ファントムのポーズ

2009/04/06

 魔神を倒して声帯を取り戻すなり百鬼丸が声高らかにバリトンボイスで歌いだすことで有名なPS2「どろろ」ですが、そういや以前書いた「海馬」のほかにどんな部位を奪われていたんだろう、と思って調べてみました。攻略サイトで。

●腎臓
●背骨
●副腎
●胃


 内臓系。
 まあ、このへんはだいたい予想してました。
 

●僧帽筋
●腹筋
●背筋
●大胸筋


 筋肉まで奪われていたとは。百鬼丸マジ不憫すぎる。

●骨髄


 よもや骨髄まで……。
 魔神もえらくいやな部位を狙ってくるな。

 そして気になる脳まわりですが、海馬にくわえて以下の部位を奪われていたことが判明。

●頭蓋骨
●小脳
●大脳新皮質



 どれだけハンディキャップ抱えてるんですか百鬼丸。
 ていうか小脳とか大脳新皮質とかなくてもだいじょうぶなもんなのか。



 で、本題のアニメ「ファントム」なんですが、例によって個人的に注目しています。あくまで個人的に。
 ヒライも激しくリスペクトしている真下監督のこだわりが随所に感じられます。
 具体的には以下の「ファントムのポーズ」に感じられます。

ファントムのポーズ1
 まずはオープニングの最後のショット。
 主人公のツヴァイがこれでもかというぐらい操られています。

ファントムのポーズ2
 ヒロインのアインさんが、なぜかこんなポーズとって登場してきました。
 初対面の挨拶代わりにも使用できる高い汎用性。それがポーズ・オブ・ファントム。
 オープニングの演出のみならず本編でも無理やり使ってしまうあたりに強いこだわりを感じます。


ファントムのポーズ3
 あまつさえアイキャッチにも登場するファントムのポーズ。
 いったいどれだけ繰り返せば気が済むんだ、このポーズを!(倒置法)


 これはもう流行らせていくしかない。
 流行らせていくしかねえよ!
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://randamhexa.blog5.fc2.com/tb.php/300-a653da8e
この記事へのトラックバック


RECENT ENTRY