スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記風味

2009/07/19

 同人誌作業も終わり、その他もろもろに目を向ける余裕が出てきました。
 あらためて気づきました。世界はそう、こんなにもうつくしいってことに……。

 早い話、最近のアニメとか本とかゲームのことを書くだけさ。


■けいおん!(アニメ)
 終わってしまいましたよ。
 もしかして俺が終わらないと信じていれば永遠に終わらないんじゃないかという「俺=涼宮ハルヒ的なアレ」理論を心のどこかで信じていたのですが、あっさりと終わり申しやがった。
 今、あまり美しくない日本語を使ったことは後日反省するとして、そのあまりの悲しさに次回の同人誌は「けいおん!」でやろうかと本気で検討したほどですよ。
 いや、むしろ「けいおん! VS マクロス7」でやろうとしたほどですよ。
 物語としては、人類のスピリチュアとか精液を強奪する異星人どもに対抗するためいつもの放課後ティータイマー(唯、澪、律、紬)たちが成り行き上いろいろと奮戦するも、ただERO可愛いだけであまり役に立たず、もうDAMEだー地球はもうおしまいだーという絶体絶命のまさにそのときに熱気バサラさん率いるFIRE BOMBER(熱気さん、ミレーヌ、レイ、ビヒーダ)の方々が駆けつけ力を合わせて銀河を救う。具体的には、

キミを見てるといつもLET'S GO つきぬけようぜ



……などという具合の合体攻撃で有無をいわさず銀河を救う。
 最後はもちろん「To be Fire」で劇終。
 むしろTo be FIRED(クビになれ)で終わり。永遠に。


■ロードス島戦記
 空前のロードス島戦記ブームが俺の周辺のみで巻き起こっており、小説を買い直したりYouTubeでOVA動画を観て悶えている日々です。
 中でも当時あまりの塩加減に口を押さえた記憶のある「吟遊詩人が六英雄のサーガを詠うシーン」を発見してしまい悶絶寸前になりました。



 問題のシーンは6:35ぐらいから。
 残念なことに全編スペイン語吹き替えなんですが、なぜか吟遊詩人だけ日本語のままという奇跡。あとドレス姿のディードリットが可愛いです。娼婦みたいな吹き替えになってますが。
 せっかくなので歌詞を抜書きしておきます。
 主に俺が今後吟遊詩人となってファリスの王城に行くときのために。

六つの光 六英雄と人は言う

一人は騎士 鎧に聖なる剣
ファリスが王はファーンなり

一人は戦士 魔神を討ち心奪わる
マーモが皇帝ベルドと知る

一人はドワーフ 今は滅びし石の国
忘ることなき終わりの王フレーべ

一人は魔術師 知識の泉
モスが大賢者ウォート

一人は神官 母なる大地を護りしは
強きマーファ神官ニース

そして最後は魔法の戦士
名も無く去った光が一つ



 こんなん現場で歌わされる声優さんもたいへんじゃのう。
 せめてサウンドトラックに収録してやれよ。

 あと田中天さんのおかげで念願だったカードゲーム「ロードス島戦記~戦乱の覇王~」を遊ぶことができたのも大きい。
 実に楽しかった!

「魂砕き(ソウルクラッシュ)だー!」「支配の王錫だー!」「パーンアーマーだー!」「うおーベルドとファーンの一騎討ちだー!」「ディードを三枚集めて闇の森を通過したー!」「灰色の魔女カーラに乗り移られたー!」

 そんな感じで、はた迷惑なほどにロードス島好きの人々と熱くキモく盛り上がれました。シューティングスターはマジ最強。またやりてえ。

 田中天さんといえば「ダブルクロス・リプレイ・ジパングが発売されており、TRPG好きな人もそうでない人も楽しめるのでおすすめしたい。
 まだ1巻「戦国ラグナロク」しか読んでませんが、当然のように安土城が浮遊している(ご存知『ネオ安土城』)ような素敵世界での冒険活劇。
 ご存知じゃないよ!


■新劇場エヴァンヌ破
 観てきましたよ!
 とにかくアスカが元気そうでよかったです。
 10年見ない間にこっそり「あすか120%」になってるんじゃねえか……いや、むしろ「変幻戦忍アスカ」になっちまってるんじゃねえかという恐れは杞憂に終わりました。
 正しくは無駄にEROい普段着やプラグスーツを着用したり、風呂あがりに局部をあの手この手で隠したりと、青少年のための健全なお色気を振りまいておったので安心いたしました。
 あと青葉さんが相変わらず「パターン……青です」などといっていて嬉しかったです。これがねえとエヴァ観た気がしねえ。


■藤田和日朗魂(画集)
 藤田先生のすべての単行本を所持している者としては押さえておかねばなるまいと思い購入。
 うかつにめくると「うしとら」「からくり」を全巻読み直したくなる危険な書物です。
 藤田礼賛者(あるいは藤田原理主義者)のための解説がすばらしい。丸々6年かけてコロンビーヌの伏線回収とか、常軌を逸している。
 やはり藤田先生は熱い……旭川が生んだ熱すぎる漫画人やでえ……。

 藤田漫画の面白さの紹介で「老人が強い!」という項目があり、まさにそのとおりだと深く同意。
 からくりサーカスでいえばもちろん梁師父ですよ。
 劈拳を繰り出す音が「バヲ」ですからね。常人の出せる擬音じゃねえ。
 そりゃ生命の水を飲んだチャイナ・ホーも「そんなハズは~!!」と見苦しく叫ぼうというもの。



 あと同人ブログでも書いてますが、来月のコミケでは青梅松竹さん画の伊藤計劃氏「ハーモニー」のイラストカードをもれなく配らせていただく予定です。どんなんかは、現地で見てのお楽しみということで。
 まだ需要があるかわからんけど蛮族本「バルバロイ」なども少し持っていく予定。
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://randamhexa.blog5.fc2.com/tb.php/329-1de6af3a
この記事へのトラックバック


RECENT ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。