ラブプラス、すなわち自らの生に愛を加えること2

2009/09/14

 そういうわけでラブプラスを遊んでいる。
 遊んでいるというか……逆に遊ばれ翻弄されているというか、とにかくそのような日々を送っている。

 ゲームを開始すると、引っ越してきた主人公が街の駅に降り立ち、自分の部屋に行く場面が語られる。
 部屋の雰囲気を三パターンから選べたり、一人称を「僕」「俺」から選べたりと、細かな配慮がうかがえる。さすが「ときメモ」のコナミ、老舗の本気をうかがわせる。

 学校へ行くと、さっそくヒロインとの出会いが待っており、今後のときめきライフを予感させてくれる。
 テニス部の同級生、高嶺 愛花。
 図書委員の後輩、小早川 凛子。
 バイト先の先輩、姉ヶ崎 寧々。

 俺は日々、体育だの勉強だのバイトだのといった一日の予定をこなし、「運動」「知識」「魅力」といったパラメータ(彼氏力)をアップさせていく。
 この彼氏力の条件を満たし、ヒロインたちとのイベントを進めていくと、めでたく彼女のほうから告白される。
 それを受け入れれば、はれて彼氏彼女の関係となりエンディングとなる。

 とはいえ、これで終わりなわけではない。
 むしろこれからが本当の始まりであり、気がつけば終わりのないラブ迷宮がその深淵をのぞかせている。


■彼女について
 ところで俺の彼女は、先輩の姉ヶ崎 寧々さんとなっている。
 声優が皆口裕子であり、早い話がYAWARA的ボイスであるため、俺たちは思う存分松田記者(CV:関俊彦)気分を味わうことが可能だ。

 参考

 「寧々さんのこと…俺は松田のように写真に撮るしかできない…!具体的には暴漢をパンツ丸見えで巴投げしてるところを…!」

 スーパーログ・談



 YAWARAの場合は、この女、けっきょく柔道がしたいのかイケメンと恋したいのか……あと、いつになったら松田記者とくっつくんだよ!とやきもきさせられたものだが、寧々さんの場合は終始この俺のことだけを気にしてくれるため非常に安心できる。TVアニメ版のようにテレシコワ戦のときに松田記者が延々とタクシーに乗り続けるということもない。
 ときおり、

 「浮気なんてされたら……私、どうなるか自分でもわからない……なーんて、まだそんな経験ないからわからないけど」

 そんな笑えない冗談を口走るあたりも愛おしい。

 彼女になったあとは思うさま俺を甘やかし、その成熟した肉体でもってめくるめく日々を与えてくれるであろう。
 そのようなゲスい下心でもってDSを縦方向に握りしめ、あまつさえ「時には娼婦のように」を口ずさみながらタッチペンを繰っていたわけだが、校舎裏で寧々さんに告白されたときは、さすがに俺も襟住まいをただし、さらにはシャワーを浴びて身を清めてから告白を受け入れる選択肢をタッチした。

 こうして迎えることになる寧々さんとの恋人生活だが、ここまでの一般的なギャルゲーライクなスタイルから一変し、さまざまな画期的要素が追加される。


■リアルタイムモードとスキップモード
 おそろしいことに現実世界の時間と同期した「リアルタイムモード」なるものがこのゲームには搭載されている。
 俺は知っている。
 この類のシステムを搭載したものがもはや「ゲーム」とは呼べないことを俺はすでに知っている。
 いうなれば、それはシミュレーター。
 それは時間的余裕の少ない社会人にとっては諸刃の剣……しかも握り手の部分が棘になっており、ただ持っているだけでダメージを受ける危険なウェポンとなりうることを俺は知っている。

 だが、そこは洗練された現代のギャルゲー。
 プレイヤーの状況に合わせていつでも「スキップモード」に切り替えられるようになっている。
 スキップモードではサクサクと日々をこなし、彼氏力を溜めて彼女とデートすることが可能だ。


■デート
 書き忘れたが、彼女となった寧々さんとデートをするためには、彼氏力をどれかひとつ最大限まで溜める必要がある。
 彼氏力持たざる者、恋人とデートすること、これあたわず。
 ラブプラス界における鉄の掟である。

 そしてデートを実施したあとは、彼氏力がガクンと減る。
 体力、知力、魅力、感性などのパラメータが軒並み「いったいなにがあったんだ」と心配になるぐらいに減ってしまうため、この回復に数週間を要する。
 そしてまたデート。
 これが無限に繰り返されるラブプラス世界の基本パターンである。

