ゲームなブログとして

2009/11/08

 ここしばらく主にリン・ミンメイのシャワーシーンで勃起したことしか書いてなかったんで、このブログはリン・ミンメイのシャワーシーンで勃起したことを書きつづるブログなのかよと思われてしまうのではないかという危機感をおぼえましたので、今一度、本来の自分を見つめなおしてエントリを記述することにしたいと思います。

 ええと、要するにゲームね。
 ゲームの話ですね。

BAYONETTA(ベヨネッタ)
 すげえやっとった。
 とうとう時代は空前の美痴(ビッチ)ブームの到来を迎えたといっても過言ではない……それほどビッチを前面に押し出した前代未聞のビッチゲーム(ビチゲー)ですよ。
 かなりネタばれますが、気がついただけ主な美点(ビッチポイント)を列挙してみます。

 ・ところどころにポール状のオブジェがあり、頻繁にベヨ姐さんがポールダンスを披露
 ・柄の長い武器を使うとポールダンスで回転攻撃であり、どれだけポールダンス好きなんだ
 ・単なるレバーを引くときも、なぜか妖艶に美脚をからませてビッチポーズ
 ・ライバル魔女のジャンヌさんと張り合ってビッチポーズ合戦
 ・偽ベヨネッタさんが出てきてやっぱりビッチポーズ合戦
 ・空からワープして攻撃する技で、なぜかM字開脚で天空から降ってくるベヨ姐さん
 ・大技の硬直時間にもきっちり雌豹のポーズ
 ・エンディングでポールダンス
 ・あまつさえ最後にノリノリなビッチダンスPVが流れる(まるまる5分ぐらいある)

 難易度NORMALでもけっこう難しくてクリアするのに難儀しましたが終盤からエンディングにかけてのハイテンションぶりがすさまじく、大満足でございました。
 最後の一撃を決めるときは「うひょーう」と奇声を発しながらボタンを連打しておった。
 鞭とかキルゴア中佐(ロケットランチャー)などの武器をけっこう取り逃したんで、二周目をおもむろにHARDではじめてみたのですが序章ですでにクライマックスであり昇天いたしました。
 具体的には、技のチュートリアル的ステージだったはずが双子の天使(すごく早いし痛いぜ)がガンガン出てくるためにこの世の地獄と化しておりました。
 しかし華麗に攻撃をかわして反撃したときのエクスタシーが半端じゃないので、がんばって遊んでいこうと思います。ロダンさんに「ビューティフル……!」といわしめていきたい。
 あとクリア後の追加コスチュームが猥褻きわまりないのですよ。
 ベヨ姐さんの場合、たいていのゲームにありがちな「ちょっとH」とか「ムフフ」とか「で~っ!あぶね~っ!」とか、そういうレベルを遥かに通り越して完全に「猥褻」そのものなのがすばらしいと思いました。


Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)
 最近K(仮称)さんがものすごい廃人的な勢いでプレイされているのを読み、ああ……ちょっと前の俺を見ているようだ……的な気分に。己がプレイしたばかりのゲームの感想を読むのは楽しいのう……!
 いやいや、マジやべえんですよこのゲーム。
 ギャルゲーとしても十分に楽しめますが、ストーリーの面白さだけとってもすばらしい出来だと思います。
 主人公の大学生「岡部倫太郎(オカリン)」は自らを狂気のマッドサイエンティスト鳳凰院凶真と名乗る、とっても香ばしい邪気眼の人なのですが、それすらも遠大な物語の複線だったのだと思うとめまいすらおぼえます。

 後半にかけて連続する驚愕の展開の数々、そして最後にすべてが収束していく物語の流れは鳥肌ものというか、プレイしていて「ああ、俺アドベンチャーゲーム好きでよかった!」と強く思ってしまったほどです。
 あとは良い具合に「ゲーッ! まさかお前がーっ!?」的などんでん返しもたくさん用意されているのもうれしい。おなかいっぱいになれます。

 ただ最後のルートの条件はちと厳しかったかなーと思いました。
 俺は何度やってもわからんかったんで、よそ様のサイトの攻略を見てしまいましたが……。


世界樹の迷宮
 今さらですよ。
 ええ、今さらながら遊んでおりますよ。
 地下5階でスノードリフト一家にパーティーを惨殺されて以来封印していたゲームを今さらながらにプレイしております。

 きちんと火の術式を強化していったのでドリフト野郎を思ったよりも簡単に撃破し「はっ……ゴミめ……!」とその死骸に唾棄しつつ地下6階に進み、ウーズの群れに溶かされて死にかけました。

 火喰い鳥を何匹殺しても「弓なりの尾骨」が出ねえよう、ボーンフレイルが作れねえようと嘆きながら迷宮を彷徨し、気がつけば無意識に「……尾骨……尾骨……」とつぶやいてました。

 ケルヌンノスの全体パンチで全滅したり、ゴーレムの三連続攻撃で全滅したりしてました。
 ブシドーさんが仲間になったのですが、えれえ防御力が弱いのでいいカモでした。
 迷宮から命からがら逃げ帰り、酒場に入り浸っては女将さんにEROジョークを飛ばし、シリカ商店に立ち寄っては店主の下乳(アンダーバーブ)に密かに欲情しながらアリアドネの糸を買うのでした。
 楽しいのう。

 俺、世界樹の迷宮をクリアしたら、やっぱり同じように止まってたセブンスドラゴンも再開するんだ……。
 でも真・女神転生ストジャニもやりてえ……悪魔合体してえよ……。

 

 最後にちょっと連絡。
 今年の冬のコミケも無事に受かることができましたので、同人誌の新刊つくってます。
 例によって罵り合いながら……つくっています。
 詳細は近々お知らせできるかと。

 あとCOMIC ZINさんに委託しておった夏の新刊「.in」ですが、見事に売り切れみたいです。
 冬コミにて再販する予定なので、こちらもよろしくお願いしたい所存。
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://randamhexa.blog5.fc2.com/tb.php/347-bccc9ebf
この記事へのトラックバック


RECENT ENTRY