら今年を終えたいと思います。


 ウチにFMラジオないんで「ねとらじ」で流されてるの聞いてるんだけど、やはり音飛びが激しくてよろしくないですのう。
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://randamhexa.blog5.fc2.com/tb.php/282-2eea52ed
この記事へのトラックバック


RECENT ENTRY