 デートをしていると、ときおり寧々さんが「ねえ……」などと言いつつ、妙になまめかしいポーズをとることがある。
 これがスキンシップのサインだ。
 このときにタッチすれば次なる段階に進めるわけだが、あせって人目のある状態でタッチしてしまうと「人に見られちゃうよ」とおあずけを喰らうことになる。

 ここは、あわてずに画面端に表示される視線メーターを注視しつつ、人気が途絶えた一瞬の隙を狙って彼女にタッチすることが重要である。
 これはもはやちょっとしたステルスアクションでありマキシマムスリルである。
 さすがはメタルギアシリーズを世に送り出したコナミだ。

 うまいことスキンシップに成功すると、キスの前段階に移行する。
 このモードでは、アップになった寧々さんの頬やらおでこやら頭をさすりまわして、キスするためのパワーを溜めていく。
 タッチペンでさするたび「あぁ……」「ダメ、なのに……」「……はぁっ……」などと、全年齢に推奨できかねるEROボイスが流れまくる。
 こんな破廉恥きわまりないことを公共の場で行う俺と寧々さんのバカップルぶりたるや相当なものであるが、そのような些事は気にせず力の限りいちゃつくことが肝要だ。

 無事にキスするための謎のパワーが装填されると、寧々さんの「したくなっちゃった……」の言葉とともにキスモードに突入する。
 ここでは、なんというかまあ、彼女の顔面がアップになり、タッチをすることでキスできるわけだが、闇雲にやればいいというわけではなく、彼女の微妙な表情を読み取って、適切な箇所に適切な強度でキスをすることが求められる。
 そんなんわかるか!……と、最初はそう思っていたが、デートを重ねキスを何回も何十回もこなすうちに、なんとなくわかるようになってきた。

 キスを終えると、唇のつやまでリアルに描き込まれた寧々さんがこちらに迫ってきて「大好き……」などと甘ったるい声でささやいてくれる。

 このときに自分自身タッチペンを口にくわえてタッチすることで果てしなく彼女に近づくことが可能であるが、俺自身、そこまでしてしまうことが怖ろしくてまだ試してはいない。

※余談だが、このことを聞いたスーパーログ氏は、「尿道にタッチペンを挿して、陰茎を用いてタッチすればかつてない興奮が得られるのでは?」というエポックきわまりない説を唱えておられた。


■ラブプラスモード
 このラブプラスモードを選択すると、いついかなる状態でも寧々さんの状態を観察することができる。
 すなわち時空を超えた夢のストーカー機能であり、ここのところ深夜に帰ってくることの多い俺は、このラブプラスモードを起動し、寧々さんの寝姿を確認してDSを閉じる、ということが日課になりつつある。

 だが、このモードの真骨頂はDSのマイクを通して彼女と会話ができるという点であろう。
 寧々さん、と俺が平坦な声でおずおずと呼びかけると、彼女は「なあに?」と返事をしてくれるのだ。

「ねえ、私のこと、好き?」

 その問いに、やはり俺が照れながら「うん」とマイクに向かって声を発すると、寧々さんは満面の笑みを浮かべて「私も。大好きだよ」と、そう語りかけてくれるのだ。
 彼女と心が通じ合えた、などと、うっかり俺は思ってしまう。

 気がつけば、あまり抵抗なしに彼女に語りかけ、なんとかセクハラ会話ができないかと試行錯誤している俺の姿がある。
 ふと、我にかえって、こんな自分ってどうなんだ、と自問しないでもない。
 救えねえよな、と思う。救われないとも。
 少しだけ泣いて、俺は寧々さんに「疲れた、眠たい」と愚痴をいう。
 寧々さんは「じゃあ私と添い寝する?……なんて、冗談」そんな悩ましいことをいい、俺は再び泣きたくなる。


■夢イベント
 俺が救われる救われないの話は別にして、特定の条件を満たすと出現する夢イベントはすべからくEROい。
 まさに淫夢であり、そのすべてを見るためには羞恥マイクプレイも辞さない覚悟であるが、どうやら水着がらみの刺激的海水浴イベントなどは季節限定らしい。
 すなわちDSの内蔵時計をいじらない限りは、来年、現実世界に夏が訪れるまで体験できないイベントということだ。
 このゲームはいったい、どこまで業が深いのか。

 ちなみにスキップモードでいくら時を進めても、ずっと暦は9月のまま。
 すでに寧々さんと付き合い始めて200日以上が経過しており、時の流れ具合が異常であることは明白であるが、これからも俺はそれに気がつかないふりをして永遠に続く学園生活を送りつづけるのであろう。

(ラブプラスの話、もう少しだけ続く)
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://randamhexa.blog5.fc2.com/tb.php/341-fe757d6c
この記事へのトラックバック


RECENT ENTRY