Ys7のこと

2009/07/28

 いろいろあった。

 いや、嘘です。
 一行目から虚偽を申しました。
 特になにもありませんでした。
 いつもどおり恋と夢とスポーツにまみれた学園ランド生活を送っておりました。
 スマートじゃない男の子はみじめでした。

 早い話がみじめな人生だったわけですが、そんな俺にも一筋の光明を見出せそうな事柄がひとつありました。
 9月にPSPで発売されるイース7(限定版)なんですが、ドラマCDが付属してくるわけですよ。
 またせこい特典でライトユーザーをだまくらかす気だろと思っていたら、そのキャストがすごい。

  主人公のアドル役:草尾毅
  相棒のドギ役:玄田哲章
  ナレーション(たぶん):銀河万丈



 気がついたら予約してました。
 まんまと特典に釣られるかたちです。
 しかしなんという卑劣なキャスティングなのか。今のこのご時勢に草尾毅が主役のドラマCDというのは蛮勇以外の何者でもなく、PSPユーザーの主要層であるはずの若者たちを完全に切り捨てていやがる。
 ぶっちゃけ完全に俺のような昔イースのOVAをこっそり観てた世代を狙い撃ちですよ。そりゃ誰もいない部屋で「こしゃくな唇」を歌いたくもなりますよ。

 あとはヒロインの声優が三石琴乃鶴ひろみだったら完全でした。
……完全でしたが、本当にそこまでされると、さすがにちょっと引いていたと思います。


 おおっと、気がつけばまた声優(それも一昔前の)話ですよ。
 うわキモい。
 キモエスト。
 せっかくブログのデザインも(目に痛いほど)さわやかに変更し、今後の日本いや世界を担っていく有望な若者(ヤング)たちを取り込んでいこう(そしてあわよくば甘い汁にありつかせていただこう)という俺の遠大な計画が早くもおじゃんですよ。
 というか、いまどき「おじゃん」もないですよ。
 せめて「計画がパーだぜ」とか、もうちょっとマシな言い方というものがあるでしょう。
 今後はもう少し若本……いや若者(ヤング)とのまともな意思疎通を図っていきたい。
 あるいは出る杭をしこたま打っていきたい。
 今から俺は老害になる気まんまんです。



 なんの脈絡もなく書きますがバイオハザード5クリアしたですよ。
 終始、相棒のEROいお姉さんことシェバさんに助けられてばかりでした。
 ダメージを受けすぎて瀕死状態になるたび背中をポンポン叩いて蘇生してもらってましたわ。
 それで不自然なぐらいに元気になるのはいいんですが、アミバが試してそうなヤバい秘孔でも突いてるんじゃないかと少し心配でした。

 あと、道中で入手したハーブはすべてシェバさんに渡し、あえて彼女の手で回復するというプレイスタイルを貫きました。
 シェバさんはなんでかハーブを使用する際に「クッリースッ! アーユーオォケェーイッ!」と、ものすごいハイテンションで絶叫してくれるのです。
 たいしてダメージを受けていないときにちょこっと回復する場合でも必ず絶叫です。
 マスト絶叫。それがシェバさんの掟。
 最初のほうこそ違和感をおぼえましたが、ゲームも終盤になると「きっとこれがシェバさんの必殺技なんだ」というふうに割り切って、回復されるたび(絶叫されるたび)に俺自身もハイテンションになることができました。
 むしろ絶叫されないと回復した気がしない。(バイオハザード5の感想……終わり)
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://randamhexa.blog5.fc2.com/tb.php/331-9d243358
この記事へのトラックバック


RECENT ENTRY